車、整備

2017年6月22日 (木)

スズキ・スイフトZC31系、車検整備、クラッチ、足回り交換編、その1

昨日は、どしゃ降りrain今日は暑いsun

こんなに暑い日でも、ツバメ君たちは卵を温めていますeye

Dscn541601

しかし・・・、何時になったら生まれるんでしょうねwobbly

さて、今回は車検整備プラス、クラッチオーバーホール、エンジンマウント、ショック&サス、ブレーキローター、ブレーキパッド、ブレーキマスター、キャリパーオーバーホール、バッテリー交換作業になりますpaper

まずは、クラッチ交換から作業を開始して行きますscissors

Dscn546201

Dscn546601
作業前のエンジンルーム

Dscn546901_2
作業中

作業は常に上からの作業と下からの作業になりますので、まずは下からの作業をsign03

Dscn547201
クラッチ、エンジンマウント新品

Dscn547501
メンバー取外し後

最近、メンバー外す作業が多いですなbleahsweat01

Dscn547701
メンバー外したミッション・エンジン

Dscn547801
ミッション取外し中

Dscn548101
無事取外し

Dscn548301
外す前のクラッチ

Dscn548501
その前に、ついでのマウント交換

Dscn548801
新旧部品比較

やはり、クラッチディスクが摩耗して交換時期でしたsign03

Dscn549001
レリーズベアリング取付後

ビフォーが無くてすみませんhappy01

Dscn549101
アフター

Dscn549401
いきなりですみません、ミッション搭載後ですsweat01

Dscn549601
メンバー取付中bleah

写真の羅列ですみません、サクサクと進めますeyesweat01

Dscn549801
ミッションオイル給油中?

給油と言う言葉が正しいのか?不明ですが、新しいオイルを入れてクラッチ関係は完了となりましたscissors

続きは、足回り、ブレーキ類の作業ですgood

2017年6月20日 (火)

トヨタ・カルディナ、ミッショントラブル編その5完成?(^^;

今日も暑いですねwobblysun

昨日は、大変失礼をしましたが、ようやく完成したので、最後の?アップへと・・・

Dscn543601
チェンジレバー(ミッション側)

ミッションは無事に組み終わったのですが、ミッション側のチェンジレバーのオーバーホールが最後に残っていたので、サクサクと行ないますscissors

こちらの作業は、チェンジレバーのシャフト部分にオイルシールが使われているのでここのオイルシールの交換ですsign01

Dscn543901
バラバラした状態

この後の写真と言いますか、この後の写真が少ないのでゴメンナサイhappy02

Dscn544101
いきなり、エンジンと合体後

最初に1人で作業が無理だと思っていたんですが、無い頭を絞ってミッションジャッキに鎖で固定してうまく組み付けする事が出来ましたcoldsweats01

ただ、なかなかハマらずに苦労をしましたが、ミッションがエンジン側にカポッと音を立てて入った時は、ヤッターって感じですhappy01

後は、メンバーなどを取付けして行きますscissors

Dscn544301
合体後のリヤ側のアングル

Dscn544401

撮り忘れてる分、家内が撮ってくれましたpaper

Dscn544801
補強ステーなど取付中

Dscn545001
ドライブシャフトの合体後

そもそも、左側のドライブシャフトが楕円状に回転することでのトラブルから始まった作業ですcoldsweats01

オーバーホール後、シャフトを取付けてガタの確認をしたら、驚くほど改善されていましたbleah

ちなみに、どんな車種も若干のガタはあるので問題はありませんが、大きいのは良くありませんeye

Dscn545201
メンバー合体中

Dscn545901
リヤ側から

Dscn546001
作業中

実は、ここから写真が無いのですが、無事に完成をしてテスト走行したら、異音無し、シフト操作もカチッとした感じで良い感覚ですpaper

この後、問題が無ければ、別件で頼まれてる鈑金塗装へと外注に出す予定ですhappy01

最後に、ミッションとトランスファは終わりましたが、次はエンジンもしくはリヤのデフ修理が何れオーバーホールが必要になって来るんだと思いますgood

2017年6月19日 (月)

トヨタ・カルディナ、ミッショントラブル編その4(^^;

今日は暑かったですねhappy01

カルディナの続きをアップしたいのですが、ミッションとトランスファの合体に苦労をしまして、うまく合体出来たのが午後9時sign02

あまりに疲れてしまい、アップ出来る気力では無いので、明日又は休みの定休日にでも続きをアップさせていただきますscissors

すみませんm(_ _)m 疲れたぁー眠いshock

昨日は失礼をeye続きですscissors

Dscn541801
注文し忘れたデフのサイドベアリングが届きました

さて、いよいよミッション側の組付け作業ですsign03

Dscn541901
プレス機でベアリング組付中

Dscn542201
作業中

Dscn542301
デフ組付け完了(写真中央)

Dscn542501
デフのシャフトが長いので、丁度よい高さのペール缶を台座にしてますhappy01

ちなみに、ベアリングに青色のペーストが塗られていますが、ケースを液体パッキンで組み付ける関係で、ギヤーオイルを塗らずに作業したいので、応急的な方法ですが、ワコーズのエンジン用組付けペーストを一時的に使用してますhappy01

ただし、ミッション用では無いので、専用ペーストがあるのですが、モリブデン系が多く、使う側は良いのですが、慣らしを終えてオイル交換をした時にねずみ色のオイルが抜けるとさすがにあまり良い印象にならないので、店主は極力避けています。

今回は、4WDなのでこの方法を使いましたが、一般的にギヤーオイルを塗って組付けしてますeye

Dscn542901
ベルハウジングにケースカバー取付後

ここからは、元通りに組付けしていきますpaper

Dscn543101
5速ギヤー組付け後

この後は、エンドカバーを取付けて以下の写真へと続きますbleah

Dscn543301

組付けが完了したミッションの組付けが終わり、トランスファとミッションを合体しますsign03

ここからが一番大変だった作業crying

液体パッキンを塗り、合体させるのですが、ハマらないsign02sweat01

何度か外しては組みを繰り返すこと1時間wobbly

液体パッキンが固まってしまったので、再度塗り直してトライbleah

やっと・・・

Dscn543501
合体成功eyepaper

シャフトが内外で2本、デフが2個も付いてるから、歯が噛み合わず時間を掛けてしまいましたが、メンドラ(クラッチ側)を手で回しながら組んでいったら入ったぁぁぁぁぁーーーーhappy01

嬉しぃーーーーーーーーーcryingscissors

でも、昨日も書いたけど疲れたぁーshock

2017年6月18日 (日)

トヨタ・カルディナ、ミッショントラブル編その3(^^;

本日は、やっとと言いますかeye梅雨らしい天候rain

降れば降ったで嫌ですが、降らないと困る場合もありますので、季節は大切ですねpaper

さて、デフのサイドベアリングは明日に部品が入って来るのですが、残念な事にセカンドギヤーが生産廃止になっていましたshock

ベアリングなどの他の部品はあるのにギヤーが無いとはどう言うことwobbly

無い物は無いので、再利用するしか無くなってしまいましたpaper

ただ、ギヤーの歯こぼれに関しては、程度が合って、わずかに欠けた程度なら、全く問題は無いのですsign03

ただ、欠けたのを組んだと伝えると気分的に嫌じゃないですかcoldsweats01

ですから、部品が出る場合は交換しますが、無い場合はそのまま組むことも当然ありますscissors

別に、これが原因でミッションが壊れた事例は当店で一度もありませんからhappy01

Dscn538501

ミッション本体のベアリング類は全て揃っているので、生産廃止なのはとても残念ではありますが、元通りに組み込んで行きますscissors

Dscn538601
組付中

Dscn538901

途中の作業写真がありませんが、本体のギヤーは無事完成sign01

見た目と保管の関係で、ケースに仮固定しています(写真中央上側)happy01

ちなみに写真手前がミッション内蔵のデフになりますが、ベアリング待ち状態にしています。

Dscn539201
トランスファ

次は、トランスファ側のオーバーホールへと・・・

Dscn539301

こちらは、部品が揃っているのでベアリング交換をしていきますが、困った事が・・・

写真のロックナットを外さないとならないのですが、スプラインが長すぎてボックスレンチが使えませんcrying

しかも、36ミリのメガネレンチも持ってないwobblyしかも日曜日shock

ここは、ストレートやアストロプロダクトと思いますが、36ミリのメガネなんてそうそう置いてませんから、ここはホームセンターへhappy01

写真は無いですが、無事に購入してロックナットを戻してベアリング交換しましたscissors

Dscn539601
ロックナット取外し作業中

Dscn540001
トランスファ分解後

外すのに、苦労することは多々ありますが、組付けも結構苦労しますよweep

Dscn540401
トランスファ組付中

ここからは、元に戻して行くだけですが、写真が少なくてすみませんbleah

Dscn540601
トランスファ完成です

後は、ミッション側のデフベアリングが届き次第、組付け後、エンジンに合体させていくだけですpaper

続くgood

2017年6月17日 (土)

トヨタ・カルディナ、ミッショントラブル編その2(^^;

今年の6月は、どうやらカラ梅雨sign02らしいですから、熱中症対策、紫外線対策はくれぐれもご用心くださいませeye

さて、明日の日曜日までに完成させようとオーバーホールを開始したカルディナsign03

ミッションのオーバーホールは必ず予期せぬ部品の追加ならびに、頼んだはずなのに実は部品の発注ミスが多い作業ですscissors

事前に部品を注文して届いていたとしても、ミスは必ず起きますし、当然物理的に取外す際に壊れてしまうギヤーありますcoldsweats01

冒頭から、結果的な話ですみませんがまずは続きをpaper

Dscn536701
まずは順番に分解するのですが、汚れがすごいですsign01

Dscn536901
ミッションケース取り外し後

Dscn537001
フロントデフです

ボールベアリングと違い、テーパーベアリング式だと摩耗によるガタが出やすいデメリットがありますeye仕方がないのですが、これは、クラッチ交換時にオイルを交換するとか、キロ数で交換するようなサイクルにすることで摩耗は抑えられるとは思いますhappy01

では、FR車のリヤデフなどは、交換サイクルが少なくても摩耗が少ないのは?の問は、ズバリオイルの粘度になりますscissors

ミッション内にデフが入ってるFF車は、どうしても柔らかいオイルを使わないとなりませんが、ミッションとデフが別になってるFR車は、デフに柔らかいオイルを入れる必要が無いので、耐久性が違うのです。

ディーラーは新車を売るのが商売なので、詳しくは言いませんよねbleah

Dscn537701
全部バラバラに(デフ、トランスファ以外)

余談になりましたが、無事にバラバラに分解出来たは良いのですが、やはりギヤーが1個欠けてしまいましたcrying

Dscn538001
セカンドギヤーです

トヨタのミッションに限った事ではありませんが、どうしても作業上、ギヤーの歯が少し欠ける時があります。

特に問題は無いレベルなのですが、交換出来るなら交換した方が無難ですよねeye

ただ、片方が新品に代わると相手との当たりが出るまで異音が出る場合がありますcoldsweats01

セカンドギヤーなので相手側の異音トラブルが少し心配ではありますが、常時継ってるギヤーではないから、大丈夫かと思いますsign01

Dscn537601
ミッション内のデフ

この長ーーーいシャフトが外れなくて作業に支障をきたすデフcrying

Dscn537201
パーツの仕組みを考えてる最中

Dscn538201
分解後

他のメーカーのFF車、動力伝達装置は、ミッション内に1個のデフが合って、そこからトランスファ内にもう1個のデフ、さらにリヤに最後のデフと言う構成がほとんどですが、何を血迷ったかトヨタさんwobbly

ミッション内のデフの中にもう1個のデフを内蔵してる(1個のデフの中にもう1個付いてる)デフだったsweat01

肝心なトランスファは、ただリヤに動力をダイレクトに伝えるヘリカルギヤーのみなのにデフっぽい作りですsign03

この時代の4WDはこんなもんでしょwobbly

さて、ギヤーが欠けてしまったのは追加になるので仕方が無いのですが、部品を調べていたら肝心のデフサイドのベアリングを頼み忘れていましたshock

頼んだつもりだったのですが、店主のミスですねbleahsweat01

月曜日には揃う予定なので、組めるところまで続きをアップして行きますgood

最後に、エンジンオーバーホール中のニッサン・セレナsign01

粛々と作業は進めていますが・・・カーボンが酷くて中々洗浄作業が先へと進んでいませんが、順次アップしたいと思いますscissors

2017年6月16日 (金)

トヨタ・カルディナ、ミッショントラブル編その1(^^;

ここんとこ涼しかったのに、今日は蒸し暑かったですねsunsweat01

今年初めて扇風機回しましたよcoldsweats01

さて、今年早々に、足回りのリフレッシュをしたトヨタ・カルディナsign03

足回りは全てリフレッシュ交換済みなのですが、エンジンは、補機類や回りの部品を交換、ミッション・デフ類は、クラッチ交換、オイルシール、油脂類のみ交換しただけでしたpaper

Dscn534301
手前に扇風機sweat01

完成した時は、エンジン、ミッション、デフに問題は無かったのですが、納車からわずか2ヶ月足らずで、異音が発生sign03

調べると、デフのサイドベアリングの摩耗が原因sign02なのか、ドライブシャフトが回転とともに楕円状に回り、オイルシールに当って擦ったような音が出るのが原因と判明sign01

ただ、まさかこんなに早く不具合が出るとは思っても見ないだけに、通常なら工賃、部品代ともにいただきたいところではありますが、さすがに工賃をもらう訳には行かないので、部品代だけいただくことで、お預かりさせていただきましたが・・・

不具合を確認したのが先月末くらい、壊れる前にお預かりした方が良いと考えて、今月の頭近くsign03

急遽お預かりしたのは良いのですが、予約を事前にいただいてるお客様の合間で作業することにしましたが・・・wobbly

簡単な作業では無いので、リフトを最低でも3日開けないと出来ませんdelicious

そこで、パーツを先に注文sign03

Dscn534501
部品は先に届いたのですが・・・

届いた部品はせっかくバラすので、不具合箇所だけ交換するのではなく、オーバーホールする形にいたしましたscissors

ところが、中々時間が無く、しかも鈑金も頼まれていたのですが、鈑金屋さんも今は忙しいらしく20日以降にならないと作業が出来ないsign01

ようやくバラし始めたのが今日sign03

Dscn534701
取外し作業中sign01

この車両は4WDなので、基本エンジンごと脱着が普通なのですが、今回はエンジンを吊した状態で、ミッションのみ取外しますpaper

Dscn534901
FF車専用のエンジンクレーン?

今時の車には、絶対使えない工具なのですが、この頃ぐらいまでがギリですが使えるので、エンジンを吊った状態でミッションのみを降ろすことが出来る工具です。

ただし、4WDのミッションは、1人での脱着は厳しいですねcoldsweats02だから工賃が高いのかな(今回は無料だけど)sign03

Dscn535101

Dscn535301

本日は、車検の車のお引渡や、雑用が多く、作業を本格的に開始したのが午後4時くらいsign03

Dscn535501

邪魔なメンバーを外して、トランスファーから外そうとしたら・・・

トヨタのミッションって、単独でトランスファーだけ外せないことに気づくwobblysweat01

後に気づくのですが、やはり1人で作業するならエンジンごとそっくり降ろしたほうが良かったと後悔することになるのですが、この時は必死crying

取り合えず、外してから考えようと試行錯誤しながらやっと外しましたよbleah(終わったのが午後7時)。

Dscn535701
ミッション側のシャフトが抜ければ簡単なんだがsweat01

焦って作業していたので途中の写真を撮り忘れてしまいましたが、オーバーホール後にエンジンに載せる時は、臨時で人を頼んで載せないとダメですねwobbly

さすがに本日は、ここまでcoldsweats02

ギヤーオイルを頭にかぶりながら作業したせいで体はギヤーオイル臭いは、体力が無くなるはで、さすがに限界ですhappy02good

2017年6月15日 (木)

ダイハツ・ムーブにLEDヘッドライト取付け編(^^;

冒頭からすみません、実は休み明け早々から車検整備が3台もあり、作業に追われ写真を撮っていませんcryingsweat01

そこで、リアルタイムでは無いのですが、話のネタで以前、代車であるダイハツムーブなどにキセノン(HID)バルブを取り付けしたと思うのですが、残念な事にヘッドライトの反射板が曇ってしまい、ヘッドライト交換ついでに今回は、今人気のLEDバルブを取り付けしたいと思いますpaper

Dscn514501
今回取付けするLEDバルブ

当店で購入してるショップさんで、キャンペーン価格で安く購入(通常は1万円ほど)sign03

今まで付けてたHIDが6000k(ケルビン)なのですが、不運にもヘッドランプの反射板が曇ってしまいました

Dscn515801
曇ったヘッドランプ

そこで、中古のヘッドランプですが交換ついでにLED化ですscissors

Dscn516501
写真左から、HID切替式、HIDスライド式、LEDです

HIDは、ハイとロービームの切り替え方式が違いますが同じものになりますeye

ただし、元々付けていたのが6000k(写真中央)ですぐに4300Kに替えたのですが時すでに遅しで、反射板が曇っていましたcrying

どうやら、ホントかウソか?は定かではありませんが、青白い光が強いほど反射板が曇りやすいんだとかsign02

現に曇ってるので、根拠はありそうですwobbly

Dscn516101
こちらは、店主の車ですが、後付で4300KのHIDを付けています

Dscn515901
取付してから1年以上になりますが、未だに曇っていません

4300Kだと、少し淡黄色に近い白色ですsign01

ハロゲンバルブでも青白いタイプを使っていると曇ってた気がします(あくまで主観)coldsweats02

ただ、HIDは明るくなるまでの立ち上がり時にどうしても青白い光が何秒間か続きますので、立ち上がりが遅いバルブだと曇りやすいかも知れませんcoldsweats01

そこで、立ち上がりが早く、ケルビン系も少ないLEDバルブを曇ったヘッドランプ交換と同時に取付けをしてみて、モニター感覚でテストして見ようと思いましたpaper

Dscn515001
LEDを付ける前に台座部分を外します

ここは、HIDと同じですscissors

Dscn515101
台座を新しく購入したヘッドランプに取付けます

本来だとヘッドランプユニットを外すことはありませんが今回は交換するついでなので単体作業になっていますcoldsweats02

Dscn515401
LEDバルブ取付後

購入したLEDバルブは、アンプレスタイプでカプラーオンタイプですsign03

ただ、ハイビームにした時、メーター内のハイビームランプ(青色)は不点灯になるので、予め点灯できる用にアダプターが必要になります。

Dscn516401

こちらが、ヘッドランプとLEDバルブ交換後になりますscissors

Dscn516701
点灯テスト

この後、夜の状態を撮影したかったのですが、諸事情でムーブでは確認出来ませんでしたが、今回の作業前にすでに当店代車のダイハツ・エッセに取付けていますので、こちらの写真を・・・

Dscn105701
解りづらいですねhappy02

明るさ自体は、見た感じ視認性は良さそうですhappy01

ただ、ハイとローの切替式にはコストも考えると無理があるみたいで、ロービームはとても明るいのですがハイビームは、お世辞でも明るくは無いですshock

多分、バルブ量に関係してると思いますが、H4タイプでLEDに交換すならハイビームをあまり多用しない一般道向けかなと思います。

ハイとローが別タイプの4灯式だとシングル球になるので、LEDでもメリットは多きいとは思います。

安価で付けるなら、H4などはHID系、4灯式ならオールLEDもありますが予算を抑えるならロービームはHIDにしてハイビームはLEDなんてのも良いかも知れませんねgood

2017年6月12日 (月)

ニッサン・スカイラインDR30、エンジン始動復活編その4(^^;

本題から、外れる話ですみませんがhappy01

今日は、セレナのエンジン部品の洗浄作業に入ってるのですが、いつも使ってるお湯と混ぜてる洗浄剤だと、どうしても鉄のパーツがサビてしまい、後処理が面倒なので、今回、洗浄油(ガソリン)を使って洗うことにしたのは良いのですが、工場中が臭いの何のhappy02

面倒でも、鼻がオカシクなることを考えるとやはり止めた方が良さそうですcoldsweats01

さて、本題へと戻りますpaper

前回、エンジン始動までこぎつけたDR30スカイラインsign03

まさかのクラッチトラブルで、急遽、オーバーホールしたものの、マスター側に不具合が合って、交換することになったのですが・・・

Dscn532501
インナーキットで交換します

ちなみに、ニッサン部販ではインナーキットとレリーズ側のみシリンダーAssyが合ったのですが、土曜日の夕方だったので、時間に間に合わず、いつも注文してる部品商に以来sign01

社外部品が在庫有りだったので、月曜日に部品間に合いましたscissors

Dscn532601
組付け完了

さて、車体へと元に戻して、エアー抜きを終え、クラッチペダルを踏み込んだところ、かなり思いペダルタッチbleah

治ったぁーと思い、エンジン始動ししてクラッチ踏んでギヤーを入れようとしても入りませんsweat01

あれ?

どうやら、クラッチのシリンダーも固着しているんですから、当然、クラッチ板も固着してますよねcrying

なんとなくと言うか、うすうすは判っていたのですが、認めたくない私もおりましてbleah

実は、他の作業が多すぎて、これ以上、車を預かって治すことがかなり厳しい状況になってしまいまして、エンジンが掛かって、車が動けば車を返す事になっていたので、まさかの追加トラブルで、現時点でこれ以上お預かりが難しい状態になってしまいましたwobbly

せめて、タービンに供給するオイルラインの漏れを応急でも治して渡そうと思い作業を開始したのですが・・・

Dscn531001
漏れてる側(オイルギャラリー)のメッシュホース

Dscn530901
エンジンの後ろを通って・・・

Dscn530801
タービン側

あまりに大きいビッグタービンなので、写真に収まっていませんがcoldsweats01

このパイプラインsign01

キットでの付属品なのかsign02それともワンオフで作ったのかsign02

パワステホースやエアコンホースみたいに、ホース部分をカシメて作ったらしく、嫌な予感はしてましたが・・・

Dscn531601
セルモーターに隠れています

これでは、状況を確認するのが分かりづらかったので、セルモーターを脱着sign03

Dscn531901

矢印部分が漏れの原因箇所なのですが、やはりカシメていましたweep

カシメずに作る方法もあるので、その方法なら、ステンメッシュホースを切って作成し直すことでオイル漏れを治す事が可能なんですが、これでは新しくラインを作り治すしか方法が無く、こちらも時間的に余裕がないため断念shock

結局、この状態のまま、お引き取りいただき、後日改めて修理をすることにしましたpaper

ただ、まだ車はありますが・・・good

2017年6月11日 (日)

ニッサン・セレナC25、エンジンオーバーホール編その4(^^;

ようやくと言いますかeyeニッサン部品からの回答が来まして、サービスマニュアルとのメタルの見方がやっと判り、部品が全て揃いましたscissors

ただ、後に細かい部品は出ると思いますが、時間の掛かった原因であるクランクシャフトジャーナルメタルの解説を少しだけpaper

Dscn529501
矢印が、この車両の付いてるメタル

サービスマニュアルの内容を後で順を追ってアップしていきますが、メタルの種類の番号は全て1桁のみの設定なのに、サービスマニュアルの記載では2桁の内容だったが為に、混乱をきたしてしまい、時間が掛る結果となりました。

結果的に、今までのエンジンは、メタルが2枚で1セットで1種類になってるのが常識だったのですが、今日日は、オイル隙間を限りなく少なくさせる方向で、無駄を無くしてクリアランスも維持させる為に、シリンダーブロック側とキャップ側で、それぞれ別にメタル設定をしているようで、23番ではなく、シリンダー側が2番、クランクキャップ側が3番とクリアランスが違って設定してるようですpaper

メーカー側の言い分は、かん号表の後にメタルの部品番号と識別色を記載してるのですが、ここに/を入れて区別してるとの回答happy01

こちらは、今一度チェックはしてみますが、説明不足が多すぎて解らなかったのが事実sign03

ディーラーのサービスが解らないのに、小さな町工場が分かったら、ディーラーやメーカーいらんでしょって話ですよねsign01

そうじゃなくても、このエンジンは対策部品のオンパレードで、ピストンリングだけ交換したいのに、材質などの変更に伴いピストンもセットで交換しないとなりませんwobbly

しかも、タイミングチェーンのガイドも変更してるため、テンショナーとセット交換と言う、何とも疑問に思うエンジンsign02

さてさてcoldsweats01

Dscn529001
届いた部品

ちなみに、注文した部品の中に、メーカー欠品の部品があって、納期が7月中旬sign03

ブローバイのゴムホースなのですが、10年しか経ってない車で2ヶ月以上のバックオーダーはさすがに無いでしょwobbly代用が出来ると判断してキャンセルしましたが、売れ筋のセレナがこんな状態ですから、ニッサン殿、大丈夫でしょうかshock

またまた、さてさてsweat01作業を進めて参りますeye

Dscn529201
バルブ取外し後

Dscn530001
ピストンをコンロッドから取外し中

洗浄する前に、交換するピストンは外しますsign01

Dscn530101
分解後

コンロッドの小端部(ピストンピンが付くところ)が細く軽量化してるのにはビックリdelicious

さすが、今時のエンジンですねhappy01

Dscn530301
洗浄用具

さて、暗礁から一転、次回からは洗浄作業、組付け、エンジン載せへとアップを進めて行きますbleahgood

2017年6月10日 (土)

ニッサン・スカイラインDR30、エンジン始動復活編その3(^^;

今日は暑い割に風が強い1日となりましたwobbly

前日のブログでも少し書きましたが、ようやくスカイラインの交換作業開始sign03

まずは、随分前に届いてる、燃料フィルター、デストリュビューター、燃料ポンプの交換をして行きますscissors

Dscn524101
リジットラック(ウマ)に上げて作業をして行きます

Dscn517001
交換前の燃料フィルター

まずは、何年眠っていたか?不明の車のガソリンをクリアーにすることから始めて行きますsign01

Dscn518001
写真下が外したフィルターです

Dscn518201
交換後アフター

Dscn518301
届いたリビルトデスビ

次は、デスビの取付ですが、FJエンジンは難しいですね、店主も初期的ミスを犯して、エンジン始動に時間が掛かってしまいましたbleah

Dscn519001
デスビ取付後

この時は、何度取付けても同じ場所にローターが来るので、大丈夫だと思っていましたが、これがミスだったsweat01

Dscn519401

ちなみに、オイルクーラーのアダプターが邪魔で、取り外してしまったので、オイルフィルターを新品に交換coldsweats01しかし・・・ディーゼルエンジン車なみにデカイwobbly

Dscn524501
腐ったガソリンを抜いてます

Dscn517301
これガソリンですhappy01

サビの色も加わってますます赤い色になって、ニオイも半端ない臭さcrying

Dscn526501
壊れてる純正ポンプ

Dscn526601
追加の燃料ポンプ

この車、かなりチューニングしてるようで、追加インジェクター用に燃料ポンプも増設していましたが、増設側は生きてるため、今回は死んでる純正側ポンプを交換しますscissors

Dscn526701
古いポンプ取外し中

Dscn527001
写真下が新品

このポンプ、7万諭吉もする、バブリーなポンプですwobblysweat01

Dscn527201
交換後アフター

これで、燃料系は完成となりますpaper

後は、新しいガソリンを入れて、エンジンが掛かってくれればOKsign03なんですが・・・

セルを回して初瀑があることを確認happy01

掛るぞsign03と思ってましたが、いくら回してもタイミングがどうも合ってないような感じ、1人では不可なので、タイミングライトをあてながら、家内にスタートキーを回してもらいながら確認したら、かなり早く点火してることが判明sign03

これって、デスビの取付位置が違うと判断、ここでようやく店主のミスと判り、デスビを付け直しますsign01

Dscn527301
こちらがミスったローター位置(写真中央)

Dscn527601
こちらが正規のローター位置(同じく中央)

ちなみに、一番上死点でローターのTマークの形をしたところが1番の点火位置付近です。

Dscn528101
無事にエンジンが掛かりましたscissors

当初は、インジェクターが固着していて、1発死んだ感じで中々安定しなかったのですが、新しいガソリンがうまい具合に浄化したのかsign02安定していますgood

しかし、アイドリングでエンジンが横にかなり振れるので、調子はあまり良くないのかな?と思ったのですが、良く考えるとFJエンジンは結構振動が多く、横揺れが多かった記憶を思い起こしましたcoldsweats01

ただ、無事にエンジンが始動したのは良かったのですが・・・

次なるトラブルがwobbly

Dscn528001
クラッチオーバーホール中

当初、年数が経ってるせいで、固着したトラブルと思っていたんですが、ゴムも固着していて、油圧がレリーズに伝わらず、マスター側で逆流してしまい、これは完全に部品を交換しないと治らない状態sad

次は、写真を載せていないのですが、タービンに供給するオイルラインeye

社外のビッグタービンがついてる関係で、かっこよくステンメッシュで作っているんですが、ここがダメで、オイルがダダ漏れcrying

さらに、ラジエーターはロアータンク側からの水漏れcoldsweats02

まぁー放置した年数を考えると・・・これはこれで、必然的なトラブル何でしょうねsign02

しかし、コンピュータが壊れて無くて良かったぁーbleahgood

より以前の記事一覧

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ