車、整備

2021年4月12日 (月)

スバル・サンバーTV2、ブレーキ引きずりオーバーホール&交換編(^^;

この場をお借りして、修理予約のお客様がご来店されるたびに「体は大丈夫ですか?」と訪ねてくださる方が多く、ブログを見ていただいているんだなぁーと感謝に耐えません、誠にありがとうございますm(_ _)m

体調不良から10日が経ちましたが、おかげさまで完全ではございませんが、だいぶ回復はしておりますので、ご心配いただきありがとうございます!

さて本題へ・・・

Dscn742801

初めてのご入庫になります、スバル・サンバーですが、車検も近いためにディーラーで見積をしていただいたそうですが、当然車買い替えの高額見積もり!!

お客様ご本人は、長く乗りたいとのご希望で、長く乗るならこれだけ掛かるから買い替えと進めたかったのでしょう?

他に整備していただける工場を探した場所が当社でした!!

まずは、ディーラーの見積書を見ながら車両点検し、車検まで少しだけ月日が在るのですが、今すぐ整備しないとダメな箇所が分かり、お預かりとなりました!!

Dscn743001_20210412205701

こちらは、問題ない右フロントブレーキです!

これを踏まえて・・・

Dscn743101

もうパッドの残量がほぼありません?

見積書には、引きずってるとのご指摘をいただいているにも関わらず、すぐに直すように促さなかった事は、かなり大問題かと思います。

仮に買い替えをするとして、新車が来る間、この状態の車に乗り続けていないとならないのに・・・どうなります??

スバル大好き店主としては、ちょっとショックでした。

ただ幸いなのは、早めに当社にたどり付いていただき交換作業が無事に出来たことでしょうか!!

さて、また余談になりましたが、ブレーキのキャリパーオーバーホール、ブレーキパッド、ディスクローター交換をします!

ちなみに、まだ鉄同士が擦れれていないのですが、ブレーキを踏むとABSが効いてるようなキックバック現象が起きるそうなので研磨するより交換したほうが良いため、交換になります!!

Dscn743301_20210412210601

キャリパーを外して分解していきます

Dscn743601

清掃と洗浄をして・・・

Dscn744901

写真中央部分にあるのが新品のシールキットとピストンになります

Dscn745301_20210412210701

引きずっていた側のピストンは巣穴とサビがあったので、交換します

Dscn745601

組み付け後

キャリパーのオーバーホールは、何度もブログにアップしてるので、組付け途中の写真は省略!

Dscn744701

何でもそうですが、新品はええですね💦💦

Dscn745801_20210412211001

組付け中

Dscn746001

組付けが完了し、エアー抜きして最終チェック後、完成となりました!

来月、車検で再入庫となりますので、またアップさせていただきます😃✌



2021年4月11日 (日)

ダイハツ・ハイゼットS200系、車検整備編(^^;

天気は良いのですが、気持ち寒い日が続きますね👀✋

さて、ご入庫のお車を順番にお伝えしていますが、作業にお時間が掛かるような作業に付いては順不同でお伝えしてますため、ご了承くださいませ!!

Dscn737901_20210411203801

毎回、ご入庫頂いておりますダイハツ・ハイゼットの車検整備になります!

走行キロはあまり多くは無いのですが、走って無くても劣化は出てきます!!

Dscn738101_20210411204701

フロントはまだパッドの残量があるのでOK

Dscn738301

リヤブレーキは前回、ホイルシリンダーのオーバーホールをしてカップキットで交換したんですが・・・

Dscn738601

残念ながらブレーキフルードが漏れているので、ホイルシリンダーAssyで交換します!

ちなみに左右とも漏れていました💦💦

Dscn739101

手前が新品のホイルシリンダーです

参考ですが、ハイゼット系はホイルシリンダー自体は同じなんですが、右と左でブリーダープラグが在るかないかで違いがあります!

Dscn739801_20210411205001

写真のように、右側にはブリーダープラグが無いためですが・・・

Dscn740201_20210411205001

右側交換完了で、もう片方も交換します

最後は・・・

Dscn740401

ファンベルトとクーラーベルト交歓です

前にも交換していますが、走行していないとプーリー部分にサビが付着し、エンジン始動するとサビがヤスリの働きをしてベルトを削ってしまうのと、ゴムはある程度伸び縮みを繰り返さないと割れたりしてベルト鳴きの原因になるので、ベルトが張っているのにキュルキュルやキー音が出る場合は交換です!!

車検も無事終わり、作業完了です👀✋

 

2021年4月10日 (土)

ランボルギーニ・カウンタック、車検整備、オルタネーターパワーアップ編その4完成(^^;

ようやく完成編となりましたカウンタックですが、届いた部品の写真を撮り忘れるなど、ドジばかり続きしかも、お預かりしてから部品の手配、ワンオフ製作のオルタネーターも重なって気が付けば1か月以上も掛かってしまいました💦💦

ちなみに、足回りも含め部品はほぼ日本に無く、本国在庫がほとんどなので、時間は掛かりましたが完成編です👀✋

Dscn735101_20210410200201

ようやく外れたロアアーム(写真中央)!!

さんざん悩んだあげく、アクスル?の中をバーナーで熱し、壊れても良いナットを返してハンマーで叩いたら・・・ようやく外れました💦

ようやく一つ目をクリアーして今度は根本部分なんですが、ボルトとボールジョイントが錆び付いているのか?外れず、しかもカウンタックは、鉄とFRP(ファイバー樹脂)がほぼボディに使われているので、キンキンにバーナーで熱する事は出来ないので、中々難しく・・・

考えた末

Dscn735601_20210410202101

サンダーで切ってしまいました✌

Dscn735401

残ったのはボールジョイントの中の部分!

ここも、サンダーで慎重に切り・・・

Dscn735801_20210410202301

やっと外れましたよ👀💦

後は、組付けるだけですが、高尾で、冒頭にお話した写真の撮り忘れ・・・

Dscn736001

ちなみに、ボルトが無事に抜けたボディ側

Dscn736301

組付け中のボールジョイントです

Dscn736801_20210410202501

いきなりですが、ほぼ組付け完了まじか!!

一応、バーナーであぶったりしたのでシャーシブラックで塗装!

Dscn737201_20210410202601

最後は、アクスル?のメクラ蓋のガスケットを作成して組付け、トーイン調整とテスト走行して完成となりました。

 

2021年4月 9日 (金)

ランボルギーニ・カウンタック、車検整備、オルタネーターパワーアップ編その3(^^;

現在、ミゼットに載せるアトレーターボのオイルラインの溶接をするために、再利用しないパイプでトライしてるんですが中々うまく行かず、悪戦苦闘してる店主です👀💦💦

さて、オルタネーターのパワーアップが完了したアニバーサリーですが、フロントの足回りにガタがあり、厄介なことにロアアームの車台側ボールジョイント(ピロボール)!!

まずは、フロント回りも含め・・・

Dscn732901

フロントフードは邪魔になるので取外し、周りは傷がつかないように柔らかい布等で養生!

次に、外すボルトにアクセスするためにスペアータイヤを外します

Dscn733101

ちなみに、ガタがあるボールジョイントはここ💦💦

Dscn733501

スペアータイヤを外した奥に特殊なナットが付いてるところがボールジョイントの根本部分

ボルト側は・・・

Dscn733701

何と室内からアクセスします👀💦

マットの裏地が剥離してボロボロ💦

Dscn734001

掃除機をかけて綺麗にしてから、足元のプレートを外した状態です

この奥に・・・

Dscn733901

矢印が、根本のボルト部分です!

つまり、ボルトを外す際は、フロントスペアータイヤ内からと室内からアクセスするので、物理的に1人では出来ない👀💧

ただ、運よくナットは外せたので良かったのですが、ボルトは全く抜けません💦💦

取り合えず、足回りをばらします

Dscn734201

ショックアブソーバーが邪魔なので外ししてる途中!

何せ、ボルトの頭は薄くて工具は使いづらいは、ナットは工業用の専用ナットなので、車高調レンチのちっこいバージョンじゃないと外せないと言う、中々やりがいのあるスーパーカー様です👀✋

Dscn734701_20210409205301

こんな感じです、分かります??

Dscn735001

横着して、ここまで分解出来たんですが、アクスル(ナックル?)からロアアームが外れない???

締付自体もそれほど硬く締まっていなかったので、それほどでも無いと思ったのが大きな間違いで、叩いて外したいが相手がアルミなので軽くしか叩けないし・・・格闘する事2時間余り、夕方になったので、ここでこの日は終了となりました⤵

どうやって外すか課題としつつ、今宵はここまでになります!!

次回は、無事に外れた作業からスタートです👀✋



2021年4月 8日 (木)

スズキ・アルトラパンHE21系、車検整備編(^^;

ここ2、3日、従来の気温になり、少々肌寒い日が続いています。

寒暖差で、体調にはお気を付けくださいませ!

さて、少しブログをお休みした分、しばらくリアルタイムな作業(いつもそうなんですが・・・)ではありません💦💦

お客様は、以前にも修理、車検でご来店歴はあるのですが、今回のスズキ・アルトラパンは初めてのご入庫となります!

Dscn726101_20210408210301

初期型のラパンになります

Dscn726301_20210408210301

距離は10万キロを超えたばかりですが、年数も経っているので修理作業が多そうな予感が・・・

まずは、エアーエレメント、ベルト類は大丈夫でしたがスパークプラグは交換になります

Dscn730201

右は新品のイリジュームプラグです!

Dscn726701_20210408210601

次にブレーキパッドは、要交換です(最後に交換後を)

Dscn726901_20210408210701

リヤのドラムブレーキは、そうそう減らないので問題はありません、ホイルシリンダーも漏れはありませんでした

Dscn727101_20210408210801

タイロッドエンドブーツは、片側がグリスが漏れているのともう片方はヒビが入っていたので左右交換!

Dscn727601_20210408210901

ドライブシャフトブーツは、何時切れてもおかしくない状態が左右ともなので交換になります!!

Dscn730401

まずは、タイロッドエンドブーツ交換からです

Dscn730701

古いブーツを外し、奇麗に古いグリスを拭き取り後、新しいシャーシグリスを塗布

Dscn731001

新品ブーツ取付後

Dscn731201

元に戻して完成ですが、アライメント点検と調整は必要になります(車検なのでテスターでチェック)

Dscn731401

次にドライブシャフトブーツ交換ですが、すでに古いブーツを外し、奇麗にグリスを拭き取った状態です

Dscn731501

最近は、分割タイプのブーツが主流ですが、当社ではピットワーク製のウレタン系ブーツを取付ています!!

Dscn731701

組付け後です

最後は・・・

Dscn732001

ブレーキパッドを組付け、エアー抜きして整備完了後、車検を通して完成となりました!!

ゴム類は、基本車検場で確認した時点で切れていなければ車検は受かりますが、受かりました!良かった!すぐにブーツが切れてベアリングやボールジョイントから異音が出ました!修理代が高くついたぁー!になりかねないので、切れそうな場合は交換した方がお勧めかと思います👀✋

 

 

2021年4月 6日 (火)

ダイハツ・ミゼットⅡ、ターボエンジン&4速オートマミッション載せ替え改造プロジェクト編その9(^^;

ブログを見ていただいてる方には、大変ご心配をお掛け致しましたが、戻って参りました(^^;

まだ、治ってはいないのですが、大分体調も回復してきました!!

ブログにアップするのも大分溜まっておりますので👀✋続けてアップしたいのは山々ですが、順番にお伝えしていきたいと思います!

さて、長期プロジェクトになっておりますダイハツ・ミゼットⅡ、エンジン載せ替え改造ですが、少し作業が進みましたのでアップさせていただきます。

Dscn725801_20210406210201

延長したエキゾーストマニホールド部分に遮熱板が無いので、耐熱テープで対応いたしました

Dscn728901

残りの部分は、純正の遮熱板を加工した後、耐熱塗料で塗装!!

Dscn729701_20210406210701

仮組状態ですがエキゾースト系が完成しました!

Dscn730001_20210406211001

ターボチャージャー部分が完成したと思うかも知れませんが、まだまだで、今度はオイルラインとウォーターラインの改造になりますが、ウォーターラインは、それほど難しくない為、オイルラインから・・・の前に、ちょっとエアクリーナー関係を試しに・・・

Dscn729301_20210406210601

本来のアトレーターボのエアクリボックス!

Dscn729501

角度を変えてますが、正直ミゼットには付きません💦💦

ボディに穴を開けて飛び出させたら付きますが、普通に無理なのでミゼットのエアクリボックスを使う事にしています

ではオイルラインへと

Dscn729101_20210406211701

写真右が高圧側のオイルラインで左は低圧側になります

Dscn740801

低圧側なので、途中で切りホースで対応します

Dscn741601_20210406212001

こちらも仮付けですが、この状態だと熱でやばそうなので耐熱テープで処理しますが後日アップします

ちなみに、確認後はパイプにも耐熱塗料で塗装します

Dscn740701_20210406212301

次は高圧側ですが、途中でパイプカットしてステンメッシュホースで対応しようとおもいましたが、材料と加工料が少々高くなってしまうため、純正新品と2個一にする事でコストカット!

ただし、新品を2個買っても良かったのですが、元々のパイプに問題は無いのと塗装する事も考えると1個のみで十分と判断!!

ただ、今回はろう付け作業する関係で失敗したらもう1個買う羽目になる可能性はありますが・・・💦

Dscn741901

カットした後の写真撮り忘れてしまいましたが、タービン側は新品を使い

Dscn742101_20210406213301

オイルの供給元は、再利用し写真中央付近で繋げます

Dscn742601

角度を変えて、黄色い線はここでカットする箇所

Dscn749701

カット後

Dscn749501

間にかませているのは、銅製のパイプ!

ガスバーナーであぶり、真鍮の溶接棒でろう付けをしますが・・・

今宵はここまで!

次回は、うまくろう付けが出来ていれば、エンジンを載せて、コンピュータの位置、配線関係、配管などの位置のチェック等を進めるところまで、進めて行ければと思っております👀✋

2021年4月 3日 (土)

体力回復まで2、3日ブログをお休みいたしますm(_ _)m

誠に申し訳ございません。

工場は開けて作業はしているのですが、夕方になると電池切れになるのか、一気に疲れてしまい、体力気力ともにありません。

体力が少し回復するまで2,3日お休みをさせていただきます。

ブログを楽しみにされてる方には、申し訳ございませんm(_ _)m

なお、工場は、通常通り営業しております。

2021年4月 2日 (金)

本日のブログはお休みいたします(^^;

誠に申し訳ございません

突然の体調不良により、本日1日工場も含めお休みさせていただきますm(_ _)m

2021年4月 1日 (木)

ホンダ・ビートPP1、車検整備、タイミングベルト・ウォーターポンプ交換編その2完成(^^;

気が付くと4月ですねぇー!!

今年もコロナで振り回されそうですが💦💦4月バカと言う事で・・・

さて、続きになりますがエンジン関係の交換へと・・・

Dscn723001

いよいよ、タイミングベルト、ウォーターポンプ交換をしていきます!

ミッドシップ系は、トヨタ、ホンダともに面倒な作業ではありますが、慣れれば、それほど難しい訳ではありませんが、知恵の輪見たいなパズルのような物だと思えば、難しいと言う固定観念は無くなるかと思います!

Dscn723201

詳しい写真が無くてすみませんが、タイミングベルト関係は以前のブログでアップしてますから参考に

Dscn723401

タイミングカバーを外した状態

Dscn723701_20210401212601

ベルトを外したウォーターポンプですが・・・タイミングベルトで駆動するすべてのホンダエンジンは、タイミングベルト交換時に漏れていることが多いので、交換は必須だと思います!

かといって、必ずしもダメなエンジンでは無く、考え方を変えるとよく回るエンジンだから壊れやすいとも言えますので、一概に言えませんが、しかしながら・・・ほぼ漏れているのは事実です!

ちなみに、最近のタイミングベルトと一緒に駆動しなくなったライフなどは、漏れにくいかと思います(店主的主観)。

Dscn723901

写真右が外したパーツと左は新品です

ここからは、取付もサクサク進めてる関係で詳しい写真が無くすみません

Dscn724101

見づらいですが新品組付け中

Dscn724201

下からの写真です

Dscn724601

ちなみに、エンジン側の冷却ホースも交換しました

Dscn724901_20210401213301

当たり前ですが、クランクプーリーなど要所要所はトルクレンチで締付ます

Dscn725101

こちらは、クラッチフルードのエアー抜き中です!

ビートのクラッチ系は油圧式なので入れ替えます

Dscn725201

最後は、邪魔だった触媒を外したので元に戻しています

Dscn725401_20210401213601

無事に完成し、車検も無事に合格してきました!

年度末も最後の方になると持ち込み検査は少なくなるので楽なんですが、書類はディズニーランドのアトラクション待ちなみに長蛇の列になるので、ご近所様には大変迷惑な話ですね!!

 

2021年3月31日 (水)

令和3年4月1日より、当店ご利用内容の一部に変更がございます。

この度は、弊社ごとで大変恐縮ではございますが、当店ご利用に関していくつか変更の点がございます。

 

【 代車に関して 】

・車検整備、一般整備など1週間程度で終わる作業に付きましては、代車のお貸出し日より最大8日までは無料とさせていただきます。(例えば土曜日にお車を預け、次の土曜日にお車の引き取り、代車を返却)

・お客様の都合により、8日間を過ぎてもお車の引き取りにこれず、代車の返却がされない場合、1日に付き1,100円(税込み)をいただきます。(ただし、作業の流れで追加作業が発生した場合はそのまま無料でお貸しいたします)

・部品持込での整備作業の代車ご利用は、従来と同じ1日2,200円(税込み)となります。

・エンジンオーバーホール、ミッション、デファレンシャルオーバーホール等、長期間に渡る作業をご依頼のお客様には、大変申し訳ございませんが、代車のお貸出しはご遠慮させていただきます。

・代車が無いため、お帰りの足にお困りの場合は、最寄りの駅(JRなら四街道駅、京成ならユーカリが丘駅)まで無料にて送迎いたします。

・完成したお車の引き取りが、夜遅くならないとご来店できない場合にはご相談ください(ご来店時間によりましては、閉店後でもお待ちいたします)

 

【 ご予約時の内容とは異なる追加作業に関して 】

ご予約時の整備ご依頼以外の追加作業のお申し出は、誠に申し訳ございませんがお受け出来ません。

追加作業がある場合は、後日改めて予定を立てさせていただき再度ご入庫の形を取らせていただきます。

お電話、メール等のやり取りで、整備内容の修理日数を予定として組んでおります。ご予約の日程決定後に、あとから「ついでに○○も」「他にも○○見て欲しい」等、今までお客様のご要望にお応えしてまいりました。

ですが、当店をご利用くださるお客様が増え、次にご予約されたお客様にご迷惑をお掛けする状態に陥ってしまいました。

つきましては、大変心苦しいですが、ご予約時以外の追加作業等はお受けできません事をご了承願います。

 

追伸

この度、代車ご利用に関して、追加作業のお断り等を決定するに至り、お客様に大変ご迷惑お掛けして申し訳ありません。

なるべくお客様に、ご不便をお掛けしないように努力してまいりました。

ですが、お車が完成しているにも関わらず来られないお客様。ご入庫の際に追加作業をご依頼され、当初の予定よりも大幅にお時間が掛かってしまうお客様。

など、次にご予約いただいているお客様に、代車をお貸しできないトラブルが発生するようになりました。

考慮の末、代車を効率よくお客様にお貸し出来る様、今回の一部内容変更に至りました事を、ご了承お願い申し上げます。

より一層のサービス向上と努力を怠らずに精進してまいりますので今後ともお付き合い賜ります様、ご理解とご協力お願い申し上げます。

 

 

令和3年3月31日

合同会社 ナリタオートサービス

代表社員 成田 稔

より以前の記事一覧

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ