« スズキ・スイフト、1年点検、ヘッドライト、フォグランプ不具合、リヤドアモール交換編(^^; | トップページ | ホンダ・シビックEF2、エアコン修理、アイドルアップ不具合修理編その2完成(^^; »

2024年6月16日 (日)

ホンダ・シビックEF2、エアコン修理、アイドルアップ不具合修理編その1(^^;

昨年に、お預かりしてから、様子見でお渡ししてはいたのですが・・・

やはり、冷えないトラブルとコンプレッサーからのカチカチ音が出てしまい、そのトラブルと並行してエアコンON時にアイドルアップもしなくなるトラブルが重なり、今月ご入庫となりました!!

ただし、今回はエアコンユニット(エバポレータ)を中古で入手されて様で、お持ち込み修理となります!!

合わせて、コンプレッサーの圧力センサーも交換して欲しいご依頼もあり、以前、まだ入手可能だった日本製リビルトコンプレッサーもお持ち込みになっております!

話を戻すと、最初にエアコンコンプレッサーが壊れてしまい、修理でご入庫されました!!

ところが、コンプレッサーの焼き付きが原因で、至る箇所に鉄粉が多くて、清掃で出来ない箇所は交換するしか対策の方法が無く、また旧ガスから新ガス(R134a)に変更したい要望もあり、洗浄で対応出来る部品は再利用して、エバポレータのみ、エキスパンションバルブの入手が出来ない為に、NSXのエキスパンションバルブを使う事で、新たにエバポレータを作成して変換する事になったのですが・・・

この時から、エアコンの冷えが悪く、コンプレッサー側からは、カチカチ音が出る状態でした!

その後も、冷えが悪く、偶然にも電動ファンが故障した事も重なり、再度ご入庫となったのが昨年の出来事になります!!

ここからは、現在に戻ります!!

Dscn420101_20240616204901

ボカシていますが偶然にもインテグラ、シビックユーロも重なり年式の違いはありますがホンダ車両が3台もいる状態になっています💦💦

Dscn422001_20240616205101

まずは、アイドルアップが出来ない不具合原因からになります!!

お客様からは、写真矢印のダッシュポットに問題があるのでは??との事だったんですが・・・

調べてみると、全く問題が無い事が判明!!

そうなると、次に調べるとすると単純にエアコンのアイドルアップソレノイドの不良と考えるのが一般的かと思いますが・・・

ここは、すでにお客様ご自身で交換して対応済みでした💦💦

なので、残るのはホンダ車独特のブラックボックス(バキューム制御)部分になります!

Dscn422201_20240616205501

後に、ただの配線トラブルだっただけですが・・・この時点では全く分からない状態でした!!

Dscn422901

アイドルアップに関しては、マニュアル等で調べて行くので後回しにして・・・次にお客様が購入したエアコンユニットをバラして、新ガスに対応する様に洗浄するのと、中古なのでユニット全体を綺麗にしていきます!!

Dscn423001

また、以前に海外で購入したエキスパンションバルブを今回組付けて行きますが・・・

Dscn423301_20240616205901

その前に、弊社で以前に購入したコンプレッサーから交換希望のセンサーを取外し、現在付いてる海外購入のコンプレッサーに当初は、取付ける予定でした!!

ところがです!

Dscn423901

現在付いてる海外購入のリビルトコンプレッサー!!

同じセンサー部分を外したところ・・・意外に適当な組付けである事が分かったのと、このコンプレッサー!!

ベーンタイプと分かった瞬間・・・NSXのエキパンと新しめのエバポレータでは、全く意味が無いと理解!!

海外から購入したリビルトコンプレッサーが不安だったので、最初に取付けたリビルトコンプレッサーを組付ける事にし、お客様が購入した元々の純正エバポレータユニットを組付ける事にしました!

なので、ここからはサクッと行きます!!

Dscn423701_20240616210601

購入した中古部品は綺麗に洗浄して行きます(まずは外観から)!

Dscn423801_20240616210601

最初に組付けたコンプレッサーは、元に戻して車両に組付けます!!

当然、海外から取り寄せたリビルトコンプレッサーは外します!!

Dscn424201_20240616210801

回りを洗浄後のエバポレータです!

Dscn424401

ここで思わぬ違いが・・・

写真左は、購入した国内仕様のエキスパンションバルブ!!

写真右は、海外から(実はアメリカです)取り寄せた新品のエキスパンションバルブです!

見ての通り、ハンドル位置が右か?左で?エアコンユニット位置も全く逆になるので、エキスパンションバルブも逆になっています!!

ただ、ホンダ車のエキスパンションバルブは特殊で、他の国産車では対応出来ないが為にNSX用にしたのが不具合の発端ではあったのですが・・・💦💦💦

配管の出口は違いますが、パイプなんで曲げて起動修正する事で対応出来ますから、この辺は大丈夫でした👀✌

 

Dscn424601

次に、旧ガスの対応オイルを除去するために洗浄中の写真です!!

少しでも旧ガスオイルが残ってるとトラブルの原因になるので、ここは丁寧に3回は洗浄して対応!!

今宵は、ここまでになりますが・・・

ベーンタイプのコンプレッサーは初めての作業だったので、お客様には大変ご迷惑をお掛けしましたが、勉強になりました!

結果的には直っていますが、次回も途中の作業をアップさせていただきます👀✋

 

« スズキ・スイフト、1年点検、ヘッドライト、フォグランプ不具合、リヤドアモール交換編(^^; | トップページ | ホンダ・シビックEF2、エアコン修理、アイドルアップ不具合修理編その2完成(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    また当店は、完全予約制となっております。
    作業内容によってはすぐに対応出来ませんので、あらかじめご了承くださいませ!
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^


  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V


  • 岩下モータース
    静岡県にある、老舗整備工場になります。
    弊社とリンクしておりますので、よろしければブログも定期的に更新しておりますので、興味のある方はよろしくお願い申し上げます。
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ