« ホンダ・シビックEF2、エアコン修理、アイドルアップ不具合修理編その1(^^; | トップページ | フィアット500、室内エアコン吹き出し口交換編(^^; »

2024年6月17日 (月)

ホンダ・シビックEF2、エアコン修理、アイドルアップ不具合修理編その2完成(^^;

明日から関東でも大雨になるようで、もしかしたら梅雨入りかも知れません!!

さて、続きになります!!

Dscn427601_20240617203201

エキスパンションバルブの2つある配管が長すぎて、取り回しに試行錯誤いたしましたが写真の様な状態で組付け、カバー類を組付けます!!

次に、加工改造したエバポレータユニットを取外し・・・

Dscn427801

写真左が、今回組付ける限りなく純正状態のエバポレータユニットと右が部品が無くて改造加工したユニットになります!!

単純にベーンポンプタイプには対応出来ないエバポレータだったのかな??とまじまじと感じた次第です!!

取付の写真等は無いので端折りますが・・・

組付けが終了し、エアコンのアイドルアップの作動チェックも合わせて真空引きして行きます!

Dscn428701

Dscn428901

真空引き後、一晩おいて問題無い事が解ってエアコンガスを入れて行きます!

コンプレッサーが作動して無い状態で、入れられるだけエアコンガスを入れると、通常はセンサーが作動しますので、アイドルアップ側も作動するので、確認の為にエアコンガスはいれてはいますが、アイドルアップしない状態でコンプレッサーの作動はさせられないので、コンプレッサーのマグネットクラッチはカプラーから外した状態でチェック!!

所が、電動ファンまでは回るのですがアイドルアップが作動しません!!

前回のブログで、エアコンのアイドルアップソレノイドとダッシュポット自体に不具合が無い事は、お伝えしました!!

後は、ブラックボックス内にある、ソレノイドに不具合が無いかチェックして行きます!

Dscn428001_20240617204301

写真が、ブラックボックス内にあるソレノイドとバキュームホース関係です!

写真矢印が、電気負荷とエアコンが起動した時にも作動するソレノイドです!!

ブラックボックス側のカプラー側には12Vの電気が来ている事はチェック済みで、ソレノイドも単体で直に電源を流すと作動する事が判明!!

そうすると、他のソレノイドが作動していない可能性があるので・・・

Dscn429801

マニュアルに従って確認するも異常なし???

電気が来てるし単体点検でも作動するのに何故???

摩訶不思議で・・・マニュアルを舐め回すように見たのですが、回答は断線!!

偶然なんですが、何度かブラックボックスのカプラーを外していたら・・・

Dscn428201

カプラーの端子から配線が切れるは、なんで配線途中にギボシ端子になってるか?意味不明なんですが、そこのカシメが良くないのか???

スポスポ抜けるわで、実質、接触不良を起こしてしまい作動したりしなかったりが起きてしまった事が、アイドルアップ出来なかった原因だったようです!!

Dscn428301_20240617205901

無事に、端子を入れ替えて修理し、ギボシ端子部分も新しく修理してソレノイド関係の8極カプラー側の修理は完了したんですが・・・

最後に、3極側のカプラーも端子根元から切れてしまい💦💦💦

Dscn429401

これには、大変困りました!!

なんせ、8極カプラー側は普通の平型端子なので、汎用品で代用が可能でしたが、3極の特殊カプラー端子を持ち合わせている事は無く、困ってしまったんですが・・・

天は味方してくれます!

お客様から、ソレノイドの不具合をご説明したところ、元々ブラックボックスの中身を中古で購入ストックされており、その中の一つにカプラーを外すのが面倒な販売者がいたようで、カプラーを外さずに途中で配線カットでそのままカプラーが残っていました!!

そのおかげで・・・

Dscn429501_20240617210601

カプラーを移植する事が出来、対応する事が出来ました!!

Dscn429901

最後は、無事にアイドルアップも出来るようになったので、コンプレッサーの配線(カプラー)を繋ぎ・・・

いよいよ、エアコンシステムを作動させます!!!

感動です💦💦

前回だと、途中でカチカチ音が出ていたのに・・・全く音は出ず、しかもちゃんと冷えてます!!

ガス量も、新ガスは少なめにと言われていましたが、旧ガスと変わりない量を入れても・・・

Dscn430201

アイドリング状態で約14度位、点検する回転数でも調べたら10度未満まで下がってるので、ほぼ完成に近い状態です!

ただし、ガス量が旧ガス量より、少しだけ少なめでも大丈夫なのかなとも思っていますが、高圧はそれほど高くは上がらなかったので、問題は なさそうです!

不具合原因が見つけられず、お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしましたが、ポンプ(コンプレッサー)の種類で、違いが起きるのだと・・・あらためて、勉強になったと感じました!

いやぁー、苦労しました👀✋

 

« ホンダ・シビックEF2、エアコン修理、アイドルアップ不具合修理編その1(^^; | トップページ | フィアット500、室内エアコン吹き出し口交換編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    また当店は、完全予約制となっております。
    作業内容によってはすぐに対応出来ませんので、あらかじめご了承くださいませ!
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^


  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V


  • 岩下モータース
    静岡県にある、老舗整備工場になります。
    弊社とリンクしておりますので、よろしければブログも定期的に更新しておりますので、興味のある方はよろしくお願い申し上げます。
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ