« 2024年3月 | トップページ

2024年4月

2024年4月13日 (土)

スバル・レガシィBRG、オイル漏れ交換編その3(^^;

明日は、関東も夏日になるほど暑い1日なるようですが、朝夕は、まだ4月の気温ですから体調管理には気を付けたいですね!!

さて、部品も届き、作業開始になり元に戻して行く作業になります!

まずは・・・

Dscn324101_20240413204601

ドライブプレートの組付け中になります!!

最近は、規定トルクでの締付で終わりでは無く、角度締めでの対応なのは、今時なのかな???

と思いましたが・・・

Dscn324601_20240413205101

角度締め中

Dscn324801_20240413205201

角度締めの閉め忘れ防止にマーキングして角度締めが出来てるかをチェックし、ミッションをドッキングします!

Dscn324901

もう少し詳しい写真をアップ出来れば良いのですが、押してる作業のために、急いで作業してる関係で写真が少なくてすみません!!

次に、部品待ちの間にフロントパイプの取付ボルトが1個、カジってしまい修正作業をしております!!

Dscn325401

こちらは、ターボチャージャーのタービン側に付いてる第一触媒のフロントパイプです!

当初、ガスバーナーで対応したんですが・・・

スタットボルト側もカジってしまい最悪の状態!!

Dscn325601_20240413205801

まずは、ドリルで揉んで行けるようにスタットボルトの出っ張り部分をフラットにして揉んでいたのですが、途中でボルト自体に焼きが入ってしまった様で、ドリル側がダメになってしまい・・・

さて・・・どうしたものかと??

考えたあげく、切断機(ガスバーナー)でうまく切り落として行く方向で作業!!

Dscn325801_20240413210101

ちょっとミスってしまった部分もありますが、鉄とステンレスの違いもあって、スタットボルトがうまく取り外す事が出来、後はタップで揉み直して・・・

Dscn326001_20240413210201

新品のスタットボルトを組付けて完了!!

これは、とてもラッキーでした👀✋

後は、元に戻します!

Dscn326401

フロントパイプ(触媒付き)組付け中です!!

写真左側がタービン側になります!

ここから余談になりますが、この型式からレヴォーグも含め、ターボチャージャーはエンジン前下部に取付けられることになりました!!

水平対向エンジンならではの独特のサウンドを消す狙い(騒音問題も含め)とシングルタービンの為に取付位置の確保がここになってしまったんだと思いますが、デメリットもあります!

ターボチャージャーを下に設ける事でエキゾーストパイプのレイアウトも真下に向かう関係で、エンジン高さが高くなってしまうと言う水平対向のメリットが無くなってる点です!!

この事に付いては、スバルの水平対向エンジンが好きだった店主は、とても残念な点でしょうか!!

すいません、個人的主観で💦💦💦

Dscn326601

さて、全てにおいて載せる準備が出来たので、車台へとドッキング作業です!!

個人的にはドッキングより・・・「合体」が好きなんですが、ちょっと表現がひわいになるので最近はこの言葉は封印してます💦💦

Dscn326701_20240413211201

さて、いきなりの写真ですみませんがドッキングしたばかりになります!!

今宵は、ここまでになりますが、後は細かい補器類などの取付など次回へと進みます!!

👀✋

 

2024年4月12日 (金)

スバル・レガシィBRG、オイル漏れ交換編その2(^^;

晴れが続いたと思ったら、また雨と・・・女心と春の空とは言ったものですね!!

さて、無事にエンジンを降ろして作業を進めて行きますが・・・

Dscf300401

前回のブログでも書きましたが特殊工具ありきのミッション降ろしな為、エンジンごと降ろす事にし、作業効率的にはアップではありますが・・・

Dscf300701

無事にミッションも取り外したんですが、ミッション側にもオイル漏れがあり、後にオイルシールを交換するのですが、写真が無い為、サクッとですみません!

Dscf300901

まずは、本丸であるエンジン側の交換作業になります!!

Dscf301301

クランクシャフトエンドオイルシール、ブローバイのバッフルプレートを取外しある程度洗浄した後になります!

ここで、元に戻すのですが・・・

Dscf301401

届いた部品と外した部品が全く違っています???

届いたパーツ番号をスバルに確認すると・・・

何と!!

3世代前のレガシィ、インプレッサの部品と判明💥💥💥

ここで、ようやくCVTフルードの違いをハーク出来て無い事にようやく理解しました!!

古い車両のオートマ車は、軽自動車クラスのCVTフルードでも対応出来ますが(厳密には普通にATFが最適)まさか届いた部品の車台番号が違うので、言い切るのは納得ですな!!

整備業界に少しでも理解してる方なら、部品が違うのにすぐわかると思うのですが、所詮、中古車販売業さん!!

ご自分が売った車も分からないのは・・・いかかがなもんでしょうか???

それでも、売れてなんぼの中古車ですから、少し野暮だったかな・・・!!

さて、部品が違ってすぐに部品を送るように伝えたものの、1週間近くなってようやく届きましたよ💥💥💥

その間、一基しかない2柱リフトは、使えない状態で次のお客様の作業が遅れてしまってる状態!!

始めから、こちらに部品も発注許可をくれれば、こんな事態にはならなかったのにと、中古車業者さんには困った物です!

さて、余談になりますが作業の続きを・・・

Dscn323501_20240412205201

無事に届いたのですが、11日(木)になります💥💥

ここからは、元に戻して行くのですが、作業が押してる関係で本日、ようやく着手です!!

Dscn323801_20240412205401

無事に取付して・・・

ドライブプレートを組付ける前に、ミッション側のオイル漏れもあったので下記写真のオイルシールも一緒に交換します!!

こちらは、トルコンバーターがハマるところのミッションフロントオイルシールです!!

金額も安価なので、次いで仕事で交換しますが、部品代がプラスになるだけになります!

Dscn324001

※厳密には追加工賃は発生します!

今宵は、ここまでになります!!

次回は、ドライブプレート取付、ミッション取付、車台にエンジンごと取付編へと進みます👀✋

 

 

2024年4月11日 (木)

トヨタ・セリカXX、一般整備、ドアミラー改造編その10(^^;

雨が多い先週から今週の頭でしたが昨日今日とようやく晴れが出るようになり、作業的にもジメっぽくなく作業が出来るのは嬉しい限りです!!

ただし、終わってるはずの作業が終わっていないので、休み明けの本日は、大変な事になっておりますが・・・

一つ一つ作業を終わらせて行くしかないなと、粛々と作業してる店主です!!

さて、セリカの続きになります!

前回は、左側ドアの配線からはじめて、次は右側になるのですが・・・

ここで、困った問題が・・・

Dscn320501_20240411210101

セキュリティの関係で、後付けでドアロック用のアクチェータが付いてるんですが・・・

Dscn320701_20240411210101

見づらいんですが、人差し指(矢印)の黒い配線が右ドアに向かう後付けのアクチェータの配線で、写真中央の青いカプラーが、右ドアの配線になります!!

普通、ドア交換や鈑金等でドアを外すのに作業が容易に出来るようにメーカー側はカプラーで取外しが出来るようになっており、店主もなるべく、ドア内に配線等を追加する場合は、なるべく別途カプラーを設置しているのですが(前回のブログ参照)、そこまで気を遣ってセキュリティを付ける業者は少ないかとあきらめるも、余計な作業が増えてしまい・・・少々気分の悪い店主!!

Dscn320801

次に、写真は配線を引き直して修正した、アクチェータ配線ですが、ゴムの切れてる箇所から通しており、雨漏りの原因にもなりますし、ビニールテープなどで雨が入らない様に養生もしていませんでした!!

そこの業者がどうのこうのと言うつもりはありませんが、お客様の事を考えない業者さんだと思いました!

こう言うのって、後で発覚するので長く商売をする事を考えたら長い目でまじめに作業するのは大切ですね!!

さて、個人的主観で余談になりましたが続きを!!

Dscn321101_20240411211201

まずは、アクチェータ配線のカプラー設置とゴムが切れてる部分はビニールテープになりますが雨水を防ぐように処理!!

また、格納式ドアミラーの追加配線も完了して、元に戻して行きます!

取り急ぎですが、まだドアミラー自体が戻って来ていないので、ドア内張はそのままになります!!

Dscn321301_20240411211401

こちらは、車台側に戻したドア配線と新しく作成したアクチェータ配線カプラー(写真上)と新たに増設した格納配線カプラー(写真下)!!

車室内に付いては、ここまでの配線処理を終わらせて・・・

次にリモコンミラースイッチとコントローラー、元々付いてたリモコンスイッチに付いても、後で元に戻せるように作成して行きます!!

Dscn321601_20240411211801

最初は、カプラーが無い物だと思っていましたが・・・

さすがアマゾン!!

古いカプラー出てくるはで、助かります!!

写真左は元々のセリカXXのリモコンスイッチで、右上が今回改造取付するセリカ160系格納ボタン付きスイッチ!!

最後の写真下は格納コントローラーになります!

それぞれ、カプラーと端子が入手出来たので、次回は作成して行くのですが、肝心なドアミラーが届かないので、本日はここまでになります!!

うまく行けばいいんですがね・・・👀✋

 

2024年4月 8日 (月)

トヨタ・セリカXX、一般整備、ドアミラー改造編その9(^^;

いつもの事で恐縮ですが、部品待ちが多く、作業が進まない店主です!!

さて、時間の合間に作業してるセリカXX!!

お預かりが長い為に時間調整が出来ずに、今まで作業が遅れております!!

店主の責任もあるのですが、格納式ドアミラーシステムが無い車両に取り付ける為に、何かと苦労してる続きになります!

こちらは、以前のブログを見ていただけるとご理解いただけると思います!

まだ、ミラー交換をお願いしてるドアミラーが戻っていないのと、コントローラートラブルでチェックは出来ていませんが、作業の合間に作業を進めるために、車両側の作業を進めて行きます!!

Dscn317901

まずは、現在付いてるインパル製のドアミラーを取外して行きます!!

インパルのドアミラー取付にも苦労しましたが、格納式ドアミラーから純正タイプに変更するので、取外し作業からスタートとなります!!

Dscn318001_20240408212501

取外し後!

Dscn319501

当然ですが、写真は左ですが右も取り外しています(写真参照)!!

これはこれで、良いのですが・・・

インパルのドアミラーには格納機能が無いので、入れ替えます!!

ただ、セリカXXには、最初のブログにも説明していますが、電動ミラー調整機能はあるのですがドアミラーを格納する機能は最終型にも付いていません!!

なので、4気筒のセリカの最終型には設定があるみたいで、このセリカ用のドアミラーとリモコンミラースイッチ、格納式コントローラーを組付けるプロジェクトを進行中です!!

ようやく、配線図の確認と配線の取り回しがようやく理解する事になりましたので、車両側の準備をします!!

Dscn319701

リモコンミラーの配線は、元々3本しかないのですが、格納側の配線は4本必要になるので追加します!!

Dscn319801_20240408213201

次に、ドア側の配線は、写真で見る青いカプラーで取外しが容易なのですが、追加で配線したのをそのまま付けてしまうと、ドアを外す作業があった場合、取外す業者さんが苦労するので、途中にカプラーを設置して簡単に取外しが出来るようにします!

Dscn320101_20240408213501

写真矢印が分離しやすい様に設置したカプラーになります!!

これなら、万が一、ドア交換などで取り外す場合などに困らないかなと思います!

右ドアも同じ様にしたかったんですが、こちらはセキュリティーの配線が入っており、こちらは次回にアップしますが、余計な作業が追加になってしまい・・・半分ムカついています💥💥

こちらは、次回へと続きます!

最後に、一番時間が掛かりそうな・・・

Dscn320301_20240408213901

まだ、完成ではありませんが、格納式リモコンミラーの間を塞ぐカバーを仮設置してみました!!

見た目も悪くは無いので、マッドブラックで塗装して取付したいと思います!!

次回は、右ドアの配線とカプラーの配線関係の続きをアップしたいと思います!!

最後に、写真のサイズが変わってるかと思いますが・・・

今まで使用していたニコンのカメラが復活いたしましたので、またこのサイズで写真をお届けしたいと思います!

このカメラ(ニコン)の使い勝手が良いので、直って最高です!!

ちなみに、ニコンの方が見ていていただけたら是非、パーツ、バッテリーも含め再販していただけると嬉しいです!!

型式は、COOLPIX B700になります👀✋

 

2024年4月 7日 (日)

トヨタ・セリカXX、一般整備、ドアミラー改造編その8別作業編(^^;

4月に入って、天候不順が続いております!!

桜も咲いてるのに花見も満足に出来ない感じかな!!

と、思いますが、今日は午後から少し晴れ間も出てきたので、せっかくの日曜日に花見が楽しめたのではないでしょうか!

店主は、仕事なんで定休日以外で花見は無理ですが、桜の木の下で一杯🍺したいものです💦💦

さて、予定通りに作業が進まずに時間がようやく出来たので、セリカXXの続きになります!

ドアミラーに付いては、鏡の交換がある為に交換業者に送ったのですが・・・

予定より大幅に遅れてるみたいで、こちらも予定通りに進まない1台になりますが、レガシィの部品の手違いがあり、他にもエアコン修理の部品待ちと、オイル下がりのご入庫の部品待ちもあって、少し作業を進めて行く事が出来ました!!

ただし、ドアミラー自体に付いては、鏡交換で送ったドアミラーが来ないので、別件でお願いされてる作業をアップいたします!

Dscf291701

お客様から、直送されたきたイグナイターになります!

4月初め頃に届いてはいたのですが、作業が進まず、ようやく交換する事に・・・!!

ちなみに、この商品は埼玉の部品業者様であるアミスタッド様からの商品になります!!

下記に、リンクを張りますので、この時代のトヨタ車両オーナー様は、一度チェックする事をお勧めいたします!!

アミスタッド

Dscn318601_20240407214301

イグニッションコイルから、イグナイターを外した写真です!

Dscn318801_20240407214401

詳しい取付説明書も付属してるので、プライベーターの方でも簡単に交換は可能だと思います!

Dscn319001_20240407214601

写真左が、取付説明書になります!

Dscn319201_20240407214701

交換後になります!!

すでにお預かりしてから4か月近くになりますが、本編である格納式ドアミラー取付にようやく車両側に配線も含め取付作業を進めて行きます!

なお、配線も新たに新設するのですが、以前に取り付けたインパル製のドアミラーを取付けたせいで・・・

純正配線を短くカットしてる為に、ドアミラー側の配線延長もし直さないとならず、店主的には「初めから格納式にしてくれれば・・・」と思ってる次第ですが、こればかりは、お客様のご都合なので店主がどうのこうの言える立場ではございません!!

配線は、付け加えれば問題はありませんので、大丈夫ですが・・・

まずは、ただ、配線するのではなく、ドア交換する際にも作業に時間が掛からない様に、カプラーの新たな設置も含め作業を進めています!

なお、コントローラー(格納用)の取付位置が決まらず困っています!

なんせ、この時代のセリカXXには、格納式の設定は無く、しかも同じセリカでも型式が全く違う関係で、コントローラーの取付位置に取付が出来ないので、この件に関しても迷う状態ですが、良いところも発見したので、次回は配線も含め続きます!

後は、リモコンミラーのスイッチ類をどうしようか・・・???

考え中・・・👀✋💦💦

 

2024年4月 6日 (土)

スバル・レガシィBRG、オイル漏れ交換編その1(^^;

本日もそうなんですが、桜も大分咲き乱れてるのに、天候が悪い千葉です!!

さて、当店のお客様が購入した中古車であるスバル・レガシィなのですが・・・

購入後のタイヤ交換の際に、下回り点検を軽くした記憶があり、その時にトランスミッションとエンジンの間にオイル漏れが確認できたので、ご説明したところ、購入時に保証の保険に加入されたようで、購入元に見積もりを出したところ、購入業者から作業のご依頼になりました!!

これがね・・・まさかのトラブルに発展するとは思いもよらなかったのですが・・・

まずは、事前にお客様にお見積書をお渡しして、その後・・・2月頃ですが中古業者から電話があり、部品に付いては、中古業者が負担する方向で、当店は、工賃のみ請求する形になりました!!

ただ、店主の都合で3月末から4月初旬出ないと作業が出来ない事をお伝えして、OK!はいただいておりました!

当然ですが、3月中に部品が直送されてきたんですが・・・

レガシィのCVTは、トロコイド式で特殊なCVTフルードを使わないとならないのですが・・・

送られて来たのが、ダイハツやスバルの軽自動車用のフルードが届き、中古業者側に何度もこのフルードは使うとすぐに壊れると説明しても、納得してもらえず、店主も、何が起きても保証しないとの確約の元、受け入れる事にしたのですが、お客様ご自身から、「お金を出しても良いから専用フルードと交換して欲しい」との事で、20リッターのみしか提供が無い専用フルードを注文!!

前置きが、すごく長くなりましたが・・・

ここから、お預かりして分解作業となります!!

Dscf295301

CVTフルードに付いては、写真を撮って置けば良かったのですが、返してくれとの中古車業者からの話で、気分もブルーだったから、写真も撮らずに梱包してしまいましたが・・・

フルードは、I-CVTFGです!!

このフルードは、もっぱらダイハツのCVTフルード用で、基本的に軽自動車、小型自動車用になります!!

写真の車両は、リニアトロニック用になるので、軽自動車クラスのフルードでは対応していません!!

I-CVTでごり押ししてきてるので、おかしいとは思っていたのですが・・・

後に、間違った事に気が付くのですが、そこは後日アップします!!

最初にも書きましたが、2月に受けた作業も3月末になり、しかも・・・他の車両の追加作業が多くて、気が付けば4月4日頃にようやく作業開始になってしまいました!!

Dscf297601

写真は、今回のオイル漏れ不具合になります!

Dscf298001

サービスマニュアル上では、ミッションのみ取り外す事が可能なようなんですが・・・

前のレガシィ系なら、それでもOKです!!

ただし、特殊ツールを持たない当店にとっては、限りなく無理な為に、よくよく考えた結果・・・!!

エンジンごと降ろす事にしました!

なので、急遽決まった関係上、写真が少ないのですがご了承下さいませ!!

Dscf298301

その前に・・・悲劇があり!!

新車から分解が無い車両だと、かじって戻らない事が少ないのですが・・・

何故か??

戻せなく、しかもスタッドボルト自体もカジってしまい、取外す事が出来ない状態!!

これに付いては、修理必須です!!

Dscf298601

次は、最悪な事にドライブシャフトのみ取り外す事が出来ずにアクスルごと取り外しました!!

ハンマーで叩いた瞬間に、これは絶対に外せない事を経験上理解した状態になります!

特に、ドライブシャフト交換では無いので・・・このままとなります!

Dscf298801

ドライブシャフトを外した左側のミッション写真になります!

今回、フロントデフのオイルは交換しません!

それは、ドライブシャフトを外してもオイルが漏れない為ですが、一応傾けてしまった時に漏れが無いように、ストッパーを付けて対応済みです(写真はありません)

Dscf299101

次に、インタークーラーを取外すのですが、パイピングのゴムカバーが一部・・・こんな状態になっていました(写真)!!

良くこれで、エアー抜けしないで過給が掛かっていたと思うと・・・摩訶不思議です!!

多分ですが・・・多分と言うより、この車両!!

一度、エンジン降ろしています!!

これは、今回の上記写真も含め、後の作業で判明するのですが・・・

今回は、触れずに作業をアップします!

Dscf299301

ゴムだけど、一度癖が付くと普通に直せないので、ホットドライヤーで修正!!

完璧では無いけど、締付て行けば・・・多分密着出来て元に戻りそうです!

Dscf299501

次に、エンジンを降ろす工程を考えていませんでしたが・・・

やはり・・・無理と考え・・・メンバーも含めエンジンごと降ろす方向で作業中!!

Dscf299601

エンジン上部側も対応して行きます!!

Dscf300301

最後に、エンジンミッションごと分離中の写真です!

この後は、次回のブログでお伝えしますが、まさかの部品の間違いが発覚!!

作業が・・・頓挫するのですが・・・

ここから、結果待ちの続くです👀✋

意外な結果で・・・店主も呆れるのですが・・・この件に関しては後日にて・・・💥💥

 

2024年4月 5日 (金)

スズキジムニー・JA11系、車検整備編その3完成(^^;

冒頭からすみません、急に2月並みの寒さで・・・震えながらの作業となりましたが、今回の作業とは別になります!!

さて、バキュームホース類交換と、キャリパーシール交換まで進み・・・

最後は、冷却水系の作業となります!!

水漏れは若干あったんですが、車検に合格出来ないほどの範囲では無かったので、冷却水を後回しにして、先に陸運局で車検を通した後の整備になります!

ちなみに、バキューム系を先に優先したのは、バキュームホースからエアーを吸ったりすると排気ガスがエラーとなり排気ガステスターが受からないトラブルがあるので、先に作業をし、冷却水を後に回しました!!

Dscf296101

次に、ファンベルトも劣化しており、交換も含め作業します!

ベルトに関しては、ファンベルトとクーラーベルトを交換しております!!(写真がありません)

Dscf296201

交換するバイパスホースを取外した後の写真になります!

Dscf296501

どちらもアフター写真ですが、この後にパイプ部分の錆を落とし磨いた後に新品ホースを取付けました!

Dscf296801

こちらは、すでに綺麗に錆も含め除去した写真です!

Dscf297001

新品ホース取付後と、ベルト新品交換後の写真です!

Dscf297201

こちらも、バイパスホース交換後の写真です!

Dscf297401

後は、冷却水を入れて、エンジン始動し、エアー抜き作業をして完成となりました!!

スズキのジムニーは、基本的に古い年式でも部品の調達は容易で、生産廃止部品が少ないのもスズキの良いところ!!

ただ・・・

スズキの会長がまだお元気でおられるので大丈夫とは思いますが・・・

ホンダの初代会長がご存命の時は、部品に困る事はありませんでしたが・・・亡くなった後は、部品の調達が厳しくなってきていますので、スズキもいずれはそうなるのかな・・・???

と・・・心配ではあります!

とにもかくにも、無事に整備完了が出来て良かったと、店主的にホットいたしました👀✋

 

2024年4月 4日 (木)

スズキジムニー・JA11系、車検整備編その2(^^;

冒頭からすみません!!

昨日にホームページの金額変更を無事に完了いたしました!!

当初、4月1日以降のご予約に付いては、新しい価格での対応とのお話をさせていただきましたが、昨日のアップもございますので、メール、お電話も含め、4月3日までのご予約並びにお問い合わせに付いては、昨年度の価格にて対応させていただきます。

なので、実質今年度の料金になるのは、4月4日からのご予約となりますので、ご了承下さいませ!!

物価高騰と、石油系の高騰も含め、今回は工賃のみ値上がりしていますが、昨年度の油脂類在庫が無くなり次第、今年度の価格帯に変更となりますので、ご理解とご了承いただけますと幸いでございます!!

さて、本題へと進めます!

Dscf294001

右のフロントキャリパー本体が、うまく作動するための軸部分が2カ所あるのですが、ここが固着してしまい、防水効果のゴムも劣化して破れていたために、キャリパーオーバーホールとなります!

急いで仕事してたんで、破れてるブーツ部分とかの写真が無いのですが、新品に組付けた写真は、後でお伝えします!

Dscf294201

矢印を入れ忘れてしまいましたが、写真左右隅の丸い部分が錆びて動かなくなったところですが、時間を掛けてピンを取外しています!

 

Dscf294601

写真は、奇麗に掃除した左右キャリパー!!

ちなみに、ピストンは綺麗だったので再利用してます!

Dscf294801

写真は、組付けが完了したキャリパーですが・・・

Dscf295201

問題だったのは、この部分のブーツ!!

この後は、元に戻して完了となります!

次に、冷却水のホース交換ですが・・・

こちらも、焦って仕事してる関係で写真が少なくてすみません!

Dscf295501

まずは、普通に冷却水を抜き・・・

Dscf295701

今回、交換する冷却水バイパスホースになります!

本日は、ここまでになりますが、次回は完成編となります!

続く👀✋

 

2024年4月 2日 (火)

スズキジムニー・JA11系、車検整備編その1(^^;

天候が変わる4月ですが・・・

本日は、気持ちよいほどの晴天!!

明日からまた雨になる模様です!!

この時期は、天気予報があてにはならないと思いますが・・・???

さて、車検整備でいつもご入庫歴のあるスズキジムニーになります!!

今回も、年式が年式の為に不具合箇所が多く、作業を進めて行きますが・・・

Dscf294301

前回の車検では、特に交換が必須は無かったのですが、途中の整備時に不具合箇所があり、今回の車検でバキュームホースと冷却水のバイパスホース系の交換をご依頼いただいたんですが、他にも不具合が多く、車検なんですが・・・アップしました!!

Dscf290101

今回の作業は、ご説明した通り、バキュームホースと冷却水のバイパス系ホース交換になります!

写真は、作業前のエンジンルームになります!

Dscf290301

また、写真の冷却水ホースの一部も交換します(矢印が無くてすみません)!!

Dscf291401

写真は、すでに交換済みのバキュームホースと汎用品となるバキュームホースになります!!

Dscf290101

交換後の写真ですが、全てを交換していないので、見た目的に解りづらいとは思います!!

今回の作業しては、ここまでになりますが、次回は、冷却水のバイパスホース交換と、フロントブレーキキャリパーの不具合でのオーバーホール編へと続きます!!

👀✋

 

2024年4月 1日 (月)

ニッサン・セレナC26、電動シート取付編(^^;

今日は、天気が良いとの予報だったんですが・・・

朝から雨☔!!

春の天気は、変わりやすいとは昔から言われておりましたが4月1日のエイプリルフールにまさかの予報ミス??

偶然とは思いますが・・・

さて、本日は4月1日(年度初め)もあり、忙しい1日になってしまい、メールの問い合わせにも返事が全く出来ないほど、せわしない1日になりました!!

明日には、何とか返信いたしますので、ご了承くださいませ!

余談が多くてすみません・・・本題へと!

ご予約をいただいた際に、助手席の電動シートを取付して欲しいとのご依頼をお受けしたんですが・・・

まさかの社外シートとシートレールの組付け編になります!!

店主もシートレールからの取付は経験が無いのですが、ご了承の上、組付けて行きますが・・・

写真があまりありません!!

Dscf292001

なので、文面のみが多いのですみません!!

写真にも写っていますが白い布カバーで隠してるのが今回組付けるシートになります!!

すでに、何度も外しては組付けしたシートレールが組み込まれています💦💦

Dscf293201

ちなみに元々の純正シートです!!

Dscf292201

こちらが、シートレール取付に苦労した電動シートになります!

Dscf292601

次に、パワーシート(電動シート)は通常バッテリーからの直電源(バッ直)になるのですが・・・

このシートは、常時電源に繋ぐとイルミネーションが点灯したままになってしまうんで、アクセサリー電源で繋ぐのですが、幸いなことに使っていないヒューズ差込口にも電源供給が入っており、これはラッキーなんですが、一応、サービスマニュアルの配線図(電源回路)をチェックして、大元のメインヒューズに負担にならない箇所に今流行のヒューズから配線を取り出すアイテムを取付て電源供給します!!

尚、ヒューズ自体には、何の負荷も掛からないので、シートのみの電源だけ負担になりますが、配線途中に管ヒューズになりますが、付いてるタイプなので、万が一も安心です!

Dscf292401

次に、電動シートに供給する配線を作成します!

Dscf292801

作成後、コルゲートチューブを巻いて見た目を良くし・・・

Dscf293001

配線を繋いで・・・

Dscf293401

シートを組付け・・・動作確認!

Dscf293601

アクセサリー電源で起動、シートヒーター付きなので、起動確認の為にスイッチONしてます(赤く光ってる箇所)!!

一応、このシートは、背もたれの角度調整とシートヒーターのみが搭載されてるシートみたいで、シート側の配線を確認する限り120W未満の電源で行けると思い、ヒューズも10Aで対応!

実際に、シートヒーターON状態で、背もたれの稼働をチェックしても・・・

Dscf293701

稼働中の写真!!

ヒューズが飛ぶことはありませんでしたので、問題は無いかなと思います!

尚、実際に乗車した状態でも稼働チェックし、負荷の掛かった状態もチェック済みです!!

今回の電動シートは、一番負荷が大きいスライド側のモーターが付いていない(手動式)ので、10Aで大丈夫ですがスライド、背もたれ、シートヒーターも入れると20Aは最低必要かなと思いますが、シートヒーターが無ければ15Aでも問題は無いと思います!

急いで作業した訳ではありませんが、時間との都合もあって、詳しい写真が無く、申し訳ありません!!

 

« 2024年3月 | トップページ

フォト

ナリタ オートサービス

  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    また当店は、完全予約制となっております。
    作業内容によってはすぐに対応出来ませんので、あらかじめご了承くださいませ!
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^


  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V


  • 岩下モータース
    静岡県にある、老舗整備工場になります。
    弊社とリンクしておりますので、よろしければブログも定期的に更新しておりますので、興味のある方はよろしくお願い申し上げます。
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ