« ニッサン・ウィングロードY12、車検整備編その2完成(^^; | トップページ | スバル・レガシィBRG、タイヤ交換でご入庫のはずが・・・ブレーキパッド交換編(^^; »

2024年2月 1日 (木)

トヨタ・クラウンS136系バン、エンジン不具合修理と車検整備編その15(^^;

世界各地域では、大寒波が来てると言うのに・・・

日本は、暖かい日が続いておりますが、明日くらいから気温が低くなるみたいです!!

でも、平年並みみたいなんで、どっちが正解か??判り辛い気候ですね!!

さて、本題に入る前に店主都合の告知がございます!

明日の午後より、昨年からスタッフとして参加してる軽4GPレースが今月4日(日)に決勝が行われます!!

今回は、7時間耐久レースになりますが、予選も含め工場を臨時休業となります!!

昨年は上位入賞をするも優勝はしていないので、今回は優勝を目指して頑張りたいと思います!

結果は、来週の月曜日(5日)にお知らせ出来るかとは思いますが、SNS等でリアルタイムで確認は出来るかな・・・と思います!!

良い結果をご報告出来ると嬉しいのですが・・・✋✋✋

さて、本題になります!

こちらも、走行キロに対しての不具合で困惑してる作業の続きになります!!

Dscf207301

前回のブログでもお伝えしたんですが、今回はミッションを車台に残した状態でエンジンのみ取り外しました!!

3回目となると・・・何かと横着をしたいのはご理解をいただければと思うのですが、この作業がメリットがあるか??

と言われると、取外す側の技量になってしまうので、何とも言えませんが・・・

面倒なのは、エンジンとミッションを合体する時にうまく行くか失敗するかで作業効率は変わるかと思います!!

店主が作業してる内容は、昔の整備士さんなら意外にサクッと作業してるので、無理な作業ではございません!!

機会があれば、トライしてみてください✋✋

Dscf207601

次は、無事に降ろしたエンジンブロック本体になります!

説明する事でも無いのですが、何故?ヘッドを外してからブロック本体を外したのか?と言うと、ボンネット(フード)がクラウンクラスは重すぎて2人でも大変なんです!

ましてや、家内と二人三脚で仕事してるのもあり、男性2人なら軽いかと思いますが・・・事の他クラウンのボンネットは重いんです!!

なので(諸事情もあり)、一人で降ろすために分割で降ろす事にしました!!

なお、ヘッドを外して状況確認したかった事も重なっています!!

Dscf214101

この後、エンジンスタンドに載せ、オイルパンを取外して、ピストンを外すのですが・・・

Dscf215501

前回のブログでコストも考えて最小限で作業する事は、お伝えした通りで簡素に清掃して次の作業に・・・

Dscf215801

こちらは、オイルパン側になります(ガスケット除去後)

Dscf215901

まずはピストンを外しましたが・・・特に気になるような事は無く・・・

Dscf216201

全てのピストンも調べたんですが・・・問題は無いみたいです!!

後は、シリンダーボアの計測ですが・・・

Dscf216501

すみません、写真がボケていますが、5万キロ未満のエンジンだけあって、全く摩耗はほぼ無い状態???

やはりですが、走行キロなりに問題は無かったのと・・・

Dscf216801

ピストンリングも合口隙間を測定したところ、限度内どころか・・・まだ新品に近い状態でした???????

店主の話をする前に・・・

Dscf217401

シリンダーボアの基本値と限度値!!

Dscf217001

ピストンリングの合口隙間の基本値と限度値です!!

ピストンリングの合口隙間の限度値は1mmですが・・・測定結果は0.3mm~0.5mm!!

当初、オイル下がりを考え、バルブリップシールを交換後も白煙が出てしまうのと暖気後に煙は少なくなったのですが、未だに出るとの事で、オイル上がりを疑って、再度エンジンを降ろしてピストンリングも含め調べましたが、基本的に全く範囲内???????

でも、暖気後に青白い白煙が出てしまうのは・・・何で・・・???

ちなみに、最初に戻ります!

お預りした時は、排気ガスのCO・HCがクリアー出来ずにエンジンが壊れている可能性が大だとの事で、当店にご入庫しており、その状態では、青白い白煙は無く、排気ガスのみクリアー出来ない状態でシリンダヘッドを外して腰下であるピストンの位置をチェックしたら5番ピストンのみ、圧縮上死点に届かず・・・コンロッドが何らかの不具合(例えばウォーターハンマー)で曲がってしまった為に、排気ガスが車検でクリアー出来なかったのが・・・当初のご入庫理由なので・・・煙が出てしまうなんて考えられない状況!!

購入元である某オークション業者は、走行キロも5万キロ未満で、写真でも見ましたがエンジン内部も奇麗な状態だったし、質問等でも圧縮も良好だったこととエンジンも問題無く始動出来ていた事もあり、100%信用していました!!

ところが、信用した店主がバカだったのですが、分解してみるたびにおかしな状況が判明するなど・・・騙されたんだなと💢💢💢

はじめて気が付きましたよ!!

シリンダーヘッドのバルブガイドのオイルシール(バルブリップシール)を交換しても白煙は止まらず、ブローバイ系の詰まりも視野に調べても問題は無く、最後はオイル上がりと判断して分解するもピストンリングは限度内(新車時の範囲)!!!

一体全体・・・このエンジンって・・・何がおかしいの????????????????????????????????

白煙を出す、部分って無いんだけど・・・まさか・・・単純にメーカーの当たり外れエンジン???

それでも、おかしい・・・👀💥💥✋✋

 

« ニッサン・ウィングロードY12、車検整備編その2完成(^^; | トップページ | スバル・レガシィBRG、タイヤ交換でご入庫のはずが・・・ブレーキパッド交換編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    また当店は、完全予約制となっております。
    作業内容によってはすぐに対応出来ませんので、あらかじめご了承くださいませ!
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^


  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V


  • 岩下モータース
    静岡県にある、老舗整備工場になります。
    弊社とリンクしておりますので、よろしければブログも定期的に更新しておりますので、興味のある方はよろしくお願い申し上げます。
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ