« トヨタ・クラウンS136系バン、エンジン不具合修理と車検整備編その9(^^; | トップページ | トヨタ・クラウンS136系バン、エンジン不具合修理と車検整備編その11(^^; »

2024年1月14日 (日)

トヨタ・クラウンS136系バン、エンジン不具合修理と車検整備編その10(^^;

今朝まで雪が残っていたんですが、写真を撮り忘れてしまいました!

今月は、もう1回くらい雪になるかな???

さて、インフルエンザから大分復活して参りましたので・・・

Dscf178501

熱燗をちびちび呑みながら、ブログをアップしている店主です!

酔って書いてるから・・・誤字脱字が出るかもですが、寛大なお心で見ていただけますと幸いです👀💦💦

さて、クラウンの続きです!

Dscf179101

まずは、専用治具で燃焼室にエアーを入れた状態でバルブシールを交換して行きます!

Dscf178701

写真左は、取外したシールで右は新品です!

これが24個もあるので大変な作業です👀💢!!

Dscf179401

角度を変えて!

Dscf179601

新品のリップシールを組付け中!

Dscf179801

バルブシールを組付ける際は、特に専用工具は必要なく、10㎜のロング・ボックスレンチを使って組付け、バルブスプリングを組付けて行きます!

また、バルブ・コッターは小さい部品なので、エンジン内に入らない様にオイルリターン部分は、ペーパー類で埋めて対応!!

Dscf180301

ちなみに、取外したバルブシールですが写真右と左では微妙に違いがあります!

本来なら、バルブガイドに取付ける部分には、オイルが滲んでいない事が正解なのですが、写真左側のリップシールは見事にオイルが付着しています!

つまり、シールの役目が出来ていないので、ここからエンジンオイルが浸入してオイル下がりが起きてる事が分かりました!

多分、こいつが主原因で間違いは無いと思いますが・・・わずか5万キロでダメになるのかな???

おそらく、想像ですがオイルパンに異様な白い液体が残っていたので、かなり強力な洗浄剤をエンジンオイルに混ぜてフラッシングしたのではないでしょうか???

それが、原因でゴム類に損傷を与えてしまい、今回のような不具合が起きてしまったのかと考えられます!

現に、ところどころスラッジ汚れが取れてないと言いますか、不自然にスラッジが残ってるので、ほぼ間違いは無いかな??

と、思います!!

変なエンジンを購入してしまったと後悔しかありませんが・・・購入した事実は代えられないので前向きに作業を進めて行きます!!

Dscf180501

いよいよ、最後の6気筒目のリップシールを交換して・・・

後は、元に戻して車台に組付けて行きますが・・・

今宵はここまでになります!!

続く👀✋

 

 

« トヨタ・クラウンS136系バン、エンジン不具合修理と車検整備編その9(^^; | トップページ | トヨタ・クラウンS136系バン、エンジン不具合修理と車検整備編その11(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    また当店は、完全予約制となっております。
    作業内容によってはすぐに対応出来ませんので、あらかじめご了承くださいませ!
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^


  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V


  • 岩下モータース
    静岡県にある、老舗整備工場になります。
    弊社とリンクしておりますので、よろしければブログも定期的に更新しておりますので、興味のある方はよろしくお願い申し上げます。
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ