« ホンダ・インテグラDC系、エンジンオーバーホール、車検整備編、その4(^^; | トップページ | トヨタ・スプリンターAE8〇系、エアコン修理編その2(^^; »

2022年9月 9日 (金)

トヨタ・スプリンターAE8〇系、エアコン修理編その1(^^;

ここのところ、曇り空と雨が続きますが今朝も霧雨でしたが・・・

Dscn6716

曇りの隙間からお月様が・・・

明日が満月で中秋の名月ではありますが、明日は同じ曇り空っぽいので、シャッターチャンスと思いブログ用に使ってる安物のカメラで1枚撮りました!!

ズームしてるので三脚立てて撮れれば良かったのですが、余裕はなく手振れしながらのズーム写真です!!

さすがに前日なんで満月ではありませんが、月が昇り始めるこの時がとても奇麗に感じるのは店主だけでしょうか💦💦

さて、本題へ進みます!!

Dscn664301_20220909205901

懐かしいトヨタ・スプリンターAE8〇系!!

2ヶ月前にご予約をいただいたエアコン修理のお車になります!!

ご予約の時に、お話は聞いてはいたのですが、漏れが酷い訳では無く、たまたまエアコンガスチャージをお願いするためにお電話をいただいたのですが、すぐに対応が出来ない弊社な為に、せっかく予約をするからと直して欲しいご希望でご予約となり今日に至ります!!

まずは・・・

漏れを見えやすくするためにガス漏れ検知液を入れて循環させてから、漏れの原因を探って行きますが・・・

ゲージを付けた状態で作業していたので、漏れの全てを発見出来なくて時間を要してしまいました!!

ただ、怪しいところは気が付いたのですが・・・

Dscn665801_20220909210501

まずは、ブラックライトと専用のメガネで(写真)探すも発見できず、エンジンルームにあるコンプレッサー、パイプの取付部、コンデンサー、リキッドタンクなど、舐め回すように調べましたが漏れが発見出来ず・・・

Dscn666001_20220909210701

室内ユニットへと進みます!!

写真は、隙間が無い箇所からブラックライトで確認が出来ない為に、ガス漏れ警報装置でチェックします!!

ガス漏れ警報装置は、基本的に信頼度に欠ける装置なんですが・・・

Dscn666101_20220909210901

何度もチェックするも、漏れてる時の異常音になりますので、多分ですが、こちらも怪しいと判断!!

ただ、一度ガスチャージすると、1年半近くエアコンが使えるとの事で、かなり厄介な修理になるとは覚悟はしていました!!

まず、最初に漏れを発見できなかった場所は、ガスを入れる口に当たる注入バルブです!!

最初はゲージを取付けた状態で、低圧と高圧の変化を確認しつつガス漏れ箇所を見ていたんですが、室内のユニット以外で、他にも漏れが無いかチェックしても漏れてなさそうなんで間違いなく室内ユニットであるエバポレータと思ってはいたんですが、ガス漏れ警報装置は100%では無い為に確実性に疑問がありました!!

そこで、ゲージを外して様子を見てたら・・・

エンジンが停止してる状態で、イグニッションもONにしてないのに音がします!!

なんて説明すれば良いかは分かりませんが、例えるなら水べから炭酸水が湧き出るようなグチュグチュみたいな音です!!

最初は、何かが作動して音と思っていましたが・・・

よくよく音を調べて行くと・・・

Dscn666701_20220909211901

低圧側のガス注入バルブの虫ゴムが悪くて漏れてる事が分かりました!!

ただ、ガス漏れの量は微妙な量とキャップで抑えられてるから、ほんとに微量な量が漏れていたのではないかな?と思います!!

どこまでが、正確な漏れ原因なのかは、交換してからでは無いと分かりませんが、事の状態をお客様にお知らせし、お見積り等のお話をしたうえで作業を続けて行く事になりました!!

まずは、旧ガスを全てゼロにした状態から、室内のユニットを取外します!!

Dscn670201_20220909212401

エンジン側のパイプを取外して・・・

Dscn670401_20220909212401

室内ユニットを取外して、ついでにブロアーモータ(写真左側)も取外して内気外気切替ドアのスポンジも交換します!!

Dscn670901_20220909212601

取外したエアコンユニットとブロアーユニット!!

まずは、エアコンユニットを分解してエバポレータを調べて行きます

Dscn671101_20220909212701

残念なことに、ブラックライトで調べるも漏れが発見出来ず・・・

最終手段である水圧検査へと・・・

Dscn671201

水圧検査と言っても、水に浸けてエアーを入れそこで気泡が出る事で、漏れを調べるのですが、やはり漏れがありました!!

ただし、漏れてる穴があまりに小さい穴なので、検査液が漏れるまで言っておりません!!

もしかしたら、しばらくエアコンつけて乗っていれば漏れが分かったのかも知れませんが・・・💦💦

Dscn671501_20220909213101

エアーの圧力を続けたところ・・・

他からも水泡が出て来ましたので、漏れている事は確実判断して交換となります!!

交換と言いましたが、さすがトヨタです!!

まだ部品が販売してるとの事で驚きとともに安心いたしました!

チョット高いけど👀💥

それでも、部品がある事とさすがトヨタと感動しましたが・・・

続く👀✋

 

 

« ホンダ・インテグラDC系、エンジンオーバーホール、車検整備編、その4(^^; | トップページ | トヨタ・スプリンターAE8〇系、エアコン修理編その2(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ