« ホンダ・インテグラDC系、エンジンオーバーホール、車検整備編、その2(^^; | トップページ | スバル・ヴィヴィオKK3系、エンジンオーバーホール編その10(^^; »

2022年9月 1日 (木)

ホンダ・インテグラDC系、エンジンオーバーホール、車検整備編、その3(^^;

農家さんには大変失礼なのですが、涼しい事に越した事はありません!!

今日も蒸し暑い1日だったので・・・

しかし、野菜にとっては良くない環境なんで、出来ればお日様が出るもカラッとした天気が理想なんですがねぇー!!

さて、エンジンオーバーホールと車検整備も含めた整備依頼を受けた、ホンダ・インテグラ!!

まずは、要であるエンジンを分解して行くのですが・・・

続きを!

Dscn654201_20220901203701

まずは、締付トルク不足でカムプーリーのキーにガタが出来てしまい、プーリーが破損(写真左側に金属片)!!

こちらも交換になりそうですが・・・

Dscn654601_20220901203901

VTECである部品を分解していきます!!

Dscn654701

シリンダーヘッドを取り外したシリンダーブロック!!

Dscn655001

当初、クランク側で回すとそこそこの摩擦抵抗があったので、大丈夫かもと思ったのですが・・・

Dscn655201_20220901204201

分解して行くにしたがって、このエンジン!!

どうやら、一度オーバーホール&チューニングしてるようです!!

ところがです???

プロがオーバーホールしたには、あまりにもずさんですから・・・多分、以前のオーナーさんがプライベートで組んだエンジンなのかと思われます!!

万が一でも、プロが組付けたなら、間違いなく詐欺エンジンですから・・・!!

Dscn655301

オイルパンを取外し、オイルストレーナー、バッフルプレートを取外して行きます!!

Dscn655601_20220901204601

分解する前に、エンジン始動時時点で、異音が出ていたので、多分とは思っていましたがメタルが言ってるためか??

異物も含め、メタル破片が出ていました!!

Dscn655901_20220901204901

ホンダのエンジンにしては、変な作りです!!

Dscn656201_20220901205001

次に、一度オーバーホールしてるとお伝えしましたが、削ってる部分もあるので、間違いは無いでしょうけど・・・!!

Dscn656501_20220901205301

1番、4番、ピストンとコンロッドです

Dscn656801_20220901205401

主原因は、1番コンロッド(子メタル)のガタでブローとなっていますが・・・

ところが、子メタル以外の親メタルも含め傷があり、コンロッド、クランクシャフトは、そのまま使う事は出来ません!!

また、コンロッドは生産廃止部品なので、このまま組付ける事は無理となりました!!

普通に考えて、同じエンジンを中古で探して載せ替えした方が良いのですが、ワンオフで作成も出来ます!!

ただ、金額が増えてしまうので、難しいかな???

取り合えずになりますが、ここから保留となります!!

 

« ホンダ・インテグラDC系、エンジンオーバーホール、車検整備編、その2(^^; | トップページ | スバル・ヴィヴィオKK3系、エンジンオーバーホール編その10(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ