« ホンダ・インテグラDB8、足回りブッシュ交換他その1(^^; | トップページ | ホンダ・シビックユーロ(FN2)タイプR、エンジンオーバーホール編その6(^^; »

2022年5月 9日 (月)

ホンダ・シビックユーロ(FN2)タイプR、エンジンオーバーホール編その5(^^;

先日、中古エンジンを載せ返したスズキ・エブリィがありましたが・・・

何と、テスト走行時には問題が無かったのに、お客様にお渡しして高速道路に乗ってから不具合が発生??

お客様から録画をメールでいただいたんですが、どうやらカムシャフトとタペット音が不具合原因のようです!!

わずか5万キロしか走っていない中古エンジンなのですが、まさかのトラブルで、参ってしまいました!!

店主のミスなら、責任を負うのは当然の事なので、仕事が押してしまっても仕方が無いと思っておりますし、お客様には責任はありません!!

ただ、店主のミスでは無いけど、お客様にご迷惑をお掛けしてるのは事実なので、当分は、定休日は休めそうにありません!!

さて、余談になってしまったのですが、色々な面で作業が押しており、ご予約していただいてるお客様にはご迷惑をお掛け致します。

誠に申し訳ございませんm(_ _)m

さて、シビックの続きになります

Dscn463501_20220509210601

アルミのパーツに関しては、シリンダーヘッド&ブロックも含め、いつもの水溶性洗剤で浸けおき洗浄し、錆びやすい鉄部Bンは、速攻で錆止め処理をするようにして洗ったパーツ類になります!!

ちなみに、クランクシャフト、コンロッド、カムシャフト、バルブスプリング類、オイルポンプのバランサーシャフト系などは洗い油で洗浄しました!!

今回のエンジンに関しては、かなりスラッジも少ない理由もあり錆び対策で対応させていただきました!!

Dscn463701

シリンダーヘッド、洗浄後になります!!

Dscn463901_20220509211101

シリンダーブロック、シリンダー内の上面部分は、新品のピストンリングを組付ける際に段差を修正してリングの初期かじりと割れを防止する対策をしました!!

こちらは、今までオーバーホールしたエンジンも同様、同じ処理をしております

Dscn464101

次に、オイルポンプ兼バランサーユニットの組付けになります

Dscn464301_20220509211401

こちらには、シャフト部分にメタルが使われており、新品と交換します!!

ちなみに、各部分の測定をしましたが・・・

Dscn464401_20220509211501

写真矢印のポンプ本体のクリアランスはギリギリでしたが他は問題が無かったので、このまま組付ける事にしました!!

何故なら、ポンプ本体部分だけ部品として出なくて、アッセンブリー交換になってしまい、かなり高額のパーツになるために再利用しました!!

Dscn464701_20220509211701

バランサーシャフトには合わせマークがあります!!

Dscn465001_20220509211801

本体も含め規定トルクで締め付けてユニット本体は完成です!!

次回は、クランクシャフトの組付けから、ピストン&コンロッドの組付け、さらにはシリンダーヘッドの組付けへと続きますが、順番なので長丁場にはなるかと・・・👀✋

 

 

« ホンダ・インテグラDB8、足回りブッシュ交換他その1(^^; | トップページ | ホンダ・シビックユーロ(FN2)タイプR、エンジンオーバーホール編その6(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ