« ホンダ・シビックユーロ(FN2)タイプR、エンジンオーバーホール編その2(^^; | トップページ | BMWミニ、車検プラスエンジンオイル漏れ修理編(^^; »

2022年4月21日 (木)

ホンダ・シビックユーロ(FN2)タイプR、エンジンオーバーホール編その3(^^;

ここのところ、天候不順で雨が多いですね!!

さて、シビックのエンジンオーバーホールの続きになります

Dscn443801_20220421210201

まずは、コンロッドの隙間を測定後、範囲内と分かり、コンロッドを抜き取った後、クランクシャフトのスラスト方向の測定!!

こちらも、範囲内なのでジャーナルを外し・・・

Dscn444001

クランクシャフトの曲がり具合を測定!!

本来ですと、この状況での測定はナンセンスですが、常盤もないし、対応した専用治具も無いので、シリンダーブロックに搭載した状態で調べますが百分の1ミリで曲がりは収まっていますし、クランクシャフトは前のブログでも書きましたが加工処理してるのか?

曲がっていませんでした・・・さすが?ホンダ💦

Dscn444201

こちらはばらしたエンジンとミッションも含めたパーツ類です

軽自動車のエンジンなら畳2畳分で収まりますが、2,000CCのエンジンともなると4畳半近くスペースが必要ですね✋

Dscn444301_20220421211001

シリンダブロックになります

Dscn444401_20220421211001

シリンダー内は、傷などはなく良好な状態です

Dscn444601_20220421211001

まず、ピストンの摩耗度を測定するのですが、20万キロ以上も走行してるのに・・・

ほとんど摩耗していませんでした!!

多分、見ていただいても一目瞭然かとは思いますが、スラッジやカーボンも無く、とても奇麗な状態!!

メンテをしっかりされていた賜物かと思います!!

Dscn445101_20220421211201

問題なのは、シリンダーとピストンのクリアランスです!

Dscn445201

全て測定したのですが、ほぼ限度内だったんですが、3番気筒のみギリギリでした!

ただし、標準値がありまして、隙間の標準は0.02mm~0.04mm!!

測定結果が、0.03mm~0.045mmだったので、もしクリアランスがここにバラバラだったとすると・・・

0.005mmから0.01mmの範囲で摩耗してる事になります!!

そう考えると20万キロ以上も走行して、この摩耗具合なので、計算上では後20万キロは行ける事になります!!

当初は、お客様と相談でオーバーサイズも視野でご相談させていただいたのですが、オーバーサイズは全て競技用しかなく、走行上そのままではお使いいただけない事も考え、今回はそのままピストンリング交換だけで作業を進める事になりました!!

ただ、摩耗の具合が計算上では持つとの予想ではありますが、未知の部分になるので確定は出来ません!!

作業は、部品が入ってくるまで保留となり、続きは後日アップになりますが、揃い次第、お伝えしたいと思います!!

余談ですが、ヴィヴィオの加工まだ終わらないかなぁー💦💦💦

 

« ホンダ・シビックユーロ(FN2)タイプR、エンジンオーバーホール編その2(^^; | トップページ | BMWミニ、車検プラスエンジンオイル漏れ修理編(^^; »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ