« ホンダ・シビックユーロ(FN2)タイプR、エンジンオーバーホール編その1(^^; | トップページ | ホンダ・シビックユーロ(FN2)タイプR、エンジンオーバーホール編その3(^^; »

2022年4月19日 (火)

ホンダ・シビックユーロ(FN2)タイプR、エンジンオーバーホール編その2(^^;

この車両以外に、スバル・ヴィヴィオのエンジンもオーバーホール中なんですが・・・

内燃機屋さんに加工に出して・・・2ヶ月近く💦💦

まだ戻ってきません👀✋

催促しても良いのですが、無理に催促するとクオリティに問題が出てしまい、再加工に回す事も考えられるので、あまりきつくは言えません!!

お客様にはご不便をお掛けしますが、待つしかない状態です・・・👀💦

さて、今のブログに戻りますが、こちらも加工が出ると、しばらくは完成出来なくなるだけにお客様にはご迷惑を掛けそうですが、測定してみないと分からないので、まずは降ろしたエンジンを分解して行きます!!

Dscn441301_20220419211401

トランスミッションを外し、ある程度ですが補器類を外しています

Dscn441601_20220419211501

ここからは、エンジンスタンドにセットして分解していきます

Dscn441801_20220419211601

カムカバーを外して驚きました!!

店主も数々のエンジンをオーバーホールしていますが、ここまで奇麗な状態は初めてです!!

Dscn441901_20220419211701

角度を変えての写真です

Dscn442201_20220419211701

オイルポンプ(オイルパン)側ですが、こちらもすごく奇麗な状態です

Dscn442301

タイミングチェーンカバーも取外し後ですが、状態はすごく奇麗!!

Dscn442501

カムシャフトを外し、ヘッドを取り外すと・・・

Dscn442801_20220419211901

燃焼室も綺麗な方だと思います

Dscn443001_20220419212001

まずは、分解に専念しますが、オイルポンプにバランサーが付いてるのには驚き・・・!!

Dscn443201_20220419212101

また、クランクシャフトは、処理方法の名前が出て来なくて申し訳ありませんが、黒いクランクシャフト!!

Dscn443401

コンロッドを外し、ピストン事外すのですが・・・

ここからは次回へと続きます👀✋

 

« ホンダ・シビックユーロ(FN2)タイプR、エンジンオーバーホール編その1(^^; | トップページ | ホンダ・シビックユーロ(FN2)タイプR、エンジンオーバーホール編その3(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ