« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月26日 (火)

スズキ・エブリィバンDA17V、エンジン交換と車検整備のみ編その1、2完成(^^;

本日、千葉は強風が吹き荒れる状態ですが、雨も降っていたおかげで砂嵐は回避されています!!

今年は、3月、4月に強風があまりなかったので、砂嵐が少なく掃除が楽な年かなとは思っていますが、分かりません!!

さて、最近の車両になります、エブリィバンであるDA17V!!

以前のK6Aエンジンでは無く、改良されたR06A型エンジン!!

改良盤なはずなのに、K6Aと同じオーバーヒートによる不具合で、エンジンが壊れてしまったらしく、どこの整備工場からも相手にされないのとエンジン代、整備料金も含め高額なのと拒否されてしまった関係で、弊社にご相談があり今日に至ります!!

弊社も当初は、エンジンオーバーホール、リビルトエンジン、中古エンジンでも入れ替えも視野に入れ、探したところ・・・

偶然だとは思いますが、軽自動車エンジンではとても珍しい5万キロ走行のエンジンが見つかり、即答で作業依頼を受ける事になりました

Dscn456801

ただ、ご依頼を受けたころは3月初旬で、年度末も重なり予約で一杯だった為に、4月までお待ちいただく事になったのですが、中古エンジンは、業界では一点ものの為、売れたら無くなるのが普通の状況!!

なので、作業は先になりますが、あらかじめご購入いただいて、ご予約日に作業する事になりました!!

当然ではございますが、初めてご依頼をいただくお客様です!

弊社では、立替は一切していないので、金額が高い分、内金の金額は変わりますが、事前にお客様から内金をいただいてから購入させていただいております!!

Dscn453201

まずは、エンジンオイルを抜いてますが、すでにキャラメル色💦💦

改良盤のエンジンなのに新しいエンジンもダメなの??

と思ったんですが・・・

Dscn453401

純正ですと、各部分をグレー色の液体ガスケットで処理してるのですが、何故か赤色(ベンガラ色)になっています!

お客様からの購入の経緯などを確認したのですが、そういった話も無く、何かトラブルがあってエンジンを降ろして修理後に今のお客様にお渡ししたのかなと思います!!

多分、その時にエアー抜き(冷却水)が悪かったのかな?

壊れてしまったみたいです!!

そこから、騙し騙し乗ってたようで、現在の経緯になります

Dscn453501_20220426204401

まずは、中古エンジンと交換する作業なので、サクッと進めます!!

Dscn453801

一度、降ろして修理した痕跡がこのATFのゲージをロックするステーが異常に曲がっていました!!

Dscn453901_20220426204601

エンジン降ろし中

Dscn454101_20220426204601

遅れましたが、今回交換する5万キロ走行の中古エンジンになります!!

中古エンジンも昔に比べて配線などを一切カットせずに販売してる事もあり、さすがに金属も高騰してるから高いです!

でも、ほぼボルトオン的な状態で入れ替えが可能なので工賃的には安価になりますが、マニュアルミッションとオートマチックミッションでは微妙に金額は変わるのでご理解下さいませ

Dscn454401

外したエンジンも含め、オートマミッションも取り外すのですが、何故か??

Dscn454801_20220426205101

写真が、前後するのですが、組付ける際にボルトが足りていませんし、写真が無くてすみませんがエアコンのコンプレッサーなどは、取付ボルトが1本、締めて無いとか?

後に続きにも説明しますがボルトの付け忘れが多いお車でした!!

余程、焦って組付け修理したのかは?店主である私には理解が出来ませんが、その時に冷却水のエアー抜きミスをしたのかな?と思っています

今宵は、ここまでになります!!

続く👀✋

最後に、皆さまにお知らせとなります!!

ホームページ並びに家内のアメブロを見てる方はご存知かと思いますが明日4月27日より5月5日までお休みをさせていただきます!

この間のブログはお休みになりますが、ホームページの更新、訂正なども含め修正はしていきますので、ご回覧いただけますと幸いでございます!!

誠に申し訳ございませんm(_ _)m

続きをアップし忘れてしまいました・・・深くお詫び申し上げます。

一月以上、続きをアップ出来なかったので、続きはこちらに載せる事になりました!!

と言いますのも、後に載せたエンジンが納車すぐに壊れてしまった為に、壊れた作業の交換もあり発覚いたしました。

重ねてお詫び申し上げます👀💦

さて、続きの本題になります!

Dscn455401_20220529194701

フロントパイプの遮熱板ですが・・・ボルトが付いていません??

ミッションのボルトも1本付いてない状況だったので、今更驚きはしませんが、こんなもんなのか?とレベルを疑いました!!

Dscn454301_20220529195001

まずは、気を取り直して購入した中古エンジンに必要な補器類を組付けて行き・・・

Dscn455801_20220529195101

ミッションも組付けて

Dscn455901_20220529195201

車台にドッキングです

Dscn456101_20220529195201

ミッション側も組付けが終わり・・・

Dscn456201_20220529195201

リヤヒーターのホースも含め組付けて

Dscn456601_20220529195301

エアコンベルトを組付けますが、こちらはストレッチベルトなので、マニュアル通りに組付けます

Dscn456401_20220529195401

無事に組付けが終わり、残った作業をしますが、写真下に見えてるオイルエレメントは、元々の中古エンジンに付いてたので、新品に交換しております。

Dscn457001_20220529195501

無事にエンジン始動し、マニュアル通りに冷却水のエアー抜きをして完成状態のメーターになります!!

今回のメーター走行キロを覚えておいてください!!

店主も、一般道になりますがテスト走行して問題無い事を確認済みですが、この後、お客様にお渡しして帰りに悲劇が訪れますが・・・

こちらは、最新のブログで紹介しています👀✋

 

 

 

2022年4月25日 (月)

スバル・レガシィBH5、リヤ・デフマウントブッシュ交換、ラジエータ&タイミングベルト交換、他その2完成(^^;

本日も暑い一日なった千葉ですが、暑すぎですね💦💦

さて、リヤデフの作業がお泡ったので次の続きを・・・

Dscn448701_20220425210601

ラジエータが突然壊れてしまい、ラジエータ交換するんですが、一緒にタイミングベルトも交換します

Dscn448901_20220425210801

こちらの写真は、常にブログでアップしてますので簡単で済みません

Dscn450201_20220425210901

10万キロ未満のレガシィなんですが・・・

Dscn449801_20220425210901

Dscn449901

クランクシャフト、カムシャフトも含めオイルシールから漏れていましたので、お客様に了解を得て追加交換となりました!!

Dscn449601

当然、追加作業なので部品が届くまでに他の作業であるサーモスタット、追加でお願いをされたスパークプラグを交換して行きます!!

ちなみに、タイミングベルト交換にスパークプラグ交換は、別件作業なので追加工賃では無く、普通の作業工賃になります!!

Dscn450301

ここからは、元に戻す作業となりますが、オイルシール交換後です!!

Dscn450401_20220425234801

Dscn450501

Dscn450701

全体で見た状況

Dscn451001_20220425235101

ラジエータを新しく交換!

Dscn451301

ロアホース交換後

Dscn451401_20220425235201

ラジエータ取付後

この後は、冷却水のエアー抜きをして問題無く完成となりました!!

 

2022年4月24日 (日)

スバル・レガシィBH5、リヤ・デフマウントブッシュ交換、ラジエータ&タイミングベルト交換、他その1(^^;

今日も暖かい午前中でしたが午後から☔雨になり、さすがに時期的な気温となりました!!

寒すぎるのは嫌ですが、ほどほどの気温は良いですね!!

さて、昨年も車検や修理でご入庫歴のあるレガシィBH5!!

BH5も色々なお客様がいらっしゃるので、今回のお客様は白のBH5になります!!

Dscn1494005

全体写真を撮り忘れてしまったので、昨年の写真をアップ!

Dscn445401

まずは、デファレンシャルのオイル漏れ修理と、この車両であるあるになってしまいましたが、リヤのデフマウントブッシュ交換から・・・!

Dscn445701_20220424192401

デフサイド右側ですが、こちらはにじみ程度・・・

Dscn445801

左側は、結構漏れが進んでいます

Dscn445601_20220424193301

ひび割れが進んでいます!!

Dscn447001_20220424192501

こちらも毎回アップしてるので、いきなりデフを取り外した直後です

Dscn447201_20220424192601

全体的に、オイルのにじみが出ているので、洗浄後、錆が酷いので、シール類を交換後シャーシブラックで処理しました

Dscn447401_20220424192701

その前にデフマウントブッシュを抜き取り、新品と比較

Dscn447601_20220424192801

抜き取った後のリヤメンバー!

Dscn447701_20220424192901

ちなみに、専用工具をスバルさんからお借りするのですが、こちらはお見せ出来ないので写真がありませんが、ブッシュ入れ替え後です

Dscn448001_20220424193001

次に、サイドフランジのオイルシールとゴムパッキンを交換します

左右交換後・・・

Dscn448401_20220424193001

ある程度、錆を落として塗装した後です!!

Dscn448601_20220424193101

後は、元に戻して完成です!!

本日はここまでになりますが、次回はタイミングベルト、ラジエータ交換へと続きます👀✋

 

2022年4月23日 (土)

BMWミニ、車検プラスエンジンオイル漏れ修理編(^^;

昨日は、店主の都合で留守してしまい、ブログをアップ出来ませんでした・・・すみませんでした👀💦💦

さて、本日はと言いますと整備組合の総会がございまして、こちらも通常以上に長引きまして、5時間以上の総会となってしまいました!!

要は、コロナで何もイベントが出来ない中、イベントが起きた場合になった時の話し合いと決め事の話を進めないとなりませんが、役員は、コロナの中でも呼び出されてしまいます!!

当然ですが、千葉だってコロナに掛った人は東京、神奈川、埼玉に付いて4番目の感染者が生まれている中にあって、粛々と役員の作業を進めて行かなければなりません!!

イベントを企画すると言われるし、やらないと言われると言う悪循環!!

頭が痛いです・・・❗

さて、店主ごとで余談になりましたが、今回の作業へと・・・

Dscn446001

毎車検時にご入庫いただいております、BMWミニクーパー(多分正式名称?)になります!!

今回も、継続車検でのご入庫だったのですが、エンジンからのオイル漏れがだいぶ酷くなっていたので、カムカバーパッキン交換からスタートになります!!

説明が、前後しますが車検整備はブログアップを控えるとお伝えはしましたが、他に不具合整備があった場合はアップさせていただきます!!

Dscn446201_20220423221401

オイル漏れには、段階がございまして・・・

当然ではありますが、上から漏れてる場合ですとカムカバーパッキン(タペットパッキン)から交換して行くのがセオリーかなと思います

ここを交換しても漏れが発生する場合は、具体的にどこから漏れが発生しているのかを見切訳ないとなりませんが、それは、次回になります!!

Dscn446401_20220423221601

カムカバーを外した状態にパッキン類を外した状態です

エンジン側、カムカバーも含め、洗浄後ではありません!!

外した直後になりますが、メンテはOKでした!!

ただ、メンテが悪くなくてもオイル漏れは生まれる様で、やはり劣化なんだろうと思います!!

所詮、ゴムパッキンなので、物理的にしょうがないのかな・・・??

Dscn446501

こちらは、組付け後の完成状態になります

車検も無事に通り、お客様にはお渡しとなりました!!

継続車検に付いては、写真はありませんが問題は無かった為に割愛させていただきました💦

 

2022年4月21日 (木)

ホンダ・シビックユーロ(FN2)タイプR、エンジンオーバーホール編その3(^^;

ここのところ、天候不順で雨が多いですね!!

さて、シビックのエンジンオーバーホールの続きになります

Dscn443801_20220421210201

まずは、コンロッドの隙間を測定後、範囲内と分かり、コンロッドを抜き取った後、クランクシャフトのスラスト方向の測定!!

こちらも、範囲内なのでジャーナルを外し・・・

Dscn444001

クランクシャフトの曲がり具合を測定!!

本来ですと、この状況での測定はナンセンスですが、常盤もないし、対応した専用治具も無いので、シリンダーブロックに搭載した状態で調べますが百分の1ミリで曲がりは収まっていますし、クランクシャフトは前のブログでも書きましたが加工処理してるのか?

曲がっていませんでした・・・さすが?ホンダ💦

Dscn444201

こちらはばらしたエンジンとミッションも含めたパーツ類です

軽自動車のエンジンなら畳2畳分で収まりますが、2,000CCのエンジンともなると4畳半近くスペースが必要ですね✋

Dscn444301_20220421211001

シリンダブロックになります

Dscn444401_20220421211001

シリンダー内は、傷などはなく良好な状態です

Dscn444601_20220421211001

まず、ピストンの摩耗度を測定するのですが、20万キロ以上も走行してるのに・・・

ほとんど摩耗していませんでした!!

多分、見ていただいても一目瞭然かとは思いますが、スラッジやカーボンも無く、とても奇麗な状態!!

メンテをしっかりされていた賜物かと思います!!

Dscn445101_20220421211201

問題なのは、シリンダーとピストンのクリアランスです!

Dscn445201

全て測定したのですが、ほぼ限度内だったんですが、3番気筒のみギリギリでした!

ただし、標準値がありまして、隙間の標準は0.02mm~0.04mm!!

測定結果が、0.03mm~0.045mmだったので、もしクリアランスがここにバラバラだったとすると・・・

0.005mmから0.01mmの範囲で摩耗してる事になります!!

そう考えると20万キロ以上も走行して、この摩耗具合なので、計算上では後20万キロは行ける事になります!!

当初は、お客様と相談でオーバーサイズも視野でご相談させていただいたのですが、オーバーサイズは全て競技用しかなく、走行上そのままではお使いいただけない事も考え、今回はそのままピストンリング交換だけで作業を進める事になりました!!

ただ、摩耗の具合が計算上では持つとの予想ではありますが、未知の部分になるので確定は出来ません!!

作業は、部品が入ってくるまで保留となり、続きは後日アップになりますが、揃い次第、お伝えしたいと思います!!

余談ですが、ヴィヴィオの加工まだ終わらないかなぁー💦💦💦

 

2022年4月19日 (火)

ホンダ・シビックユーロ(FN2)タイプR、エンジンオーバーホール編その2(^^;

この車両以外に、スバル・ヴィヴィオのエンジンもオーバーホール中なんですが・・・

内燃機屋さんに加工に出して・・・2ヶ月近く💦💦

まだ戻ってきません👀✋

催促しても良いのですが、無理に催促するとクオリティに問題が出てしまい、再加工に回す事も考えられるので、あまりきつくは言えません!!

お客様にはご不便をお掛けしますが、待つしかない状態です・・・👀💦

さて、今のブログに戻りますが、こちらも加工が出ると、しばらくは完成出来なくなるだけにお客様にはご迷惑を掛けそうですが、測定してみないと分からないので、まずは降ろしたエンジンを分解して行きます!!

Dscn441301_20220419211401

トランスミッションを外し、ある程度ですが補器類を外しています

Dscn441601_20220419211501

ここからは、エンジンスタンドにセットして分解していきます

Dscn441801_20220419211601

カムカバーを外して驚きました!!

店主も数々のエンジンをオーバーホールしていますが、ここまで奇麗な状態は初めてです!!

Dscn441901_20220419211701

角度を変えての写真です

Dscn442201_20220419211701

オイルポンプ(オイルパン)側ですが、こちらもすごく奇麗な状態です

Dscn442301

タイミングチェーンカバーも取外し後ですが、状態はすごく奇麗!!

Dscn442501

カムシャフトを外し、ヘッドを取り外すと・・・

Dscn442801_20220419211901

燃焼室も綺麗な方だと思います

Dscn443001_20220419212001

まずは、分解に専念しますが、オイルポンプにバランサーが付いてるのには驚き・・・!!

Dscn443201_20220419212101

また、クランクシャフトは、処理方法の名前が出て来なくて申し訳ありませんが、黒いクランクシャフト!!

Dscn443401

コンロッドを外し、ピストン事外すのですが・・・

ここからは次回へと続きます👀✋

 

2022年4月18日 (月)

ホンダ・シビックユーロ(FN2)タイプR、エンジンオーバーホール編その1(^^;

本日、車検場に行ったのですが・・・

まさかの忘れ物をしてしまい、気が付いたら夕方まで時間をつぶす事となった店主です👀💥💦

自分が悪いので、あたるところが無い💦💦💦

さて、余談すみません!!

Dscn437101_20220418203801

車検、修理等でご入庫歴があるホンダ・シビックユーロになります!!

今回の作業は、20万キロ以上走行しており、エンジンオイルの消費も気になっているとの事で、オーバーホールとなりました!

まずは、降ろす作業から・・・

Dscn437301

作業中にアクシデント!!

ダクトホースの一部が壊れてしまいました!!

こちらは、新品に交換しますが・・・作業は進みます!

Dscn437501

エアコンのコンプレッサーをずらすためにラジエータを外すのですが、フロントバンパーを外します!!

Dscn437701_20220418204301

次に、ミッション側の不要な個所を取りはずしていたら、締め付けられていないボルトが・・・??

ちなみに、ここは外す必要が無いので、なぜ?って感じです!

締めようとしましたが、ネジがかじっており、外して修正します

Dscn437801_20220418204601

まさかの、余計仕事です💢

タップを立て・・・

Dscn438001_20220418204601

ボルト側もダイスで修正して元に戻しました!!

お客様からのお話ですが、関東では某有名なディーラーに仕事を依頼してるそうなのですが・・・他にもトルクレンチで管理できるとか?

疑問が多い、取外し作業でした??

Dscn438201

ラジエータを外し、他にもエンジンを降ろすために、作業は進みます!!

Dscn438401_20220418205001

ドライブシャフトも抜き取り・・・

Dscn438801_20220418205101

マフラーの触媒も取外し・・・

Dscn438901_20220418205101

当初、メンバーごと外さないとエンジンを降ろさないと無理かな?と思っていたんですが・・・

Dscn439001_20220418205201

サービスマニュアルを見ると、エキゾーストマニホールドを外す事で、作業が容易なのですが・・・

さすがにホンダ車!!

中々、そうは行きませんけど💦💦

Dscn439201_20220418205401

こちらは、クランクプーリー側ですが・・・隙間が少ないです

Dscn439501_20220418205601

エキゾーストマニホールドを外したので、簡単に降ろせると思いましたが・・・

Dscn439601_20220418205701

特殊工具が無いので、ここから、1時間以上格闘して・・・

Dscn439901

ようやく、降ろす事が出来ました!!

ホンダは、昔からそうですが、一筋縄ではいかないメーカーです👀💢💢💢

続く👀✋

 

2022年4月17日 (日)

ホンダ・ステップワゴンRF1、冷却水漏れ修理編(^^;

冒頭からすみません

今日知ったんですが、千葉ロッテマリーンズのピッチャーが最年少で完全試合をしたらしいでは無いですか!!!

実は、BayFMでも流してたらしく、常にBayFMを聞いてはいますが4月になったら、FMとは思えないラジオになってしまい、かといって、他のラジオも電波状況が悪いので、聞くというよりBGM感覚になったので聞き逃しておりましたが・・・

凄いですね!!

佐々木投手だったでしょうか?

でも、キャッチャーの采配もすごかったみたいなんで、バッテリーの勝利ではないでしょうか👀✋

さて、少しだけ遅れている店主ですが・・・💦💦💦

本題へと・・・!

Dscn434601

毎回、車検と修理でご入庫いただいてるホンダ・ステップワゴン!!

今回はと言いますか?

以前から、冷却水が減る?リザーバータンクの減りが多いとのトラブルがありました!!

実際、車検整備でもお預かりして冷却水の交換もしておりますが、特に漏れてる箇所も無かったのですが・・・

Dscn434801_20220417195801

漏れが、次第に酷くなり臭いも出始めたので、お客様のご指摘でお預かり前に確認したところ、写真の矢印部分から漏れているのが分かりました!!

ただ、微妙な漏れだったのと当社もすぐには対応出来ない状態でしたが、なるべく早めに急遽、対応させていただきました!!

代車の都合がうまく行ってない状況だったので、余計にお待ちいただく事になりましたが・・・

お預かりして作業開始です!

Dscn434901

まずは、漏れていても補充していますので、冷却水を抜く事から作業がスタートし、作業上邪魔なデストリュビューターを外して漏れ部分にアクセスしやすい様にします

Dscn435101_20220417200401

今回は、部品が出るうちにと交換出来るホース類も交換するのですが・・・

残念なことにヒーターホースは生産廃止になっていましたが、漏れてるバイパスホースはメーカーに在庫がありました!!

多分ですが・・・良く出る部品なのかな・・・?

と買いかぶりしちゃいましたが、多いのかもですね!!

Dscn435401

サーモスタットの蓋部分になる部品ですが、冷却水特有の白い粉上の塊があるので、奇麗に清掃し・・・

Dscn435501_20220417200901

こちらは、サーモスタットですが、こちらも新品へと交換します

Dscn435701

サーモスタット取外し後

Dscn436001

こちらは、奇麗に清掃後のサーモスタットの蓋部分!!

Dscn436201_20220417201101

今回交換する新品部品(写真下)と外した部品(写真上)

Dscn436401_20220417201101

ホース類はほぼ交換した状態になります

Dscn436601_20220417201201

組付け後、冷却水のエアー抜き中!!

ステップワゴンは、ホンダ車にしては珍しく、エアー抜き用のブリーダプラグが無いので、楽です✋

Dscn436901

最後は、交換したホースからの水漏れが無い事を確認して完成となりました!!

ホンダ車は、生産廃止が早いのですが、水回りでもヒーターホースなど一部を除けば部品は出る様ですが、それでも早いかな・・・

生産廃止部品👀💢

天下のトヨタですら、結構部品出るんですけどねぇー!

日本第2位のホンダさん💢

 

 

2022年4月16日 (土)

BMW・3シリーズ、ウィンドウレギュレータ交換編、他(^^;

台風1号の影響で、気温が上がらなく寒い日が続いています・・・

ただ、雨も止み少しづつ気温が回復はしていますが・・・まだかな👀💦

さて、本来は車検整備でご入庫のBMWになります!!

Dscn433401

車検整備に付いては、特に問題も無かったのと車検のブログは控える意味で写真は端折っています!!

Dscn433501_20220416205401

今回、左フロントドアのウィンドウの動きが悪いとの事でレギュレータ交換をします!!

ちなみに、お客様からの部品持込作業です!!

Dscn434001

さすがと言いますか・・・

ドアにもエアーバックが搭載されていたのには驚きました・・・!!

Dscn433801_20220416205601

エアーバックを取外しドアの防雨シートを取外し・・・

Dscn434201_20220416205801

レギュレータを無事に外し終え、新品との比較になります!!

ガラスの上げ下げが重く、途中で引っ掛かり、閉まらないとの事だったんですが、ワイヤー自体は単純に少し伸びてしまっただけで、異常が起きた訳ではありませんでした!!

要は、お互いの不具合なんですが、ガラスの上げ下げ部分にゴム製のチャンネル(ランチャンネル)があるのですが、ここが劣化して硬くなり、動きが悪くなったせいで、レギュレータに負担が掛かり、ワイヤーが伸びたせいで動きが悪くなったようです!!

Dscn434401_20220416210301

実際に元に戻して上げ下げするもあまり変わりませんでした!!

応急処置で窓ガラスが動く部分にシリコンスプレーで対処したら、動きが少しは改善したので、完成となりましたが、お客様にはゴム部品を交換する事をお伝えして、車検も含め完成となりました!!

 

2022年4月15日 (金)

ダイハツ・ハイゼットS200系、リキッドチューブ交換編(^^;

台風1号で、ここまで影響があったのは、非常に珍しいのではないかな?と思いますが、北東からの風と雨で冷たく寒い1日です!!

さて、4年前にエアコンの不具合で交換したお車でブログにもアップしてるお車が、また同じ症状でご入庫となりました!!

この時代のハイゼットのエアコンにはリキッドタンク(レシーバータンクとも言う)が付いてなくて代わりにリキッドチューブ内にフィルターを取付する事で対応しているのですが・・・

高圧パイプの細いパイプのガス圧スイッチ部分にわずかにフィルターがある為、すぐに詰まってしまいダメになるトラブルが多いようです!!

Dscn431901

 

ただし、同じ200系でも生産年数が多いので、年式で不具合が出る車は限られるようですが・・・

Dscn432201_20220415204501

矢印部分が今回交換するリキッドチューブですが、普通に高圧パイプになります(写真は室内に入る部分で)

Dscn432701

矢印の部分に簡単なフィルターが付いてるようですが・・・

Dscn432901_20220415204801

写真上が外したリキッドチューブで下が新品です!!

結局のところ、改良してるとか対策部品とかでは無いようですね💦💦

スズキさんもそうですが軽自動車業界は、余ほど知名的な不具合が無い限りは対策はしないのでしょうか?

軽自動車だって、立派な車なんですけどね・・・👀💢

余談はさておき・・・

Dscn433001_20220415205101

元に戻すだけなんで新品組付け中の写真で失礼致します

Dscn433201

こちらは、真空引き後に問題が無かったのでガスを入れて温度チェックしてるのですが・・・

実は、ガスを入れてもコンプレッサーが回らないトラブルが発生!!

調べて行くとコンプレッサーのマグネットクラッチリレーが偶然にも壊れてしまい、急遽交換する事になりましたが電装品は突然壊れるので、他のパーツをチェックしていたら破損するトラブルも発生してしまい、仕事を増やすと言うアクシデントも起きてしまいましたが、部品も届き無事、完成となりました!!

 

2022年4月14日 (木)

スズキ・ジムニーJA11系、車検整備、オイル漏れ、チェンジレバー不具合編その2完成(^^;

暑くなったと思えば急に冬に逆戻りと・・・

春は、寒暖差が激しいですね!!

体調管理にはくれぐれもご自愛くださいませ(コロナもあるので!)。

さて、ジムニーの続きになります!!

Dscn427301_20220414201801

オイルシール交換なんでサクッと・・・

Dscn427701_20220414201901

オイルシール交換後は、フランジを組付けロックナットは新品に交換します

Dscn427901

漏れていた側も無事に組付けて・・・

車台へと組付けます

Dscn428401

組付け中!!

こちらは、元に戻すだけですから、途中作業の写真はありません!!

最後に、チェンジレバーの不具合です!

実は、過去にミッションをオーバーホールしてる車両です!!

その時にチェンジレバーのブッシュとチェンジレバーを固定するボルトを交換したのですが・・・

Dscn425901

チェンジレバーが付く箇所になります!

本来なら、この型式はチェンジレバー固定ボルトが対策部品に変更になっており、チェンジレバーも含め強化タイプになっています!!

ところが、71系のジムニーミッションがJA11系よりギヤー比が良いのか?

載せ返してる方が多かったみたいで、お客様本人は知らずに中古で購入したらしいのですが、この車検証では部品が違う為、旧71系のミッション部品と交換します!!

それが・・・

Dscn430101_20220414202801

こちらになります!

普通に折れる事は少ないと思いますが、エンジンの振動とシフトチェンジの動かし具合で無理が掛かるのかな?と思います

ただ、基本的に71系と11系はミッションがほぼ同じ仕様なので、チェンジレバー部分を交換する(入れ替え)事で、対応可能なのではと思いますが・・・

そうなると、もう一度ミッションを降ろし分解して組み直す必要もあるので、予算的に微妙です!!

車検で、見事に落ちるのはありましたが、オイル漏れとチェンジレバーの不具合が修理出来たので、良かったかなと思います!!

👀✋

 

2022年4月11日 (月)

スズキ・ジムニーJA11系、車検整備、オイル漏れ、チェンジレバー不具合編その1(^^;

台風1号が近づいていおります!!

普通なら、日本に来る前に東にそれるのですが、今年は関東に近づきそうです!!

台風1号から近づくって・・・意味不明で訳わかめなんですが💦💦

ここ最近は、世界で山火事が多く、そのせいもあるのか?

気候変動が多いようですね!!

店主は、間違っても温暖化だとは思っていません!!

確かに木星や土星に比べたら小さい星ですが、雄一生き物が生存できる惑星です!!

工業、生産などでの二酸化炭素流出くらいでは、そうそう温暖化になるのは難しいとは思いますが、人のミスで起きる山火事も一つの原因でもあるので何とも言えませんけどね!!

さて、本題からそれる店主ですが💦💦

Dscn425401_20220411211401

お車の色が違いますが、毎回、整備、車検などでご入庫歴があるスズキ・ジムニーJA11系です!!

今回は、車検整備でのご入庫なんですが・・・

チェンジレバーの不具合と車検に通らないであろうトランスファーからのオイル漏れ修理!!

それと、まさかの車検不合格部品の取付です!!

上の写真で、お分かりかと思いますが、オーバーフェンダーになります!!

以前は、これで車検が通っておりました!!

なのに、ジムニーは特に車検が厳しい?のか分かりませんが、継続検査を受けるたびに落ちる事が多くなってしまいました!!

過去に、このお車では無いのですが、同じジムニーで軽自動車検査協会の検査官とさんざん喧嘩して揉めたことが在ります!!

要は、普通車と同じで、検査官の怠慢で起きた結果なんですが、法律上はダメなようです!!

年を追うごとに法律が変わる、道路運送車両法!!

整備士である店主も、検査主任の登録をしてるので毎年、法規の講習が必ずあるのですが、変わる旨の話は全て新しい法律ばかり・・・

以前の、国がなあなあにしてた情報もちゃんと伝えて欲しい物です!!

さて、ジムニーの厳しさはお伝えしたので、落ちた事も含め作業を進めます!!

Dscn426101

トランスファーですが、オイル漏れしており車検通りそうにないほど漏れていますので交換して行きますが・・・まずは取り外す事から・・・

Dscn426401_20220411212901

写真が進みすぎてますがトランスファー取外し後です

Dscn426701_20220411212901

こちらが、オイル漏れしてるオイルシールですが、実は・・・漏れてる場所は1カ所だけですが、他から漏れる可能性も考え、全て交換いたします!!

Dscn426901_20220411213101

まずは、主原因である、ミッションからのインプットオイルシール部分です!!

本日は、ここまでのアップになりますが、次回は完成編となります!!

ちなみに、車検整備に関する作業写真は端折りました・・・すみません👀✋

 

 

2022年4月10日 (日)

ルノー・カングー、タイミングベルト、ウォーターポンプ、エンジンマウント交換編その2完成(^^;

4月ではないような暑さで・・・大汗かいてしまう気温👀💦💦

春先から絶好調な暑さですが・・・

続きを!!

Dscn429101_20220410195001

まずは、クランクシャフトオイルシール交換からですが、すでに古いオイルシールは取外し後、新しいオイルシール組付け中!

Dscn429501

組付け後になります

ルノーのオイルシールは特殊でして、インストール用にプラスチックのインサートツールが付属しています(前回のブログ参照)

Dscn429701_20220410195501

分かりやすいカムシャフト・オイルシール組付け写真

Dscn430001_20220410195601

こちらは、組付け完了写真!!

このツールが無いと組めません!!

無事にオイルシール交換が終わったので、サクッと元に戻してしまったので、途中の写真がありません💦💦

Dscn430301

もうすでに、クランクプーリーを角度締めしてる写真になります

Dscn430501_20220410195801

ファンベルトも無事に組付けが終わり・・・

Dscn430801

タイミングベルト側のエンジンマウントも新品に組付け完了です!!

次に・・・

Dscn423801

バッテリーを外した下にある、ミッション側のマウントですが、こちらも交換です!

Dscn431301

交換途中ですが、新品に交換しています

Dscn431501

最後は、センターのエンジンマウント交換です

Dscn431801_20220410200101

交換後になります!!

すべての作業が終わり、冷却水を入れて、エアー抜きして完成ですが・・・

オマケ

Dscn431001

写真があったのでアップしましたが、カムのメクラシール組付け後と・・・

Dscn431101_20220410200301

矢印し忘れたのですが、ボルトが緩んでる箇所(写真中央付近)がエアー抜き用のプラグになります!!

回りと似てるので、分かりづらいですが、ここからエアーを抜かないと大変な事になりますので、クーラント交換する場合は、忘れずに作業しましょう!!

冷却水のエアー抜きも無事に終わり完成となりました!!

国産車と違い、特殊で難しい車両ですが、覚えると意外に簡単な車両ですよ・・・👀✋

 

2022年4月 9日 (土)

ルノー・カングー、タイミングベルト、ウォーターポンプ、エンジンマウント交換編その1(^^;

急に暑くなりましたねぇー👀💦

暑くなるとやはり・・・エアコン修理の電話が来ますが・・・

今年は、思いがけず重整備が続く作業予約が多くて、6月にならないと作業が出来ない状況💦💦

ご迷惑をお掛け致しますm(_ _)m

さて、本題へと・・・

Dscn422901_20220409211001

当店には、初めてのカングーになりますが、タイミングベルト。ウォーターポンプ、エンジンマウント交換でご入庫となりました!

まずは、タイミングベルト、ウォータポンプ交換からスタート!!

カングー2はボンネットが手前から開くのでボンネットを外す必要が無いのですが、初代はフロントガラス側から開くタイプなので、ボンネットを外す作業から・・・

Dscn423201_20220409211801

ようやく、作業性が良くなったので進めて行きますが・・・

Dscn423401

写真の矢印はインテーク側のカバーになるのですが、ウォーターポンプも交換するので、冷却水を抜くためのホースを取り外す為、作業上外します

ヨーロッパ車全般そうなんですがラジエーター側にドレンがありませんので、ホース側から外して抜きます

Dscn423601_20220409213301

冷却水を抜きとり後、カバーを外したスペースも生まれたので、サービスホールを外します(写真矢印)

Dscn424301_20220409213701

専用の工具を取付て圧縮上死点を出し・・・

Dscn424001_20220409213401

タイミングベルト交換する際にタイミングカバー側のエンジンマウントを外すのでこちらは後で交換後アップします!!

Dscn424201_20220409213601

サービスホールでクランクシャフトを回し圧縮上死点を出した後、カムシャフトエンドのカバーを外し、専用工具を組付けて保持します

この作業は、クランクシャフトプーリー、カムシャフトプーリーも含め国産車みたいにロック用のキーが入っていないので、このような工具が必要になります!!

ちなみに、マツダのMPVなんかもクランクプーリーだけ、このような作りになっています(こちらはタイミングチェーンですが)

Dscn424701_20220409214201

すでにタイミングベルトを外した状態です

Dscn424901

当初、カムシャフトなどのオイルシールは交換予定ではありませんでしたが・・・

Dscn425001

残念ながら漏れが始まっており、お客様にお伝えの上、追加作業となりました!!

今回の作業の部品に関しては、お客様お持ち込み部品なんですがオイルシールはさすがに無かったので、当店で追加注文!!

部品が来る間にウォータポンプを交換します

Dscn425201

すみません、すでに交換済みです💦

Dscn428701_20220409215201

ようやく、部品が届いたので組付けて行きますが、今宵はここまでになります!!

次回は、完成編となります👀✋

 

 

2022年4月 8日 (金)

三菱・パジェロミニH58A、オートマミッション交換編その2完成(^^;

急に暑くなりましたね💦💦

実は、昨日の話ですが・・・

Dscn428001_20220408202101

ドクターヘリが近くの小学校に来ました!!

普通に考えると、来ない方が良いのですが・・・ヘリ好きの店主としては、思わず撮ってしまいます👀💥💦💦

さて、本題の続きへ・・・

Dscn421401_20220408202301

取外したオートマミッションです

Dscn421201

今回交換するリビルトオートマミッションです!!

補器類を交換するミッションから取り外して組付けて行き・・・

Dscn421601_20220408202601

組付ける前のオイルクーラーの洗浄中作業になります

Dscn421701

全てが組終わりまた、洗浄も終わったのでドッキングです(すでに組付けた状態ですが)・・・❗❗

Dscn422001_20220408202801

元に戻すだけなんで、サクッと進めて行きます

Dscn422101

デフロックのアクチェータ部分の組付けは少し苦労しましたが組付け後です

Dscn422401

シフトレバー回りの組付け中!!

Dscn422601_20220408203101

この辺で、最終作業の配線組付け

Dscn422701

ここは、エンジン裏側にある配線ですが、ここを組付けオートマオイルを入れてエンジンを始動!!

無事にオイル量も適量になったので学習のためにテスト走行!!

あまり距離を走る事は出来ませんでしたが、普通に問題ないレベルまで出来たのではないかと思います!!

まだ学習は必要と思いますが、変速ショックが劇的に無くなったのはお客様も、喜んでいただけるかなと思います!!

ただ、リビルトなので余談は出来ませんが・・・???

 

2022年4月 7日 (木)

三菱・パジェロミニH58A、オートマミッション交換編その1(^^;

寒くなったと思えば、夏じゃん?? みたいな温度で、年寄りに近づいてる店主にはキツイ温度差です!!

さて、オートマミッションのオーバーホールが終わったと思っていたら・・・

今度は、リビルトでの交換編になります!!

Dscn419201

お車は、三菱・パジェロミニになります!!

以前、オイル漏れが酷く修理した事がきっかけで車検も弊社で作業させていただいておりますが、車検のの時から変速ショックが大きく、事前にはお伝えはしていましたが、やはりと言いますか・・・オートマミッションが壊れてしまいました!!

まずは、状況確認

Dscn419002

お預かりしてチェックすると、変速がスムーズに作動せず、しかも走行中にシフト操作が自動でうまく行かない状況!!

また、下回りをチェックするとオイル漏れもしています(エンジンオイル漏れは修理済み)!

Dscn419801_20220407205401

一応、オートマミッションのレベルゲージをチェックすると・・・

オイルが入っていません???

もしかしてと思い、オイルを入れてテスト走行するも・・・残念ながら、オイルが少なかった事が原因でやはりミッションブローの様です!!

事の詳細をお伝えし、また、コンピュータ制御も入っているので必ずミッション本体交換で直るかは分からない事をお伝えして、リビルト部品になりますが交換する事で対応します(スバルと違いオーバーホール不可の為)。

話が前後しますが、ミッションを降ろす作業を・・・!!

Dscn420101

オートマミッションは、スズキと同じでミッション自体にトランスファーが付いていないのですが、フロントデフ側に行くプロペラシャフトが邪魔になるので取り外します

Dscn420301

ミッションを外すのにデフロック用アクチェータを外し・・・

Dscn420601

トルコンバーターの取付ナットを外し・・・

Dscn421001

取外して行きます(外した写真)

Dscn420801_20220407210301

こちらは、オートマミッションを外し作業に取り外したパーツ類です👀✌

今宵は、ここまでになりますが次回は完成編となります👀✋

 

2022年4月 5日 (火)

スバル・レガシィBH5、ATミッション、オイル漏れ修理、トラブル編、その9完成(^^;

年度末が終わり、4月の新年度になり5日になりますが、てんやわんや状態の店主です💦💦💦

もっぱら、組合の総会資料作成、総会案内状作成と送付などでアップアップ状態の中での整備作業なので、作業が押しまくっています👀💧💧

さて、続いておりますレガシィ・オートマミッション、オーバーホール編もいよいよ完成編となります!!

Dscn415501

前回、組付け途中の測定も終わり、組付けの写真を撮り忘れてしまったのですが、無事にここまで組付け出来ました!!

Dscn415601

バルブボディ組付け後

Dscn416101_20220405202801

今回、オイルパンを新品で組付けて行きます

Dscn416201_20220405202901

組付け中!!

ここでトルクレンチ?ってお思いでしょうが、結構締めすぎたりするので、ここは正確に・・・👀✋

Dscn416401

次は、トルコンバータに入っていた古いオイルを全て抜き取り・・・

Dscn416701_20220405203101

組み上げたミッションに戻します

Dscn416901_20220405203201

ここからは、なるべくトルコンバータと各クラッチ、バルブボディにオイルを充てんさせたい(エンジンで言うと油圧を上げる儀式)ので手回しでオイルを循環させますが、オイルクーラー側からオイルが出て来ますので、そこまで出来たら・・・いよいよエンジンに組付けて行きます!!

Dscn417101

その前に、ATクーラーに取付てあるパイプ類の洗浄とATオイルエレメントを交換しますが、左フロントのインナーフェースを外すとあります(ATオイルエレメント)!!

Dscn417401_20220405203701

ATオイルエレメント交換中

Dscn417601

新品取付後

Dscn417701_20220405203801

こちらは、オイルクーラーのライン洗浄途中です!!

元々、スバルのオートマ用オイルエレメントは、通常交換不要なのですが、オーバーホールに付き、交換をしました・・・

ただ、パイプ(オイルクーラーライン)の洗浄もしたんですが、鉄粉も無くとても奇麗な状態でした!!

ここは、さすがスバル!!って思いました👀✌

Dscn418001

いよいよ、オーバーホールしたミッションをドッキング中!

Dscn418201

トルコンバータとドライブプレートを組付け中

Dscn418401

ミッションがドッキング出来れば、残りは補器系の組付けを進めて行くだけになります

Dscn418701_20220405204501

ここで、アクシデント!!

今年、車検整備をしたんですが、その時は多少ヒビがあったのですが切れていなかったので車検は合格しています!

ただ、ミッションを今回3回も脱着した関係なのか?分かりませんが切れてしまいグリスが漏れてしまいましたので、この災難で交換します

Dscn418801

新品に交換しました!!

この後は、特にアクシデントも無く、組付けが完了してテスト走行後、問題は無かったので完成となりました!!

車検でお預かりした時は、1速から2速の変速ショックが気になっていましたが、オーバーホール後は、スムーズに繫がるようになりました!!

ただ、変速のタイミングが微妙な時もあるので、ミッション自体の学習も必要なのかなとも思いました!!

 

 

2022年4月 4日 (月)

トヨタ・ランドクルーザー100系、タイミングベルト、ウォーターポンプ交換編その2完成(^^;

ここのところ、気温は低いは雨は続くはで健康管理には気を付けたいですね!!

さて、ランドクルーザーの続きになります

Dscn410501_20220404210701

ウォーターポンプを外すとやはり漏れていた跡が・・・

Dscn410701_20220404211101

こちらは、取外した部品!

Dscn410801

ウォーターポンプ側にも漏れてる跡がありました

やはり、UZエンジンは致命的な不具合のようですね!!

セルシオのエンジンは、初代が排気量4リッターでしたが、やはりウォーターポンプはほとんどダメでしたから、熱が持ちやすいエンジンなのでしょうか??

Dscn410901

ここからは、組付けて行きますが、汚れも酷いので洗浄してから組付けて行きます

Dscn411101_20220404212001

カムシャフトオイルシールとクランクシャフトオイルシール組付け後です

Dscn411401_20220404212001

見づらかったので、角度を変えての写真です

Dscn412001_20220404212201

いきなりですが、ウォーターポンプ、タイミングベルト取付後です

Dscn412201_20220404212201

クランクシャフトの合わせマークは真下になります

Dscn412401

こちらは、本来ですとクランクシャフト側のタイミングカバーは一番最初に組付けないといけません!!

ただ、店主は特殊訓練を受けてるので👀💥後から組付け出来ますが、良い子はマネしないように💦💦

Dscn412601_20220404212501

さて、最後はクランクプーリーを締付、冷却水のエアー抜きして完成となりました!!

最後になりますが、ちょっとアドバイス!!

今回は、クーラントも全てお持ち込みとなりましたが、クーラントには、希釈タイプとそのまま使うタイプとあります!!

そのまま使うタイプでも使用状況(環境)にもよりますし希釈タイプならなおさら薄めるパーセンテージもございます

通常、関東から西は、希釈率は70%から80%くらい、寒冷地ですと原液から50%までになります!

これには理由があります!!

クーラントは、基本凍結防止と錆止め効果がありますが、凍結防止に問題があります!!

クーラントにはアルコール成分が入っており、極寒の地域なら原液でも大丈夫ですが、夏場になると冷えが悪くなりオーバーヒートの原因にもなります!

なので、寒冷地でお使いの(北海道など)は、冬は原液、夏場は薄めて使うと言った作業を今でもされてる方は多いと聞いています!

最近は技術の進歩で、50%程度薄めても早々凍るトラブルは少なくなってはいますが、気にする方はマメに年間を通じて季節ごとに交換しています

ただ、今回持ち込まれた冷却水は50%に薄めていると伺いましたが、何故かー50℃近い濃度でした!!

東北、北海道でしたら大丈夫なレベルですが関東近辺ですと濃すぎるので、薄めるようにお客様にはお伝えしましたが、これは、皆様にも是非参考にしていただきたいです!!

クーラントは、錆びない凍らないですが、濃度を間違えるとオーバーヒートの原因になりますのでご注意くださいませ!!

 

2022年4月 3日 (日)

トヨタ・ランドクルーザー100系、タイミングベルト、ウォーターポンプ交換編その1(^^;

店主ごとですみません👀💦💦

年度末、年度初めは組合の総会関係でバタバタしており、ブログを掲載出来ない状況が続きます!!

ご回覧いただいてる方には、ご迷惑をお掛け致します。

さて、今回初めてのお車であるトヨタ・ランドクルーザーになります!!

このクラスは、貨物に変更したり、特殊(8ナンバー)などキャンピング車に変更する方が多く、当店では基本的に整備が出来ません!!

認証基準のせいなんですが・・・

ただ、今回の車両は3ナンバーなので作業が可能となりました!!

Dscn408201_20220403204501

さすがに大きい💦💦ですが、高さもあるので、タイヤを外して作業効率を上げています!!

Dscn408401_20220403204601

エンジンは、UZ系(セルシオ)と同じエンジン型式ですが排気量がアップしてるので2UZになります!!

Dscn408601_20220403204801

いきなりですが、エアークリーナー系を取り外す際にこのような状態を発見!!

パワステの可変バキュームホースですが、外れていました!!

ここは、バキューム系何で正圧で抜ける事は無いので、作業ミスですね!!

ただ、これでエンジン回転数に問題は少ないですが燃費が悪かったでしょう!!

Dscn408701_20220403205401

今回、全ての部品はお持ち込み作業になります!!

赤い色のペットボトルは、クーラントです!!

Dscn409001_20220403205501

まずは、作業中に水漏れ跡が・・・

Dscn409201_20220403205601

シュラウドを外すのが苦労しました!!

Dscn409401_20220403205701

クランクプーリーボルトを取外し中

Dscn409501_20220403205801

タイミングカバーを取り外した後

Dscn409801_20220403205801

カムシャフトオイルシールですが、にじんでいました(右バンク)

Dscn410001_20220403205901

こちらは左バンク側!

いずれもにじみがあって、交換するか?お客様には連絡して交換了承済みです

Dscn410401

ウォーターポンプも取外しオイルシールはまだ交換前です!!

セルシオと同じ作業とはなりますが、オイルシールがセルシオとは全く違うのは驚きでした!!

同じUZ系エンジンでも搭載してる車両で全く違うのがトヨタ独自なんでしょうか??

今宵は、ここまでになりますが、次回は完成編となります👀✋

 

2022年4月 2日 (土)

スバル・レガシィBH5、ATミッション、オイル漏れ修理、トラブル編、その8(^^;

暖かい日が続くと思えば本日はハナビエするほどの寒さ👀💦

場所によっては雪も降るような天候だったようです!!

ここまでは、今日の内容なんですが組合の総会の件で年度末と年度初めはいつも役員会で詰めた話が多く、今宵も当然遅くまで時間が掛かり、日にちをまたぐ結果になってしまいました!!

すべてをお伝えしたいのですが、さすがにキツイので明日に改めてアップさせていただきます

Dscn412801_20220402004701

さて、追加で注文したロー&バッククラッチ用のプレートとピストンのオーリングパッキン類のパーツが届きました!!

クラッチプレートが廃止になった分、プレートの厚み調整でクリアーするのですが、こちらも届いた厚み1個のみしかありませんでした!!

これでダメなら、維持は難しいかもですでね!!

Dscn413001_20220402200101

こちらが、ロー&バックのパーツ類です

Dscn413301

届いたパーツを組付けて隙間を確認したら、基準値にはなりませんが範囲内で収まってくれました!!

ローからセカンドに切り替わる時に少しだけ変速ショックが大きかったので、直ってくれると嬉しいのですが・・・💦💦💦

Dscn413601

2枚目の写真でもチラッと見えてましたが、ロータリーエンジン以来のワセリンの登場です!!

組付けの際に、グリス代わりに使うみたいですが、オートマにワセリンとは・・・!!

Dscn413801_20220402200601

組付け中

Dscn414101_20220402200701

次に、センターデフ部分になるクラッチ部分になりますが、当初傷が入っていたので新品を注文しました!!

ところが・・・

写真右は、新品で左は不具合原因と思ったクラッチギヤーなんですが、この傷は両方同じようになっていました!!

多分、加工の都合でこのような状態になってしまったようです!!

知らないとは言え、大失態ですが、逆にこれが正解だったのかと確認も出来たので良かったかなとおもいます!!

何せ、ディーラーでは分解しないので、店主も知るよしもありませんから・・・👀💥💧

Dscn414301_20220402201801

無事にセンターデフ部分が組付け完了!

Dscn414501_20220402201801

さて、いよいよ、組付け作業を進めますが、すでにワンウェイクラッチ部分を組付け中!

Dscn414601

ここは、2速、4速のクラッチになりますが、再度チェックしましたが範囲内で大丈夫でした

Dscn414801

一番組付けに苦労したスプリングになります

特殊工具が無いので借りられなく、最初は1人で悪戦苦闘していたんですが、家内に抑えてもらう事で、すんなりと組付けが出来ました💦💦

Dscn415001_20220402202301

ロー&バックのギヤーとクラッチを組付け

Dscn415301_20220402202401

3速側のクラッチを組み、こちらも再度、隙間調整をチェックして範囲内だったので、次に進みますが・・・

今宵はここまでになります!!

次回は、バルブボディなども含め続きます👀✋

 

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ