« スバル・レガシィBH5、ATミッション、オイル漏れ修理、トラブル編、その3(^^; | トップページ | スバル・レガシィBH5、ATミッション、オイル漏れ修理、トラブル編、その5(^^; »

2022年3月26日 (土)

スバル・レガシィBH5、ATミッション、オイル漏れ修理、トラブル編、その4(^^;

寒暖差が大きく、いまだコロナも収束出来ずにまん延防止は解除になりましたが、個人個人で対策をし体調管理には気を付けたいですね!

さて、作業が進まないレガシィ、オートマミッションのオーバーホールの続きになります!!

Dscn394001_20220326211801

まずは、オイル漏れの主原因であるケース本体のネジがかじっていて、修正はしたんですが締めても漏れてしまう箇所になります

ここは、レベルゲージのステーが取り付けられてる場所になりますが・・・分解して何となく不具合が分かったような気が???

この件は、後にお伝えしますが、簡単に言うとやはり1度ミッションを降ろしてました!!

Dscn394301_20220326212201

まずは、リコイルを入れるために大きめのドリルで穴を開け直してタップを立てています

ちなみに、切削くずが本体内部に入ると洗浄する手間が増えるので入らないように養生しています

Dscn394501

ボルト幅が多めかな?と思い、リコイル2個で対応も考えましたが、1個で大丈夫でした!!

Dscn394601_20220326212601

リコイル修正後、ボルトを入れてチェックして完成となり、この後は洗浄作業になりますが・・・

Dscn395101

各部のプレートのギャップを測定中です!

ここの隙間が多いと、滑りが発生するのですが、測定したところ範囲内でした(写真がこれだけですみません)!!

Dscn395301

後は、交換可能なベアリングを取外して行きます

Dscn395401_20220326212901

こちらも取外し中です

Dscn395601_20220326213001

もちろん、フロントのデファレンシャル・サイドベアリングも交換です

Dscn395801

最後は、フロントデファレシャルを固定するフランジですが、こちらにはベアリングカラーが付いてるのでガスバーナーを使い抜き取ります

専用ツールはあるのかも知れませんが、当店では持ち合わせて無いので、フランジがアルミなのでバーナーで温めて膨張させて外します

Dscn396301

しばらく温めると、勝手にベアリングカラーが抜け落ちます!!

これ楽でいいです👀✌

今宵は、ここまでになりますが、次回は気が遠くなる洗浄作業になります👀✋

 

« スバル・レガシィBH5、ATミッション、オイル漏れ修理、トラブル編、その3(^^; | トップページ | スバル・レガシィBH5、ATミッション、オイル漏れ修理、トラブル編、その5(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ