« トヨタ・ハイエースH200系、デファレンシャルオーバーホール編その1(^^; | トップページ | トヨタ・クルーガーV、MCU20系、タイミングベルト、ウォーターポンプ交換編(^^; »

2022年2月 8日 (火)

トヨタ・ハイエースH200系、デファレンシャルオーバーホール編その2完成(^^;

冒頭からすみません!

本来なら第二火曜日と水曜定休でお休みなんですが、11日(金)が祝日(建国記念日)の関係で、第二火曜日を営業し代わりに10日(木)を休みに変更させていただきました!!

ホームページを見ていただいてる方は、カレンダーでお伝えはしていますが、こちらからもお伝えさせていA抱きます!

なので、お問い合わせいただいても対応不可なので、ご了承下さいませ!!

さて、ハイエースの続きになります👀✋

Dscn310601_20220208195001

分解したデフパーツを洗浄して・・・

Dscn310801

新品のベアリングへと交換作業開始です・・・❗❗

Dscn311101_20220208195101

最初の写真は、ピニオンギヤーシャフトのベアリング組付け中

Dscn311201_20220208195201

こちらはデファレンシャルのサイドベアリング組付け中

Dscn311501_20220208195301

次に、写真は飛びますが、デフキャリアにベアリングカラーなど組付けて、締めこんでいきプレロード調整をしていきます

ハイエースは、スペーサーがつぶれて行く事でプレロードの調整をするタイプになります!!

シム調整と違い、徐々に締めて行き調整するので失敗しなければ簡単な作業なんですが、締めすぎてプレロードが狂ってしまうとバラしてスペーサーを新しく交換する必要がありますが、シム式もバラしてはシムを入れ替えるので、どちらかと言うとスペーサータイプの方が決まればそこで終わりなので、経験にもよりますが楽かもですかね!!

Dscn311601_20220208200301

プレロードが無事に決まったので、一度バラしてオイルシールを組付けて組付けます!!

Dscn311901_20220208200401

ここから、また先に進んでしまいますが、バックラッシュ調整中ですが・・・

異音原因のベアリングも影響しているのか?

ピニオンギヤーとリングギヤーのバックラッシュが変摩耗してしまっており、基準値にうまく調整出来ずにかなりの時間が掛かってしまいました!!

最終的に、基準の範囲にギリギリになってしまいましたが、デフのバックラッシュはシム調整では無く、ねじ込み式なんでノッチ調整に限界があるために、残念ではありますが妥協してしまいました!!

許せるなら・・・ピニオンギヤー、リングギヤーも交換したいんですが値段が高くなってしまうので、範囲ギリギリであれば交換無しで行けるかと思います!!

Dscn312101_20220208201201

次は、歯アタリのチェックになります!

バックラッシュはギリ調整しても歯アタリがダメだと元もありませんのでここが最終チェックになります!

Dscn312301_20220208201401

チョット心配ではありましたが問題無いレベルの歯アタリだったので、このまま組付けて行きます!!

Dscn312401

無事に組終わり、最後に塗装してこの日は終了になります!!

以前は、バラバラの状態で塗装していましたが、組付ける際に塗装が剥がれてしまったりと再塗装をした経験から、最後に来マスキングして塗装する事に変更しました!

Dscn312801_20220208201701

日をまたぎ、組付けになりますが、変形していたアクスルシャフトのオイルシールを交換し直し・・・

Dscn313001_20220208201801

無事にデフも組付け・・・

Dscn313201 

当初、デフが外れずに車高を下げていたスペーサーも外していたんですが、こちらも元に戻し・・・

Dscn313401

プロペラシャフト側のロックナットもカシメて・・・

Dscn313601

サクッと元に戻して行きますが、せっかくなんでブレーキシューが付く部分は綺麗に清掃!!

Dscn313801

ブレーキシューを組付け、調整をし、ホイールシリンダを外してるのでブレーキフルードのエアー抜きを完了し

Dscn314101_20220208203001

最後に、デフオイルを入れ、テスト走行後、問題が無いと判断して完成となります

補足になりますが、以前にもブログでお伝えしておりますが、ミッションオイルも含め、必ず平行な状態でオイルを入れ溢れたら、必ずあふれなくなったら、ボルトを締めましょう!!

もし、リジットラック(ウマ)で前だけしか上げられない状態だと平行になりませんが、オイルを入れてあふれた後、面倒ですが、その状態で一度、ウマから外して下に降ろして抜けきった後にもう一度ジャッキで上げてウマを掛けた後、安全を確認して給油口のボルトを締めるなどしましょう!!

なんでもそうですが、入れすぎはトラブルの原因になりますから、気を付けたいですね・・・👀✋

 

 

« トヨタ・ハイエースH200系、デファレンシャルオーバーホール編その1(^^; | トップページ | トヨタ・クルーガーV、MCU20系、タイミングベルト、ウォーターポンプ交換編(^^; »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ