« スバル・ヴィヴィオKK3系、エンジンオーバーホール編その1(^^; | トップページ | フォルクスワーゲンGolfTouran、車検整備と今後の自動車整備編その1(^^; »

2022年1月31日 (月)

スバル・ヴィヴィオKK3系、エンジンオーバーホール編その2(^^;

今年も一か月が過ぎようとしており、これに合わせて石油の高騰、コロナの影響で人手不足、半導体不足も重なり値上げが明日から色んな商品が値上がりいたします!!

弊社も、少なからず影響は出始めており、勝手ながら次年度(令和4年4月度)から苦渋の決断になりますが、工賃を車検も含め値上げをさせていただきます!!

なお、車検の基本工賃から全て10%から20%程度の値上げになりますが、詳しくはホームページからお伝えさせていただきます!!

さて、前回の続きから・・・

Dscn288301_20220131210701

無事にエンジンを降ろし、トランスミッションを分離後、エンジンスタンドに固定するためにクラッチ部分を取外し・・・

Dscn288601_20220131210801

フライホイールも外して・・・

Dscn288801_20220131210901

エンジンスタンドにセットし、分解していきます!!

Dscn289301

エキゾースト系から取り外して行くのですが、遮熱板の取付ボルトは見事に折れてしまい、幸先にしてはしょうがないスタートになりました

Dscn289001

 

写真は、スーパーチャージャー固定ステー取外し中

Dscn289401_20220131211301

一緒に、触媒など取付ボルトに浸透剤を塗布しておきます

Dscn289801_20220131211501

エキゾースト側は全て取外し後、インテーク側も取外し(写真が無くてすみません)冷却水のアダプターが錆で固着して取れなく、ガスバーナーであぶりながら取外し出来ました✋

Dscn290001_20220131211801

次に、カムシャフトを外していきますが・・・

Dscn290101_20220131211801

インテーク側のカムシャフトに戻り防止のボルトを入れます!!

これは、ギヤーの打音を打ち消すためにスプリングの張力を利用し前後に遊びを無くす事で維持してるギヤーにストッパーを組むことで組付けミスをなくすようにした対策作業ですが、オーバーホールに関するなら、後で元に戻せば良いのですが、つい癖で・・・💦

Dscn290401_20220131212501

スバルさんのエンジンは面白くて、カムシャフトを外した段階でシリンダーヘッドを外す事は出来なく、カムシャフトを固定してるホルダー本体を外さないとヘッドが外せない構造になっております

Dscn290501_20220131212901

こちらがカムシャフトホルダー本体を外した後のシリンダーヘッド!!

これで、ようやくヘッドとブロックを分離出来ます

Dscn290801_20220131213101

取外したシリンダーヘッドと・・・

Dscn291001_20220131213201

ブロック本体です!!

本日は、ここまでになりますが次回は、腰下のピストン&コンロッド、クランクシャフトを取外し、測定作業に進めて行きたいと思いますが、他の作業もあり、少し間が空くかと思います👀✋

 

« スバル・ヴィヴィオKK3系、エンジンオーバーホール編その1(^^; | トップページ | フォルクスワーゲンGolfTouran、車検整備と今後の自動車整備編その1(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ