« トヨタ・レクサスIS300h”Fスポーツ、車検整備編(^^; | トップページ | トヨタ・エスティマCR30系、アイドリング不調編の続編修理編(^^; »

2021年12月 5日 (日)

ニッサン・フィアレディZ・Z32、ターボチャージャーのオイルラン漏れ交換(^^;

本日は、日中も寒い1日でした!!

ジャンバー無しでは、耐えられない1日でしたね・・💦💦

さて、当社では中々修理入庫が無いニッサン・フィアレディZ・Z32!

Dscn200801_20211205205101

エンジンオイルがダダ漏れで、事前にご来店いただき、漏れの原因を確認したところ・・・

Dscn200401

運転席側のターボチャージャーに供給するオイルパイプから漏れている事が判明!

すぐにお預かりが出来ればよかったのですが、あいにくこの時は作業が一杯だった(車が一杯)ために、部品の手配も含め後日ご入庫となりました!!

当然ですが、普段使われてるお車では無かったので緊急性はございません!

Dscn200901

改めてご入庫いただき、作業へと進みますが丁度、ブレーキマスターシリンダーの真下にパイプがあるので、まずはマスターシリンダーを外してからの作業となります!!

Dscn201201

シリンダーを取外し後、オイルラインのパイプが見えて来ました

Dscn202501

オイルラインのパイプはバンジョーボルトで止まってる箇所とブレーキラインと同じフレアーナットで固定されている関係で、今回特殊工具(写真)を使い取り外しました!!

ぶっちゃけ、外す側はパイプをカットしてもっと確実な工具で外しても良かったのですが・・・

Dscn201501

特殊工具で戻った瞬間・・・漏れていた箇所からパイプが切れてしまいました!!

最も、漏れていたので普通に考えて切れても想定内なんですが💦💦

Dscn202001

結局、漏れていたパイプは三分割になり、腐食のすごさが分かります!

写真下は、新品です!!

無事に外す事が出来たので、新品で元に戻して行きます

Dscn202201_20211205210501

交換後のオイル供給元のパイプとバンジョーボルト部分です

Dscn202401_20211205210501

こちらは、マスターシリンダー側からの交換したパイプになります!

後は、シリンダーを組付けて、ブレーキフルードのエアー抜きをし、オイル漏れが止まった事をチェックし完成となりました!!

Z32は、タービン関係の整備はエンジン脱着がメジャーなほど、エンジンルームがキツキツなレイアウトだけに、降ろさずに作業が出来たのは、店主も嬉しい出来事!!

こいつのエンジン降ろすだけで、骨が折れそうですから・・・👀✋

 

 

« トヨタ・レクサスIS300h”Fスポーツ、車検整備編(^^; | トップページ | トヨタ・エスティマCR30系、アイドリング不調編の続編修理編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ