« スバル・レガシィBH5、オイル漏れ修理編その1(^^; | トップページ | ダイハツ・エッセL235系、クラッチオーバーホール、オイル漏れ修理編その1(^^; »

2021年11月12日 (金)

スバル・レガシィBH5、オイル漏れ修理編その2完成(^^;

最近の肌着は進化しておりまして、ヒートテック素材だと今日のように風が冷たいのに厚着せずに少し暑いほど暖かいのは、良い時代ですなぁー👀💥✋

店主も歳をとってきておりますので、大嫌いな冬の寒さが過ごしやすくなるのは嬉しい限りです!!

さて、続きになります!

Dscn160301

オートマミッションのオイル漏れ作業へと・・・!

ハーネスがミッション内部に入り込む部分のオイル漏れが主原因なので、ミッション外側の配線を外しながら、オイルパンを取外して行きます

Dscn160701

写真は、ストレーナー(フィルター)を取外した状態と新品です!!

Dscn160401_20211112203401

こちらは、前後しますがミッション外部側の配線を取外した状態!

Dscn160801

外したハーネスと新品です!

Dscn161001

漏れの主原因部分のハーネス進入部分ですが、ここにオーリングパッキンが使われております!

パッキンだけ出ますが、多分外す際に壊れるのは必須と考え、今回はお客様に説明の上、ハーネスAssyで交換しておりましたが、やはりプラスチックが劣化で爪が折れてしまい、やはりと申しますか?ハーネスごと交換で正解でした!!

ちなみに参考ですが、ハーネスAssyの金額は税抜き3万越えですから、これに工賃とオイル代他がプラスになります!

Dscn161201

後は、ストレーナーも含め元に戻して行きます!

Dscn161401

ハーネス交換後

最後は・・・

Dscn161501

問題だった、酸素センサーですが、配線が切れていました!!

ただ、この状態だった訳では無く、配線の周りに耐熱性の被覆が覆っているのですが、被覆をずらしたらこのような状態だったので、かろうじて接触していたのでしょうか?時々チェックランプ点灯が続いたんだと思います!

Dscn161801

酸素センサーを取り外す際に、あるあるのかじりが発生してしまい、交換する側の配線を切って取外しています!

Dscn162001

こちらも、エキゾースト側のピッチをタップ修正した後、新品の酸素センサーを組付けて完成!

最後の最後になりますが・・・

Dscn162201

インテーク可変バルブを交換して組付け完成となりました!!

作業完了後、テスト走行点検して完了です!

👀✋

 

« スバル・レガシィBH5、オイル漏れ修理編その1(^^; | トップページ | ダイハツ・エッセL235系、クラッチオーバーホール、オイル漏れ修理編その1(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ