« ホンダ・シビックFN2、車検整備編、他その2完成(^^; | トップページ | トヨタ・セリカ〷、A61系、エンジン、ミッション他オーバーホール編その4(^^; »

2021年10月29日 (金)

ニッサン・スカイラインワゴンR31、バッテリートラブル編(^^;

10月も末に近づくと、昼は暖かいのですが朝夕の寒さが厳しくなって来ましたね!!

普通に考えたら、普通なんでしょうが温暖化?かは分かりませんが春と秋が少ないような気がしております!

さて、数年前からバッテリー上がりのトラブルを起こしておりましたニッサン・スカイラインワゴン!!

Dscn118501

ようやくと言いますか?

やっと不具合原因が分かりました!

事の発端はを説明すると長くなるので、端折らせていただきますが、去年に通常のバッテリーがコロナの影響で、入手が難しくなりアイドルストップ対応の長寿命タイプに交換して、これでしばらくはトラブルが起きないだろうと思っておりました!

しかし・・・

充電がうまく行っていないようで、バッテリーが上がり始めます!!

初期不良?の線も考えたんですが、パナソニック製でもありますし、また、通常バッテリーの入手が困難だった為にアイドルストップ機能がない車に搭載してしまったので保証がありません!

簡単に書いてしまいすみませんが、まずは、お車をお預かりしてオルタネータのチェックとイグニッションOFF状態での電気負荷も含め確認する事に!

Dscn132801

まずは、発電能力をテストすると正常の判断

オルタネータ自体の不具合では無いようです!

次に、イグニッションOFF状態で、電流が多く流れていないか?のチェックをしましたがほぼ0に限りなく近い状態の為、OK!!

測定時の写真がありません💦

正常なので、やはりバッテリーの初期不良??かなと思い、他をチェックしてみると・・・

Dscn118601

ボディ側(配線側)の端子が黒ずんでいてテスターを当てても中々正常な電圧が測定できない事に疑問が・・・???

どうやら、端子類の腐食等で、通電量が少なく充電出来ていないのでは?と疑問になり端子を綺麗にしていきます

Dscn118901

まずは、仮に端子を接点復活剤を使い組付けてしばらくエンジンを掛けた状態にして、1日以上止めた状態でエンジンを始動を試みたら難ありですが始動に成功!!

お客様から聞いた話では、1時間ほど走行しても次の日の朝には始動出来ない状態だったそうなので、少し改善したと判断!!

多分、端子の腐食で正常な充電が出来ていないと判断して端子を磨きまくりました・・・

Dscn131601

バッテリーに直接接触する部分も綺麗に掃除!!

Dscn132301

重要なのは、主電源に入る端子も綺麗に洗浄と磨き(写真は処置後)

Dscn132501

当然、マイナス端子もしっかりと洗浄と磨きをしました

Dscn131901

写真右は、外したバッテリーで左は新品(見れば分かるか💦)

Dscn132701

取付後ですが、最初にチェックした時の充電電圧は13.8Vでしたが、バッテリーを新品にした性もありますが14Vを超えました!

最近、仕事に追われ写真の撮り忘れが多くなり、誠に申し訳ございません

交換した後、ビックリしたのは、以前に新品に交換した時でも少しセルモータが回らないとエンジンが始動しなかったんですが、修理後、新車の始動までは行かないと思ってはおりますがセルモーターが回った瞬間に始動出来るほど改善!!

多分、これが本来の状態なのかなと思いました👀✋

 

« ホンダ・シビックFN2、車検整備編、他その2完成(^^; | トップページ | トヨタ・セリカ〷、A61系、エンジン、ミッション他オーバーホール編その4(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ