« 2021年8月 | トップページ

2021年9月

2021年9月25日 (土)

スバル・R2、RC1、タイミングベルト・ウォーターポンプ他交換編(^^;

今週は、祝日も重なり一般的にはシルバーウィークだったのですが、これがコロナと重なってしまい、普通なら部品が届いて終わる作業も終われない状況になってしまい、休み明けにご入庫の車などで少々パニくってる店主です!!

ちなみに明日が一番忙しいかな・・・💦💦💦

さて、スバル車最後のお車になる1台になりますが、タイミングベルト、ウォーターポンプ、オイルシール、タペットパッキン交換編です!

Dscn067401

このスバルのエンジン型式は、EN07ですが純然たるツインカムエンジンを搭載してるモデルでになります!

Dscn067601

ちなみに、エンジンルーム全体写真ではありませんが、この状態でのタイミングベルト交換は無理なんで・・・

Dscn067801_20210925200701

少し面倒ですが、ここまで外すと作業はかなり楽になります

Dscn068301

ちなみにこのエンジンから可変バルタイ付きになります

Dscn068501

どのみち、カムシャフトのオイルシール交換もあるのですが、カムカバーのパッキンも劣化してるようなのでパッキンも交換します

Dscn068701_20210925200901

すみません、諸事情で、ウォーターポンプ取外し作業後からになります・・・💦💦

Dscn068901_20210925201101

次に、オイルシール取外し後になります

Dscn069101_20210925201101

こちらが組付け後

Dscn069201_20210925201101

タイミングベルト、カムカバー組付け後です

この後は、すみません元に戻す作業になるので、写真がありませんと・・・言いますか・・・忙しすぎて写真撮れてません💦💦

結構、テンパっていた状態だったので、組付けミスのチェックはしっかりと確認してはおりますが写真が・・・👀💧💧

Dscn069501

いきなりですが、無事にエンジンも始動して冷却水のエアー抜き中です💦💦

残りのパーツを組付け完成となりました!!

ちなみに、今回整備したR2やステラも含め、タイミングベルト系の交換はヴィヴィオのスーパーチャージャー車より工賃が高くなっていますので、タイミングベルト交換時期になった場合は、心のご準備を・・・!!

OEMに変わったお車は、タイミングチェーンに変わっていますので交換不要?です👀✋

 

2021年9月24日 (金)

トヨタ・カローラランクスNZE12系、エアコン修理編その3完成(^^;

9月初めころから気温が低かったので、月末近くになり始めて30度近い気温は、結構応えますねぇー👀💦

体が付いていかない店主ですが、暑いと麦酒がうまいのも捨てがたい店主です🍺👀💥💦

さて、前回の続きになります

Dscn061401_20210924203801

途中の写真が無くてすみませんが、奇麗に洗浄したケースを組付け中の写真です!

Dscn061801_20210924203901

写真右は現車に付いていたエキスパンションバルブで中央が新品です!!

Dscn062001_20210924204101

組付け後になりますが、今回はスポンジが再利用出来たのでこのまま組付けて行きます

一応、エアコンフィルターのゴミは除去して再利用です!!

Dscn062201_20210924204301

次に、組付ける作業中に、ETCのコードがぶらーーんとしていたので確認するとガムテープチューンでした!

せめてタイラップで養生しとけよと思いつつ・・・

Dscn062401_20210924204501

お尻拭き吹きタイム!

毎度の事なんで、今更どうでもいいんですが、分解した時に露骨に手抜き作業が分かるので、長い目で考えるとちゃんと作業しておきたい箇所ですね・・・なんて、店主も他人ごとではありませんが👀💦💦💦

Dscn062601

こちらが、この当時に流行った?カプラーです!

似たようなカプラーだとクライスラージープのエアコンパイプも似たような方式を使っております!

Dscn062801_20210924205001

手前は、はめる前の写真ですが、カチッと音が出るまで組むと外れなくなります!!

Dscn063101

写真が前後しますが、室内ユニット組付け後のカプラー組付けです

室内側、エンジン側のパイプが組付け出来たので、室内を組付けるまでの間、真空引きしていきます

Dscn063501

手前には、組み終えていない室内パーツが・・・

Dscn063801

元に戻して行く作業なので、最初のブログで写真アップしてるのでサクッと行きます

Dscn064301

いきなりですが、室内も組み終え、ガスを入れてエアコン作動!!

Dscn064001_20210924205601

ちなみに、この時の気温は26度程度ですが、制御方式が一般的なコンプレッサーと違う関係でアイドリングで16度ほどですが、2千回転維持で12度まで下がるので問題は無いかと思います!

直った事もありますが、室内のイヤーな臭いも無くなったので、安心してお乗りいただけるかとは思いますがコンプレッサー交換して無いので、持ってくれることを祈ります👀✋

 

2021年9月21日 (火)

トヨタ・カローラランクスNZE12系、エアコン修理編その2(^^;

今日は、中秋の名月!

2日前に満月では無いのですが写真アップしてるのでアップは致しませんが、今日は綺麗に見えております!!

さて、エアコン修理の続きになります

Dscn056601

まずは、エンジンルーム側のエアコン関係を組付けて行きますが、必ず交換しているのはガス注入用バルブ(虫ゴム)です!

高圧側、低圧側も含め同じ大きさ(共通バルブ)を使用(旧ガスも種類が違いますが大きさはともに共通です)

Dscn056901_20210921205401

次に、コンデンサーに付いてるドライヤー(リキッドドライヤー)を入れ替えますが、付いてるドライヤーは結構黒ずんでいます(写真下)!!

Dscn057201_20210921205601

次に、高圧側のパイプを交換して、コンデンサーも組付けました!!

Dscn057701_20210921205701

こちらは、元に戻した状態になります

次は、いよいよ室内のユニットを取外すのですが・・・

Dscn057901_20210921205801

エアーバックなども外しますし、配線のショートなども対策するためにバッテリーのマイナス端子は事前に外しています

Dscn058101_20210921205901

ちなみに、今回修理するお車は、障害をお持ちの方がお乗りになっているために特別な装が付いており、この部分の取り外しからスタートとなるのですが、最初はカプラーで止まっているので作業はスムーズに進んでいったのですが・・・

ここで障害が・・・

Dscn058401_20210921210101

ちなみに、この時代のカローラ系は、ダッシュボードが上下で分離するようになっております!

これはこれで非常にありがたいシステムなんですが・・・

Dscn058601_20210921210301

やられました・・・👀💢💢

不自由な方がお乗りになる車両何で、仕方が無いと思っていましたが、この車両!

車検証には型式指定と種別区分番号が記載されている立派なメーカー車両になります!!

と言いますか、普通、メーカー直以外で加工や改造した車両には型式類別の記載が無くなるのですが、立派に記載があるので、メーカーオプションで改造したメーカー車両となります!!

なので、改造した機器類はトヨタから部品の供給がある事になるのですが・・・

何でしょう?このお粗末な配線処理は💦💦

素人でも配線できそうな状態!

後で、外す事を全く考えていないとは、お粗末すぎます!

Dscn058801_20210921210901

この配線、床にそのまま配線されているので、外す事も出来ず、スイッチ自体を外す事で対応は可能ですが、いちいち外すのも面倒!

下側のボードが外せないとユニット本体を外すのが大変な事になるので・・・

仕方なく・・・

Dscn059001

配線の色が同じなので、荷札で印を付け・・・

Dscn059101_20210921211201

カプラーを増設して対応!!

完成した後にお客様から話を聞いたのですが、新車でこの状態で購入後、整備は全て購入したディーラーにお願いしているようで、一度も浮気をしていないそうです!!

「忖度」と言う言葉が一時流行りましたが、レクサスやクラウンクラスなら、こんな仕事をしたでしょうか?

天下の〇〇〇!とは言っても所詮一企業だと少し残念な店主!

それでも、古い車両でも部品の供給はどこのメーカーよりも優れているので、これ以上の悪評は致しませんけど・・・👀💦💦

さて、不評を言ってごめんなさいですが続きを・・・

Dscn059401_20210921212001

外す事が出来れば、作業は簡単で、ユニットを無事に取外し

Dscn059601_20210921212101

取外し後

Dscn059801_20210921212101

すみません、途中の写真が無いのですが、ケース自体は、エアコンオイルでビチョビチョで、エバポレーターの台座部分のはっぽースチロールは化学反応でボロボロで再利用不可!

しかも、この部分だけ部品が出ないので、代用品で組付けますが、このオイルの臭いが半端なく臭いので洗浄!!

Dscn060101_20210921212401

話は前後しますが、こいつがエバポレーターで主原因になります!

分かりづらいのですが、ブラックライトを当てた部分に緑色が分かりますでしょうか!

完全に漏れている事が分かります

Dscn060201

ちなみにエバポレーターのカバー部分ですがここにも漏れたガス漏れ検知液が付着していました!

Dscn060401_20210921212701

ケースは、バラバラに分解して洗剤で綺麗に洗浄して本日は終了になります!!

次回は、完成編ですが、この後もお尻拭き作業が・・・👀✋

 

2021年9月19日 (日)

トヨタ・カローラランクスNZE12系、エアコン修理編その1(^^;

台風一過とは行きませんが、曇りの多い青空となり・・・

夕方には、まだ満月では無いのですが

Dscn0000

お月様も見えるほど回復したようですね!

話は変わりますが、雨が多く湿度が高いと洗浄したいパーツも錆びてしまうので、洗浄したいのに・・・やれない店主です!

さて、この世代のカローラ系!!

Dscn047201

この車両を過去に修理した経験上、有る箇所が必ずガス漏れしており、当社にエアコン修理でご入庫の全車が同じ個所と言う、トヨタ車には汚点みたいな車でしょうか??

しかし、近年、修理に入ってくることが無かったので、もう乗ってる方は居ないのかなと思っていましたが・・・

所有されてる方がいらっしゃいました!!

まずは

Dscn045201_20210919200501

写真が前後しますが、エアコンガスとガス漏れ検査液を入れて、しばらくエアコンを作動させたまま放置した後、一つ上の写真にあるガス回収機でガスを抜き取り、漏れ箇所をチェック!

Dscn047301

回収作業中の一コマ

Dscn048201_20210919201101

エンジンルーム内のエアコン関係に付いては漏れが無いなと思ったら、コンプレッサーからコンデンサーに向かうパイプよりガス漏れが判明

今までのカローラは、全て室内にあるエバポレーターが主原因だったのですが、今回は珍しく拍子抜けで簡単な修理で終わるかな!!

と、思ってましたが、室内のガス漏れ検査機器が反応するので、ここだけでは無いのかも?と思い何度も調べ直しました!

と言いますか、お預かりした時点で、エアコンガスが漏れる際に、コンプレッサーの潤滑オイルがガスと反応すると独特の嫌な臭いが刷るのですが、もうバリバリに臭かったので、元々疑っていました!

多分ですが、お客様から確認は取っておりませんが、何度もガスが抜けてはガスチャージして乗っていたんだと思います!

なので、他にもガス漏れが発生したのではないかと思いますが、結局のところ、ほぼ車内のエバポレーターも確実に漏れていると判断!!

お客様には、漏れの説明をしご了解のもと修理をする事に

Dscn054201

部品が揃ったので、まずは簡単なエンジン側から

Dscn054501_20210919202501

バンパーを外しコンデンサーを外します

Dscn055601_20210919202701

変わったカプラーを取外し、室内側とパイプを分離します

Dscn055801

このタイプ、は、ネジ止めしないタイプなんでゴムパッキン(オーリング)が2重に入っています

Dscn056201

コンプレッサー側もパッキン交換するんで外します

Dscn056401

取外し後のパーツ類と交換する新品です!

本日は、ここまでになりますが次回は、車内のダッシュボードを取り外しますが、特殊車両なりの外し方が大変な事になりますが・・・

続きます👀✋

 

 

2021年9月18日 (土)

ダイハツ・ミゼットⅡ、ターボエンジン&4速オートマミッション載せ替え改造プロジェクト編その31(^^;

台風の影響もあって、今日はどしゃ降りもありながらの雨だったのですが、9月に入ってほんとにジメジメした天候と気温が低い事もあり、エンジンオーバーホールがあるのですが、洗いたいのに洗えない(錆びてしまう為)!!

これなら、8月の暑い時に洗って組付ければよかったのですが、とあるパーツが届かなったために組めずに今に至ってると言う悪循環!

これも、今アップしてるミゼットⅡにも言えれる事なんですが、部品が出ると組付けたいのに組めない事が多々起きてしまうので、仕方が無いと言えば仕方が無いのですが皆様、寛大なお客様だけとは限らないので難しいです!!

ちなみに、ブログのミゼットも含め、そんな方はいらっしゃらないので助かってはいますが、ご迷惑をお掛けしてる事には変わらないので申し訳なく思っている店主です👀💦💦

さて、おかげさまでミゼットの作業がだいぶ進んで参りました!

が、またまた部品待ちなどもあり、やれる範囲で作業を続けて行きます!!

まずは・・・

Dscn052701

左のドアロックアクチェータ取付中の写真が無かったので、運転席側の取付作業をアップ!

Dscn052901

角度を変えて

こちらは、それほど難しい作業と言うと語弊がございますがサックと進めて・・・

Dscn053101_20210918201901

ドア内に配線を通して作成中の一コマになります

Dscn053701_20210918202001

それと、ドアロックの配線でもう一つお見せしたかった写真です!

バックが悪くて見づらいかも知れませんが、写真右が国産で左がドアロックの中華製配線です!

被覆(絶縁部分)の厚さはほぼ同じですが中身の銅線は明らかに細いのがご理解いただけると思います!

要は、電流ギリギリの太さで作成してるので、余裕がありません!!

これが、すぐ壊れる最大の原因になるので、何度もお伝えしますが購入される方は、理解された上で購入してくださいませ!!

作業は次へと・・・

Dscn054001_20210918202501

ようやく、ドアロックシステムの配線が全て完了しましたので、動作チェックをします

ちなみに、ドアロックの動作とリヤゲートの動作も含め問題ありませんでした!!

しいて言うと、アンサーバックが短すぎるのがちょっと・・・ってくらいでしょうか💦💦

Dscn054701_20210918202601

次に、昨日注文しておいたオートメーターの水温計が届いたので組付けてチェックしますが・・・

やはり、純正のセンサーとの抵抗値が違う為か💦

やはり、付属のセンサーを組付ける事にしました

Dscn055001_20210918203001

配線だけはカッコイイのですが(自画自賛ですみません)

Dscn055201

こいつをホースの間にかませて組付けます

Dscn055301_20210918203101

元々のメーターがホワイトメーターなので合わせました!!

次回は、センサーを組付けて問題が無ければダッシュボードを組付け、最後のエアコンのチェックへと作業を進めて行くと、ようやく完成かな?と思います👀✋

 

2021年9月17日 (金)

ダイハツ・ミゼットⅡ、ターボエンジン&4速オートマミッション載せ替え改造プロジェクト編その30(^^;

台風が九州に上陸して関東に進んでいるそうです!

西日本側は、以前の大雨も含め、災害がいつ起きてもおかしくない状態との事ですので、早めの非難をしていただき命をお守りいただきたいとお祈り申し上げます。

さて、リヤゲートのロックに付いては、取付位置を変更するなどして、うまい具合に作動できるようになりました!

ちなみに、リヤは、オプションの配線が通っている関係で、そのまま再利用しますが、写真撮り忘れています👀💦💦

次に、今回購入したドアロックの全体的な写真はありませんが、ドアロックアクチェータとドアロックシステム自体は別々に購入!!

実は、トランクオープナー付きのリモコンドアロックシステムが少なく、選べない状況なた為、後付けのドアロックアクチェータが付属していない為でした!!

ただ、前回でも話しましたが、付属の配線は使えない状態!

Dscn049701

こちらが付属のアクチェータ用の配線なんですが・・・

Dscn050001_20210917200901

配線を軽く引っ張っただけでこんな感じでちぎれてしまいます!

基本、中華製の配線は、絶縁部分は太いのですが、銅線自体は、ギリギリ電気を流しても大丈夫程度の細さしかないので、はっきりと申し上げて使い物になりません!

ただ、不思議なのは、ユニット本体は、同じく細いのですが意外に上部なので使える範囲です!

ただし、容量の大きい電流を流すような場合は、なるべく日本の規格に合った配線を使う事で対応可能なので、取付ける際は、配線を交換する(引き直す)つもりで中華製商品を買う事をお勧めいたします!!

次に作業は進み・・・

Dscn050201

助手席側にアクチェータを取付けたので、新しく作り直した配線をアクチェータ側に組付け作業する途中です

こちらの配線は、ドナー車の余った配線を再利用して使った物になります!

新たに購入しても良かったのですが、不具合がある訳では無いので、再利用しました(意外に高いので)

Dscn050301

ドア内に組付けた状態ですが、なるべくいかにも適な配線をしないように心がけてはいますが、所詮後配線です!

Dscn050601

こちらが、今回使うロックシステム本体ユニットになります!

仮で、矢印部分に置いていますが、ほぼここで固定にする予定!!

Dscn052001

ドアロックの配線は、室内からフロント側に通すようにしてドアに配線を通すようにしています(写真は左側)

Dscn052101_20210917202201

こちらは右側になります!

Dscn052501_20210917202201

右は、まだアクチェータを組付ける前なので、内張がそのままついていますが、先に配線だけ通しておきました!!

この後は、アクチェータを取付、配線もすべて完了して動作チェックして問題が発生しなければ、ダッシュボードを組付けますが、その前に、水温メーターをどうするか?考えました!

結局、ミゼットのセンサーがONで点灯する方法にすると大分大きな穴を開けてセンサーを組付けなければならなくなり、またエンジンを降ろして大手術になるので、温度の管理を考えると新たに追加メーターを取付て温度管理する事に決めました!

ところが、中華製は安くてお財布にやさしいのですが、すぐ壊れてしまったり正確な温度管理が出来るのか?が全く信用出来ないので、国産製にしたいのは山々だったんですが、想像以上に高価な為、アメリカでは有名なオートメーター製をチョイス!!

それでも高価は高価ですが、エンジンを壊す事を考えれば決して高い買い物ではないので、お客様からは同意をいただいていませんが購入!!

次回は、いよいよほぼ完成形の姿と、エアコンガスも入れて作動チェックもお伝え出来ればと思います!!

続く👀✋

 

2021年9月16日 (木)

ダイハツ・ミゼットⅡ、ターボエンジン&4速オートマミッション載せ替え改造プロジェクト編その29(^^;

9月に入ってから日照時間が少ないのですが、今日は少し晴れ間が広がる1日にはなりましたが台風の影響でしばらく晴れ間はお預けですね!!

さて、あまりに嬉しくてつい関係ない昨日のブログにエンジンが掛かった事をお伝えしましたが、正式にお伝えを・・・👀✋

まずは

Dscn045501_20210916210801

エンジンnオイルを入れる口を新たに助手席シート下に作成し、オイル注入!

Dscn045701_20210916214701

次に、写真にはありませんが冷却水を入れ(後にエアーが抜けなくて苦労します)、バッテリーを繋ぎイグニッションON!!

当初、右から3番目のエンジンオイルチェックランプが点灯せずに、焦って調べたら配線ミスだっただけで済み、いつものオイルの油圧が上がるまで、クランキングしてから、エンジン始動します!

言い忘れましたが、写真矢印のランプは、仮で付けてるエンジンチェックランプです!

通常は、オレンジ色でエンジンの形をしたウォーニングランプが点灯する部分です!

Dscn045901

意外にあっさりとエンジン始動👀✋✋

この後、ミゼットの水温センサー方式とアトレーターボの水温センサーの違いをうっかりしてしまい温度が上がってくると・・・

Dscn046501

温度が上がると徐々に明るくなって行きます(矢印のウォーターテンプ警告灯)

あれ??

まさに最初に書いた「うっかり」でして、システムの違いをハークしていなかった結果です!!

ちなみにですが・・・

Dscn046801

こちらがミゼットのセンサーで・・・

Dscn047001

こちらがアトレーターボエンジンの水温センサー!

良ーーく考えれば分かる事なんですが、アトレーは普通に水温が上昇するのをメーターで目視できるようになっていますが、ミゼットは今時の車と同じく水温がオーバーヒートにならない限り警告ランプが点灯しません!

要は、今時の車だとエンジン始動時はブルーの温度チェックランプが点灯してエンジン始動すると警告が消えます!

ただ、ミゼットは赤い警告が点灯した後、エンジン始動で消え、万が一オーバーヒートになった場合、赤く点灯する仕組みになっています!

かといって、ミゼットのセンサーを取り換える事も出来ますが、アトレーのセンサーは、これだけではなく、ファンスイッチ、エンジン用の水温センサーと一緒になっているために交換は出来ず、追加メーターを足すか?ミゼットのセンサーをどこかに設けて配線するしか選択肢がありません!!

こちらの問題に関しては、今後どうするか?考えてから決める事にし、他の作業を進めます

Dscn046101

こちらも仮ですが、オーバードライブスイッチとインジケータです!

写真は見ずらいですが点灯した状態なので、オーバードライブはオフの状態です

Dscn046301_20210916212501

こちらは、オーバードライブオンの状態です!

写真が見えませんが白い部分にオーバードライブの表記が記載されています!

次は、冷却水のエアー抜きも無事に終了し、電動ファンも2回作動したので、いよいよエアコンのガスチャージ作業に入りますが、まずは真空引きからです

Dscn048401_20210916215001

こちらも、以前のブログで記載しましたが、コンプレッサーはアトレーターボで、ホースとパイプはワンオフで改造しており、その後はミゼットのエアコンユニットをそのまま流用しております!

Dscn048601

こちらも、ガス漏れ等が無ければ、ガスチャージしてエアコンオンで無事に電動ファンが作動するか?と冷却水が高温になった時に最大風量で作動するかのチェックもかねています!

今宵最後は、お客様からドアロックを電動で作動させたいとのご希望で、ロックシステムを入手して組付けます!!

Dscn048801

一番、面倒なリヤゲートロック解除の作成から・・・

実は、お客様にもお伝えしたんですが、某ネットショッピングで販売されてる安価なドアロックシステムは、本体やリモコン自体にそれほどの不具合は無いのですが、配線が細すぎるのと、ステンレス線が使われていればまだ良い方なんですが、銅線に関しては、質が最悪で細い為、配線を手で軽く引っ張るだけでちぎれてしまうほど最悪な作りになっています!!

なので、当社のように分かっている場合なら、新たに配線をまともな物に入れ替えるので問題はありませんが、何も知らない方が取付けると、少しの間は作動しますが、銅線自体が細すぎるので途中で断線してしまい動かなると思いますから、安いと安心しては痛い目に遭いますからご注意を!

Dscn048901

後に、配線は別な物を使うのですが、この事に関しては次回でアップいたします!

Dscn049201_20210916214001

最後の写真は、ミゼットオプションのリヤゲートのリレー配線です!!

こちらは、ドアロックを作成するには最適な配線なので、利用いたします!

続く👀✋



2021年9月13日 (月)

トヨタ・MR2左ハンドル車、ドライブシャフトブーツ&ボールジョイント交換足回り整備編(^^;

長期お預かり作業中のミゼットⅡ!!

やっと、エンジン始動までこぎつけましたが後日アップします!!

嬉しくてついお客様へご報告前にブログで失礼します!

さて、当社では、毎回整備でご入庫の逆輸入車である左ハンドルのトヨタ・MR2!!

今回は、リヤの足回り異音と、エンジンオイル交換、ドライブシャフトが困った事になっていたので、交換整備をしますが・・・

Dscn040401

オイル交換は、通常作業と言いますか、写真アップしませんが・・・

Dscn041001_20210913201501

まずは、リヤからコツンと言うような異音が時々出るとの事で、調べたら矢印のボールジョイントにガタがありました!

多少、グリスが漏れた後はあるのですがブーツ自体が切れてる訳でも無いので多分、グリスの劣化による享年劣化と思います

次に問題なのは・・・

Dscn040601

ドライブシャフトブーツがオイルでベトベト!

Dscn040801

さらに、ドライブシャフトが万が一に折れた場合にエンジン側に被害が出ないようにダンパーのようなクッション材が付いてる(正式名称不明)のですが、今すぐ外れそうな勢いです!!

なので、お客様にお伝えして部品交換のご依頼を受けたものの・・・

日本に部品がありません👀💥💥

さて・・・困ってしまいました!

日本車のMR2で部品を頼んでも見ましたが、日本車ですら製造廃止で在りません

しかも、ボールジョイントもです!!

仕方が無いので、頼りの綱であるアメリカのサイトでチェックすると・・・ありました!

時間は掛かりますが、了解を経て部品を発注!!

海外に輸出してる車って、こう言う時に助かります👀✌

コロナの影響もありましたが、意外に早く2週間以内にほぼ揃いました!!

Dscn041201_20210913203601

片側分だけしか写真にありませんが、左右両方注文しています(今回は片側のみ交換なので)!

Dscn041301_20210913203701

ボールジョイントの写真ですが、さすがアメリカ!!

部品はそっくりなのですがボルト穴とかレイアウトが微妙に違っており、オリジナル側を変更するのも大変なので、元々のボルトを再利用して組付けます!!

Dscn041501_20210913203901

次に、ドライブシャフトブーツです!

写真の矢印は内側のブーツなんですが・・・

何故か?大きさが一回り違います(写真矢印右は新品)ゴムなんでオイルがしみ込んで膨張したのか?はたまた、国内で登録した時からすでに30年も経ってるので途中で国内仕様のブーツと交換したのか?定かではありませんが大きさが違っていました・・・

ところが、少し小さいかなって感じで組付けが出来たので・・・単純にオイルがしみ込み過ぎて膨張した?のかと摩訶不思議ですが・・・

Dscn041701

分解後、奇麗に塗装するのですが、左右ブーツを交換しない為、目立ったグリーンはやめて黒で処理しました!!

左右とも交換だったら、間違いなくグリーンで塗装するんですが・・・💦💦

Dscn042401_20210913204601

不思議と無事に組付け出来ました!!

なんせ、海外での購入は、うまく活字が伝わらない事が多かったりするので、大分心配だっただけに組付けが出来てあんどしています!

次に

Dscn041901_20210913204901

ボールジョイントも交換!!

Dscn042601_20210913204901

組付け後になります

Dscn042701_20210913205001

内側も問題無く組付け後

Dscn042801_20210913205001

最後は、全体の組付け後になります!!

部品に関しては逆輸入だからとかではなく、国内仕様でも少なくなってきていますから、海外を頼る時代でもありますね!!

なんて、他にも海外から部品を調達してるので、今更ではありますが・・・👀✋

追伸・・・

かなりデータ量がひっ迫状態になってるので、かなり古い5年前以上のブログは削除を開始しております事、ご了承くださいませ!

 

2021年9月12日 (日)

ダイハツ・ミゼットⅡ、ターボエンジン&4速オートマミッション載せ替え改造プロジェクト編その28(^^;

台風の影響もあるのでしょうか🌀

雨の降水確率は少ないのに雨が降る四街道!!

9月になってから8割がた晴れたのは1日だけで・・・摩訶不思議な年ですね!

とは言っても2年前は工場のシャッターが壊されてお客様のお車に被害が出てしまった事を考えると微妙な感じではありますが・・・👀💥💦

さて、ミゼット改造プロジェクトもいよいよ最終に近づいております!!

Dscn031201

配線の処理作業がまだまだ時間を要しており、中々すぐに進まないのですが、少しづつ・・・

Dscn031901_20210912200601

OBDのステーと追加ヒューズボックス用のステーが無事に完成出来たので、錆防止に転換剤を塗りつけています

Dscn032201

追加したヒューズボックスが逆になっていますが、訂正しております

Dscn039901

ヒューズボックスは修正して、OBDカプラーが普通にスキャンツールが差し込めるか確認しての写真になります!!

ヒューズボックスの配線が少々邪魔だったので、スキャンツールのカプラーが差し込めるか心配だったので・・・!!

Dscn040101

次に、配線作業もうまい具合に進んできたので、エアコンユニット(オプション)を組付けて配線の状態確認!!

無事に、この状態で問題が無いと判明したので、次の作業へと・・・

Dscn043201_20210912201301

後は、アトレーの配線とミゼットの配線を割り込ませて行くだけの作業なんですが、後にカプラーで外せるように(メンテ)考えての作業をしてるので、面倒くさい事、この上ない状況ではございますが、何かの修理作業が出た場合、取り外すのに簡素で無いと困りますので、面倒でも外しやすい様に組付け配線していきます!!

Dscn043501_20210912201701

次に、これは追加作業になりますが、お預かりした時にETCの配線がされていない状態でした!!

なので、お客様にお伝えして使えるようにとの事で、追加作業した後になります!!

Dscn043801_20210912201901

アトレーの配線はどうにかこうにかまとめました👀💥

Dscn044101_20210912201901

こちらは、メーターのカプラーですが、矢印はエンジンチェックランプ用のカプラーになります!!

Dscn044201_20210912202101

こちらは、オーバードライブ用のスイッチカプラーとインジケータ表示ランプ様カプラー!!

Dscn044501_20210912202201

こちらは、前後逆だったヒューズボックスも正規に戻して、配線に関しては完成となりましたぁー👀✌

後は、ダッシュ盤を組付けてエンジン始動に行きたいのですが・・・

追加でリモコンでのドアロック設置をご希望された関係で、キットが届くまで取付は難しいのですが、仮付けでシステムのチェックと燃料、エンジンオイル、オートマオイル、冷却水を入れてエンジン始動を確認したいと思います!

長かった作業になりますが、ようやく結果が見えて来ましたが、無事にエンジン始動出来る事を願いたい店主です!!

 

2021年9月11日 (土)

BMW、M2クーペ、1年定期点検整備編(^^;

本日も蒸し暑い1日でしたが、以前に比べればそれほどでも無い1日でした!

寒暖差はありますので、体調管理にはご自愛くださいませ!!

さて、お客様ご自身とはご入庫歴があるのですが、今回のBMW・M2クーペは初めてのご入庫!!

Dscn029701_20210911200001

当社も、中々BMWのお車の整備って少ない事例な方なんですが、格好えぇーですね!!

店主的にちょっと欲しい1台ですが、余談はさておき点検整備を・・・

Dscn029901_20210911200301

フロントブレーキ

Dscn030201_20210911200301

リヤブレーキです❗

Dscn030601

こちらは、下からのアングル

Dscn030301

エンジンカバーを外した状態ですが、伝統の直6エンジン!!

Dscn030801

エンジンオイルを抜いていますが、昨今のBMWやベンツもそうですが、オイルレベルゲージがありませんし、今回ご入庫のM2に関してはレベルゲージを入れる部分もありませんので、メーカーさん自社管理にしたいのでしょうね??

でもですが、ネット社会なんで、おおよそのデータは確保しつつ・・・

Dscn031401_20210911200801

抜いたオイル量のチェック!!

写真矢印部分のラインが7リッターラインですから、オイルフィルターを交換しない状態だと少し多いのかな??

ただ、完全暖気状態で時間を掛けて抜いているので、フィルター分も抜けたと仮定すると正解なオイル量!!

実際のデータですと、フィルター交換で約7リッターぐらい見たいでフィルター交換無しで6,5リッターくらいの様です!

Dscn031601

エアーフィルターの確認

Dscn031801

クーラント量の確認!!

最後に、定期点検のインターバル(サービス工場への点検作業)のリセット、オイル交換した時のリセット作業など、スキャンツールは必須な作業になるので、以前のような定期点検整備料以外にスキャンツールの作業料がプラスになる時代に入ってるのかなと思います

今回は、写真を撮り忘れていますが、この作業は、外国車のみではなく、国産車でもあり得る作業でもあり、車検整備となるともっと必須作業になって行くような気がしております!

ただし、ホームページにもニュースと言う形でお伝えしておりますが、検査手数料が実質プラス400円多くなります!

こちらは、陸運局もスキャンツールで安全装置のチェックを始めるにあたり、作業料を徴収するような事になってきました!

まだ、先と思ってるかも知れませんが、後数年もすれば、自動運転の適性化によって車検場で検査するようになり、検査に受からなければ検査全般に合格出来ず、車検も通らない事になります!

分かりやすく言うと、バンパーをこすってしまったブレーキ支援車両、自動運転する車両など、修理せずにユーザー車検で継続を受けに行っても合格出来なくなるとの事例です!

コンピュータ管理時代にますます突入して行く時代になりそうですね👀✋



2021年9月10日 (金)

スズキ・ワゴンR、MH23系、エアコン修理編その2完成(^^;

今日は、久しぶりにまともな青空が・・・

10日ぶりでしょうか・・・👀

さて、ワゴンRエアコン修理の続きになりますが・・・

Dscn035201_20210910205601

外したエアコンユニット!!

Dscn036001_20210910205701

前回のブログで、原因の話を書きましたが、エバポレータが主原因でコンプレッサーオイルが漏れて焼き付いたようです!

写真では、ブラックライトを当ててはいますが、検知液がとても少なく入っており、ほんとに分かりづらい確認しか出来ず、矢印部分から漏れが発生していたのですが、ブラックライトでは判別がつかずスポンジ側で分かった次第ですが、写真では分かりづらいです

Dscn036201_20210910210001

こっちの写真の方が分かりやすいでしょうか??

オイルでベタベタになっています!

結局のところ、焼き付きにより全交換をお勧めしての作業となったんですが、正解でした!!

もし、最低限で保証なしの安価な修理をしても長くは持たなかったでしょう!!

さて、主原因も分かったところで元に戻して行きます

Dscn036401_20210910210501

これで、交換する部品と取り外した部品が揃いました!

Dscn036801_20210910210601

ユニットにエバポレータを組付け元に戻します

Dscn037201_20210910210901

ちなみに再利用するパイプ類を掃除した時の洗浄液になります!!

写真ではお伝えしづらいですが、鉄粉などキラキラしていました!!

Dscn038001

まずは、ユニットを組付け

Dscn038401_20210910211101

コンプレッサー、コンデンサーを組付けから先に真空引きをします!

真空引きしながら、室内のダッシュ盤などを組付けると時間の無駄を省けるのですが・・・ここで凡ミス💦💦

Dscn039501_20210910211301

うっかりミスですが、コンデンサーにスポンジを貼り付けて冷却効率を高める作業をど忘れしてしまい、急遽、コンデンサーを外して貼り付けしました!!

急いでいた訳では無いのですが、店主にしてはあり得ないミスだったと反省しています。

Dscn038201_20210910211901

真空引きしてる間にどんどん組付けて行きます

Dscn038601

ほぼ完成となりました

次は、エアコン修理ついでに1年定期点検作業のご依頼もいただいたので、真空引き後、漏れチェックの間に作業します

Dscn038801_20210910212001

フロントブレーキとエンジンオイルも抜いています

Dscn038901_20210910212101

リヤブレーキも特に問題はありませんでしたが、ブレーキシューとドラムの隙間がキツキツだったので、クリアランスを適度に調整し直しました!!

店主も若いころは、ブレーキ調整をキツキツに調整する方だったのですが、スズキのリヤブレーキは、引きずりや雨が降った後、数日乗って無いとドラムとブレーキシューが固着してしまうトラブルが発生してしまいます!!

毎日のように通勤等で走行する方は、すぐにクリアランスが広くなるのでキツキツでも問題はありませんが、時々(週末だけとか)しか乗らないなど年間走行キロが少ない場合は、この調整はやってはいけませんので、整備士さんはお客様の環境を把握しないとトラブルになりますので、要注意です!!

Dscn039301_20210910212701

定期点検も無事に終わり、漏れも確認できなかったので、ガスを入れて最終チェック後、問題無く完成となりました!!

ちなみに、本日完成のこの日は気温30度くらいになっていたのでアイドリングで16度は、軽自動車クラスでは冷えてる方かと思います!

普段なら、お客様にお渡ししてからブログアップするんですが、諸事情でアップさせていただきました👀✋

 

2021年9月 9日 (木)

スズキ・ワゴンR、MH23系、エアコン修理編その1(^^;

天気は相変わらず、雨模様なんですが、今日はビックリする事が・・・

閉店間際の6時ころ、9月になると日の入りが早くなっており、ましてや雲っていて雨です!

当然、暗くなりつつありますし、100メートル先の車が無灯火で来るのが判別できないほどで当然、当社前の道路を走る車両はヘッドライト点灯状態で、皆さま通っているのに無灯火で通ってる方がいて、危うくぶつかりそうになりました!!

気が付くのが早かったから良かったのですが、通行する車両がライト点灯で走行してるのに無灯火って免許持ってるのと思ってしまいます!

自分は見えていても周りの方は見えていませんから、気を付けていただきたいです!

私事が続きますが、ブログの写真サイズを変更したんですが、容量にあまり変化が無く、結構削除してるのですが容量が変わりません👀✋

なので、画像を元に戻すとともに、ブログアップから5年目以前の作業に関しては、全て削除させていただく事に致しました!!

多分、すぐに反映しないと思っていますが、記事の内容によっては、保存されたい方もおられると思いますので、9月23日以降、削除していきますのでご理解とご了承いただきます様、よろしくお願い申し上げます!!

なお、車検整備等はすでに削除をし始めておりますので、ご了承くださいませ!!

さて、エアコン修理作業のアップがご無沙汰しておりますが、作業したいのは山々で、お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしております

当社は、基本的にエアコン修理も自社で作業してるのでお受けしたいのは当然なんですが、他の作業が山済みでして、時期的に暑い時に作業が出来る事が少ないのが現状です!

ほんとに、お困りの方にはご迷惑をお掛けいたしておりますが、作業に妥協が出来ないので、ほんとに申し訳ございませんが、予約なのですぐに対応出来なくて、ほんとすみません!!

言ってるそばから、涼しくなってしまい、お預かりできたワゴンRになります!!

Dscn022601

症状としては、他に色々と修理やガスチャージをされてきたようなのですが、当社に問い合わせしたころには、酷い状態だったようで、コンプレッサーは回るのですが、すでに高圧も低圧も変化が無く、ガスは入っているのですが(基準値ではありません)冷えない状態でのお預かりとなりました(事前に、不具合の確認はしております)

まずは、コンプレッサーが全く動いていない(回ってるのに)状況で、エアコンガスも入っているので、ガスを抜いてコンプレッサーをチェックします

Dscn022801_20210909205101

少ないのですが入っていますが、コンプレッサーが回っているのにこの状態です

なので・・・

Dscn023001_20210909205201

回収機で抜き・・・

Dscn034001

まずは、コンプレッサーを外して・・・

Dscn023301_20210909205201

高圧側の出口部分を見たら、写真では分かりづらいのですが、黒く鉄粉が出ており、しかもコンプレッサー側を回すと空回り状態!!

もう焼き付きしてコンプレッサー内部でシャフトが切れてしまい空回りしてる状態になっていました!

後に、焼き付いた原因が分かりますが、後で!!

Dscn034401_20210909205701

エキスパンションバルブ側になりますが、低圧はそれほどでもありませんが高圧側は黒くなっていました

Dscn034601_20210909205801

車内側のユニットはまだ外していないのですが、ほぼパイプ以外新品と交換します!

Dscn034801

次に、ダッシュ盤を外していきます

Dscn035001_20210909210001

ここは、毎度の作業にもなるので、ヒーターユニットのみになった状態です

本日は、ここまでになりますが、次回は、組付け編完成となる予定です!!

 

 

2021年9月 7日 (火)

ダイハツ・ミゼットⅡ、ターボエンジン&4速オートマミッション載せ替え改造プロジェクト編その27(^^;

相変わらず、涼しくジメジメすると蚊が多くて困り、蚊取り線香を焚くのですが蚊も必死なのか??

喰われます👀💦💦

困ったなぁーと思ったら、虫よけスプレーを使えばとの家内の助言!

実は、固定観念で、アウトドアで使うと思っていただけに目からウロコだった店主!!

明日は定休日なので、速攻で買いに行きます👀💥

さて、ミゼットの続きになります

Dscn027901_20210907211001

エンジンオイルを入れる穴を確保するために助手席シート下に大穴を開けたんですが、こちらはメクラ栓になります!

自動車用のメクラ栓を使えると良かったのですが、パーツ入手が難しかったので、工業用の栓で対応!

ただ、手を入れるには小さい穴ですから、助手席脇のサービスパネルを外してオイルフィラーキャップを外した上で、写真のサービスホールからオイルジョッキを入れて使う方法にしております!

助手席のシートを外す面倒はありますが・・・💦💦

次に

Dscn027801_20210907211101

アトレーのコンピュータ、配線関係が仮付け出来ました!!

この部分は、助手席ドアを閉めても空間になっていて、しかも邪魔にならない部分なのでこの方法を選択しています(予算の関係もあります)

作業は、着々と進み・・・

Dscn027401_20210907211101

当初の配線では足りないヒューズボックスも入手!

ただし、国産製だとめちゃ高額なんで某ネットサイトで購入!

ちなみに、写真左のヒューズは、正直使いません!

ヒューズは、アトレーのヒューズを再利用します!!

新品なのに?

と思ってる方、安価な隣国のヒューズや、配線は素材がお粗末な商品が多く、お勧めではありません!

なので、ヒューズは捨てます!!

Dscn028201_20210907212701

配線も、やっとここまでまとまり始めました

Dscn028801_20210907211201

次に、アトレーのラジエーターファンリレーを使うために、ミゼットのラジエーターファンリレーを細工します

店主も、配線図は一目で分かるのですが、ミゼットのリレーは、エアコンスイッチが入った時にしか作動しないリレーが1個のみで、冷却水の温度が上昇した時は、サーモスイッチからダイレクトに電源が供給される仕組みになっており、アトレー側は、スイッチからプラス電源が供給されるので、そのまま組付けるとファンが回りっぱなしになってしまいます(ミゼットのサーモスイッチは除去してます)

なんせ、小学生時代、頭が悪すぎて勉強する気も無かった店主でしたが、中学を卒業したころから整備士になりたくて必死に勉強はしたんですが、電気の流れの理屈だけは理解しづらく、写真の方法にたどり着くには丸々1日以上掛かりましたよ💥💥

余談はさておき・・・

Dscn029001_20210907212501

ミゼットのエアコンリレーを修正中

Dscn029201_20210907211301

配線修理作業完成

次に

Dscn029501_20210907211401

車内の配線に戻ります

Dscn031001

OBDの取付位置の場所調整!!

この後、追加のヒューズボックスもこのそばに設置予定ですが、今宵はここまでになります!!

なお、店主ごとで恐縮ではございますが、ブログの容量がもう限界に近いので、削除できる内容は削除しながら、写真の大きさも変更させていただきます!!

なお、写真をクリックすると従来通り拡大して大きく見れますのでご安心くださいませ!!

続く👀✋

 

2021年9月 6日 (月)

ダイハツ・ミゼットⅡ、ターボエンジン&4速オートマミッション載せ替え改造プロジェクト編その26(^^;

涼しいのは、冷房設備の無い当社にとってはありがたいのですが、ジメジメしてる分、蚊が増え始め蚊取り線香必須で、体中蚊取り線香臭い店主です👀✌

さて、長期プロジェクトのミゼットの続きになります!

前回は、OBDのステー取付のレイアウト状況の構想までお伝えしましたが、アトレーの配線をチェックしてると、無駄な配線と間引きしては行けない配線がある事が分かり、無事にエンジン始動が厳しいと判断して、配線をまた外しました!!

Dscn024901_20210906201801

こちらが外した配線!

Dscn025201_20210906201901

また、バラバラにして再確認中!

Dscn025401_20210906201901

配線図とにらめっこするのは慣れて来ましたが💦

ヒューズの作成問題が出てしまい、新たにヒューズボックスの作成と、足りない配線の延長など、再作成し直します!!

Dscn025601_20210906202301

一通り、作り直しがおあり、奇麗にまとめて行きます

Dscn025901

作業中

Dscn026101_20210906202401

作業中!!

Dscn026301

本当なら、アトレーのヒューズボックスを再利用できるとありがたいが、デカすぎるし、ミゼットの配線もそのまま使いたいので、こちらは使いません!!

Dscn026501

ようやく、配線整理完了!!

ミゼットに組み直していくのですが・・・

ふと、重大な事に気が付きました!

Dscn026601_20210906203001

矢印は、オイルフィラーキャップ(オイルを入れる口)ですが、この狭さではエンジンオイルを入れるのはかなり難しい事が分かり・・・

はて、どうしたもんかと頭が真っ白に💥💦

今更、ハイゼットトラック用のカムカバーを購入するも完全に予算オーバー状態なので無理!!

そこで、助手席側なので、オイル交換するたびに大変面倒ではありますが・・・

Dscn027001

オートマ車は、2人乗りなので気休め程度の助手席シートがあり

Dscn027501

いちいち、助手席シートを外す手間はありますが、サービスホールを設置!!

ただ、面倒なのには変わりはありませんが、いずれ予算に余裕が出来たらトラック用のカムカバー等でもう少しオイル交換しやすい様にしていただけたらと思います!!

今宵は、ここまでになりますが・・・もうすぐでエンジン始動まで作業が進みそうです!!

続く・・・👀✋

 

2021年9月 5日 (日)

マツダ・MPV・LW3W、エンジンオイル漏れクランクシャフト・エンドオイルシール交換編、その2完成(^^;

9月に入って、ようやくと言いますか?午後から雲の合間に青空がでて少し暑くなりました!!

それも一瞬でまた曇ってしまいましたが、涼しいのは良いけどジメっとしてるから嫌な天気です!!

さて、MPVの続きですが部品が揃ったので逆の手順で組付けて行きます👀✌

Dscn019501

右が新品部品ですが、クランクシャフトのリヤオイルシールは、土台(リテーナー)と一体でしか出ません!

しかも、ヨーロッパ車などが良く使うオイルシールなので、特殊工具が必要になります!

要は、オイルシールの当たり面を綺麗に組めるアダプターが必要で、ルノーなどのシールには純正部品に入っているんですが、最悪マツダ!!

インサート用のアダプターが付属していません!!

そこそこの金額を取ってるし純正なんだから、ルノーみたいに簡素なアダプターを付けて欲しいと思いました!

写真がありませんが、クリアーファイルを切って丸くしてインサートして組付けましたよ💥💥

Dscn019701

こちらは、ミッション側のオイルシールを取り外した状態です(反対側のオイルシールも)!

Dscn019901_20210905195601

リテーナーごと取り外した状態のエンジン

Dscn020201

クリアーファイルをうまく使って、なんとか組付け出来たクランクシール(リテーナー)!!

ちなみに、ゴムパッキンになってるので、劣化して漏れを防ぐために液体パッキンで補修して組付けました!!

Dscn020601

ミッション側も、オイルシール組付け後になります

後は、元に戻すだけなんですが、取り外す際に説明し忘れた内容も含め、説明させていただきます

Dscn020801_20210905200101

その1で写真が無いと言っていたんですが、セルモーターを外し、ゴムカバーを外すとこんな感じでトルコンバーターの取付ナットが現れます(すでに組付けてる写真です)

ここから、緩めて行きますが、作業は組付けてる状態です(ナットなので、落とさないように)

Dscn021001_20210905200401

次に、こちらも取り外した状態で説明すれば良かったのですが、右側のドライブシャフトはセンターベアリング付きのシャフトになっていて、取り外すにはセンターベアリング固定のステーを外す必要があるのですが、MPVの場合はファンベルトのオートテンショナーを外す事で、取り外しが可能となります!

横着して、オルタネータの遮熱板を外すと大変面倒な事になりますので、テンショナーを外した方が良いです!!

Dscn021201

オートテンショナーを取り外した状態で角度を変えていますが、上のオルタネータの遮熱板が邪魔になりますが、外すと大変です👀💦💦

Dscn021301_20210905201001

テンショナーを組付け後になります

Dscn021701

以上が、取り外す際に注意したい部分ですが後は、逆の手順で組付け、エンジン始動して漏れが無い事を確認し、テスト走行後も最終チェックして問題が無かったので完成となりました!!

追伸になりますが、オートマフルードがものすごく汚れていて、全交換も考えたんですが、抜いた分を補充して完了とさせていただきました!

一番良いのは、オイルクーラー側からの洗浄しながらのオイルの入れ替えと、ストレーナーなど必要最低限の交換しての全交換が望ましいのですが、工賃が半端なく高額になりますし必ずしも改善するかの保証も無いので、定期的に少しづつ新油に換えて行くのが無難かなと思ういます!

オートマオイルに関しては、賛否両論があるので一概に言えませんから、この場では差し控えますが、長くお乗りになるとか!過走行気味な方は、事前に交換距離を設定してメンテする方法も必要かなぁーとは思いますが、補充程度ですがテスト走行しても変速ショックは確認できませんでした👀✋

 

2021年9月 4日 (土)

マツダ・MPV・LW3W、エンジンオイル漏れクランクシャフト・エンドオイルシール交換編、その1(^^;

秋の長雨が続く関東です!!

さて、前日までお伝えしてたミゼット!!

配線が納得できずにまた取り外してバラバラにしてしまいました👀💦💦

後日アップしますが、今回の修理車両は、マツダ・MPV!!

こちらも、前回、前々回と修理でご入庫いただいておりますが、今回はエンジンとミッションの間からオイル漏れが酷くなり始めたので修理となりました!!

Dscn017001

まずは・・・

Dscn017201

オートマミッションを脱着するので、エンジンルーム左側から邪魔なパーツを取外して行きますが・・・

Dscn017401

バッテリー、エアークリーナーボックス類を外し、マウント系のボルトなどを緩め、外しても大丈夫な取付ボルト類を外して下回りへと進みます

Dscn017601

写真が前後してすみません、矢印部分がエンジンとミッションのつなぎ目部分になり、ここから漏れています!!

Dscn017801

ミッションを降ろすので、ドライブシャフト、メンバー、セルモーターなどを外し、オートマなんでトルコンバーターとドライブプレート(マニュアルならフライホイールになります)に固定するボルトを外すんですが、サービスホールが見当たらず???

どうやって外すのとは思っていたんですが、このエンジンはセルモーターを外すと奥にゴムカバーがハマっていて、手前に引っ張ってゴムを外すとボルトを緩める事が出来るのですが(写真矢印部分)・・・

何とボルトでは無くナットでした💦💦

大概のトルコンバーターはボルトなんですが、何故かナット??

気を付けたいのは、外すときはナットが間に挟まってもミッションを降ろすので良いのですが、組付ける際は、隙間に落とさないように注意しないともう一度ミッションを外す羽目になるので要注意です!!

Dscn018301_20210904202501

無事に降ろしています

Dscn018501_20210904202601

外して確認すると、意外にもオイルシール本体と言うより、オイルシールがハマっているプレート自体から漏れていました(矢印部分)!!

Dscn018601

角度を変えて・・・

ちなみに、どうせ外したんでミッション側のオイルシールも交換します

Dscn018801

トルコンが入る部分のミッション・インプットシャフト側オイルシール!

Dscn018901

次に、ドライブシャフトが入る、デフサイドオイルシールになります(右側)

Dscn019101_20210904203001

同じく左側です!!

いずれも、にじみが出ていたので交換します!!

後は、部品を交換して行くだけになりますが、次回へと続きます👀✋

 

2021年9月 3日 (金)

ダイハツ・ミゼットⅡ、ターボエンジン&4速オートマミッション載せ替え改造プロジェクト編その25(^^;

9月の初めだと言うのに長雨で寒い日が続きます

コロナもそうですが、普通に風邪の時期にもなりつつありますから、ご自愛くださいませ!!

さて、長ーーーーいお預かりが続くミゼット!!

エンジン、ミッション、インタークーラー、エキゾースト系もようやく終わり、配線関係へと進みますが・・・

Dscn987901_20210903205501

まずは、ターボチャージャーの位置を後方にずらしてる事は以前のブログでお伝え済みですが、後方にずれると酸素センサーの配線も足りなくなるので、コンピュータ側の配線を延長する必要が出て来ます!

なので、写真のように延長して・・・

Dscn988201_20210903205901

組付け完了!!

ちなみに写真左がターボチャージャーから最初の酸素センサーで右が後方の酸素センサーになりますが、後方のカプラー配線は問題無く間に合ったので、事実上、前方のカプラー側の配線のみ延長で行けました!!

次に、室内の配線になります

Dscn988901_20210903210201

以前のブログでもアップしていますが、外からフロント方向に配線を取り廻すには延長コードがかなり必要になる関係で、一度エンジンルーム側から室内へと入れて、左側の床を取り廻すように配線を作成していきます

Dscn003201

エンジンコンピュータは、左ドアと助手席シート下(オートマなので2人乗り)のわずかな隙間に設置予定ですが、どうやって隠そうか??悩みどころです!!

Dscn003401_20210903210601

配線はこんな感じで取り廻す予定ですが、現在、エアコンユニットを外しています

Dscn003601

それでも配線の長さが足りないとか、余分な配線を修復中

Dscn021901_20210903211001

並行して、配線をまとめて行くのですが・・・

Dscn022101_20210903211201

右の神は、配線図のコピー紙

Dscn022201_20210903211301

エアコンユニットを仮組したら、配線が太くてキツキツになってしまい、もう一度バラして配線をなるべく板状に薄くして対応!!

Dscn022401_20210903211501

次に、ダッシュ盤にオートマのオーバードライブスイッチ(写真左)とエンジンチェックランプ(写真右)をパイロットランプで対応!!

ちなみに、赤いシールは仮なんですが、後で何か分かりやすいのにシールを貼って考えましょう!!

次に・・・

Dscn024301

ラジエーターファンリレー!

ミゼットのファンリレーにアトレーの配線を割り込ませるのですが、これがちょっと複雑で、現在考え中???

Dscn024801

次に、せっかくなんでエンジンの自己診断が可能なようにOBDカプラーを設置するんですが、ステーの取付位置を考えていたら、ミゼットのヒューズボックス取付ステーの真下に組付けられそうなんで構想図👀💦

写真手前がミゼットのステーで、奥がOBDカプラーを固定するステーになります!

さて、今回はここまでになりますが、大分作業が見えて来ましたが、問題は、無事にエンジンが掛かるか?また、かなり不必要(店主的に)な配線は間引きしたんで、エンジンとは関係ないセンサー関係がエンジンチェックランプに反映しない事を祈りつつ、次回は続きます👀✋

 

2021年9月 2日 (木)

スズキ・ワゴンR・MH22系、ブーツ切れ車検整備編(^^;

蒸し暑くて死にそうな天気は一遍、寒さで少しビビっています👀💦

さて、前回からもお伝えしてますが車検整備に関しては、特に交換が多い作業限定でアップする事にしておりますので、基本的に交換が不要な車検整備に関しては写真を端折っております!

前回も車検でご入庫歴があるスズキ・ワゴンRスティングレー!!

Dscn014801_20210902202601

前回の車検から走行キロが少ないので、多分それほど整備する事は無いのかな?と思っていたんですが、年式上乗らないと言う事は、ゴム類に負担が起きるのかと・・・

前回はゴム類が若干へたりが有ったのですが切れてるとかは無かったのですが・・・

Dscn014101

まず、タイロッドエンドブーツが左右とも切れており・・・

Dscn014201

しかも、ロアボールジョイントのブーツまで左右とも切れていました!

一気に来てしまった感じですが、しかも!!

Dscn015101_20210902204201

スタビライザーのリンクロッドのブーツまで切れています!!

こんなに切れてるのは、珍しい事例ですが、乗らなくてもゴムは劣化するので、しょうがないと言ってしまうと語弊になりますが、仕方がありません!

当然、車検に合格出来ない為、交換しますがボールジョイント自体のガタが無いのでブーツで交換します!!

ただし、スタビライザーのリンクロッドはブーツのみ交換出来ないのでロッドごと交換です❗❗

Dscn015301

まずはタイロッドエンドブーツ取外し中

Dscn015601_20210902204801

スタビライザーのリンクロッドも交換するので、交換する右のロアアームごと取り外してブーツ交換します

Dscn015701_20210902205001

グリスを綺麗に拭きとった後のタイロッドエンド

Dscn015901

ロアボールジョイントに新しいブーツ取付後

Dscn016101

タイロッドエンドもブーツを組付け、元に戻して行きます

Dscn016501_20210902205201

スタビライザー・リンクロッドも交換して行きます!

Dscn016701_20210902205301

右側が組付け完了いたしました!

反対側の左は、スタビリンク交換は無いので、タイロッドエンドとロアボールジョイントのブーツ交換も済ませ完成となり、軽自動車検査協会にて完成検査完了となりました!

ブーツ類の切れは、車検が通らないので継続検査を受ける為には、半強制的に交換となってしまいますが、ガタが無ければ大方ブーツ交換のみで可能なので、こればかりは仕方がございません!!

ただ、まれにユーザー車検等で切れてるのに合格出来た事例がございますが、それは偶然、ラッキーだっただけで本来は落ちますのでお間違えの無いようご注意くださいませ!!

« 2021年8月 | トップページ

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ