« ダイハツ・ミゼットⅡ、ターボエンジン&4速オートマミッション載せ替え改造プロジェクト編その19(^^; | トップページ | ニッサン・セドリックワゴン、車検整備編(^^; »

2021年7月30日 (金)

ホンダ・N-ONE、アイドリング不調、点検修理編(^^:

相変わらず暑さが続きます、熱中症にはご注意くださいませ

さて、電子スロットルが普及してから大分経っていますが、ワイヤー式スロットルバルブ時代も含め、不具合の最大の要因はやはりスラッジ(カーボン)!!

エアーエレメントでゴミを除去しているのにも関わらず吸入口とインテーク側にスラッジとホコリが付着して起きるアイドリング不良!

電子スロットルに移行したから直ると思っているかもしれませんが、逆にワイヤー式より酷い状態になってしまいます!

メーカーもスラッジが付着するのは計算済みで、ある程度はコンピューターに学習はさせていますが、バルブが開きにくくなるまでのスラッジ量は計算に入っていません!

ただし、スラッジ量が少なくても動きが悪くなることもあります

前書きが長くなりましたが・・・

Dscn949701_20210730214001

全体の写真が無くてすみません、ターボ付きなのでインタークーラーなどを外し、スロットルボディを取り外します

Dscn948601_20210730214201

取外し後です

Dscn948901_20210730214401

入口側はそれほど汚れが酷いとは感じませんが

Dscn949101_20210730214501

インテーク側は、結構汚れてはいますが・・・

この程度で不調になるとは???少々疑問に思いつつ洗浄していき・・・

Dscn949301_20210730214601

洗浄後

Dscn949401

同じくですが、奇麗になったので元に戻し、診断機を使ってマニュアル通りにリセットをし学習をいたします

同じメーカーの電子スロットルでも車種によって学習方法が違いますので、間違えると結構面倒ですから注意です

また、車種によってはイグニッションONで数秒以上経ってからアクセルペダルを踏まずにエンジンスタートすると勝手に学習するのもありますが、必ずマニュアルを確認してから作業をしないとアイドリングが上がりっぱなしで戻らないなどトラブるので注意!!

学習後にテスト走行しましたが、明らかにアクセルペダルを踏んだ後のレスポンスは改善され、シビアに反応するようになりました!

アイドリングも安定してるので大丈夫かな?とは思いますが、これですぐに不安定になるようであれば、スロットルボディ事交換もしくは、アクセルペダル側のセンサーユニットの不具合も考えられますので、いずれにせよ高額修理にはなるかと思います!!

 

 

« ダイハツ・ミゼットⅡ、ターボエンジン&4速オートマミッション載せ替え改造プロジェクト編その19(^^; | トップページ | ニッサン・セドリックワゴン、車検整備編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ