« 三菱・パジェロミニH58系、エンジンオイル漏れ修理編その1(^^; | トップページ | ルノーカングー2、車検整備、タイミングベルト交換、オイル漏れ修理編その1(^^; »

2021年2月25日 (木)

三菱・パジェロミニH58系、エンジンオイル漏れ修理編その2完成(^^;

春の陽気も一転してやはり2月!

寒さは続きますので、ただの風邪でもコロナと間違われないように体調管理は気を付けたいです!!

さて、三菱・パジェロミニの続きになります!

Dscn630801

カムカバーパッキン、カム角センサーベース取付が終わり、切れていたアイドルアップ用のバキュームホースも新しく交換し・・・

Dscn630901

タイミングベルト内のオイルシールに問題は無いので、タイミングカバーを組付けクランクプーリーをトルクレンチで締付ています

Dscn631201

トルクレンチが見えていますが、タイミングカバー組付け前にリビルトのパワステポンプは組込み済みです!

Dscn631301

パワステ側は、組付けが完了しフルードを入れてエアー抜き中です

Dscn631501

ファンベルトも組付け、ラジエーター類を組付け、冷却水を入れていざエンジン始動!!

ところが・・・

Dscn631901

写真中央にオイルがポタポタと漏れてきました???

ただ、エンジン始動から数分後には漏れが止まってしまい・・・何なの?って感じですが、漏れてるあたりを見てみると・・・

Dscn632101_20210225203901

矢印はオイルエレメントなんですが、この奥に水冷式のオイルクーラーが付いています!

どうやら、オイルクーラー付近から漏れてるようなのですが、何故か?温まってくると漏れが止まってしまいます!

漏れが酷い最大の要因は、ここだったようなんですが、お預かりした時、見積もりでご来店した時は、漏れが止まってる状態だったので、気が付かなかった・・・!!

お預かりした時も、すぐに分解してしまったので、チェックできていなく痛恨のミスでした!!

でも、分かってしまえばこっちの物なので、外してチェック!

Dscn632301

オイルエレメントを外し、オイルクーラー取外し

Dscn632501

外したオイルクーラーをチェックすると、本体からの漏れでは無いようなので、パッキン(オレンジ色)を交換して対応します

Dscn633901

部品が届き、組付け作業を優先してしまったので、不具合の外したパッキンのみの写真ですみません

Dscn634001

組付け中

Dscn634301

無事にオイルエレメントも組付け・・・

Dscn634401

冷却水を再投入してエンジン始動!

無事に掛かり、オイル漏れチェックするも漏れは今のところなし!!

Dscn634701

カムカバー側も漏れは無くOK!

テスト走行もして最終チェックしましたがオイル漏れは止まりました!

この後、お客様には説明してお渡しとなりました!

ただ、他にも気になる不具合があるので、治していくにはお金が結構掛かりそうな感じです!!

 

« 三菱・パジェロミニH58系、エンジンオイル漏れ修理編その1(^^; | トップページ | ルノーカングー2、車検整備、タイミングベルト交換、オイル漏れ修理編その1(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ