« トヨタ・アリストJZS161、エンジンオイル漏れ、デファレンシャルオイル漏れ、その他修理編その2完成(^^; | トップページ | アルファロメオ・156GTA、車検整備、サス&ショック交換編その1(^^; »

2021年1月18日 (月)

スバル・レガシィセダンBD5、センタークラッチ不具合、パワーウィンドウ修理他、その1(^^;

気が付くと早い物で1月も半月以上が過ぎてしまいました!!

さて、今回の車両は、過走行車両ですが、いつものと言うと語弊があるかもですが、スバル車特有のセンターデフ部分の整備編になります!

ただし、今回の車両はオートマチック車なので、センターデフと言うよりセンタークラッチ(正式にはトランスファ・クラッチ)部分の交換編と、他にパワーウィンドウが4ドアとも動かなくなった原因究明編になります!

Dscn542301_20210118203401

BG5(ツーリングワゴン)はメジャーで、かなり売れたのですが、セダンであるBD5はかなり希少な車種なのと、オートマ車が凄い!!

店主も、もっぱらマニュアル車のレガシィ修理が多いだけに、貴重な整備事例になるかもですが、症状をお客様から聞くと、マニュアル車同様、センターデフ(クラッチ)部分の不具合なのかと判断して、テスト走行確認後、ほぼ間違いは無いのかと思っていました(リフトアップして作業するまでは)。

まずは、順を追って・・・

Dscn542501

作業前のオートマミッション下部写真

Dscn542601_20210118203901

ちなみに、センターのクラッチ部分交換作業にはATF(オートマフルード)の交換作業は必要無いのですが、汚れているのと、BH5、BE5の次のレガシィとオイルのレベル状況が違う関係で抜いております✋

Dscn542901

フロントパイプ右側の取外しとセンターマフラー取外し、プロペラシャフト取外し後になります!!

この時も気が付かなかったんですよ、プロペラシャフトのジョイント部分のガタ(スパイダ部分)!!

Dscn543101

エンドカバーを外すとこんな感じです!

マニュアルミッションだと、ダイレクトにリヤに伝わるのでLSDタイプのセンターデフを返す事でフルタイム制御できるようになっていますが、オートマの場合、写真上部のプラネタリーギヤーで制御し・・・

Dscn543401

エンドカバーと一緒に外れたディスクプレートでトルク配分する事で、リヤに動力が伝わるようにしていますが、ここが、不具合を起こして、パートタイムのような症状が起きます!

Dscn543601

ただし、こちらはリヤのクラッチ部分の制御側ですが、ここが良くなっても必ず改善する訳ではありません!

後に、お伝えしますが、プロペラシャフト、リヤデファレンシャルと、トータルで修理しないとならない場合も起きます(後日伝えます)

まずは、交換するパーツと外したパーツです!!

Dscn544101

ついでに、エンドオイルシールも交換します

Dscn543901_20210118205201

右が新品です

Dscn544301

組付け後

すいません、この後は元に戻す作業なんですが、途中でお客様のご来店も重なり・・・

Dscn544401_20210118205301

組付けた状態へとスキップしてしまいました、すみません💦💦

今宵は、ここまでになりますが、ここからも違うアクシデントが起きますが、続くです👀✋

 

« トヨタ・アリストJZS161、エンジンオイル漏れ、デファレンシャルオイル漏れ、その他修理編その2完成(^^; | トップページ | アルファロメオ・156GTA、車検整備、サス&ショック交換編その1(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ