« トヨタ・プリウスW30系、走行時異音、リヤのハブベアリング交換編(^^; | トップページ | スバル・レガシィBP5、タイミングベルト、ウォーターポンプ交換編(^^; »

2020年10月15日 (木)

トヨタ・ハイラックスサーフN130系、シリンダーヘッドガスケット抜け修理編その3(^^;

今日は冷たい雨の1日になりました👀✋

急に寒くなってるので、皆さまご自愛くださいませ!

さて、部品が日本に無くて困っている本題のハイラックスサーフ!!

他の作業も多い関係で、遅くなってしまったのですが、続きを少々!!

ちなみに、他のブログでも話していますが、追加部品の都合で、いまだに完成していない事をお伝えしつつ、続きを・・・✋

Dscn253001

前回、シリンダーヘッドを外したら、ピストンが上死点になっておらず、ウォーターハンマーでコンロッドが曲がっている可能性が在る事をお伝えしました!!

結局、シリンダーヘッドガスケット交換から、エンジンを降ろして事実上のオーバーホールになってしまいました!

普通の車なら、エンジンを降ろさなくても、コンロッドとピストンを外す事は可能ですが、FRエンジンプラス、4WDもあり、エンジンを降ろさないと作業が出来ません!!

なので、どうせなので、問題のない右側のシリンダーヘッドも外しエンジン本体を降ろしていきますが、写真のみですみません!

Dscn267801

右のシリンダーヘッドも外し

Dscn269101_20201015203901

後で抜こうとしたエンジンオイルを抜きます

Dscn269301

ビックリしたのは、水(冷却水)が半分以上で、8リッター以上抜けました💦💦

Dscn269501

さて、ミッションを車台にそのままでエンジンのみ降ろします

Dscn269701_20201015204101

降ろし中

ちなみに、ヘッドが無いとボンネットを外さなくてもギリ降ろせます!!

Dscn269901

無事に降ろしたら、ミッションとエンジンのサイドフレームが割れていました・・・

ここで・・・またまた嫌な予感💦💦💦

Dscn270001

無事に降ろし、エンジンスタンドに組付けるのですが余分なパーツを外します

Dscn270301

エンジンスタンドに取付てすぐにオイルパンを取外し!!

飴色オイルにかなり水漏れしていた事に・・・

Dscn270401

一応、バッフルプレートも付いていたんですね!

Dscn270601

6番のピストン・コンロッドになりますが、やはり曲がっています

Dscn314901_20201015204601

先にシリンダーヘッドガスケットが届きましたがすぐにコンロッドも注文したので、数日の差はありましたが無事に届きました!!

ちなみに、アメリカから取り寄せたんですが、ヘッドガスケットは、アメリカトヨタ部品からで、コンロッドは同じアメリカですがOEMメーカーから取り寄せました!!

救いだったのは、ハイラックスサーフはアメリカでは4ランナーと呼ばれているみたいでガソリン車の部品は在庫が多く、助かりました!!

日本車なのにアメリカに部品が在るのは、少し考えさせられる内容ですが、仕方がありません!

日本は、大型の車両でガソリン車は、登録台数少ないですから・・・

早速、組付けて行きますが、お客様のご予算の都合で完全なオーバーホールでは無い事は、以前にも書いていますが、店主の本意ではありませんので、ご理解くださいませ!!

Dscn315101

新品のコンロッド比較!

ちなみに、ダイハツエンジンと違い、クリアランスは狭いのでピストンリングは再利用しました!

Dscn315201

シリンダーヘッドも、歪みが無かったのと、バルブの異常も無いので表面をオイルストーンで綺麗にする程度になります!

Dscn315501

曲がったコンロッドの重量を測り

Dscn315601

購入したコンロッドの重量を測り、ダメなら合わせるのですが、今回は、万が一を考え1本では無く2本そろえたんですが、そのうちの1本がビンゴで同じでした!

Dscn316201_20201015210001

右が、ピストンと組付け後の写真です

Dscn316501

次は、子メタルを再利用するんですが、オイルクリアランスを測定するため、組付けプラスチゲージで測定したら範囲内でした!!

Dscn317001

今回は、最小限の作業なので、6番のみ外して組付けし直していきます!!

Dscn319601_20201015210301

規定のトルクで締付、最後は角度締めです

Dscn323801

シリンダーブロック表面も綺麗にオイルストーンで綺麗にしました!

最後は、ヘッドを組む前の儀式ですが・・・

Dscn321101_20201015210501

タップを立てて均等にトルクを伝えられるようにします(ヘッドボルトも同じくダイスで処理)!!

ようやく、シリンダーヘッドを組付けて行きますが、続くです・・・👀✋

 

« トヨタ・プリウスW30系、走行時異音、リヤのハブベアリング交換編(^^; | トップページ | スバル・レガシィBP5、タイミングベルト、ウォーターポンプ交換編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ