« スバル・レガシィBH5、センターデフ(センターデファレンシャル)交換編(^^; | トップページ | ホンダ・エリシオンRR系、エアコン不具合修理編(^^; »

2020年9月28日 (月)

クライスラージープ・ラングラー、エアコン修理編その3、色々トラブルありましたが完成です(^^;

本日は、初めてと言って良い秋晴れです!

夏が多い様に思いますが今年は暑いけど短かったような感じで、すぐにまた雨&曇り!

今年は、コロナもあるので、最悪な1年ですね!!

さて、部品自体が元々、生産廃止部品になってるクライスラージープ・ラングラー!

無いものねだりにはリスクが多く、一難去って一難と、店主も色んな車種の整備を携わってきましたが、まさかこんなにも酷いとはユメユメ思っておらず、こんな状況なら、初めから国内様に改造してしまった方が楽だったと後悔していますが、部品が出るなら必然的に優先度を考えると、このような状態になるのかな?と思いました!!

まずは、以前のブログの続きで、エバポレーターがダメだったので、交換するため室内のダッシュボードを外し、エアコンユニットを外したところまで進みました!

それで、こちらで部品を再注文しても良かったのですが金額的に高く、お客様ご自身で直接購入していただき、こちらで組付ける計画だったのですが・・・

Dscn275901

届いた後にお客様がお持ちになったエバポレーターは写真左!!

まじか!!と思いました!

パイプのレイアウトが左右逆です???

これには、店主も笑うしか無く👀💧💧・・・何せ6月から作業を受けていたので、3か月もの月日が経っています!

すでに暑い夏は終わっていますから、まさかここまで長期作業になるとも考えていませんでしたし、今更何が起きても動揺する気にもなりませんでした!!

なので、どうしたら組付けが可能か?の考えに没頭してしまい、おかげさんで脳みそが活性化しましたよ!

頭はアルコールで染まっていたんで👀💢ボケ始めていた頭がまさに活性化させていただいた感じで、逆にありがとうございますですが!


Dscn276101_20200928203201

新品のエバポレーターには、何も施工されていないのでスポンジで同じように組付けました!

この時は、まだ、このエバポレーターの作りの悪さに気づいてはいません

Dscn275801

次に、ユニットを綺麗に洗浄しました

Dscn276301_20200928203401

ここからは組付けになります

Dscn276501_20200928203501

組付け完成です!

スポンジは、奇麗な個所は再利用してダメな部分や欠落したスポンジは新しく組付けました!!

Dscn276801

後は、元に戻すだけです

Dscn277001_20200928203601

ここで、エンジン側のパイプの取付に苦戦します!!

写真では詳しくアップしていませんが、まずパイプのレイアウトが違うので、矢印のアキュームレーター(レシーバータンク)の位置が変更になり、コンプレッサーからくるパイプはパイプをまげて修正出来るような状況では無いので、加工に出します!

Dscn277101

次に困ったのは、エバポレーターの作りの悪さです!!

写真ではパイプがハマってる映像になっていますが、ここがハマりません!!

つまり、精度が悪く、ロックしないのです!!

しかも、写真右側のパイプ系がミリ単位ですが大きくつばになってる部分も広くなっていて、うまく付きません?

そこで、つば部分を少し削り、パイプ系が大きい部分には、厚めのオーリングパッキンへと交換するなど対応してようやく付きました!

ちなみに、この作業だけで半日使いましたよ・・・👀💢

Dscn277301

参考ですが、外したエバポレーターのパイプ部分です!

Dscn277501

ようやく取付できたんで、室内のダッシュボードを組付けて行きます!

Dscn281801

作業してる間に、もう一度パイプを外注に出して(杉田ラジエーター工作所)戻ってきました!

写真右が元々のパイプで、左が加工改造したパイプホースになります!

アキュームレーター(レシーバータンク)のレイアウトが変わった事で、このパイプがどうしてもうまく取付できなくなり、苦肉の策ですがパイプ部分をホース(高圧ホース)化する事で、取付を容易にしました!!

Dscn282001

分かりづらいですが、組付け完成です

Dscn282301_20200928205201

無事に真空引きが出来、次の日に確認したら真空引きした状態だったので、ガスチャージします

Dscn282701

この状態

Dscn289401_20200928205301

ガスチャージ後

Dscn289101_20200928205301

気温的に、あまり暑くはない日でしたので、少し冷えが甘いかなと思いますが、元々、オープンデッキ車両なので、この辺が限界なのかと思います👀💦

思えば、3か月も掛ってしまいましたが、部品の調達と加工(改造)に時間が掛かってしまったのが要因ですが、さすがに疲れまた・・・!!

最後に、気が付いたことが在ります!

高圧だと思っていた細いパイプが低圧側で、太い方のパイプが高圧だったのは驚きでした!

エアコンガスの流れが逆だったので、アメ車ってこういうシステムなのか?と思っていたんですが、実はパイプの太さが違うだけで、基本的なエアコンシステムは、日本車と何も変わっていなかったという事でした・・・チャンチャン👀💥

 

« スバル・レガシィBH5、センターデフ(センターデファレンシャル)交換編(^^; | トップページ | ホンダ・エリシオンRR系、エアコン不具合修理編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ