« スバル・レヴォーグVMG系、1年点検&パーツ取付編その3車高調取付(^^; | トップページ | スバル・レヴォーグVMG系、1年点検&パーツ取付編その4ブローオフ、エアークリーナー洗浄編(^^; »

2020年6月18日 (木)

トヨタ・ソアラZ30系、オートマミッションオイル漏れ修理編(^^;

蒸し暑さ続く梅雨時ですが、コロナもあり体調管理にはご自愛くださいませ!!

さて、リアルタイムではありませんが、以前にオイル漏れが酷くタイミングベルト系を交換したソアラですが、この時に見つかったオイル漏れ修理をアップいたします👀✋

Dscn037701

オートマミッションではあるあるのオイル漏れ箇所ですが、意外に気が付きにくい漏れ箇所なので、同じ症状のご入庫があった場合は参考にしていただけると幸いです❗❗

Dscn035201

まずは、分かりやすい左側のオイルシールから!!

こんなところに小さいオイルシールが使われていますが・・・これって何?と思う方多いと思います!!

実は、オートマミッションにもマニュアルのようなシフトチェンジレバーシャフトが存在しており、このシャフトを時計回りもしくは左回りに動かすことで、パーキングからバック、ニュートラル、Dレンジなど機械式のレンジ位置を動かすシャフトになり、そこにオイルシールが左右に2個使われております

左側は、何もなくてシャフトとオイルシールだけですが、反対側はシフトセンサーが付いています(つまりインヒビタースイッチ)!!

意外に見落としがちですが、劣化するとここからオイル漏れする事が多く、一般的にオイルパンからのオイル漏れと勘違いする場所になります!!

Dscn035501

オイルシール抜き取り後

Dscn035601

今回から説明はしないようにしますが写真右は新品です!!

何時も、話しますが地球には引力があり、一部のガス(気体)以外の液体と呼ばれる物は、対外下にしたたり落ちる事は皆さまご承知かと思いますが、要はオイルパンより上にあるオイルシールからのオイル漏れもあるのだとご理解いただけましたら幸いでございます

さて、

Dscn036001_20200618211401

無事に新品取付て左側は完成です!

次はシフトリンケージ、インヒビタースイッチがある右側になります

Dscn036201_20200618211501

外す前の状態ですが、まずは邪魔なフロントマフラーを外した後になりますが、その前に・・・

Dscn036401

今回は、オートマミッションを取り外す作業はしませんが、ミッション本体を脱着する際は、上の写真であるリンケージロッドを外して作業をします!

Dscn036501_20200618211901

間違って外すかも知れませんが調整が大変なので上記写真部分から外さない様にしましょう!!セッティングが大変だから💦💦

Dscn037101_20200618212001

話は元に戻しますが、リンケージ、スイッチを外すと左と同じオイルシールが見えてきます

Dscn037201_20200618212101

これを外して新品へと交換後、元に戻します

Dscn037401

元に戻した状態です

最後に、エンジンを始動して漏れが無いか確認し、オートマミッションのシフト位置のチェックをして問題ない事が分かり完成となりました!!

最後に意外なんですが、漏れてる箇所はオイルパン以外でも起きる事があるので、ご注意くださいませ👀✋

 

« スバル・レヴォーグVMG系、1年点検&パーツ取付編その3車高調取付(^^; | トップページ | スバル・レヴォーグVMG系、1年点検&パーツ取付編その4ブローオフ、エアークリーナー洗浄編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ