« ニッサン・シルビアS14、エンジン不調並びに、電装整備編その1(^^; | トップページ | トヨタ・ソアラZ30系、エンジンオイル漏れ修理編その2(^^; »

2020年4月10日 (金)

トヨタ・ソアラZ30系、エンジンオイル漏れ修理編その1(^^;

コロナの影響で、緊急事態宣言が出てる中、一般整備、車検整備をしないとならない店主です!

職種によって営業自粛をしてる中での営業何ので、工場を開けてて良いのか?戸惑う店主です!!

さて、他の整備工場様で、タイミングベルト系を修理されたお車ですが、何故か?オイル漏れが酷く、治らないとの事で当社に相談ご入庫となりました!!

Dscn878801

事の詳細は、お聞きし、まずは分解して不具合箇所を確認することに!!

Dscn879601

ジャッキアップ後ですが、黒く見えてるのはシャーシーブラック塗装したのではなくオイル漏れで黒くなってるだけです

ジャッキアップする前にスチーム洗浄で洗い流しはしたんですが、完ぺきではありません!!

Dscn879701

まずは、どれほどのオイル漏れなのか?

簡単にチェックするため、プラグカバーを外してエンジン始動したら、酷い飛び散りです!

この時点で、オイルシールの不具合というより、VVTプーリーの漏れでは?と思ってはおりました!

しかしながら、距離を走行された同じエンジンを何度かタイミングベルト、オイルシール交換してますが、プーリー自体から漏れてる車は、あまり見た事が無いので、疑問でした!

Dscn880601_20200410213201

まずは、普通にタイミングベルト交換と同じ作業で分解していきます

Dscn880801

ちなみに、VVTプーリー(写真左インテーク側)はカムカバーを外した側になります

Dscn881101

トヨタの6気筒エンジンのクランクボルトは硬いのが多いので、パイプをかまして戻します

Dscn881301_20200410213501

クランクプーリーを外したら案の定ですが、タイミングカバーがオイルで歪みプーリーと接触してこすれていました

Dscn881501

写真は、外したオートテンショナー(自動でベルトの張りを調整してる部品)ですが、手で押すとピコピコ動くほど劣化しています

多分、再利用したと思いますが、手で押して動くようでしたら、要交換です(ちょっと高いけど)

Dscn881701

カムプーリー、VVTプーリー、オイルシール取外し後

Dscn881801

当初は、オイルシールを外しした際に失敗して傷を付けてしまった性でオイル漏れしてると思っていましたが・・・

Dscn881901_20200410214101

インテークカム側(VVT側)

Dscn882001

エキゾースト側、カム

Dscn882101

最後は、クランクシャフト側です

オイルシールの当たり面は、鏡ですべてチェックしましたがとても綺麗で傷は一切ありませんでした!

ということは、VVTプーリー本体に漏れが発生してると判断してお客様に了解を経て、交換作業になります!

他にも気になるオイル漏れがあるのですが、まずはおおもとを直してから他に漏れが無いか判断したいと思います!!

次回へと続きます👀✋



« ニッサン・シルビアS14、エンジン不調並びに、電装整備編その1(^^; | トップページ | トヨタ・ソアラZ30系、エンジンオイル漏れ修理編その2(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ