« トヨタ・アルファードNH10系、エアコン修理編(^^; | トップページ | スズキ・エブリィDA64系、オートマミッション交換、追加メーター入れ替え、電装パーツ組付編その3(^^; »

2020年4月27日 (月)

ルノー・カングー、タイミングベルト、ウォーターポンプ、オイルシール交換編(^^;

天気が中々安定しないのはこの時期によくある事ではございますが、ここまで寒暖が激しいと健康管理が厳しいです!!

とは言っても、アルコール消毒してる店主にとって、よほどの菌が襲い掛からない限り・・・大丈夫かな👀💥

さて、おかげさまでルノー・カングーの整備をしていると、カングーオーナー様から作業のご依頼をいただけることになり、うれしい限りでおります!

今回は、タイミングベルト、ウォーターポンプ、オイルシール交換と日本車と変わらない整備内容ですが・・・お付き合いくださいませ!

Dscn930601_20200427213201

偶然にも、エンジンを載せ替えたカラーと一緒ですが、全くの別のお客様になります!

Dscn930801

冒頭でも書きましたが、国産と変わらぬ作業になりますが、少々違う部分もあるので、整備士の方でも作業がしやすい様にお伝えさせていただきます!

なお、プライベーターの方でも整備に自信がある方は参考になさってくださいませ

Dscn930901_20200427213501

タイミングベルトとウォーターポンプだけの交換なら、写真の専用治具はいりません!

マーキングして交換すれば大丈夫ですが、オイルシール交換をする場合、カムプーリーとクランクタイミングギヤーを外すことになるので在った方が良いです!!

この特殊工具、以前の作業でもアップ説明してますが、アマゾンで購入純正工具よりは2万ほど安いです!

Dscn931201_20200427214601

こちらは、圧縮上死点を固定する治具(特殊工具)

Dscn931401_20200427214601

カムプーリー側の固定治具になります

要は、ピストンの圧縮上死点とカムシャフトの上死点を固定する工具です

何故?こんな工具を使うかと言うとですね・・・

Dscn931601_20200427214801

こちらは、カムプーリーを外したカムシャフトですが、キー溝も全くない状態で、カムプーリーを付けてボルトで固定しないと、風車の様にクルクルと回ってしまいます

なので、専用の固定工具(専用治具)が必要になります、ちなみに写真はカムシャフトオイルーシール部分ですがニジミがありました!

Dscn932301

クランクシャフトのタイミングギヤー取外し中です

このギヤーも同じくフリーですが、錆びていてプーラーを使わないと外れないことが多いです

Dscn932701

外す前のオイルシール写真が無くいきなり交換作業中です!

純正のオイルシールだと白いプラスチックの筒状が入っています。

これは、シールをインサートするために付属してるツールになりますので、捨てずに写真の様に使うと失敗がありません!!

Dscn932501

新品取付後のオイルシールです

Dscn932901

もっと分かりやすくカムシールで!

手前が取付後で、奥が組付け作業中になります!

このツールはとても重宝するので必須です(純正なら必ず付属しています)

Dscn933101_20200427215901

カムシール組付け後です

後はウォーターポンプ、タイミングベルトを組付けて元に戻していくだけですが・・・

タイミングベルトのテンショナーの張り調整に付いて

Dscn932101

写真に①の矢印を写真下の切溝に合わせて組付ける内容になっています!!

ルノーの指定だともう少し下の方に直線の溝が別に見えるのですが、そこに近い方に合わせる指示のようですが、ベアリングに負担が掛かり異音の初期原因(いずれ消えます)になるそうなので矢印部分に合わせるのがベストだとの事です(日本のルノーディーラー)!

合わせ方は、ヘキサゴン部分にレンチで既定の箇所に調整後中央の部分は、エンジン側にあるスタットボルトにはめ込みナットで固定です!

説明が悪くてすみません

Dscn933201

元の様に治具を固定してカムプーリーを締め付けます(角度締めです)

Dscn934201_20200427220801

クランクシャフトプーリーボルトも同じく角度締めになります

Dscn934401_20200427220901

角度締め付け後

Dscn934701_20200427220901

最後に、カムシャフトエンド側のメクラ蓋を入れて完成となります

ウォーターポンプの件には触れていませんが、冷却水のエアー抜きは、蓋した部分と手前のパワステホースの間にヒーターホースがあるのですが、ここにエアー抜きバルブが付いています(大きめのマイナスドライバーで外せるような分かりやすいバルブになります)

締め付けトルクに関しては、後日にここに追加でアップして起きますので参考になさってくださいませ!

以上になりますが、コロナの問題もあって、大型連休になってもどこへも行けない店主ではございますが、明日から30日まで休み、3日より6日までお休みとなります!

ただし、1日、2日は営業していますが事実上、飛込での作業のご依頼などは不可能ですので、あらかじめご了承くださいませ!

また、仮に作業対応が出来ても5月21日以降からの対応になります!!

ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願い申し上げます👀✋



 

 

 

« トヨタ・アルファードNH10系、エアコン修理編(^^; | トップページ | スズキ・エブリィDA64系、オートマミッション交換、追加メーター入れ替え、電装パーツ組付編その3(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ