« ニッサン・シルビアS13、エアコン修理編その4完成(^^; | トップページ | ルノー・カングー、訳ありバルブ突き上げヘッドオーバーホール続編、原因編(^^; »

2020年3月30日 (月)

BMW・320i、車検整備編(^^;

昨日は、雪も降りめちゃ寒かったですが、今日も決して暖かくは無いのですが、気持ち暖かったのは店主の気のせいでしょうか👀💦

悲しい事が起きました志村けんさんが、コロナの影響で他界されました!!

子供のころによく見ていただけにとても寂しいです!

心よりお悔やみ申し上げます!

以前にも書きましたが、肺炎自体は恐ろしい病気ではありませんが、歳をとると肺炎に気づかずに重症化することはあります!

若い方は、すぐに気づくので病院に行けば、治る可能性は高いですが、放っておくと死の危険度は増えます!

特効薬が無いから、とても危険だと言う事を認識していただきたいですね!

さて、BMWの車検整備編です

Dscn837401

車はそこそこ年数が経った車両なのですが、走行キロが少なく、車検整備もそれほど作業が少ないと思っていました。

車検自体はギリギリ通るレベルですが、走って無いとは言え、やはり交換した方が良い部品が多いのは気になりました!

Dscn837601_20200330203501

やはりBMWのエンジンは直6ですね!!

Dscn837801

車検には一切関係ありませんが、エアコンフィルターも結構汚れていました。

Dscn838001

エアーエレメントも汚れてはいませんが、エアブローするとかなり誇りが出てきました

Dscn838201

車台下回り写真です

Dscn838401_20200330203801

今回、冷却水の交換を指示されていたので、冷却水交換します

Dscn838501

こちらは、シリンダーブロック水抜きボルトです

普段ならラジエーター側からのみ抜き取り交換するのですが、かなり交換していないとの事でエンジン側からも抜き取って交換しました!

ちなみに、全量交換を指示されましたが、すべての冷却水を抜くのはエンジンを降ろし、ヒーターユニットも脱着しないと交換は出来ません!

ただし、強制的に冷却水を交換できるチェンジャーがあります!

これを使えば、すべての冷却水の入れ替えは可能ですが、当社にはありません!

Dscn839301_20200330204401

エンジン側のドレンボルトを外すと一気に抜けてしまうので、大きめのたらいで抜き取ります

Dscn839501

エンジン側からのみ抜いた冷却水です

実は、ラジエーターから抜いた写真がありません!

Dscn838801

Dscn839001

最後は、前後のブレーキ周りの確認です

走行キロも少ないので、ブレーキパッドは問題ありませんでした!

最後に、こちらも写真は撮っていませんが、リヤのショックアブソーバーが抜けており、すでに抜けきった状態になっていました

ちなみに、ショックアブソーバーはオイル漏れしていても車検は合格出来ます、不思議ですが・・・??

不思議でも、無事に車検は合格し、お客様にお渡しいたしました!!

 

« ニッサン・シルビアS13、エアコン修理編その4完成(^^; | トップページ | ルノー・カングー、訳ありバルブ突き上げヘッドオーバーホール続編、原因編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ