« ルノー・カングー、訳ありバルブ突き上げヘッドオーバーホール編その5(^^; | トップページ | フィアット500、車検整備編その1(^^; »

2020年1月 9日 (木)

トヨタ・ライトエースワゴン、水漏れ、オイル漏れ、異音修理編その1(^^;

本日は、ルノーカングーのエンジン始動までのブログをアップしたかったのですが、店主のミスでトラブル発生!!

後日、ミスも含めアップしますが、店主的にかなりの凡ミスで少し凹んでいます💦

さて、以前にも修理、車検等でご入庫歴があるトヨタ・ライトエース!

Dscn025601

旧車もあり、あちらを治すと今度は他がみたいなトラブルがあり、今回は、お題の通り水漏れ、オイル漏れ、異音と修理内容が多いのですが、まずは、水漏れから・・・

Dscn025801

エンジンルーム

この時代のキャブ車は、昭和53年の排ガス規制の直後の車両のため、今でこそインジェクションに変わっていますが、まだ、キャブ車でなんとか排ガス規制をクリアーさせようとしてまして・・・これでもかと言うほどバキュームホースとソレノイド、アクチュエータのてんこ盛り仕様になっており、分解するだけで骨が折れるようなクルマですが、今回は排ガス規制の制御となる水回りのホース交換になります!!

Dscn026001

その前に、水漏れが激しいとオーバーヒート気味になり、水を足したししながら乗ってると何故か?ブロックのサビが発生してヘドロが出来ます!

ラジエーターを交換するのが最善ですが、エンジン側も洗浄しないとならないし、ヒーターコアも洗浄が必要になるので、トータルでオーバーホールしないと成らなくなり、予算がかなり高額になってしまうので、後で熱湯を入れてラジエーターのみ洗浄したいと思います(気休めですが)

Dscn026901

もう少し良く見ていただきたく、写真を撮ったものの、うまく撮れなかった(素人なんでご勘弁を✋)

Dscn027101

次に水漏れ原因であるバイパスホースとパイプになります。

これは、インテークマニホールド(インマニ)下に入るウォーターバイパスホースパイプになるんですが、サビとホースの劣化で漏れてきています

Dscn027301

取り外し後ですが写真奥側はウォーターポンプからのホース口になり、手前が漏れの主原因部分です

Dscn027701

矢印の部分は、インマニ下側に入るウォーターパイプになるのですが、ほぼサビで状態がよくありません

ただ、ホースバンドを締め付けするための面積がまだ残っているので、サンドペーパーで綺麗にして組付けたいと思いますが、組付けても漏れる場合は、インマニ脱着して加工修理でしょうか?

Dscn028001

外したバイパスホースパイプです

Dscn028201

ホースは、市販のヒーターホースを使って組んで行こうと思っております。

今回は、ここまでしか作業していませんが、こちらも作業が進み次第、アップさせていただきます!!

 

« ルノー・カングー、訳ありバルブ突き上げヘッドオーバーホール編その5(^^; | トップページ | フィアット500、車検整備編その1(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ