« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月31日 (金)

トヨタ・ライトエースワゴン、水漏れ、オイル漏れ、異音修理編その5(^^;

熱いと思うと寒くなったりと春先でもないのにおかしい気温が続きますし、ニュースで騒がれてるコロナウィルスも千葉県で一人見つかってもいますから、普通のインフルエンザなども含め、気を付けたいですね!!

また、冒頭から話は違いますが、仕事始め早々にお預かりしたスズキ・ジムニーJA11ですが、現在、ミッションオーバーホール中なのですが、この車の車台番号で出る部品と実際に付いてるミッションが違っているため、部品が全て同じではないため、作業がかなり遅れております。

お客様には、ご迷惑をお掛けいたしております。

さて、本題になりますが、ようやく水漏れ修理が終わり、次はミッションのオイル漏れ修理をようやく着手です!!!

Dscf038101

前回は、ガスケットの型どりまでアップしましたが、ようやくチェンジレバー部分のオイルシールとオーリング交換をします!

最初は、分解の仕方が分からなくて、慎重に慎重を重ねて調べてからの作業に大分時間を要してしまいました!

Dscf038301

こちらは、今回、交換するオイルシールと取り外した後のオイルシール👀✋

Dscf038501

取付後(ギヤーをチェンジする部分と、ギヤーをセレクトする部分)

Dscf038801

反対側も

驚いたことに、3箇所ともオイルシールの大きさが違っていたのは驚きでした!

次に・・・

Dscf039001

オーリングを使ってる部分(リバースシフト部分)

Dscf039201

オーリングは部品が無いので、当社に在庫あるオーリングで似たようなオーリングと交換しました

Dscf039401

取付後

Dscf039601

レバーなど組付け後、動作チェック中

Dscf039901

最後はガスケット製作です(写真右が新しく作ったガスケット)

Dscf040101

ミッション側、チェンジレバー側のガスケット当たり面を脱脂して液体パッキンも塗って取り付けます

Dscf040301

今回は、トヨタのシールブラックを塗ったので、冬場なら2時間程度で・・・

Dscf040701

ミッションオイルを入れました!!

液体パッキンでも乾燥時間によって種類があり、トヨタ系のシールブラックなら案外早く乾燥(固着)するので、素早く組付けて油脂類などを入れる作業には適していますが、時間が掛かる作業は、遅めの液体パッキンを使うと良いです!

基本的にミッション関係は遅乾タイプが最適ですが、オーバーホール以外は、速乾タイプでもOKです

Dscf041101

いよいよ、冷却水のエアー抜きをして、テスト走行をいたしました!

これは、リヤ側から走行中異音がするためで、お預かりする前に確認のテスト走行すれば良かったのですが、お預かりする時には、すでにレッカーでご入庫だったので、ここでようやくの確認になりました

確認したところ、ほぼ間違いが無いと思いますがリヤのハブべリングが原因だとわかり、引き続き作業となります!!

また、エンジンから白煙が出るとの事で、追加整備でバルブシール交換も作業します!!

なので、続きをまたアップいたします👀✋



2020年1月30日 (木)

スバル・レガシィBH5、車検整備編その3完成(^^;

昨日に続き、春の陽気になった千葉県!!

1月なのに、もう春?と勘違いするほどです!!

さて、陽気が良いせいで、本日も仕事がはかどりましたが、アップしてる内容はリアルタイムではありません👀✋

Dscf025301

リヤが終わり、次はフロントデフへと変わります

Dscf028801

フロントは、さすがにドライブシャフトを残しての作業は大変なので、外しています(写真は漏れていた右側です)

Dscf028901

リヤとは違い、フロントはねじ込み式でプリロード調整するタイプです

Dscf029101

オイルシールは、この状態では外せなく反対側にして抜いています

Dscf029401

交換部品と新品部品

Dscf029501

洗浄して組付け後

Dscf029701

回して組付けますので、事前にマークをしてから戻す回転数は覚えておき、組付けます!!

大体、左右で違いはありますが6回転~7回転以内で組付け出来るようになっています!

Dscf030001

汚れていたドライブシャフトも洗浄して組付けました!!

これを同じく反対側もしますが、スキップ❗❗

Dscf030201

次は、冷却水の漏れ修理であるラジエータを交換します

Dscf030401

上から見た交換するラジエータ

Dscf030601

外したラジエータと交換する社外新品のラジエータです

Dscf030701

ファンベルト類も一緒に交換します

Dscf031001

ベルト交換後です

Dscf031201

ラジエータ交換と一緒にホース類も交換します

Dscf031401

電動ファン類を組換え後です

Dscf032001

組付け後、冷却水を入れてエアー抜きしますが・・・

次の作業へ・・・

Dscf031601

今度は、フロント足回りのブッシュ交換です(ビフォーの写真撮り忘れました💦)

Dscf031701

左側ですが、交換後になります

ニッサンのテンションロッドのブッシュもよく中のオイルが漏れて損傷してるのですが、これも多分同じ症状だと思います。

Dscf032101

最後は、エアコンフィルター交換です

Dscf032301

フィルターが付いてるからエアコンのエバポレーターは綺麗です!!

いつも通りですが組付け後、車検に行き、無事合格しました👀✋

修理作業は多いのですが、ディーラーに比べて安いのは、当社の工賃が安いからでしょうか?

 

2020年1月28日 (火)

スバル・レガシィBH5、車検整備編その2(^^;

関東も雪が降りましたが、千葉は雨です!!

さて、ブログの続きをお伝えしたかったんですが、仕事が押してしまい、久しぶりに9時過ぎまで残業となり、疲れてしまいまして?

体が思うように動かず、1日於いた本日アップさせていただきますが、昨日まですごく寒かったのに、今日は春の陽気??

オーストラリアの山火事が影響しているんでしょうか?

さて、レガシィの続きになります👀✋

Dscf011701

お客様から、過去にエンジンチェックランプが点灯したことが在るとの事で、過去歴を確認したらO2センサー(酸素センサー)がダメだったようですが、現在はチェックランプ点灯は無いようなので、まずは取り急ぎ交換は必要ないかと思います!

Dscf025201

次に、最初のブログでのオイル漏れ原因修理をしていきます!!

まずは、リヤデフから作業します!

と言いますのも、デフのマウントブッシュを外すのに特殊工具が必要で、特別にスバルさんからお借りしています。

そのため、長くお借りすることは出来ないので、最優先で作業します💦💦

Dscf025601

オイルを抜いた後、リヤマフラーを取り外します

外す際にリヤバンパーを傷つけないように古い軍手などで保護!!

Dscf025801

マフラーを外したら、プロペラシャフト、デフの固定ボルトを緩め降ろしていきます

Dscf026001

リヤデフ自体を外す際は、足回りを外すことなく外せるのでサイドオイルシール交換を左右する場合は逆に楽に出来ます!

Dscf026101

早速ですが、お借りした特殊工具でブッシュを外します

Dscf026401

抜き取り後

Dscf026601

写真上が抜き取ったブッシュです

Dscf026901

新しいブッシュを組付け中

Dscf027301

完成です

次に・・・

Dscf027601

Dscf027501

オイル漏れしていたサイドオイルシール交換をします

サイドシールに関しては、フランジ状になっていて、間にシムを入れてバックラッシュとベアリングのプレロードを調整するようになっておりますが、外して組付けは楽ですけど、オーバーホールの場合はシム調整が決まるまで大変な作業です!!

余談になりましたが進めます!!

Dscf027801

綺麗に洗浄した後、新しいオイルシール取付後

Dscf028101

組付けた状態

逆も同じ作業なのでスキップ!

Dscf028401

組付け中です

Dscf028601

リヤデフ完成です!!

次は、フロントのデファレンシャルオイル漏れ修理ですが・・・

続きは次回へ・・・👀✋



2020年1月27日 (月)

マツダ・アテンザ、クラッチオーバーホール編(^^;

今年も、作業が計画的に進まず、遅れている店主です、すみません( ;∀;)

さて、軽ーく作業が終われるだろうと余裕をぶちかまして作業を始めたマツダ・アテンザ!!

Dscf020401

マツダのソリッドカラーは昔から好きで赤とか黄色は綺麗ですね!!

Dscf020601

エンジンルームは、いたって普通ですが、今時のエンジンカバー付きです!!

Dscf020701

まずは、ミッションオイルを抜きます

昔、ミッションオイルを抜かないで作業が出来るストッパー(今でもあります)を使って交換しない方法をとっていましたが、クラッチがダメになると言うことは、オイルも汚れているとの認識から、今では必ず交換しています。

なので、ミッションオイルをまめに交換されている方には申し訳ないのですが、半強制的に交換しています。

Dscf021001

ちなみに、先日アップしたルノーカングーと同じ口型メンバー採用のため、メンバーを外さないとミッションが降ろせない構造!!

Dscf021201

下回り分解する前にエンジンルーム側からバッテリー、配線、ミッションを外すためのパーツを外していきます

Dscf021401

唯一、口型メンバーに固定されてるエンジンマウントを外し・・・すでに見えてますが

Dscf021601

カングーの時は、ギヤーボックス事外しましたが、アテンザは、外さずステアリングポストから外れないよう針金チューンで固定

Dscf022301

メンバーが重いと思い、リジッドラック固定で降ろしたんですが、意外に軽かった👀✋

Dscf022501

この状態だとまだ、宙づり状態です

Dscf022601

セルモーターを外して浮かします(もしかしたら浮かさなくても大丈夫かもですが)

Dscf023001

エンジンをサポートスタンドで固定しながらミッションを外すのですが、エンジンを傾けすぎに注意です!!

実は、エアコンのコンプレッサーに入る低圧と高圧ホースに余裕が無いので、傾けすぎるとエアコンガスが漏れます!!

最初、傾けたら突然、シューと音が出て速攻で、エンジンをもとに戻したんですが、焦りましたよ👀✋💦

少し落とすだけでミッションは外れるので、作業する際は気を付けましょう!!

Dscf023201

降ろした直後のミッション!やはりと言いますか!当たり前ですがベルハウジングは汚れていますね

Dscf023401

外す前のクラッチ

Dscf023601

今回交換するクラッチ3点ですが、お客様持ち込みの通販(ネット販売)のため、パイロットベアリングは入っていないので当社で取り寄せて交換します!

ちなみに、写真下側に写ってるT型っぽい工具は、専用工具です

Dscf023801

きっちり綺麗ではありませんが、洗浄後、レリーズフォークとレリーズベアリング取り付け後です

Dscf024001

新品のパイロットベアリングも取り付け完了

Dscf024201

ここからは、逆の手順で組付けて行きますので、写真で・・・

Dscf024401

拍子抜けするほど、一発でドッキング(合体💥)出来ました!!

Dscf024601

メンバー取り付け用ボルトにワコーズ製、スレッドコンパウンドを塗り組付けます

実は、スプーンのリジッドカラーを取り付けした経験から、かじり防止に塗り付けるようになりましたが、残念なことに過去にブログでも書きましたが、ホンダのS2000のミッションオーバーホール時に、メンバーのボルトがかじっていて戻せない事例がありました!

締めすぎは良くありませんがスレッドコンパウンドを塗っていてくれれば、もしかして外せたかなと思い塗っています(ちなみに規定トルクで締めるようにしてます!)

Dscf024701

メンバーがそれほど重くなかったので、ミッションジャッキで組付けます

Dscf025001

途中の写真がありませんが、ドライブシャフトが抜けなかったり、左のドライブシャフトが硬くて中々入らなくて苦労したりで、2日間なんですが意外に時間が掛かってしまい、写真が少なくすみません!!

写真は、組付けが完了してミッションオイルを入れてる状態です!

この後、テスト走行後、問題が無かったので完成お渡しになりました!

最後に、千葉は雨の天気予報ですが、都内はもしかして夜中雪っぽいので、朝の通勤は遅れが出る可能性ありますから、早めの対応を!!

 

 

2020年1月26日 (日)

スズキ・エブリィDA62系、エンジン始動不良トラブル編(^^;

冒頭からすみません、お願いです!!

当ホームページから、お問い合わせをいただき誠にありがとうございます。

ただ、お問い合わせにも記載してますが、ドメインの許可を忘れずに設定してくださいませ!!

こちらから送信しても戻って来てしまい、お見積りの返信が来ないとお客様も当社の対応に疑問を持たれることもございますので、送った方、ドメイン許可をお願い申し上げます。

さて、昨年に1発死んだ病でご入庫したエブリィですが・・・

Dscf016201

最初は問題が無く快調だったそうですが、突然、エンジンが掛からなくなり、少し時間を置くと始動する事が続き、他のトラブルも重なったのも遭ったようですが、結局、エンジンが全く掛からなくなり急遽、ご入庫となりました!!

当然ですが、他の作業もあるため、ほぼ写真を撮っていませんので、活字がメインになりますのでご了承くださいませ!

最初は、燃料系と思ってましたが、燃料、圧縮、点火系も弱いながら最初は飛んでたので、まさか交換したカムセンサーの初期不良かと思い、測定すると、カムセンサーを付けた状態で、信号が拾えない状況!!

まさかとは思いましたが、カムセンサーを再度注文

Dscf014701

取り付けますが、原因はここではなく掛かりませんでした??

実は、去年にも書いてますが、バルブ交換する前は調子が悪いのですが、何の問題もなくエンジンが始動していました!

完成したら、エンジンが掛からず、カムセンサーを交換したら始動したのですが、後から考えると偶然掛かった感じです。

さて、お客様がスペアーで持ってたコンピュータやスロットルボディも換えてチャレンジするも変化なし!!!

この時点で、暗礁に乗り上げてしまいました。

そこでですが、元々エンジンが掛かっていたことにと元の部品を付け替えて行けば原因が分かるかなと?思い、今回交換したイグニッションコイル、カムセンサー、スパークプラグをもとに戻したら、あらら・・・不思議と一発でエンジン始動??????

犯人は、交換した新品3点のうち新品不良品があります❗❗❗

まずは、カムセンサーは今一度新品に交換したので、除外、プラグは3本とも違う車で火が飛ぶことを確認したので除外、残るはイグニッションコイル!

Dscf016001

新品に交換したコイルを外して・・・

Dscf016301

写真左は、元々付いてたコイルで右は、今回交換した新品!!

交換したら、一発でエンジン掛かりましたよ!

こんなことってあるんだね!

整備士になって30年を過ぎましたが、新品不良に遭ったのは、ダイハツのCVT用電磁クラッチホイールと今回のイグニッションコイルですです!

ただし、イグニッションコイルは店主が購入したものではありませんが💦💦💦

Dscf019401

ようやく掛かったと喜んでいたら第2のトラブル???

今度は、オルタネータが発電していません??

最初はmオルタネータが壊れた思っていました。

こちらも中古ですが、壊れていないものと交換したのですが、発電せず???

さすがにこれは、オルタネータでは無いと思い、3極あるカプラーをテスターで当てたら、1本だけ導通が全くありません!

急遽、マニュアルを閲覧して配線図を確認したら、導通が無い1本はコンピュータに向かっていました。

もしや、配線が途中で断線してる可能性もあるので、コンピュータを外しコンピュータのカプラーからオルタネータ間のカプラーで導通確認したら断線はしていません!

まさか・・・コンピュータ?と思いスペアーと交換して導通を測ったら導通あり!まさかのコンピュータも故障です!!

こんな事が重なることってあるのか?

自分を自分で情けなくなり、ここまで不幸が重なるとは・・・

ようやく、エンジン始動してオルタネータが発電してることを確認!少し掛けっぱなしにして放置後、再度エンジン始動・・・??あれ???

バッテリーがダメになったのかなぁーと思い、ブースターケーブルでつないでエンジンを掛けてバッテリー側の端子に当てると・・・発電してるはずの電圧量が無い????????

いやぁーさすがに青ざめましたよ、ここまで重なる???って💢

問題があるとすれば、オルタネータとバッテリー間の+コードのどこかが断線もしくは接触不良しかありません。

原因はすぐに判明!

バッテリーの脇に、オルタネータぬ向かう太めのコードがあるのですが、エンジン脱着をしやすいようにカプラーになっており、そこを手でいじると・・・

Dscf020101

電圧が上がりました!!!!!

カプラーの端子が接触不良で黒くやけ気味になっていたので、接点復活剤とやすり等で清掃し組付けた後、カプラーをいじっても写真のように変化が無く、安定した電圧を保持!

ようやく、治りましたよ!

初詣で祈願したのに、今年も幸先の悪いスタートです( ;∀;)














ですが

 

2020年1月25日 (土)

スズキ・ワゴンR、MC22系、車検整備編(^^;

すいません、本日は、整備振興会の合同新年会がありまして、ブログ自体は、後日アップさせていただきます。

毎日ブログを見てる方、申し訳ございません。

早速ですが、いつも前車検で通してから(ユーザー車検)当社に車検整備のみのご依頼のいただいてるスズキ・ワゴンR!!

Dscf007902

今回は、これで良く車検が通った出来事がありました。

Dscf008701

フロントブレーキは大丈夫です

Dscf008901

問題なのはリヤブレーキ左(写真は右です、すみません)

何時も、ブレーキシューを前後に押してホイールシリンダーの動作チェックとブーツをめくってオイル漏れが無いか?チェックするんですが、何故か左側だけ全く動かず?

ドラムを付けてブレーキを踏むと左側だけ引きずります!!

普通に考えてブレーキが合格するとは思えないのですが、何故か車検は合格?スルーされたのでしょうか??

千葉の軽陸自!まずいぞ!!

こちら側の不備などは認めないのに、自分たちの失敗は決して誤らない、認めない、お役人様たちです??

これで、焼き付いて火でも出たら責任は誰がとるんだろう??

さて、文句言ってもしょうがないので、修理していきます

Dscf009101

Dscf009401

ドライバーあててハンマーで叩いてようやく外れましたがサビッサビ👀💦

磨けば再利用できそうなのでカップキットで対応!!

Dscf009601

シリンダーは綺麗になりました

Dscf010101

ピストンも綺麗になりました

Dscf011901

カップも組付けて元に戻し完成です(ちなみに右も交換しています)

次にエンジンのオイル漏れ!!

Dscf009901

クランクシャフトのオイルシールからの漏れだったんですが・・・

実は、2年前もここからオイル漏れしており交換していました!

まさか、組付け不良とも思いましたが、見た通り不具合もなく逆にどうして漏れたか?分からない状態?

とりあえず交換します

Dscf010301

写真右は新品で左は取り外す際にキズが入っていますがそれ以外は問題ありませんでした

Dscf010601

周りも綺麗に清掃!!

Dscf011001

元に戻して完成しましたが、もしかしたらブローバイの詰まりも考えられるので、写真はありませんがカムカバーのブローバイ関係は掃除しました。

最後は・・・

Dscf011101

リザーバータンクに冷却水がほとんど入っていなかったので、足したところ車からポタポタと冷却水が漏れてくる???

よく見ると

Dscf011201

リザーバータンクの矢印部分から水漏れしています

値段も高くないので交換

Dscf014801

届いた新品タンク

Dscf015001

交換して完成です!!

車検は、すでに通ってますので点検ステッカーを貼りお渡しとなりました👀✋

 

2020年1月24日 (金)

メルセデスベンツ・Bクラス、セルモーター交換編(^^;

残念なことに今年早々、早くも初期不良トラブルが・・・

店主もこの業界は長い方ですが、新品不良トラブルは、これで3回目となります

ただ、今回のブログには関係はありません、のちにアップしますが、まさか新品がの考えで原因を追究するあまり写真があまりないので、活字だけになるかもしれませんが、いずれアップします!!

さて、以前、ベンツAクラスをお乗りだったお客様が、今度はBクラスに乗り換えたんですが、相変わらずベンツのトラブルは多く、雨漏れから始まり、CVTのトラブル、続いてはセルモーターと続きます!!

年式が古くなり、走行キロも増えれば、当然故障は増えますが、外国車は何故か?金額の大きい故障が多いのは気のせいでしょうか?

これば、ベンツだけに限った訳ではなく、他の外国車も同じなので、良心的な値段と個性的なモデルは、ある意味、購買意欲が出ますが、耐久性などを考えるとやはり国産車に分がありそうです(ただ、今の国産車は魅力が・・・)。

余談になってしまいましたが・・・

Dscn041201

車検、修理でお付き合いのあるベンツBクラスです

最近、エンジンを掛ける際に、時々カチッとおとが出た後、気持ち時間が経ってからセルモーターが回るトラブルが出たようで、前回のAクラスの時に、気にせず乗ってた後、エンジンが掛からなくなった経験を踏まえ、事前に交換修理でご入庫となりました。

Dscn041001

スターターケーブル配線に検電テスターを入れ、スターターリレーの不具合も含め検証!!

ただ、原因が出ないと、確実にセルモーターと断定は出来ないため、少しお預かりして症状が出るまで確認した結果、1度だけですがお客様の内容と同じ症状が出まして、間違いなくセルモーターと確定!!

ただ、Aクラスの時に交換したブログをアップしてますが、Bクラスも同じエンジン、同じレイアウト❗❗

ただ、今回は、隙間が少しあるので、エンジンを降ろさなくても行けるかと?思いますが、インテークマニホールドを外すのがAクラスより面倒な気が・・・

Dscn041301

見た目はAクラスと同じ感じなんですが・・・

Dscn041401

全く見えていませんが、写真中央奥にセルモーターがあります!

まずは、インテークマニホールドを外しますが・・・

Dscf016601

まずは、セオリー通り、バッテリーの-端子を外すところから💦

Dscf016801

インジェクターと配線が邪魔で苦労しましたが無事に取外し完了!

Dscf017101

矢印に見えますのが、今回交換するセルモーター様👀❗

ただ、隙間はAクラスよりありますが、ヒーターホースに向かうバイパスパイプが邪魔?

冷却水のエアー抜きをするか?素直にエンジンを何センチかメンバーごと下げるか?悩んだ末

Dscf017401

矢印のこのパイプが邪魔

Dscf017601

冷却水のエアー抜きを選択!

のちにエアーが抜けなくて時間が掛かる落ちが待っていましたが💦💦

Dscf018001

取外し後

Dscf017801

 無事に水回りのパイプを外してセルモーターを外します

Dscf018401

狭いですが、今日日は、良い工具が多く、作業が少しですが楽になりました

Dscf018601

外したセルモーターと新品比較

社外純正ですが、少しスリムになっています(メーカーの違いだと思います)

Dscf018801

取り付け後

ここからは、逆の手順で組付けていくだけなので、スキップ!!

Dscf019001

一応、途中作業を

無事に完成となりました❗❗

エンジンを少し下ろさなくても大丈夫ではありますが、インテークマニホールドをを外すのには、かなり骨が折れる作業です。

ちなみに、せっかくなので、よくチェックランプが点灯する電子スロットルのエラーですが、掃除すると治るので、ついでにキャブクリーンなどの専用クリーナーで掃除することをお勧めです!

学習リセットは必要ありませんが、バッテリーを外す際は、5分おいてからとエンジン始動する際は、エンジンONの状態でアクセルを踏まない状態で10秒くらいしてからエンジンを掛けるようにするとアイドリングが下がらないなどのトラブルはありませんでした。

多分、別な方法があると思いますが、学習が不要なメーカーの手順は対外これでOKだと思うので、確実ではありませんがトラブってはいません。

正確を期すなら、必ずマニュアルを見るか?ディーラーに聞きましょう!!

 

2020年1月23日 (木)

ダイハツ・アトレーワゴンS320系、車検整備編(^^;

本日は、冷たい雨になりました!!

店主もそろそろ、私以外に従業員が欲しい今日この頃で、仕事がスムーズに行けば問題ないのですが、作業が多く1台に掛かる時間が多くなってまいりました!!

ましてや、新品部品の初期不良も重なったりして、時間が掛かり、お預かりしてるお客様には大変ご迷惑をお掛けしております事。誠に申し訳ございませんm(_ _)m

さて、車検でご入庫のアトレーワゴン!!

Dscf001101

カメラの関係で、この後変わります

以前からも、修理、車検でお世話になっているお車になります

Dscn061901

フロントブレーキ

Dscn062001

普通に残量はありました

Dscn062201

リヤブレーキもホイールシリンダーのオイル漏れ固着も無いのでブレーキフルード交換で大丈夫そうです👀✌

Dscf014401

バック球交換後です

たまたま、バックランプ球が切れてしまったのでバルブ交換したんですが、突然ナビのバックカメラが作動しないトラブル?

Dscf013101

ナビのカメラ電源をバックランプ側から配線をはんだで付けていたのは良かったのですが、芋半田状態で接触不良が起きていました

そこで、一度はんだから配線を外し・・・

Dscf013301

ランプ側は、ショートしないようにビニールテープで処理(のちに、アースの不良でここからとるのですが)

Dscf013701

まずは、配線を取り直します

Dscf013901

当然、使うカプラー等は室内用のため、ビニールテープで防水加工します

Dscf013501

途中、接触不良のトラブルが無いか?チェック!!

ここで、アーストラブルで、配線をし直したのですが・・・

Dscf014301

最終チェックして修正できました!!

ナビやバックカメラを付けるのは良いのですが、その場しのぎの配線はやはりやめて欲しいですね!

のちに不具合で外す側の事も少し考えていただけるありがたいが、そんなこと考える業者は少ないですかね👀💦💦💦







2020年1月21日 (火)

スバル・レガシィBH5、車検整備編その1(^^;

天気が良い日が続くも今日のみ!!

明日から天気が悪くなるようです!

昨年から、冬なのに雨が多い年ですが、これが北海道だと大雪なんでしょうね👀💦💦

さて、車検整備の車ですが、作業が多いためと言いますか、よほど簡単に終わってしまった車以外は極力アップしたいと思っております。

車検なので、すぐに終われると思ったらそうは行かないのがナリタオートサービスです👀✌

Dscn059601

今回、車検整備は初めてのご入庫となるレガシィです!

この型式のレガシィは何台かご入庫されていますので、同じ内容になるかもしれません、ご容赦を!!

Dscn059901

まずは・・・普通にブレーキ周りの確認から(フロント)

Dscn060001

こちらはリヤブレーキ

Dscn060401

車検のご予約をいただいた時は、無かったトラブルですが、突然、冷却水の水漏れが発生したようで、ご入庫は自走ではなくレッカーで持ち込まれました

調べたところ、意外にもラジエータ本体からの漏れでした

Dscn060701

次に、フロントデファレンシャルサイドフランジオイルシールからギヤーオイル漏れが発生!!

こちらは、古くなると多いスバルのあるある漏れです

Dscn061201

次に、リヤデファレンシャル・サイドオイルシールからもオイル漏れ???

重なることは多いですが、ここまでとは・・・しかも、

Dscn061301

同じくあるあるのデフマウントブッシュも割れています👀💦💦💦

長く乗りたいとのお客様のご意向ですので、多少お金が掛かっても直すことになりました!!

交換部品が多いのと、デフブッシュに関しては、専用の工具をスバルから借りないとならないので、作業が出来るは今週末か?来週早々になりそうです?

部品が届いて作業が出来るようになったら次回アップします👀✋



2020年1月20日 (月)

ニッサン・セレナC26系、マフラー交換編(^^;

雪が降るほど寒いと思ったら、今日は桜が咲くかな?と思うほど穏やかな晴天??

なんか冬と春の季節が短くなるような気がしますね💧

さて、1月に入って車検が少なかったのですが、突然集中してしまい、車検整備(整備のみも含め)4台も入って来たんですが💦

普通、車検整備だと民間車検場なら1日、持ち込み車検だと2日程度で作業が終わるのですが、当然、2日で終わる予定もありますが、古くなるとそれ以上も掛かることもございます。

年式が古くなると当然、時間も掛かりますが、まとめて4台も一気に入庫することが少なかったので、見積もりも含め車検整備に追われる1日でした!!

なので・・・リアルタイムでは無い作業ですいませんが、ニッサン・セレナのマフラー交換を!!

Dscn051901

こちらは、C26系の4WD車ですが、マフラーの消音器部分からカラカラ音が出るとのことで、中が錆びて部分的に朽ちているのだと思うのですが、新品マフラーが高いので、中古で交換する事を選択!!

Dscn052101

まずは、交換前の写真

Dscn052201

こちらは、テールマフラーで、今回の不具合部分ではありません

Dscn052301

こちらが、今回の異音原因であるセンターマフラー!!

Dscn052501

マフラーを取り外そうとしたら・・・案の定、ボルトが折れてしまいました

マフラー交換にはあるあるなので、事前にボルトは用意しています

Dscn053001

写真右は、取り外したマフラーで、左は購入したマフラー!!

Dscn053101

交換前に注文済みのガスケットとボルト&ナットです

Dscn053301

いざ、組付けようとしたら・・・

外したマフラーと届いた中古マフラーに違いがありました👀💦

角度が思い切り違っていて、最初は同じセレナでもマフラーに違いがあるのかと思ったんですが、単純にぶつけたのか?それとも輸送時に乱暴に扱われて曲がってしまったのか?定かではありませんが、角度が違うので、叩いて調整!!

Dscn053501

修正後です(写真左です)

曲がってる時点で、この状態で写真を撮ればよかったと後悔してますが、曲がった状態で販売してるのも変ですから、輸送時のトラブルでしょうか?

絶対とは言い切れないので何とも言えませんが、中古を販売する側も十分注意してほしいです!

Dscn054001

修正したので無事に組付け出来ました

Dscn053801

テール側も無事に組付け

Dscn054101

最後は、排気漏れが無いか直接手で確認(センターマフラー側)

Dscn054301

同じく排気漏れ確認テールがです

いずれも問題が無かったので完成です!!

新品部品なら、よほどのことが無い限り、安心してお乗りいただけると思いますが、中古部品は、何時まで持つか?使って(乗って)みないと分からないし、ましてや当社で用意した中古部品ではないので、まったく分かりません!!

リスクは伴いますが、運が良ければ長くトラブルは起きないかな・・・??

2020年1月19日 (日)

トヨタ・ライトエースワゴン、水漏れ、オイル漏れ、異音修理編その4(^^;

今日は、前日とは違い晴天に恵まれたのですが・・・

店主は午前中から、デジカメがおかしくなり、仕方なく代替えのデジカメを購入!

ところが、途中で何事もなかったように治ってしまい機嫌が少々悪い店主です💢

Dscf006101

長くブログの写真を撮ってくれたニコンのカメラですが、お役御免になりました💦

他に致命的な不具合が無いので、メーカーに修理を出して使えるようにしますが、今後の余生はどうするか?検討中

Dscn062701

こちらが治った後に撮影した、今度新しくブログの写真を提供するデジカメです!!

ちなみに、初代がパナソニック製、2代目がフジフイルム製、3代目がキャノン製、4代目がニコン製でしたが、5代目は戻ってしまいましたがフジフイルム製です(単純に安かっただけです👀💦)

今回のカメラは、レンズが取り外し可能な限りなく一眼レフのお子様バージョンになります

使い方がわからず写真の大きさがぎくしゃくしていますが、そのうち固定する予定ですので、今しばらくご辛抱いただけますと幸いです

さて、本題へと

Dscf001901

ようやく、燃料ホースも取り付け、冷却水のバイパスホースも組付け、ラジエータ内のヘドロのような錆びをお湯を使って千s上しました

上の写真が、ラジエータから抜いたお湯ですが、かなりさび色が取れ、中のさびも一緒に出てきました!!

この作業を3回繰り返して

Dscf004401

冷却水を入れて水漏れ部分はこれで一時ストップ!

ミッション系を分解しているのでエンジンは掛けられないので!

次に、ミッションから外したチェンジレバー部分なんですが、お客様からパーツリストがあるので確認して組付けてと言われたのに

Dscf005001

写真左は、ミッションの展開図と締め付けトルクが乗っていて、漏れてるオイルシールがここに使われているのは分かったのですが

写真右のパーツリストはあくまで車検に必要なパーツと外装しか乗って無く、ミッション、デフなどのパーツ番号はありません👀💦

どれ使っていいか?分からずですが・・・

Dscf004701

いただいた部品(写真右)のどれかだろうと、ざっくりですが分解してから考えようと思います👀💧

ちなみに・・・

Dscf005301

こちらが展開図

Dscf005501

次に取り付け用のガスケット製作!!

うまく外したんですが、写真右の白い部分は、すでに欠落して無かった?

つまり、ここからもオイル漏れしていたんだと思いますが、ガスケットも無いので作ります!

ちなみにミッション側からも・・・

Dscf005901

正確を期すため魚拓も取っておきました(ウェブ魚拓ではありません)

ちなみにオレンジ色のガスケットは、ミッション、デフ等に使う紙パッキンになります

中々作業が進まず、お客様にはご迷惑をお掛けいたしておりますが、なんせ古いので、慎重に慎重を重ねて作業していますことご理解いただけますと幸いでございます

 

 

 

2020年1月18日 (土)

トヨタ・ライトエースワゴン、水漏れ、オイル漏れ、異音修理編その3(^^;

今日は、朝方は雨だったのですが、少しづつ寒くなり午前10時ころには霙から雪に変わりました!!

昼に少し晴れたんですがすぐに霙まじりの雨になり、寒~い1日になりました!!

さて、昨年からお預かりのライトエースの続きです

Dscn055901

チェンジレバー部分を取外し後のミッションです

Dscn056101

オイル漏れで外したチェンジレバーユニット!

Dscn056301

ミッション側は、しばらく放置状態になるので、ゴミが入らないようにウエス等でカバーしておきます。

Dscn056501

外したユニットとお客様からご用意いただいたパーツ(オイルシールなど)です

Dscn056701

まずは洗浄するためにバックスイッチ、ニュートラルスイッチは取り外します

外した後、洗浄する間に燃料ホースが来たので交換作業します!!

Dscn057101

写真左が市販の新しい燃料ホースで、右は外したホース

Dscn057201

燃料ホースに付いてるカバーホースは再利用します

Dscn057701

ホースバンドも新しく交換しました

Dscn058101

最後に、冷却水のバイパスホースを組付けて完成です!!

あとは、クーラントを入れるだけですが、ミッション側を外した状態でエンジン始動は難しいので後日になります

ちなみに、ラジエータ本体の洗浄も後日になります

Dscn058601

次いで仕事なんですが、カプラーの接触部分が錆びてしまっていたので、接点復活剤で処理後、組付けました

Dscn058901

最後は、分解前に洗浄したユニットです!!

次回は、分解して漏れの原因部品交換とガスケット製作して組付けブログになります👀✋

しかし、今年最後のセンター試験だそうですが、なんで何時も雪が降る確率が高い日を選ぶのでしょう?

最後なんで、次回の受験生は変わって行くと思いますが、今まで雪で交通機関の影響などで受験が出来なかった方も存在すると思うと、今更ですが何故?と心が痛みますね👀💦



 

2020年1月17日 (金)

フィアット500、車検整備編その2完成(^^;

明日は、もしかして千葉も雪になるかも知れませんが、今年は暖かいので、降っても積もらないと思いますが・・・

さて、フィアットの続きになりますが、ハイマウントストップランプは、ネットで調べると接触不良が多いとのお客様のご連絡をいただき、修理が出来るならと取り外して修理することになりました

Dscn038401

まずは、キャンバストップ内張シートを外して・・・

Dscn038501

めくるとハイマウントの配線と取り付けネジが見えるので4個外します

Dscn038901

取り外し後の外側からの写真

Dscn039201

ハイマウント本体はルーフスポイラ裏からネジ止めになっています

Dscn040001

ちなみに非分解なので、カッターナイフなどを駆使して分解しました

矢印部分のLEDが不良で点かないのですが・・・

Dscn040201

すでに、LEDが外れており、うまく抑えると点灯するのですが、押さえつけることも出来ず、この部分の周りを切って、半田で固定するも、うまく行かず、修理が出来ませんでした👀💦

仕方なく、お客様に説明して新品を取り寄せることになったのですが、土日祝日も重なり、届いたのは6日後の昨日!!

その前に、フロントブレーキパッドとブレーキローターが先に届いたのでこちらから

Dscn046201

外国車は、ブレーキパッドとローターが一緒に摩耗することはご存じかと思いますが、国産車に一度でもお乗りになった方は、必ずローター研磨のお話をいただくのですが、国産車は、元々パッドが減る方法を採用してるから少しだけ削れても研磨は可能です。

ただ、外国車の場合は、先ほども言いましたが、一緒に削れてしまうので、すでに交換するころには限度を超えてる場合が多いのです。

試しに外したローターの限度を測定したので、ご理解いただけると思います!!

Dscn047501

外した写真右のローターを・・・

Dscn046301

正確を期すためマイクロメーターで!

写真のローターに数値が記載されていますが、限度値は18.2mmとなっていますが、測定すると

Dscn046601

すでに18.2mm以下なのがお分かりかと思います

つまり、パッドがすり減ったころにはローターも限度を超えています!!

まれに、ベンツやBMWなど一部の車種でローターが限度内の場合があります。その場合はローター交換をしなくても大丈夫かもしれませんが、当然ブレーキ鳴きや、パッドの残量がまだあるのにローターが限度を超えてしまうなどリスクも出ますので、無難にセットで交換することを是非、お勧めいたします。

説明が長くなりましたが💦

Dscn047801

右側交換後

Dscn048201

左側はパッドセンサーが付いています

Dscn054401

話が飛びましたが、無事に新品のハイマウントランプ取り付け後です

この後、無事に車検場にて合格し、お客様にお渡しいたしました👀✌

それほど、古い車でも無いのに車検で1週間以上掛るとは、やはり外国車はあなどれませんね👀✋



2020年1月16日 (木)

ルノー・カングー、訳ありバルブ突き上げヘッドオーバーホール編その6完成?(^^;

せっかくの3連休だったんですが、結局、祭日以外は半分仕事をしていた店主です💦💦

さて、本来なら先週末に完成予定だったルノー・カングー❗❗

店主のミス連発で、水漏れからオイル漏れまで起きてしまい、ほんとに情けないのですが失敗の内容も含めアップさせていただきます。

Dscn033001

この時点では、まだミスに気が付かずエンジンを始動出来るように組付け中です

Dscn033201

エキマニ組付け中

Dscn033401

中古で購入したエンジンですが、エンジンオイルが入っていて抜き取ってないようです!!

ヤフオクなので、業者も適当なんでしょうね?ちょっとショックでした!

Dscn033601

エアコンのガスもチャージしないとなりませんので組付けます

Dscn033801

作業が変わりますが、ミッションのシフトリンケージ組付けです

Dscn033901

またまた作業が変わりますが、何故か?スタビのリンクブッシュが無いことに気が付き👀⁉

うかつでした!!まさかの確認ミス???

でも・・・車検を去年の春ぐらいに取ってるので(弊社で車検はしていません)、よく車検が受かった?もしくは車検時は付いていた?

摩訶不思議ですが、こすってる跡があるので、音は出ていたと思うのですが、注文も間に合わない状況なので・・・

Dscn034201

たまたま、中古のゴムブッシュが当社にあったので組付けます(国産車の部品ですが同じでした)

Dscn034401

組付け後です

Dscn034601

ちなみに反対側の純正ブッシュです

Dscn039501

ここまで組付けて冷却巣を入れたら・・・

Dscn037201

笑えないのですが、ウォーターポンプのボルトを1個付け忘れてしまい、ダダ漏れです!!

でも、良かったのは、ウォーターギャラリーに直接空いたボルト穴だったので発見が出来ましたが、違うボルトが1個付け忘れていたらと思うと、シャレになりません!

当然ですが、ボルトの取り付け忘れが無いか?再確認して組みなおしました。

2個のエンジンから付け替えたりするとボルトが余ったりするので、ここは反省点です!!

次は、大丈夫だろうと思い・・・

Dscn039401

無事にエンジン始動!

良かったぁーと思いチェックしてると・・・

Dscn039701

今度は、エンジンオイル漏れです???

自分ではミスは無いと思っていただけに納得は出来なかったのですが、もう一度分解することに・・・

Dscn040501

写真では分かりづらいのですが、オイルシールの一部がめくれていて、そこからオイル漏れが発生していました!

インテーク側のカムシール1個だけ、付属の治具を使わずに入れてしまったので、それが原因だったようです!

確認したときは気が付かなかったので大丈夫と思っていましたが、うかつでした👀💦💦💦

当然、在庫が無い部品のため、注文するも祭日も重なり今週へと作業が中断です

Dscn050001

カムシャフトを外すので専用の治具を付けます

Dscn050101

Dscn050401

カムプーリー、カムシャフト、クランクシャフトそれぞれ組付けてカムプーリーを戻した後

Dscn050701

写真では分かりづらいですが、めくれていました

日本のオイルシールってゴムが少し集めで、強引に組付けなければ早々めくれた状態にならないのですが、ルノーのオイルシールは薄くて材質が悪いので、慎重に入れてもうまく行かないほどシビアな部品です

なんて言い訳しても所詮言い訳なので、先に進めます

Dscn050801

ちなみにこんな感じ(写真上)下側の切れてるのは取り外す際に出来た傷です

Dscn051301

新しいオイルシール組付け後です

新しいと言っても、外したシールも新品だったんですが・・・👀💦💦💦

Dscn051501

元に戻していきます

Dscn051601

反対側も組付け、元に戻しエンジンを掛けて漏れが無くなった事を確認して完成となりました!

最後は、テスト走行して問題がなければ最終的に完成となります!!

店主もミスも重なったのですが、まだ完成とはなりませんが、ここまでくるとようやくホットします。

明日、無事に完成となれるよう願いたいですね👀✋












💦💦💦





 

 

 

2020年1月12日 (日)

トヨタ・ライトエースワゴン、水漏れ、オイル漏れ、異音修理編その2(^^;

明日は、成人式ですが、第2火曜日定休も重なり、明日より3連休となります。

さて、部品が供給がほぼ国内では厳しいライトエースワゴン!

水漏れ修理の続きになります

Dscn042401

水回りの不具合なんですが、何故か?燃料ホース側に影響が出てしまったようで、急遽、燃料ホースを交換することにしました!

ただ、前回のブログではこんな状態になってないので燃料漏れが原因ではありませんが、ホースバンドのサビで劣化もしてるので交換することにしたんですが・・・

市販の燃料ホースが在庫切れで急遽、注文しましたがすぐには来ないので作業ストップになりましたが、出来る作業を続けます

Dscn042601

まずはホース取り付け部分がサビと水垢がひどいのでサンドペーパーを使い面取り

Dscn042901

外した部品も塗装し、交換できるホースは市販品で対応

Dscn048401

試しに市販ホース仮付

Dscn048501

残念ながら一部ホースは再利用しました!

物理的に難しい曲がりだったので・・・👀✋💦

Dscn048701

組付け中

Dscn049101

ラジエーターの洗浄もあるので、アッパーホースはわざと上に向くようにしています

燃料ホースが届き次第、水回りの修理は完成しますが(漏れが止まれば)次にミッションのオイル漏れ修理へと

Dscn049301

ここまで漏れてるのはひどいです

Dscn049501

まずは、オイルを抜くところから・・・

本日は、ここまでになりますが、色んな車を作業してる関係で、続けてアップが難しいのが現状なため、ご理解いただけると幸いです!!

 

 

2020年1月11日 (土)

フィアット500、車検整備編その1(^^;

昨日は、ブログをお休みしてしまい、誠に申し訳ございませんでしたm(_ _)m

実は急遽、新年会の打ち合わせがあり、ブログアップが出来ませんでした。

前にもお話はしてると思いますが、組合の役員をしておりまして、今年は我が支部が幹事になる関係で会計をしてる店主が急遽呼ばれた次第です。

さて、余談失礼しますが、今回のブログに関係ないルノーカングーですが、水漏れの次はオイル漏れとアクシデント続きで次回にアップしますが、さすがに水漏れ同様、店主のミスです👀💦💦💦、ほんとに申し訳なく思っています。

これは、偽り無くアップします!!

さて、本題へ

Dscn035001

今回、車検整備でご入庫のフィアット500になります

最初にご報告いたしますが、弊社では、残念ながらフィアットも含め一部の外国車ならびに詳しい自己診断の学習と制御系の学習が出来ません!!

なので、この車両もそうですが、アルトターボのようなマニュアルなのに自動変速機タイプなどの修理は出来ませんので、ご了承くださいませ!!

ちなみに、今年には自動運転車両の修理も含め、外国車全般で修理が出来る診断機購入をする予定ですので、今しばらくお待ちくださいませ!

余談が多くてすみませんが進ます

Dscn035301

エンジンルームです

Dscn036001

フロントのブレーキパッドが無いので交換ですが、部品調達の関係で後日アップです

Dscn036201

リヤブレーキ

ハブまで外さなくてもブレーキ確認は出来るのですが、ABSセンサー部分に汚れが酷かったので清掃も兼ねて外しました!

呉れ作動したら嫌ですから!!

Dscn036601

エアーエレメントは交換します

Dscn035701

エアコンフィルターは汚れてるので・・・

Dscn040701

新品へと交換です

Dscn035401

ちなみに、エアコンフィルターの位置はここです(運転席奥になります)

元々、左ハンドル車なので日本仕様は交換が面倒です💦

Dscn036501

次に、前回の修理で指摘したショックアブソーバーのオイル漏れがあり、今回中古部品ですが交換します

Dscn036801

写真左が交換する中古部品で右が外した部品です

今回は、左右リヤショックアブソーバー&サスペンションを交換しました

Dscn037101

交換後です!!

次に、フロントブレーキは、交換するんですが部品が無いので、当初、先に車検を通す予定でしたが・・・

Dscn038101

LEDのハイマウントストップランプが3個ほど切れていました!!

当たり前ですが、1個でも切れてると車検は合格出来ませんし、LEDなので、修理も厳しい状況です

ただ、普通の電球タイプだとめっちゃ安いのですがLEDは国産車ですら2万円前後する高額部品です

なんとか治して車検を受ける方向で作業をしますが・・・

今宵は、ここまでになります

次回、詳細をアップします!!

 

 

2020年1月 9日 (木)

トヨタ・ライトエースワゴン、水漏れ、オイル漏れ、異音修理編その1(^^;

本日は、ルノーカングーのエンジン始動までのブログをアップしたかったのですが、店主のミスでトラブル発生!!

後日、ミスも含めアップしますが、店主的にかなりの凡ミスで少し凹んでいます💦

さて、以前にも修理、車検等でご入庫歴があるトヨタ・ライトエース!

Dscn025601

旧車もあり、あちらを治すと今度は他がみたいなトラブルがあり、今回は、お題の通り水漏れ、オイル漏れ、異音と修理内容が多いのですが、まずは、水漏れから・・・

Dscn025801

エンジンルーム

この時代のキャブ車は、昭和53年の排ガス規制の直後の車両のため、今でこそインジェクションに変わっていますが、まだ、キャブ車でなんとか排ガス規制をクリアーさせようとしてまして・・・これでもかと言うほどバキュームホースとソレノイド、アクチュエータのてんこ盛り仕様になっており、分解するだけで骨が折れるようなクルマですが、今回は排ガス規制の制御となる水回りのホース交換になります!!

Dscn026001

その前に、水漏れが激しいとオーバーヒート気味になり、水を足したししながら乗ってると何故か?ブロックのサビが発生してヘドロが出来ます!

ラジエーターを交換するのが最善ですが、エンジン側も洗浄しないとならないし、ヒーターコアも洗浄が必要になるので、トータルでオーバーホールしないと成らなくなり、予算がかなり高額になってしまうので、後で熱湯を入れてラジエーターのみ洗浄したいと思います(気休めですが)

Dscn026901

もう少し良く見ていただきたく、写真を撮ったものの、うまく撮れなかった(素人なんでご勘弁を✋)

Dscn027101

次に水漏れ原因であるバイパスホースとパイプになります。

これは、インテークマニホールド(インマニ)下に入るウォーターバイパスホースパイプになるんですが、サビとホースの劣化で漏れてきています

Dscn027301

取り外し後ですが写真奥側はウォーターポンプからのホース口になり、手前が漏れの主原因部分です

Dscn027701

矢印の部分は、インマニ下側に入るウォーターパイプになるのですが、ほぼサビで状態がよくありません

ただ、ホースバンドを締め付けするための面積がまだ残っているので、サンドペーパーで綺麗にして組付けたいと思いますが、組付けても漏れる場合は、インマニ脱着して加工修理でしょうか?

Dscn028001

外したバイパスホースパイプです

Dscn028201

ホースは、市販のヒーターホースを使って組んで行こうと思っております。

今回は、ここまでしか作業していませんが、こちらも作業が進み次第、アップさせていただきます!!

 

2020年1月 7日 (火)

ルノー・カングー、訳ありバルブ突き上げヘッドオーバーホール編その5(^^;

正月休みが終わって、仕事初めから2日目、何故か筋肉痛の嵐👀💦

たかだか、FF車のいエンジン載せるのにめちゃ疲れました・・・歳かなぁー⤵

余談になりましたが、昨日はクラッチワイヤーが届き、本日はクラッチキットが届きました

Dscn024901

クラッチワイヤー!!

Dscn028501

クラッチ3点キット!!

ようやく、エンジンを載せられます✌

まずは、エンジンを載せると作業が面倒なクラッチワイヤーから

Dscn024601

事前に取り外しはしていましたが矢印部分に室内へとワイヤーが入ります

Dscn025201

新品ワイヤー組付け後です

Dscn025401

室内から見た新品ワイヤーです

Dscn028801

次は、本日届いたばかりのホヤホヤクラッチを組付けますが、写真下に写ってるエンジ色の棒は、純正などに付属のセンター出しパーツです!

Dscn029001

当然、レリーズベアリングも交換なので交換後です

Dscn029201

写真の角度が悪いのですが、センターになっています

ここから、エンジンを組付けていきます

Dscn029401

ミッションに合体!します💦

Dscn029501

作業途中を思い切り端折っていますが、無事合体し、ファンベルトも組付けました(後でベルトを組むと面倒なので!!)

Dscn029701

ちなみに、ファンベルトは、リブベルトなのですが、このカングーに関しては6PKのベルトでした!

なので、車検と一緒にタイミングベルト交換した業者は5PKのベルトを取付けたことになります。

ちなみに、6PKでも5PKでも、取付けのミスが無い限り問題はありませんので、異常ではありません。

Dscn029901

車台に組付け中

Dscn030201

まずは、エンジンが干渉しないように組付けています

Dscn030401

リフトで作業してるので、慎重に作業中

Dscn030901

無事に、メンバー取付けまでたどり着きました✋

ここからは、ハーネスなど補機類作業になります

Dscn031701

ここからは写真のみにて失礼!!

Dscn031901

Dscn030701

作業中、気がつけば暗くなっていましたが、今宵はここまでになります

次回は、いよいよエンジン始動まで進み、完成と行きたいと思いますが・・・

問題は、エンジン内部のプロフィールが変わっていないことを祈るばかりです👀✌



 

2020年1月 6日 (月)

ルノー・カングー、訳ありバルブ突き上げヘッドオーバーホール編その4(^^;

新年、あけましておめでとうございますm(_ _)m

本年もよろしくお願い申し上げます。

昨年は、台風などの被害に遭い、決して良い1年ではありませんでしたが、本年は、皆様共々、良い1年になりますように👀✋

さて、年始は今まで以上のメールと電話のお問い合わせをいただき、おかげさまで今月は、ほぼ予約で埋まるという状況になっております。

これもひとえに、お客様のおかげと感謝申し上げますが、逆に年末年始中にトラブルに合われたお客様に対しては、ご心中をお察しいたします。

さて、年越しになったお車の続きになります!!

クラッチディスクが限度を超えていたので、注文になりましたが、年内には間に合わないので、まずは交換する中古エンジンを少しでも早く載せられるように作業を進めて行きます✌

Dscn021301

まずは、今回タイミングベルト、オイルシール交換に必要な特殊工具を購入💡

純正だと、めちゃ高いのでアマゾンで社外工具をゲッツ✋

参考ですが、純正は全てを揃えると役6万強、アマゾンで購入したセットは役2万弱!

約3分の1ですが、毎回ルノーのタイミングベルト交換が来る保証も無いので、かなりの痛い出費ですが、正確を期すためには仕方がありません!!

Dscn017901

購入した中古エンジンに試しに取付した状態(カムプーリー側)

Dscn018001

こちらは、タイミングを取るためのカムシャフト固定工具

Dscn019901

圧縮上死点を取るための工具(写真中央)

これらの特殊工具を駆使してタイミングベルト、オイルシール交換をしていきます!!

なお、ウォーターポンプは、壊れたエンジンから取り外して再利用です(車検時にタイミングベルト交換時にポンプも交換していたため)

Dscn018602

サクッと外してしまいましたが、滲んでるオイルシールを交換します

Dscn0188

交換前のクランクシールです

Dscn019001

同じく交換前のカムシール!

どちらもオイル漏れしてることが判ります

Dscn019101

こちらは、今回交換する部品と外した部品です

Dscn019401

クランクシールから交換していますが、純正にはオイルシールをスムーズに取付出来るようにプラスチックの工具が付属しています(白いカラー)

Dscn019601

カムシャフト側も同様です(これは便利です👀✋)

Dscn020301

オイルシール組付け後、カムプーリー取付中

Dscn020401

タイミングベルトも組付けましたが、カムプーリーもまだ固定していないので、プーリーとクランクタイミングギヤーで空回りする状態ですが・・・

Dscn021001

特殊工具で固定後、クランクプーリーを仮締めし、カムプーリーを正規のトルクで締めますが、最後は何故か?角度締めです

カム側を規定値に締めたら、最後はクランクプーリーを規定の角度締めで締め付けます。

Dscn021501

締め付けが全て終わったら、カムシャフト側の特殊工具を外して盲蓋して完成です

後は、補機類など、エンジンを載せられる状態に組み付けて行きます

Dscn021601

今回、関係が無い部品ですが、せっかくなのでサーモスタットも交換しました!!

安い部品ですし、単独で作業するとそれなりに工賃が掛かるので、ついで作業になります

Dscn021901

ほぼ、組付けが完了

Dscn022101

エンド側です

後は、クラッチ部品が来れば、載せられる状態ですが、この時点では来年になってしまうので、出来る作業をします

Dscn023501

まずは、ナンバー灯(ライセンスランプ)を交換します

これは、元々ご依頼されていた追加作業です

Dscn023801

新品との比較写真は無いのですが、交換後になります

次に・・・

Dscn024201

仕方がないのですが、ハーネスをカバーしてるコルゲートチューブが熱でボロボロになっていたので、せっかくだから補修しました

Dscn024501

補修後です

日本車だと、専用のパーツで配線を覆っていますが、ルノー系は、ホームセンターでも売ってるコルゲートチューブが使われていたので、容易に補修が出来ました

少しは見た目が良くなったと思いますが、後は組付けた後、無事に問題なくエンジンが掛かってくれることを祈ります

しかし・・・去年まで暖かったので寒さがキツイですね💦

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ