« ホンダ・インテグラDB8、タイミングベルト、ウォーターポンプ他、交換編(^^; | トップページ | マツダ・コスモスポーツ、エンジンオーバーホールその15組付け編(^^; »

2019年11月10日 (日)

マツダ・コスモスポーツ、エンジンオーバーホールその14組付け編(^^;

長丁場シリーズになっておりますコスモスポーツ、エンジンオーバーホール編👀💦💦

ようやく、組付け準備へと進みます!

Dscn860401

フロントカバーのオイルシール交換です

準備は色々とありまして、細かい作業は続きます

Dscn860501

デストリュビューターの土台になるドリブンギヤー部分を取外しました

組み付ける段階でズレるので、予め抜いておきますがパッキンはやはり無いので自作しました!!

Dscn863201

本当は、ボルトナット類を新品に交換したかったのですが、当時の規格にあう物が少ないので、実験でサンポールサビ除去です

Dscn863601

除去中にオイルパンを再塗装します

Dscn864001

他に、クランクプーリーなども塗装し直します

Dscn864201

塗装後

Dscn864501

ちなみにオイルパンの補強ステーは、シルバー系に!!

Dscn866501

サンポールでサビを落としたんですが、深いサビは落ちませんね?

ちなみに、洗浄後、アルカリ性の洗剤系で中和しました!!

Dscn866701

リヤのローターハウジング

シリーズのブログでは書いていますが、同じロータリーエンジンでも初期型は、フロントから組み付けるのでは無くてリヤ側から組み付けるようになってるので、リヤのローターハウジングから仕込みをします??

ロータリーエンジンを組み付けてる事がある方は当たり前だと思いますが、テンションボルトで締め付けが完了するまで、一気に組み付けないとなりません。

何故かと言うと、液体ガスケットを塗る部分がある関係で、途中で翌日に作業を中断できないからです!

なので、容易周到に仕込みは必要になるのですが、13Bエンジンと違い、腰下部分(オイルパン部分)だけ液体パッキンを塗るとの違い、ハウジングの水穴部分にも液体パッキンを塗らないとなりません?

後で説明はしますがまずは先に進めます

Dscn867001

写真は、ローターの位置が逆になっておりますが、組み付け時に正規の位置から組み付けております

Dscn867201

最初に組む側にテフロンオーリング、外側のオーリングを組み付けました!

ただ、今だから白色ワセリンを使って組み付けますが、当時のマニュアルだと数カ所にグリスを塗って組み付けるとなっています

でも、組んでみるとオーリングとハウジング側の隙間が少し大きいのか?うまく組めないので、全体的に濡れる白色ワセリンは助かりますし、液体パッキンを塗る際に脱脂するのですが、ワセリンは容易に拭き取れるので作業は楽かと思います!!

この日は、組み付ける前なので、あえてこれ以上の作業はしていません!!

Dscn877601

さて、いよいよ組み付けになります👀✋

この日は、オーナー様立ち会いのもと、作業を進めますが、本日はここまで!!

次回は、テンションロッド組み付けまで進みます👀✌



 

« ホンダ・インテグラDB8、タイミングベルト、ウォーターポンプ他、交換編(^^; | トップページ | マツダ・コスモスポーツ、エンジンオーバーホールその15組付け編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ