« マツダ・コスモスポーツ、エンジンオーバーホールその15組付け編(^^; | トップページ | マツダ・コスモスポーツ、エンジンオーバーホールその17組付け編(^^; »

2019年11月14日 (木)

マツダ・コスモスポーツ、エンジンオーバーホールその16組付け編(^^;

夕方から涼しくなったとは言え、日中は少し暑かったですねぇー!!

今年も木枯らし1号は吹きそうもなさそうです!!

さて、エンジン内部は組付けたので、次にフロントまわりとフライホイール、クラッチ、オイルパンを取付けていきます

Dscn892601

まずは、仮組みをして、スラスト隙間の点検をします

Dscn892701

隙間に問題がなければ、本組みをしていきます

Dscn893601

作成したガスケットを載せ、組付けていきます

Dscn893201

フロントカバーのオイルシールは、先に組付けても良かったのですが、今回は最後にしました

Dscn893701

さて、ここからはサービスマニュアルが詳しくないので、以前の写真を見ながら、カバーボルトを間違えないように組付けていきます

Dscn893901

角度を変えて

Dscn894101

クランクプーリーを取付けて、フロントは完成

Dscn894501

次にリヤ側ですが、パイロットベアリングを交換します

Dscn894301

拡大写真!!

本当なら、エンジンを分解する時点で抜き取って置けばよかったのですが、まさか部品が出るとは思ってもいないので、外していませんし、エキセントリックシャフト単体で交換するのも大変かなと思い、組付けてから抜くことにしたので、リヤオイルシールの間に異物混入を防ぐため、ウエスで対策!!

Dscn894901

今どきのプーラーで抜けるか?心配でしたが無事に抜けています

Dscn895201

写真右が外したベアリングとオイルシールで左は新品です!!

Dscn895401

組み付けですが、叩いたら潰れそうなベアリングなので、逆転の発送で、ベアリングプーラーをプレス機にして押し込みます

Dscn895601

圧入中を拡大した状態

Dscn895901

ベアリングとオイルシール組付け後

Dscn896301

さて、フライホイール組み付けです

10Aロータリーには、リヤ側にバランスウエイトが無い代わりにフライホイールがかなり重いです💦💦

ちなみに、すでに締め付けてロックワッシャーで固定した後です

Dscn896801

オイルパンを組む前にクラッチディスクとカバーを組付け

Dscn898901

組付け中

Dscn899601

完成です

錆びてますが、問題はありません!!

次にオイルパンを組付けます

Dscn906001

ハウジング側は、当時にしては段差が少ないのですが、やはり凹凸はあるので、液体パッキンを塗って組付けます

Dscn907201

ちなみに、オイルパン側は塗らずに組付けます

Dscn908601

この時点で、補強プレートを組んでいないことに気づかずに締め付けてしまい💦

もう一度ナットを外して・・・

Dscn909101

綺麗に塗装したのに忘れるとは・・・👀💢

Dscn909401

次にデストリュビューターを組み付けるのですが、次回へと続きます

ちなみに、フライホイールは、磨いてリーディングとトレーリング側にマーキングし、マニュアルの指示通り0度に合わせてあります!!

次回は、エンジン組付け完成とオイル漏れが酷いミッション修理編へと続きます!!

 

« マツダ・コスモスポーツ、エンジンオーバーホールその15組付け編(^^; | トップページ | マツダ・コスモスポーツ、エンジンオーバーホールその17組付け編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ