« ホンダ・S2000、トランスミッション・オーバーホール編その4(^^; | トップページ | ホンダ・HR-V、リヤマフラー交換・前編?(^^; »

2019年10月15日 (火)

ホンダ・S2000、トランスミッション・オーバーホール編その5完成(^^;

台風が過ぎ去ってから、急に寒くなりました!!

すでに10月後半になるので、普通と言えば普通ですが、強引に薬と熱冷ましで、風邪を治したせいか?まだ鼻水と喉が治ってません💦

さて、ホンダ・S2000!

オーバーホールしたミッションをいよいよドッキングです

Dscn804001

前回、エンジンメンバーを落としたところまで、進みました!!

不具合のボルトも中途半端ですが、他の3本がうまく既定値まで緩めることが出来たので、ミッションを脱着出来ます!!

Dscn804101

角度を変えて

Dscn804301

無事にミッションをドッキング出来たんですが、レリーズフォークを入れ忘れてしまい、実は2度目です💦💦💦

Dscn804501

組付け中です

Dscn804701

外せなかった、唯一のメンバーボルトにスペーサーを入れて締め付けます

Dscn804901

当然ですが、トルクレンチ必須です👀✋

Dscn805101

次は、プロペラシャフト取付ですが、写真中央付近が元々の外した状態のボルトで、下が新品!

ちなみに、強化ボルトが6本、普通のボルトが6本なのですが、外した時のボルトは、何故か?強化と普通が前と後ろで取り付けされていました??

通常は、強化3本と普通3本で前後プロペラシャフトに固定されます

Dscn805401

こんな感じです

Dscn805501

取付中ですが、こういう状態で組付けます

Dscn805801

次に、ミッションオイルを入れて、多いオイルが抜けきったら、給油ボルトを締めます!

今回共々、通常純正ミッションオイルを使っていますが、ホンダのミッションは、FF車も含め、エンジンオイルでも可能です!

理想は、10W-30ですが、予算があれば10W-40でもOKです!

Dscn805901

下回りの組付けと一緒になりますが、エンジン廻りも組付けて行きますが、エキゾーストマニホールドから

Dscn806101

触媒、組付け後です

Dscn806601

エキゾースト側完成です

Dscn806401

本来は、最後になるのですが、チェンジレバー組付け後です

Dscn806701

クラッチのレリーズ側も組付け完成です

Dscn807001

最後は、エアコンコンプレッサー、オルタネータ、ベルトを組付け、最後は手前に有るエアークリーナーボックスを組付けて完成となります

Dscn807201

無事に、エンジン始動して、各部チェック!

問題なければ、テスト走行して、元々の主原因だった異音も確認しつつ、問題が無かったので、完成!となりました👀✋✋✋

しかし、ミッションのオーバーホールが、続くとは思いませんでしたが、普通のミッションオーバーホールって?出来ないねェー💢

 

 

« ホンダ・S2000、トランスミッション・オーバーホール編その4(^^; | トップページ | ホンダ・HR-V、リヤマフラー交換・前編?(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ