« ホンダ・S2000、トランスミッション・オーバーホール編その3(^^; | トップページ | ホンダ・S2000、トランスミッション・オーバーホール編その5完成(^^; »

2019年10月13日 (日)

ホンダ・S2000、トランスミッション・オーバーホール編その4(^^;

昨日は、風台風というより雨台風でしたね!

弊社は、今回特に被害はありませんでしたが、千葉県内でも、相変わらずの停電、竜巻被害、また首都圏では、河川の氾濫で水没された方々、亡くられた方々には、心より、お悔やみとお見舞い申し上げます(合掌)。

さて、続きになります

Dscn788601

ミッションオーバーホール中のホンダ・S2000!

問題だった、リヤカバーの組み付けに入ります

Dscn791601

プリロードは、終了済みなのですが、リヤカバーから外した状態でエンドシャフトを組付けます

Dscn792001

こちらが、組付け完了ですが、シフトのハウジングに部品が1個足りていないことに気づき注文

Dscn791801

要は、ロックピン(ノックピン)が1個元々ない状態で、調べるとやはり2個使っていたので注文です!

Dscn801901

部品が届いたので、いよいよ載せる準備です

Dscn802101

ロックピンが2個に成ってることが解ると思います

Dscn802401

無事組付けて、ミッションは完成です!!!

次は、車台側になります

Dscn792101

まずは、かじってしまったボルトが、締められる状態の最大を測定

Dscn792201

こんな感じ

Dscn792401

次に、戻せる最大値を測定!

Dscn792501

こんな感じです

つまり、スペーサーを11ミリもしくは10ミリにすれば、締付け出来るので、探したところ・・・

Dscn792901

丁度良いナットが手に入ったので、差し込めるように改造します

Dscn793201

改造後です✋

要は、削って差し込めるようにするだけですが💦

Dscn793401

次に、ボディのサビ!

普通にマニュアル通りにしていれば、こんな部分にキズが入り、錆びることは無いのですが、外す際に解らなかったのでしょうね!

Dscn793701

今回は、サビチェンジャーを使いました

Dscn793801

黒鉄に変化した状態です、ちなみにこの後、錆止めにもなるアンダーコート処理してあります

Dscn802501

次は、エンジンメンバーボルト交換です

1本、カジッた為に次のことを考え交換にしましたが、マニュアルを見ると・・・実は交換ボルトでした💦💦

Dscn802801

以前、交換はしなかったのですがスレッドコンパウンドを使って組みましたので、今回も使用します!!

Dscn803001

塗りつけて、組み込みます

Dscn803401

左側メンバー

ボルトを交換後に、ミッションを組める(脱着)状態にしますが、1本だけ正規の長さに達しないので、こんな状態

Dscn803601

右側は、下がってくれるので組付けることが出来ます!!

いよいよ、ドッキング作業ですが、今宵はここまでになりました!

次回は、間違いなくドッキング作業並びに完成編となります👀✋



« ホンダ・S2000、トランスミッション・オーバーホール編その3(^^; | トップページ | ホンダ・S2000、トランスミッション・オーバーホール編その5完成(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ