« ルノー・カングー、エアコンガス漏れ修理編(^^; | トップページ | ダイハツ・タントL375系、車検整備編(^^; »

2019年9月 5日 (木)

ニッサン・グロリアPY31系、デファレンシャルオーバーホール編その4完成(^^;

寒暖差が、多くなって来ました、皆様風邪など健康管理にはご自愛くださいませ

って、店主自身夏風邪引いてるんですが💦💦💦

さて、純正デフの普通のオーバーホールなんですが、歯当たり調整用のアジャストワッシャー以外、すべてのシム、ワッシャー、スペーサーを交換する事になったグロリアディファレンシャル!!

Dscn678501

まずは、ビスカスLSDのサイドギヤークリアランスが大きく成っていたので、ワッシャーを厚いのに交換(写真左)と、非交換なんですがスペーサーがやけに潰れていたので、こちらも交換(写真右)

Dscn678801

ワッシャーを組み付け後、再度確認して、範囲内に収まったため、リングギヤーを組み付けて規定トルクで締めて行きます

Dscn679001

締め付けトルクが大きいので、こんな感じで締め付けました

Dscn680101

サイドベアリングの、プリロードですが、プリロードがゼロ??なので、シムを厚いのに変更するんですが、在庫でストックしてるシムを入れ替えようとしたのですが、丁度良い厚みがなくてこちらも注文!

Dscn680201

写真の長いスペーサーを組み付け、現状のデフに付いていた、スペーサーとシムで、一度組み付けたら・・・プリロードオーバー!

でも・・・LSDも組めばトータルプリロードはOK!ですが、それはおかしい話なんで、スペーサー(アジャスト)とシム(アジャスト)を注文し直します!!

Dscn693701

届いた部品(写真下)

何度も言いますが、基本的にベアリングの精度は高く、狂っていても千分の何ミリ単位なので、極端にズレる事ってあまりありません!

なので、どうして??って感じですが、文句を言っても、プリロードが範囲に入る訳では無いので、届いたスペーサーとシムで、確認していきます

Dscn694601

ようやく、ピニオン側が範囲内に収まったので、今度はディファレンシャル側を取付けて測定していきます

Dscn696201

届いた、サイドベアリングシムです

Dscn696401

ギヤーのバックラッシュの範囲内に収まり

Dscn696701

歯当たりの確認(正回転側)

Dscn696901

バック側

写真では分かりづらいと思いますが、範囲内でした!

これが、ズレてると異音の原因になります

Dscn697001

オイルシールを組み付け

Dscn697301

新しいロックナットで、正規のトルクで締め付けます

Dscn697401

サイドベアリングのオイルシールを組付け中

トータルプリロードの写真を撮り忘れましたが、間違いなく範囲内です!

Dscn697701

すべての調整にOK!が出れば、組付けはサクッと進みます、デフカバー組付け中

Dscn697801

いよいよ、ドッキングです

Dscn698001

組付け中

Dscn698201

デフを組み付ける前に左のドライブシャフトを組み付けて起きます

ちなみに、ドライブシャフトを組み付けなくてもデフオイルを入れることが可能なので、オイルを先に入れました(右がまだ入っていません)

Dscn698501

無事に完成となりました

後は、テスト走行して異音や、不具合、オイル漏れ等が確認出来なければ、最終的に完成です!!

デフだけ綺麗なので、少し浮いていますね!

ホントは、全部綺麗にしたいんですが・・・👀✋



« ルノー・カングー、エアコンガス漏れ修理編(^^; | トップページ | ダイハツ・タントL375系、車検整備編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ