« ホンダ・CR-Z、マニュアルミッション不具合修理編その1(^^; | トップページ | スズキ・ワゴンR、エアコン延長保証修理編その2完成?(^^; »

2019年8月 4日 (日)

スズキ・ワゴンR、エアコン延長保証修理編その1(^^;

「殺人的猛暑」と言われる方が多いですが、たしかに凄まじい暑さ!

午前中なのに、車を移動させようとしたら、革製(合成も含む)のシートに座った瞬間、熱すぎて座れなかった💦💦

ツナギ着てるのに・・・火傷するかと思った!仕方なくバスタオルを引いて移動しましたよ👀💢

さて、スズキの車に、エアコンが冷えなくる事例が多く有って、メーカーが製造の不備を認め、対象車両に延長保証が掛かってることはお気づきかと思いますが、弊社でも2台目の対象車両がご入庫となりました!

弊社は、スズキの看板を上げてる関係もあり、すべてのリコールや保証修理が可能な訳ではございませんが、こういった作業に関しては可能となっております。

Dscn598401

いつも、車検でご入庫の車両なんですが、突然エアコンが効かなくなりガスが漏れていて、調べたら対象車両でした✋

ちなみに、平成25年頃に新車で販売されたスズキの車両が対象になってるようですので、エアコンが急に冷えなくなったと思ったら、ディーラーもしくは、スズキの看板がある整備工場にお問い合わせくださいませ!

原因は、エバポレータ(室内の熱交換ユニット)がガス圧に耐えられない強度らしく、5年ほどで壊れる事例が多かった為に延長した保証作業になります。

ただ、本来は室内ユニットのみの原因なので、そこだけ交換することが多いのですが、スズキはコンプレッサー、リキッドフィルター、エアキスパンションバルブまで保証対象にしています。

Dscn598601

まずは、室内のダッシュを外す作業から開始になります💦💦

Dscn598801

こちらは、保証で交換するパーツです

主原因のエバポレータ、エキスパンションバルブ、リキッドフィルター、コンプレッサー、エアコンガスなどです

Dscn599001

作業中

Dscn599301

ダッシュ取り外し後!!

エアコン、ヒーターユニットが見えました

Dscn599501

次は、エンジンルーム側のヒーターホース、エアコンパイプを分離します

Dscn599901

外したエアコンユニット!!

Dscn599601

車内は、こんな感じですが、何もないと違和感ありありですね!

Dscn600001

早速、ユニット分解してエバポレータが見えました

Dscn600201

やはり、エアコン内の潤滑オイルでべっとりです

Dscn600301

せっかくなので、コンプレッサー内のオイルのニオイ消しも含め洗浄しました

Dscn600601

後は、逆の手順で組み付けて行きます

Dscn600801

ユニット組み付け後です

Dscn601001

いきなりですみません、車両に組付け中

Dscn601101

こちらも、すでにダッシュを組んだ状態の写真になります

本日は、ここまでになりますが、後編は、思わぬトラブルが出ますが、今回の作業では修理が出来なくて、次回もお伝え出来ないのですが、それはお盆明け後に続編としてアップさせていただきます!!

« ホンダ・CR-Z、マニュアルミッション不具合修理編その1(^^; | トップページ | スズキ・ワゴンR、エアコン延長保証修理編その2完成?(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ