« トヨタ・スターレットEP71系、タイミングベルト、ウォーターポンプ、ミッション、セルモータ、エアコン修理編その3(^^; | トップページ | マツダ・コスモスポーツ、エンジンオーバーホール編その9(^^; »

2019年7月25日 (木)

トヨタ・スターレットEP71系、タイミングベルト、ウォーターポンプ、ミッション、セルモータ、エアコン修理編その4(^^;

台風が来ていなければ、多分この天候だと梅雨明けだったのかな?と思いますが、本日の工場温度35度!!

雲が多くても事実上、梅雨明け?

さて、スターレットのエアコン修理部分に入りますが、コンデンサーのオーバーホールをお願いしてる関係で、到着まで時間が有るので、取り急ぎ、エンジンを始動できるようにしたかったのですが、まさかのリビルトセルモーターの初期不良にもなり?ドタバタの7月です!!

ただ、腹が立つのは、改造車と言うだけで保証が無い!!!

でも、ようやく組み付けてさてエンジン始動となったときにセルが回らなかったら、皆さんどうお思います??

キーシリンダーのイグニッションキー部分を分解して確認したんですが、接点が摩耗して焦げてる後も無いし、電力が弱いだけでも無いし、セルモーターとバッテリー間の取付の接触不良も無し!

つまり、セルモーターの初期不良?しか無いですよね!!

元々取付けてあったセルモーターの番号を申告して同等品を頂いているのに・・・??

ここは、話し合いで、代わりのセルモーターを送っていただくことで話は付いたんですが、基本、改造車は保証なし!

でも、裏を返せば、元々不良だったセルモーターを送ってもその言葉が出る理由だから、ある意味悪徳商売になりますよね!

セルモーター自体を改造していて保証が無いなら理解できるけど、今まで何のトラブルもなかった純正のセルモーターが壊れたんだから、おかしな話だと思いませんか?

電装部品だからって、そんな言い訳が通じるのか?店主は疑問ですが、まるで、こちらが100%悪いように言われるのは少し侵害ですね!

さて、冒頭から熱い話ですみません!

エンジン、ミッション関係が無事に終わり(セルモーターはまだですが)、次にエアコン修理へと進みます👀✋

Dscn569102

まずはコンプレッサーです(写真上がEP91用で、下が元々のEP71用)が、どちらも綺麗に洗浄済み状態です

当初の予定は、旧ガスタイプのコンプレッサーから、新しいガスのコンプレッサーに交換することからビジョンが始まったのですが(エアコンの冷えが悪い理由)、いざ、入手してみると取付用のステーが違い、ステーが生産廃止も有って断念!

結局、現在付いてるコンプレッサーで対応することになりました。

ちなみに、同じE型エンジンなので、ブロック自体は同じですが、年式が新しくなれば当然、補機類も変わって来ますからステーも変わります!

当然といえば当然の事ですが、残念なことに最終型スターレットのコンプレッサーは同じではありません!

Dscn551502

次は、エバポレータ(エアコン室内ユニット)を取り外しました。

Dscn552102

外した後の室内助手席側

Dscn551602

次は、コンデンサーも外します

実は、レトロフィットを使って新ガスに変換してるんですが、コンプレッサーのオイルを入れ替えただけで、他のユニット、パイプ関係は掃除もしてない、最低限の交換もしてない状況なので、すべてを取り外して洗浄と、交換できるパーツは交換します

Dscn552302

コンデンサー取り外し後

こちらは、冷えが悪いとのことなので、オーバーホール修理してほぼ新品にします(外注です)

いつもですが、愛知県に有る杉田ラジエーター工作所さんにお願いしました!

Dscn548002

リキッドタンクは、とある車種のタンクを使いました!

少し大きいですが、容量も有るので、問題は無いでしょう!!

Dscn569302

エバポレータ、パイプ、エキパン、リキッドタンク、コンプレッサー

新品以外はすべて洗浄します

Dscn569502

コンプレッサー内部洗浄中

Dscn569602

ホースパイプ類は、写真にありませんが洗浄済みで、最後はエバポレータの洗浄中

Dscn569902

こちらがすべての洗浄が終わり、ここから組み付け作業へと✋

Dscn570102

新品のエキパン(エキスパンションバルブ)組み付け中

Dscn570302

ユニット組み付けし、スポンジも新品へ

Dscn570402

角度を変えて

Dscn570702

写真右が、容量を見るための水で、左が新ガス用のコンプレッサーオイル(エアコンオイル)になります!

ちなみに今後の事も考え、ガス漏れ検知液も入れています!

Dscn571002

コンデンサーは、まだ届いていませんが、組めるところから組み付けて行きますが、まずは室内ユニットから

Dscn570802

エンジンルームからみた室内ユニット!

Dscn571202

室内をある程度元に戻した状態

Dscn574102

コンプレッサー取付後

Dscn571402

こちらは、リキッドタンク取付けステーですが、長さがある分、加工しています(写真でお伝えできなくてすみません)

Dscn574302

コンプレッサーからのパイプ関係の組付け中です

Dscn574602

さて、コンデンサーが無いので、ここまでで、ラジエーターを組み付け、冷却水を入れてエアー抜きとエンジンを始動しようとしたら・・・

最初に話した初期不良になりました・・・💦💦💦

何回か、繰り返したらセルが回って、エアー抜きは出来たんですが、移動するたびにセルが回らず、これは初期不良と判断したんですけどね・・・💦💦💦💦💦

次回へと続く・・・👀✋

 

 

« トヨタ・スターレットEP71系、タイミングベルト、ウォーターポンプ、ミッション、セルモータ、エアコン修理編その3(^^; | トップページ | マツダ・コスモスポーツ、エンジンオーバーホール編その9(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ