« ニッサン・スカイラインV36系、O2センサー(酸素)交換編(^^; | トップページ | マツダ・コスモスポーツ、エンジンオーバーホール編その5(^^; »

2019年5月31日 (金)

トヨタ・ランドクルーザー、エアコン修理編その1(^^;

本日は涼しいのですが、エアコン修理編になります👀✋

Dscn402801

この型式の車だと旧ガス(R12)になるのですが、ご来店いただいた時点で、レトロフィットを使った新ガスタイプに変更になっておりました✋

冷えないとのことで、説明などをして再入庫になったのですが・・・

Dscn402901

まず、矢印下になってるパイプは、当時、クーラーボックスがオプションもしくは標準だったクーラーボックス用のパイプで、上の矢印パイプは、今回のガス漏れ原因になります

Dscn403201

写真の矢印からクーラーボックスへと分岐してますが、こちらも途中でふさいでおりましたが・・・

Dscn403401

ブラックライトをあてていますが、うまく緑色に写せなくてすみません

Dscn403601

Dscn404101

パイプ部分からガス漏れがしておりました

Dscn404301

こちらが主原因の外した低圧パイプです

Dscn404601

虫喰ったような状態ですから、漏れて当然ですね

Dscn404501

こちらもパイプの曲がり部分です

Dscn405101

パイプの汚れも有ったので、簡素に掃除して写真に撮りました!

Dscn405401

角度を変えてますが、クーラーボックスに向かう部分は途中でカットいたしました

こちらも虫喰った様になっていますが、腐食するのは鉄だけでは無くて、アルミも腐ります!!

しかも・・・最大の原因は、やはり塩害です!!

下回りは、辛うじてシャーシーブラックにて塗装はしてますが、サビでボロボロです(写真は撮っていません)!!!

元々、このような車の使い方って、分かってる方は納得すると思いますが、塩害になる環境で使うことが多いのは必然かと思いますが、遊んで帰ってきたら、せめて水道ホース等で、エンジンルームや下回りを洗い流すことでサビの防止効果は生まれると思うのですが、なかなかそうは行かないですよね💦

でも、するとしないでは、年数が経っていても違っていたかもしれません!

結局、結果論ですが、まずはどうするかですが?お客様と相談して、漏れを直して最低限で修理することになりました

最低限交換する部品を外しし外注で修理してもらいます

Dscn416701

エアコンのコンプレッサーにつながるホース・パイプを外します

Dscn416901

写真が全部無くてすみませんが、無事に外しました

漏れの主原因パイプと低圧と高圧のコンプレッサーに入るホース・パイプです

こちらは、愛知県にある業社に送って加工修理してもらいます

Dscn416101

ちなみに、低圧パイプを外すには、ヒーターホースを外さないと取れません

Dscn416501

クーラーボックスに向かうパイプは途中でカットし、後に撤去します!!

最後になりますが、漏れてるパイプを新たに作成すると、アルミだというだけのパイプなんですが結構外注料が高いので、どうしたものか?考え中です・・・?

 

« ニッサン・スカイラインV36系、O2センサー(酸素)交換編(^^; | トップページ | マツダ・コスモスポーツ、エンジンオーバーホール編その5(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ