« ニッサン・シルビアS13、エンジン載せ替え修理編その2(^^; | トップページ | ホンダ・ステップワゴンRG系、車検整備、リヤ足回り交換編(^^; »

2018年12月14日 (金)

ニッサン・シルビアS13、エンジン載せ替え修理編その3完成(^^;

冒頭からすいません、不覚にも唇に熱のふきだしが出ている店主ですsign03

ご自愛と言いながら自分が風邪気味になっていたとは、今年の風邪はしつこいですネcoldsweats02

さて、いよいよエンジンを載せて完成へと進みますscissors

Dscn031601
まずは、外さなくて良かった、コンピュータハーネスを元に戻してコンピュータを元に戻しますsign03

Dscn031901
出来ましたbleah

すいません、間を端折りましたが、その1を見ると解りますsweat01

Dscn032101
ハーネスは元に戻したので、エンジン載せて行きますpaper

Dscn032201
エンジンスタンドから分離中

載せる前に・・・、スタンドに取付けてる関係でミッション側が手付かずなので、エンドオイルシール、ドライブプレートを取付けて行きますsign03

Dscn032501
まずは、フロント同様、エンドのクランクシャフトオイルシールを交換しますscissors

Dscn032601
写真左がオイルシールで、右がオートマ用のパイロットscissors

Dscn032901
交換、取付後ですhappy01

購入したエンジンは、マニュアル車用のエンジンなので、当初マニュアル用のパイロットブッシュ(真鍮製の細長い円柱系のブッシュ)が入っているんですが、今回乗せるシルビアは、オートマなため、トルコンバータの中心をアシストするためのパイロット・コンバーターなる部品を取付けます(上の写真中央)paper

メーカーさんによっては、簡単に外れる場合があるのですが、ニッサンはキツキツに入ってるみたいで、簡単には抜けないので新しく注文しました(マニュアルのブッシュは簡単に抜けるんですけどcoldsweats01)。

Dscn033001
ドライブプレート取付後(マニュアル車だとフライホイール)sign01

Dscn033301
ようやく載せますwobbly

Dscn033501
搭載中

SRエンジンのエンジンマウントって、普通のエンジンに比べグニャグニャで、載せるのに時間は掛からなかったけど・・・強化マウント必須だと思いましたhappy01

Dscn033601
無事に搭載しましたが、ここからエンジンを始動するまで配線などを組付けて行きますが・・・

Dscn033901
次は、オートマミッションを載せますscissors

軽自動車でも、1人で持つのがやっとなほど思いオートマミッションsign03

このクラスになると1人では、怪力くんじゃない限り無理っすsad

Dscn034201
ミッション搭載作業中sign03

ちなみに忘れてましたが合体sign03とも言いますねbleah

Dscn034501
無事に合体sign02完了

後は、オイルクーラー用パイプ取付けとトルコンバータとドライブプレート固定、プロペラシャフト取付け等を逆の順番で組付けて行きますpaper

Dscn034701_2
EGRバルブのエアーホース修正部分

このホースを注文したら1ヶ月掛ると言われ、特にエンジンに支障をきたすホースでも無いので、テープ補修で済ませましたが、もしかしてエアーを吸って調子悪のはこいつのせいでしょうかsign02

Dscn035301
だいぶ進んでしまいましたが、恒例のクランキング中ですpaper

油脂類を入れ、プラグを外した状態でクランキングして、オイルを回しましたsign01

中古エンジンなので、ここまでしなくてもと思いましたが、素性が解らないので、しっかりとやりますgood

Dscn035501
無事にエンジン始動して、冷却水のエアー抜き中

Dscn035701
無事に異音もなく、エアー抜き終了してリザーバータンクに規定値までクーラントを入れて次の日・・・

朝、確認したら上の写真と全く変わらい水量sign02

あれ・・・おかしいなと思い、ラジエーターキャップ外したら・・・水がラジエータ側に戻っておらず、足りない状態sign03

その1を見ていただければ解りますが、当初オーバーヒートトラブルのエンジン載せ替えですcoldsweats01

エンジン自体はエアー抜きができてるのですが、膨張した冷却水がリザーバーと行き来が出来てない様sign03

調べたら・・・

Dscn035801
リザーバータンクをとホースを外して確認したら・・・

Dscn036001
完全に詰まっていましたsad

昔の車なら、リザーバータンクが無いので容量が大きいラジエーターを使ってますが、リザーバータンクが標準になった頃は、容量ギリギリにして、リザーバータンクで水量を管理する様になっています。

つまり、リザーバータンクの水に変化が無ければ、そうそう、ラジエーターキャップを開けて冷却水チェックなんてしませんよねcoldsweats01

ここが、主たる原因かと思いますが、溢れた冷却水が失くなっていますので、詰まりを治して元に戻し、冷却水のエアー抜きのやり直しですwobbly

Dscn036301
綺麗に詰まりが解消sign01

Dscn036401
掃除して元に戻しましたsign03

無事に、エアー抜きは完成して冷却水の不具合も無く、テスト走行後、完成となりましたbleah

« ニッサン・シルビアS13、エンジン載せ替え修理編その2(^^; | トップページ | ホンダ・ステップワゴンRG系、車検整備、リヤ足回り交換編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/67483945

この記事へのトラックバック一覧です: ニッサン・シルビアS13、エンジン載せ替え修理編その3完成(^^;:

« ニッサン・シルビアS13、エンジン載せ替え修理編その2(^^; | トップページ | ホンダ・ステップワゴンRG系、車検整備、リヤ足回り交換編(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ