« トヨタ・クラウンJZS17❍系、エンジンマウント交換、ブレーキ交換他&車検整備編その1(^^; | トップページ | 不覚にも入院しています。 »

2018年11月 6日 (火)

トヨタ・クラウンJZS17❍系、エンジンマウント交換、ブレーキ交換他&車検整備編その2完成(^^;

今日は、あいにくの雨でしたが蒸し暑い1日でした

冬ツナギが暑かった

さて、マスターシリンダーの部品が届く間に、エンジンマウントなどを交換して行きます

Dscn931901
まずは、パワーステアリングフルードを入れます

フルード缶は、何故かニッサンの物ですが、中身は正真正銘トヨタ純正です

業者だと部品商から購入する際、1リッター缶で購入出来るのと4リッター缶で購入するのと有るのですが、トヨタは4リッター缶から出ないと売ってもらえません

個人で購入する際や、カーショップとかなら1リッター缶で売ってると思いますが・・・

Dscn932101
次はボンネットダンパー交換です

ボンネットも開けたことが無い方には無縁のパーツですが、ボンネットを開けてもバー(棒)で固定しなくても維持してくれるショックアブソーバーみたいなやつで、ハッチバックなどによく使われてる部品です

こいつがへたると、ボンネットを開けて作業してると突然頭にボンネットが落ちてくる悲劇が起きます、ある意味凶器なのでへたっていたら交換必須ですが、ご自分で開けてDIYをすることが無い方にとっては交換する必要はありません(どっちなの?)

余談になりましたが・・・

Dscn932401
写真左が外したダンパーで、右は新品です

ちなみに、ボンネットダンパーには、なんと右左が有るので、取り付ける際は注意が必要です・・・

Dscn932601
右側用ダンパー(シールにRHと書いています)

次は、マウント交換です

Dscn932801
まずは、簡単なミッションマウントから

FR車は基本3点支持が基本で、FF車などは3点または4点、ホンダ車はなんちゃっても入れると5点支持なんてのもあります

エンジンのねじれ運動、車台への振動軽減などを押さえるための物ですが、重要な部品でもあります

Dscn932901
見づらいですが、手前が新品です

Dscn933201
ミッションマウント取り付け完了

次は、面倒な主になるエンジンマウントです

Dscn933401
交換前の右側

Dscn933601
交換前の左側

Dscn933801
メンバーに固定してるボルト2本とナットです

余談ですが、アリストはここにゴムカバー(厳密にはプラスチック?)がありますが同じシャシなのにクラウンには付いてないのが不思議

Dscn933901
いきなりですが、写真上が外したマウントです

ミッションマウント同様、劣化はあまり見られずでした

ターボ車と違い、フルパワートルクの掛け具合が違うためなのかと思いますが、どうなんでしょう

Dscn934201
ちなみに、外す際は、メンバーも落とし、エンジンは逆に釣り上げて作業します

Dscn934601
取付後右側

Dscn934801
取付後左側です

Dscn935001
アンダーカバー付けて完成です

次は・・・

Dscn935201_2
エアコンフィルターの交換です

Dscn935301
左は、活性炭付きの外したフィルターですが右は普通のフィルター

ちなみに値段は倍近く違っており、活性炭入は、脱臭効果もありますが、基本1年または1万2千キロ交換しないと逆に匂いが循環しちゃうので、普通のタイプなら2年毎(車検ごと)で良いかと思います、ただし、年間走行距離が2万キロ以上の場合並びにお住まいの環境で交換時期が変わりますのでご注意を

店主は、個人的に活性炭入のフィルターはカビ臭い(カルキ臭)がするので好きでは無いです(あくまで個人の感想です)

Dscn935801_2
取付中、グローブボックスを外さないので楽です

続いては、ウォッシャーノズルを交換します

Dscn936101
ウォッシャーノズルを交換中

Dscn936301
写真上が外したノズル

ノズルの噴霧がおかしいとのことだったので、掃除して調整すればOKだと思ったのですが、何をしても駄目だったし、ノズルが色付きで税抜き800円だったので、迷わず交換です

最後は・・・

Dscn936601
届いたマスターシリンダーのリザーバータンクパッキン(グロメット)部品

後から交換は出来ますが、やはり一緒に作業した方は手間代は一緒なので、トヨタさん一緒に付属してくださいお願いしますm(_ _)m

Dscn936801
組付け後

後は、ブレーキフルードのエアー抜きですが、ここは特に説明も写真も必要ないので端折りますが、エアー抜き後に必ずするのは、ブレーキペダルを踏んだ状態にしてフルードの漏れがないか最終チェックします

Dscn937001
フロントキャリパーです

Dscn937101
リヤキャリパーです

Dscn937401
当たり前ですが、マスター側も確認します

無事に漏れも確認できず、最終チェックも終わり、車検場に行って合格となりました

最後に、少なくても車を大事に思い、長く乗りたい方ってたくさんいらっしゃると思います。

当然、修理も多くなるのは現実です、しかし、ディーラーが新車を売りたい気持ちも解ります

でも、売った以上は責任を持つのもディーラーでありメーカーです

新車を売りたいがために本来の趣旨を忘れているような気がするのではと思うのは、店主だけでしょうか

« トヨタ・クラウンJZS17❍系、エンジンマウント交換、ブレーキ交換他&車検整備編その1(^^; | トップページ | 不覚にも入院しています。 »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« トヨタ・クラウンJZS17❍系、エンジンマウント交換、ブレーキ交換他&車検整備編その1(^^; | トップページ | 不覚にも入院しています。 »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ