« ニッサン・ローレルH35系、エンジン不調、イグニッションコイル交換編(^^; | トップページ | トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その6(^^; »

2018年10月 6日 (土)

トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その5(^^;

台風の影響で、本日は蒸し暑い1日なりました

なんで、こんな日にお湯でパーツを洗浄しないとならないのかって店主の都合も有るから自然の性にしては行けないですね

さて、いよいよピストンが6個揃いまして、ほぼ洗浄すれば組付け出来る状態になりましたので、作業を進めていきます

Dscn813501
まずは、コンロッドと交換するピストンを分離します

Dscn813701
分離後

Dscn814001
手前が新品のピストン

こいつが、ちまちまと1個づつ来るんですよまさか手作業で作ってませんよね

Dscn814101
洗浄前にガスケット類を除去したり、電子部品は外して洗いやすいようにしときます

Dscn814201
こちらも洗う前の準備後

Dscn814501
写真右が今までので、右が新しく買った洗浄たらいです

大人でも洗えそうな大きさですが、直列6気筒でもギリギリなサイズ

ちなみに、気を利かしてスノコを置いたんですが、これが思わぬトラブル

Dscn816001
最初は綺麗でしたが真っ黒になっています

ちなみに右側は、洗油ならぬ洗湯です

Dscn816501
すぐに外したスノコ

シリンダーブロックが高すぎて、洗浄湯に浸かることが出来ないトラブルで、結局スノコ外しました(壊れたせいもあり)

Dscn814701
洗浄後のインテークパイプ類

Dscn814801
洗浄後のインテークマニホールドとサージタンク

Dscn815101
なんとか洗えたシリンダーブロック

Dscn815601
綺麗になったカムホルダー

Dscn815801
同じく、クランクキャップ、コンロッド、バルブスプリングです(バルブはまだ掃除してません)

Dscn816901
同じく、クランクシャフト、カムシャフト、オイルパンなど

Dscn816201
汚れがひどくなって来るとアクが出るので、キッチンペーパーで除去します(嘘

分解しきれない油が浮いてくるので、油を除去しています

Dscn816301
まだ、洗いはじめて間もないので、汚れていません

現在、最後のシリンダーヘッドを漬け置きしていますが、一番油が浮いてくるので、もっと真っ黒なキッチンペーパーがお見せ出来るのですが、まだ、汚れが少ない性かそれほどでも無いですね

Dscn816601
一番、汚れが酷い、シリンダーヘッドと腰下のオイルパンの間に有るアンダーカバーとカムカバー(タペットカバー)、オイルポンプを今夜一晩漬け置きします

昔は、こんな事が出来ませんでしたが、投げ込みヒーターのおかげで一晩中、温度が保たれるので助かります・・・が、オープンのままだと蒸気でお湯が減るので蓋は必須です

明日は、バルブの清掃とシリンダーブロックの塗装、砂抜きのメクラ蓋の交換、クランクシャフト取付けまで行けるかな・・・

« ニッサン・ローレルH35系、エンジン不調、イグニッションコイル交換編(^^; | トップページ | トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その6(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« ニッサン・ローレルH35系、エンジン不調、イグニッションコイル交換編(^^; | トップページ | トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その6(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ