« トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その14完成間近(^^; | トップページ | スバル・レガシィBH5系、車検整備、タイミングベルト交換編(^^; »

2018年10月28日 (日)

トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その15完成です?(^^;

無事に完成に至ったアリストですが、前回のブログでもお伝えしましたが、細かい部品が届いていません

まずは、順を追って作業記録を

Dscn900101
エアコン・コンプレッサー、パワーステアリングポンプを組付けます

ホントなら、この辺もすでに組付けていないとおかしいのですが、ノックセンサーのカプラーが奥に隠れていて交換しないと先に進まないので部品が来るまで中断していました

ちなみにノックセンサーは、フロント側とリヤ側に各1個づつあり、両方共壊れてしまったのですが、最後の最後にもう1個が壊れてしまい、後になってしまいました

Dscn900601
昨日、お伝えしたイグナイターカプラーです

こちらも無事に交換完了です

Dscn900501
後は、エンジンスタートに向け、インテークホース類を組付けて行きます

Dscn900201
最後の儀式に向けて油脂類を入れています

最後の儀式とは、プラグを付けない状態でセルモータを回してエンジンオイルをメタルなど潤滑に必要なところに供給することで初期のかじり防止になるために行います・・・

でも、ワコーズのかじり防止用のペーストを塗ってるのでこれをする理由が有るのか疑問ですが用心には用心ですから、やって悪いことは無いですが、バッテリーに負担は掛かるので、負担軽減でもう1個バッテリーをつないで置くと良いですね

Dscn901401
こんな感じで

さて、プラグとイグニッションコイル、プラグコードを取付け、いよいよエンジン始動です

Dscn901001
無事にエンジンが掛かりました

始動も、すぐに掛かり良かったぁー

冷却水のエアー抜き、オートマオイルの抜けた分の補充、エンジンオイルの量の確認と水漏れ、オイル漏れ、締め忘れなどをチェックして一晩置いた本日、テスト走行し、最終チェック後、問題ないことが解り、改めまして完成となりました

まだ、細かい部品は届いていませんが、後からでも交換できる部品なので、お客様とご確認の上、後で交換することになりました

修理代の明細が終わり次第、お引渡しとなります

最後に、エンジンオーバーホールに関しては、分解後の測定結果の見積もり、部品の供給の時間、作業中に交換が出る部品並びに加工作業など、様々な理由もございますし、なんと言っても、この作業だけ集中して出来ないお店側の事情もあって、どうしても早くて2ヶ月遅ければ3ヶ月もしくはそれ以上掛かってしまいます

オーバーホールをご希望のお客様には、大変ご迷惑をお掛けいたしますが、事情に関してはご理解ご了承いただけますと幸いでございますm(_ _)m

« トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その14完成間近(^^; | トップページ | スバル・レガシィBH5系、車検整備、タイミングベルト交換編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その14完成間近(^^; | トップページ | スバル・レガシィBH5系、車検整備、タイミングベルト交換編(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ