« トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その8(^^; | トップページ | トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その9(^^; »

2018年10月14日 (日)

トヨタ・アリストJZS16◯系、オートマストレーナ、スタビリンク交換編(^^;

いよいよ、ヘッド関係の作業に入ったのですが、腰が痛くて残業しての作業は辞めました

さて、今回は、同じアリストなんですが、定期的に修理をさせていただいてる別件車両になります

作業内容は、フロントスタビライザーのリンクを左右交換とオートマミッションのストレーナとフルード交換になります

Dscn833401

まずは、スタビリンク交換から

Dscn833901
右フロント側

Dscn834101
左フロント側

まだ、リンク自体のガタはありませんが、ブーツが切れていますので水の侵入により、リンクにガタが発生しますので、早い内に交換した方が良いですし車検も通りません

車検はまだ先ですが、早めの交換作業になります

Dscn834301
外した部品と新品です

Dscn834401
右側交換後ですが左も同じ作業なので写真はありません

次は、オートマミッションのオイルストレーナ交換になります

Dscn833701
まずはATF(オートマフルード)を抜きます

Dscn835201
オイルパン取り外し後のミッション側

Dscn834801
オイルパン取り外した状態ですが、なにか異物が・・・

Dscn834901
プラスドライバーで締めるネジが・・・

店主も色々な作業はしていますが、オイルパンにネジが落ちてるなんてそうそう経験することではありませんが、重大なパーツでもなさそうなんで、とりあえずどこに付いていたネジか探します

Dscn835701
バルブボディの一部に付いてるネジの一つです

他の箇所は、普通にボルトで固定されているので、バルブボディの間にハマるメタルガスケットを押さえるネジかと思い探していると・・・

Dscn835301
どうやらここが緩んで落ちた箇所のようです

Dscn836001
無事に取付け出来たようなんで間違いは無いようです

過去に外した痕跡が有るので、バルブボディを分解したかそれともリビルトミッション交換品なのかも知れません。

いずれにしても他に緩んでいると後々のトラブル原因になりますので、全てボルト類は増し締めしました

Dscn836501
掃除した後のオイルパンと外したストレーナと新品ストレーナ

Dscn836701
新品ストレーナ取付後

Dscn836801
液体ガスケットを塗りつけ後

Dscn837101
組付け後

オイルパン取付後の作業が終了したのが夕方3時過ぎ

夏場なら、2時間もあればOKなんですが、10月に入ってから涼しさと湿度も有るので、最低でも3時間は欲しいところ

なので、一晩放置して翌日の朝から(本日)オートマフルードを入れました

Dscn838501
給油中です

適正量を入れた後、テスト走行し、変速ショックの有無確認とオイル量の確認をして問題ないと判断して完成となりました

ただ、オートマフルードの汚れが酷かったので、全量交換は辞めて半分だけ交換としました

酷いスラッジでは無いので、全量交換しても良かったかな?と思いますが、ここはじっくり交換したいと思います

« トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その8(^^; | トップページ | トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その9(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その8(^^; | トップページ | トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その9(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ