« トヨタ・アリストJZS16◯系、オートマストレーナ、スタビリンク交換編(^^; | トップページ | トヨタ・ヴォクシィ、エンジン始動不良他、修理編(^^; »

2018年10月15日 (月)

トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その9(^^;

近くの畑に恒例の肥やしが届きまして、春から夏にかけては比較的南風(南南西)の風が吹くことが多いので気にならないのですが、この時期は北東の風が多く、工場の入口が東側なので、ダイレクトに臭いが・・・

鼻がおかしくなって仕事にならないだけなら良いのですが、ハエがすごいことになり(恒例)残業しようにも寒いから、まとわりつかれて仕事になりません

こればかりは仕方がないのですが、今年の10月は、晴天が少ない為、作業がしやすい分、弊害もありますね

さて、余談になりましたが、相変わらず作業が押しまくってる店主です

Dscn839701
コンロッドボルトも角度締めなのですが、まずはマーキングから

Dscn840001
角度締め付け中

Dscn840201
次は、オイルポンプ取付けになります

Oリングパッキンにしなくても、液体パッキンでいいじゃんと思いますが・・・理由が有るんでしょうね

Dscn840401
写真左がオイルポンプ、右はエンドオイルシールです

Dscn840601
まずは、オイルポンプ側に液体パッキンを塗って組付けます

ちなみに、トヨタエンジンでもパッキン対応と液体パッキン対応があります

Dscn840801
オイルポンプ組付け後です

次はエンドオイルシール側です

Dscn840901
液体パッキン塗りつけ後

店主は、パテシエのような職人には成れませんね、いつもですが素人盛りです

Dscn841201
組付け後です

次は、ヘッドの組み付けですが、まずは最終清掃です・・・

Dscn842101
掃除完了ヘッド

どうしても、漬け置き洗浄だけでは落とせない排気側のカーボンを除去します

でも、はっきり言って完璧には綺麗になりません(ポート研磨すれば別ですが)

Dscn842601
エキゾーストバルブ清掃中

次は、インテーク、エキゾーストバルブを綺麗にします

Dscn842801
インテークバルブ清掃中

4バルブ6気筒ですから、それぞれ12本を綺麗に汚れを取るのですが、いつも体制が悪い状態で作業する関係で、腰が痛くなってしまい、全てを綺麗にしたあとは、ここで終了してしまいました(今回の作業はリアルタイムではありません)

次回は、と言いますか(かなり進んでいます)かなり出来てる状態をお伝え出来るかな?と思います

いやー、あまりの臭いで鼻が馬鹿になってしまい、飯は美味しいのですが臭いが判らないので食欲がわきません

« トヨタ・アリストJZS16◯系、オートマストレーナ、スタビリンク交換編(^^; | トップページ | トヨタ・ヴォクシィ、エンジン始動不良他、修理編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« トヨタ・アリストJZS16◯系、オートマストレーナ、スタビリンク交換編(^^; | トップページ | トヨタ・ヴォクシィ、エンジン始動不良他、修理編(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ