« ホンダ・インテグラDB8、ステアリングラックブーツ交換他その1(^^; | トップページ | スズキ・エブリィDA62系、再エンジンオーバーホール編その1(^^; »

2018年10月 1日 (月)

ホンダ・インテグラDB8、ステアリングラックブーツ交換他その2完成(^^;

昨日の台風は、凄かったですねぇー

昨夜、ほとんど眠れずに寝不足の店主です今日は、早めに寝ます

さて、朝の工場前です

Dscn800301
葉っぱがすごい

シャッターが壊れた事も聞いていたんで、心配でしたが葉っぱの山だけで済みましたので安心しましたが、被害に会われた方には、お見舞い申し上げますm(_ _)m

続きですが・・・

Dscn800501
ドアスイッチ交換後です

実は、交換した後の写真ですみません

Dscn800701
次は、リヤデフロスターの不具合です

Dscn803101
デフロスターの配線図です

昔のデフロスターは、単純なスイッチのみで、スイッチを切らない限り作動し続けますが、現在のグレードが低い車両もこの状態が多いです

ただ、グレードがアップすると写真の配線図のようにデフロスタータイマーなるものが付いていて、一定の間、リヤガラスの曇り除去をしたら自動で切れる仕組みになっており、ホンダ以外でも他社メーカーが使ってる仕組みです

この作動方式自体はどうでも良いのですが、そのシステム(ユニット)の場所が今回問題なんですが・・・

Dscn800901
スイッチ自体は不具合はありません

Dscn801101
室内のヒューズボックス

実は、このヒューズボックス内に組み込まれております

どこのメーカーもこのボックスに基盤を組み込んで、リレーなどを設置してる場合が多く、コンピュータと同じブラックボックスみたいになってるので、壊れたらまるごと交換になります

でも、あれば交換できますが、まずここだけは生産中止が多いパーツで、案の定入手不可

ちなみに中古もありませんでした

最悪は、低グレードと同じスイッチ入れっぱなしの仕組みにする方法もありますが、電気食いますので、消し忘れが心配ですね

ここは、今回交換も修理も見送りましたが、次へと・・・

Dscn802601
漏れてるプロポーショニングバルブ

作業の内容に含まれて居なかった追加作業ですが、まさか漏れているとは驚きでした

このままには出来ない需要部品なので、了解を経て交換します

Dscn802701
ブレーキフルードを空にするとエアー抜きが厄介なので迅速に作業します

Dscn803001
右が外した不具合品で左が新品です

Dscn803501
交換後です

この後、4輪からブレーキフルードのエアー抜きをした後、交換したプロポーショニングバルブからの漏れが無いかチェックした後、完成となります・・・

最後に

Dscn801901
切れていたインテークダクトですが・・・

ここは、生産中止なので、ゴム用の接着剤とビニールテープで補修して完成です

一時的なんで、長くは保たないと思いますが、直にエアーを吸い込むよりはマシだと思います

しかし・・・生産廃止多いなぁー

« ホンダ・インテグラDB8、ステアリングラックブーツ交換他その1(^^; | トップページ | スズキ・エブリィDA62系、再エンジンオーバーホール編その1(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« ホンダ・インテグラDB8、ステアリングラックブーツ交換他その1(^^; | トップページ | スズキ・エブリィDA62系、再エンジンオーバーホール編その1(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ