« スズキ・エブリィDA62系、再エンジンオーバーホール編その1(^^; | トップページ | ニッサン・ローレルH35系、エンジン不調、イグニッションコイル交換編(^^; »

2018年10月 4日 (木)

スズキ・エブリィDA62系、再エンジンオーバーホール編その2(^^;

最近、自然災害の影響なのでしょうかsign02

普通なら、遅くても2日で届いてもおかしくない部品が、今週月曜日頼んだ部品が本日(木曜日)を過ぎてもまだ部品が来ませんwobbly

物流もだいぶ、被害が起きてるようですねpaper

そういう、アリストの部品もちまちまと来るので、こちらも影響が少なからずあるのでしょうsign02

さて、スズキ・エブリィの定番不具合と言えば、エキゾーストバルブが焼けて溶けたりのトラブルが多く、大方、冷却水のエアー抜き不良によるトラブルでは無いかと思ってはいますが、メーカーの言い分は、冷却水の定期交換をしないために起きてるみたいなことを言っていますeye

基本的な話からさせていただくと、冷却水に入れる不凍液(クーラント)は、冷却性能をアップさせてるための液体ではなく、あくまで錆止めと冷却水が凍らないための液体なんです。

つまり、冷却効率が最も良いのは水なんですが、水だと凍ってしまうし、サビも出てしまう為、応急処置で使う以外は、あまり良いとは言えませんsign01

なので、関東から西、南に行くとクーラントの希釈を多くして対応する事で、オーバーヒートも防げるし錆止め効果も得られるのであり、逆に東北から北海道のように、暑くない地方は希釈率を少なくして凍結防止と錆止めとして利用してるのが基本的な使い方ですpaper

ちなみに、寒冷地では、メーカー新車時で約-32度くらいで寒冷地以外では-15度前後になっていますscissors

では、話を元に戻しますが、ディーラー側が交換しないからと言うのは基本的に意味が無い訳ではありませんが、オーバーヒートになる原因にはならず、ただ、凍結防止が低くなるのと錆止め効果がなくなるだけなの話になりますhappy01

という事は、やはりエアー抜きが最大の要因になると思いますが、これには根拠があって、スズキ以外のダイハツでもエアー抜きが必須なんですが、これをちゃんとしなかったために、エキゾーストバルブが溶けてエンジン不調に陥った車を現に、当店でオーバーホールしていますpaper

ホンダ、スバル、三菱は、あまりトラブルを聞いてませんが、こちらの軽自動車もエアー抜きはは必須ですし、乗用車タイプでもエアー抜きに失敗するとエンジンが壊れる事例はございますwobbly

冒頭から、能書きが多くてすみませんが、ようやく本題へと・・・happy01

Dscn807901
まずは、エンジンクレーンとエンジンスタンドがアストロ製だと解りますでしょうかsign02

ある出来事から、アストロが嫌いになってしまったので、次いでに愚痴を言いたいだけなので、ごめんなさいsad

Dscn808001
通常、エンジンクレーンで上げたエンジンをエンジンスタンドに組み付けるのですがsign03

Dscn808301
エンジンスタンドに組付け出来ずに斜めにして強引に組んでいますangry

マックのエンジンスタンドの時は、真ん中にフレームが走る構造のエンジンスタンドだったので、組み付けるのが楽だったのですが、同じアストロ製品なのに不便極まりないですpout

アストロって馬鹿ですよねgood まずはスッキリしましたよhappy01

店主は、毒舌では無く、正直に言ってるだけなんで勘違いされないようにeyesweat01

中々、本題に行きませんですみませんhappy02

Dscn808501
まずは、ヘッドを外すために補機類を外し中

Dscn808701
スズキのK6エンジンは、カムプーリーが外せないので・・・

オイルパン、カムカバー、タイミングチェーンカバーを外していきますsign03

Dscn808801
さすがに8万キロで、マメにオイル交換してるだけあって、とても綺麗ですhappy01paper

Dscn809001
掃除しなくても大丈夫なほど綺麗です

Dscn809501
残るはシリンダーヘッドを外すまで来ましたscissors

Dscn809701
ヘッドを外したシリンダー側ですhappy01

Dscn809801
不具合の3番シリンダー側も傷もなく綺麗ですscissors

では、ヘッドを見ると・・・

Dscn810101
?は怪しいのとXは完全に死んでいますwobbly

Dscn810201
圧縮の無かった3番の燃焼室

その前の写真のX印、矢印部分を拡大した写真ですが、明らかにバルブの大きさが違っているのがお解りかと思いますcoldsweats01

要は、オーバーヒートが原因でエキゾーストバルブが溶けて痩せてしまい、バルブシートに密着できずに圧縮漏れしてエンジン不調になった要因ですwobbly

ちなみに、?になっていた2番気筒のエキゾーストバルブも溶けはじめており、今回は圧縮を維持していますが、やはり交換ですねsad

でも、前回オーバーホールした時、2番気筒は2本とも交換した記憶が有るのですが・・・sign02

3年近く経って、この状態なら、根本的な原因が有るのでしょうか??

摩訶不思議なエンジンですcrying

続くgood

« スズキ・エブリィDA62系、再エンジンオーバーホール編その1(^^; | トップページ | ニッサン・ローレルH35系、エンジン不調、イグニッションコイル交換編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/67239737

この記事へのトラックバック一覧です: スズキ・エブリィDA62系、再エンジンオーバーホール編その2(^^;:

« スズキ・エブリィDA62系、再エンジンオーバーホール編その1(^^; | トップページ | ニッサン・ローレルH35系、エンジン不調、イグニッションコイル交換編(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ