« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月30日 (火)

ニッサン・スカイラインR31系ワゴン、オートマからマニュアルへ改造編その2(^^;

2ヶ月間、部品が全く無い状態(ほぼ生産中止)なので、どのパーツが使えるかなど、探すに探して、どの部品が合うか色々と時間が掛かってしまいましたが、データを集めて行くうちに、オークションなどで販売してる部品を落札したりで、ようやく先が見えて来たので、途中経過ですがアップしますpaper

Dscn906001
忘れてると思うので今一度アップcoldsweats01

まず、一番の問題は、クラッチカバーやディスクを取り付けるフライホイールですwobbly

すでにメーカー側は生産中止sign03

S13シルビア系のツインカムエンジン用は有るのですが、何故かスカイラインワゴンのフライホイール穴は6穴でシルビアの8穴と違っていて、大きさ的には合うのですが取り付けできませんsad

加工も考えたんですが、強度問題が有るため、ワンオフ制作も考えましたが現実的な金額では無いため、暗礁に乗り上げてしまいましたcrying

ところが、光は見えてくるもので、お客様がエンジン本体とフライホイールごとオークションで売ってるのを見つけて、即落札sign03したんですが・・・

Dscn904801
S12シルビア用、NAエンジンシングルキャブ用フライホイールhappy01

とりあえず、見つかったと安心したものの、ワゴン用のクラッチディスクとサイズが違うことに・・・またまた唖然shock

Dscn905001
ワゴンの標準サイズは225ミリsign03

ところが、シルビアS12は、シングルカム、ツインカム、ツインカムターボと同じCAエンジンでも種類があり、シングルカムのキャブ仕様に付いては、一番小さい200ミリのクラッチディスクが使われていて、合いませんcrying

急遽、日産部品に聞くと200ミリ用のカバーは有るがディスクは廃盤とのことbleah

またしても作業が頓挫するのかと思ったのですが、社外部品でありましたscissors

しかも、たった2個だけ在庫ありで、速攻でオーダーsign03

ちなみに1万未満(税抜き)sign03

安いなと思ったのは、ヤフオクで1.5倍以上で売ってる方がいたのでsweat01

Dscn905201
お客様がご用意したパーツ類です

Dscn905401
次は、スピードメータードリブンギヤーwobbly

オートマのドリブンが使えると思ったら、マニュアルと違うんですねeye

同じにしてよcoldsweats02ニッサン様coldsweats02

偶然ですが、お客様が違うニッサンのミッションを持っていたため、事なきを得ましたがbleah

Dscn907001
仮止めですが、ミッションマウントまで取り付けた状態sign03

綺麗にマウントもドンピシャで取り付けできましたhappy01

Dscn907201
角度も変えてscissors

Dscn907701
エンジンルームから見るとこんな感じですeyepaper(仮付状態)

直列6気筒エンジンが載る設定のニッサン車両にあるあるですが、4気筒車は作業性が良いですねwink

Dscn908001
4気筒は、シフトレバーが前に行くので、オフセットさせないとシフトチェンジが出来なさそうですsign02

Dscn908701
プロペラシャフト仮付後

プロペラシャフトがどうしても見つからなかったので、二個一化しましたscissors

不思議だったのは、普通、オートマからマニュアルに変更する場合、プロペラシャフトの長さが極端に変わるのですが、スカイラインワゴンの場合、オートマよりマニュアル車の方が20ミリ短いのですhappy01

つまり、オートマのプロペラシャフトを短くして、マニュアルのプロペラシャフトフランジを入れ替えることで取り付けが可能となりました(上の写真)sign03

どこかの専門ショップから中古を買うと加工の3倍の値段で購入しないと行けないので、安く付いて良かったですpaper

やっと、光が見えて来始めたので、クラッチ部品が届けば、正式に組み付けを完了するのとチェンジレバー(シフトレバー)の加工が出来次第、陸運局に書類を提出して正規の合法車両に一歩近づきますsign03

こっちも長かったのですが、今預かってるコスモスポーツも早く治って欲しいgood

2018年10月29日 (月)

スバル・レガシィBH5系、車検整備、タイミングベルト交換編(^^;

少し、腰をかがめて仕事するのを控えているせいか、腰の痛みがだいぶ和らいだ店主です

ただ、作業的にかがまない作業は少ないので、最悪注射をしてもらうしか無いでしょうなscissors

ただ・・・一度注射するとねぇーwobbly

さて、店主ごとですみません、本日は、アクシデントが多くてリアルタイムでは無い作業をアップさせていただきますhappy01

当店では、修理や車検などで、ご来店頂いているレガシィBH5sign03

今回は、いつもの車検整備と2回目のタイミングベルト、ウォーターポンプ、オイルシール交換作業をeyepaper

Dscn862101
まずは、リフトが空いてないので、タイミングベルト交換からsign03

実は、オイルシール交換をする際にカムシールは専用のツールが無いと交換できないため(最近は他でも入手出来ますが)、スバルから直接借りたので、変換期日が有るせいで、急遽、この状態で作業をしますhappy01って、普通の工場でも、こんな感じで作業してるところも有ると思いますが・・・sign03

Dscn862301
作業前のエンジンルーム

Dscn862601
ラジエータ、タイミングカバー取り外し後

Dscn862501
ラジエータホースがご臨終になっていました

Dscn862901
外す前のカムプーリーす(左バンク側)

Dscn863101
外す前のカムプーリです(右バンク側)

作業していていつも思うことなんですが、なんで1個だけ金属で、残りはプラスチックプーリー何でしょうsign02摩訶不思議な水平対向エンジンですcoldsweats01

Dscn863301
外す前のクランクカムプーリです

Dscn863501
カムプーリを外した左バンク

若干ですが(写真では見づらいですが)オイルにじみが有るのでオイルシールを交換しますpaper

Dscn863701
外したタイミングベルト、ベアリング、カムプーリなどです

Dscn863901
ウォーターポンプ取り外し後

一緒にバイパスホースが2本、ポンプに入っているので、こちらも交換するため、タイミングバックプレートを外しましたscissors

Dscn864101
新品のウォーターポンプ

Dscn864301
ここからは、逆の手順で組み上げていきます

Dscn864401
ここまで組み上げましたsweat01

だいぶ、腰が・・・coldsweats02

Dscn864801
一緒に、プラグも交換しますscissors

Dscn865001
ラジエータを組付け、冷却水を入れ、エアー抜き作業に入りますsign01

一通り、作業も完了して、冷却水のエアー抜きも終わり、リフトも空いたので、通常の車検整備へと進みますhappy01

Dscn874701
左のステアリングブーツが切れていますsign03

Dscn875101
リヤドライブシャフトの内側ブーツが切れていますcoldsweats01

ブーツ類は、切れてると継続検査は受かりませんので交換しますが、スバルは、ドライブシャフトブーツの切れる場所が他社メーカーさんとは異なるので、驚かされますねwobblysweat01

Dscn875401
ステアリングブーツ、アフターです

Dscn875301
リヤドライブシャフト、アフターです(今回は分割タイプを選択しましたscissors

最後は、車検には関係ないのですが、チェンジレバーの位置がどこなのかわからない病の修理ですhappy01

Dscn875701
トランスミッション側のユニバーサルジョイント部分です

Dscn875801
写真左が新品ですが、青い部分がブッシュで、ここが壊れるとシフト位置が分かりづらくなりますcoldsweats02

突然、ブッシュが壊れて起きる症状なので、ある意味、定期的に交換する必要が有るのかも知れませんが、直しておいても高い部品では無いので、気になってる方は直して損は無いかと・・・paper

2018年10月28日 (日)

トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その15完成です?(^^;

無事に完成に至ったアリストですが、前回のブログでもお伝えしましたが、細かい部品が届いていませんdespair

まずは、順を追って作業記録をpaper

Dscn900101
エアコン・コンプレッサー、パワーステアリングポンプを組付けますsign03

ホントなら、この辺もすでに組付けていないとおかしいのですが、ノックセンサーのカプラーが奥に隠れていて交換しないと先に進まないので部品が来るまで中断していましたcoldsweats01

ちなみにノックセンサーは、フロント側とリヤ側に各1個づつあり、両方共壊れてしまったのですが、最後の最後にもう1個が壊れてしまい、後になってしまいましたcoldsweats01

Dscn900601
昨日、お伝えしたイグナイターカプラーですsign01

こちらも無事に交換完了ですscissors

Dscn900501
後は、エンジンスタートに向け、インテークホース類を組付けて行きますhappy01

Dscn900201
最後の儀式に向けて油脂類を入れています

最後の儀式とは、プラグを付けない状態でセルモータを回してエンジンオイルをメタルなど潤滑に必要なところに供給することで初期のかじり防止になるために行います・・・coldsweats01

でも、ワコーズのかじり防止用のペーストを塗ってるのでこれをする理由が有るのか疑問ですがsign02用心には用心ですから、やって悪いことは無いですが、バッテリーに負担は掛かるので、負担軽減でもう1個バッテリーをつないで置くと良いですねhappy01

Dscn901401
こんな感じでbleah

さて、プラグとイグニッションコイル、プラグコードを取付け、いよいよエンジン始動ですscissors

Dscn901001
無事にエンジンが掛かりましたhappy01sign03

始動も、すぐに掛かり良かったぁーscissors

冷却水のエアー抜き、オートマオイルの抜けた分の補充、エンジンオイルの量の確認と水漏れ、オイル漏れ、締め忘れなどをチェックして一晩置いた本日、テスト走行し、最終チェック後、問題ないことが解り、改めまして完成sign03となりましたhappy01

まだ、細かい部品は届いていませんが、後からでも交換できる部品なので、お客様とご確認の上、後で交換することになりましたhappy01

修理代の明細が終わり次第、お引渡しとなりますpaper

最後に、エンジンオーバーホールに関しては、分解後の測定結果の見積もり、部品の供給の時間、作業中に交換が出る部品並びに加工作業など、様々な理由もございますし、なんと言っても、この作業だけ集中して出来ないお店側の事情もあって、どうしても早くて2ヶ月sign03遅ければ3ヶ月もしくはそれ以上掛かってしまいますcoldsweats02

オーバーホールをご希望のお客様には、大変ご迷惑をお掛けいたしますが、事情に関してはご理解ご了承いただけますと幸いでございますm(_ _)m

2018年10月27日 (土)

トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その14完成間近(^^;

今日は、蒸し暑い1日なりましたpaper

催促しても中々届かない事にイラっとしてる店主ですangry

さて、ボディへとドッキングからscissors

Dscn889301
ドッキング作業中sign03

エンジンを降ろす時もそうでしたが、ボンネットは外さないで作業します(裏技ですsweat01scissors

Dscn889401
毎度ですが、位置決めが大変coldsweats01

Dscn889801
エンジンマウントを固定中ですpaper

Dscn890201
左右で2個づつありまして固定中ですhappy01

Dscn890401
固定が完了したらメクラブタを付けて完了ですsign01

Dscn890601
ドライブプレート取付け

要は、マニュアル車だとフライホイールになりますscissors

Dscn891301
お次は、オートマミッションを乗せるのですが・・・

オイル漏れしてるのですが、最近、オートマミッションのオイルパンを外してフィルターなどを交換し液体パッキンで組付けた後の状態なのですが、どうやらオイルパン側からの漏れでは無く、レンジ位置を変えるロッドのオイルシールからの漏れと解り、オイルシールを交換しますpaper

Dscn891501
インヒビタースイッチ(扇形の部分)を外すとあります

Dscn891601
掃除して、インヒビタースイッチを外した状態です

Dscn892001
かわいいですがオイルシールです

Dscn892201
交換後ですhappy01

ところが、同じオイルシールを使っているのは、反対側にも有ることが解り、急遽、再注文ですcoldsweats01

トヨタって気が利かないですよねsign03

コンピュータで調べると2個使われてるとデーターで出るのに何も質問してきませんcoldsweats02

ぬけさくですよ全く・・・pout 仕方なく載せるのを1日遅れますshock

Dscn892301
反対側ですsign03

なんせ、ブラックボックスに近いオートマミッションは、メーカーによって外見の作りが違うので困りますcoldsweats01

Dscn897801
日付が変わり、反対側のオイルシールも無事交換しましたsign01

さて、エンジンとドッキングしますsign03

Dscn898101
ドッキング中

Dscn898501
無事、ドッキング完了scissors

Dscn898201
トルクコンバーターとドライブプレートを取付中

昔の話ですがって、思い出のように何度も書きますがsweat01

若い頃、仕事の上達が早い同期がいたんですが、ドライブプレートとトルコンをボルトで固定するを忘れて、前にも後ろにも進まない事件を思いだしますよbleah

余談失礼eyesweat01

Dscn898701
セルモータ取付

Dscn898801
プロペラシャフトも取付後

Dscn899101
一番面倒なオイルクーラー用パイプも無事に取付完了scissors

Dscn899401
エキゾーストのフロントパイプ類も取付けて下回りは、ほぼ完成になりますpaper

次回は、いよいよエンジン始動へと続きますが、この時点で未だに届かない部品をgood

Dscn899701
届いてないカプラー(写真右側の圧力センサー)

ちなみに左の白いカプラーは交換済みですsign03

Dscn899801
イグナイターのカプラーです(ここは取付時に爪が割れてしまいましたsweat01

こちらは、本日届いて交換済みですhappy01

Dscn887401
こちらもメーカー欠品ホースです(ちなみに1個のみ)

Dscn888601
ターボアクチェータのホースです

これも、届いてない最後のホース部品ですcrying

ホース類はすべて新品に交換してますが唯一、この2本だけ再利用ですsign03

別に上記の部品が再利用でもエンジン始動には、なんの問題は無いんですけどねhappy01

続く・・・eyegood

2018年10月26日 (金)

ホンダ・ステップワゴンRF系、ハブベアリング、ドアロックアクチェータ他交換、修理編(^^;

トヨタ部品には、さすがにうんざりしてる店主angry

まとめて注文してるのに1個づつ、ちまちまと届きますし、同じ部品番号を頼んでいるのに3日も待たないと来ないsign02

どんだけ、電装部品パーツが遅いんですか?????????????

ピストンだって1週間に1個づつですよsign02(ちょっとオーバーに言ってます)sad

本日と言うより、昨日の時点でエンジンに火を入れられたんですが、明日に持ち越しですcoldsweats02

さて、アリストは後日アップするとして本日のお題を・・・scissors

Dscn894001
車検など定期的に修理にお越しのステップワゴン様ですpaper

まずは簡単なラジエータ、リザーブタンク交換からscissors

Dscn887601
キャップ部分が割れてしまったので、一緒に交換しましたが・・・

ホンダは、変なところがバラバラで部品が出るので、注文忘れに注意が必要ですsign03

Dscn888101
新品取付後

次は、アクチェータ交換編ですscissors

Dscn892801
スライドドア内張りを外した状態

Dscn893001
写真中央下の黒く写ってる部分がアクチェータですが、ロック機構ごと外さないと交換できない様になっていますbleah

この辺は、さすがホンダですcoldsweats02

Dscn893301
ドアロックシステムの中心部sign02制御システムの中枢と言ったほうが正解でしょうsign01

こいつを外すのにエライ苦労しましたよsadさすがホンダですsweat01

Dscn893401
ドアロック中枢より、アクチェータのみ外して新品を付けていきますsign03

Dscn893601
取付後

少し、作業を端折って次へと進めさせていただきますscissors

Dscn893901
ちなみに完成後ですeye

Dscn894301
次は、ハブベアリング交換ですpaper

Dscn894501
作業中、タイロッドエンドブーツが破れていたので、急遽こちらも交換しますsign03

どのみち、外す作業だし、ブーツもカシメで抑えているだけなんでサービス作業になりますがscissors

Dscn894801
無事にナックルを外した後

Dscn895001
ここから、分解してハブベアリングを交換します

Dscn895301
ハブカラー取り外し中sign01

コンパニオンフランジアクスルを外すとハブベアリングのカラーがスプラインに残るので外しときますpaper

Dscn895501
ハブベアリング抜き取り中

Dscn895701
すべて抜き取り完了

Dscn895801
新品ベアリング組付け中

Dscn896101
バックプレートを取付け、最後の仕上げであるフランジを組付けます

Dscn896301
組付け中’バックプレートの組忘れにはご注意をsign03

Dscn896401
完成ですhappy01

後は、元に戻していきますpaper

Dscn896901
戻してる途中でタイロッドエンドブーツを交換します

Dscn896701
今回は、ブーツ取り付け用の専用ツールで組付けますhappy01

いつもは、大きなボックスを使ってブーツを組付けてましたが、失敗すると破けるトラブルがあったので、この専用ツールは嬉しい工具ですhappy01

あくまで、圧入タイプ専用なので、バンドで固定するブーツには意味はありませんけど・・・bleah

Dscn896901_2
綺麗にした後、グリスを塗ってブーツを組みます

Dscn897001
ハンマーで叩いて完成です

Dscn897301
完成ですscissors

Dscn897701
左右で写真が代わりすみませんが取付後ですscissors

後は、元に戻してテスト走行後、問題が無かったので、完成となりましたpaper

ちなみに、エンジンオイル交換もしていますhappy01

次回は、やっとアリストの完成がお伝え出来ればと思いますが、まだ3点ほどカプラーとホースが来てないので、最悪、一度納車して、慣らし運転後に一度点検をしたいと思っていますので、その時にでもお取替えが出来ればと思っていますが、明日に届くかな・・・sign02

2018年10月25日 (木)

トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その13(^^;

冒頭からまたまた失礼しますhappy01

実は、とうとう腰の痛みが酷くなりまして、定休日だった昨日に病院に行って参りましたcoldsweats01

結果的に椎間板ヘルニアでは無かったので安心しましたがcoldsweats02

要は、腰をかがめて作業したのが続いたせいで、ロートルの体に負担が掛かってしまい、背骨が変形し、背骨の筋肉が炎症してしまいましたcrying

しばらくは、無理な作業が出来なくなりましたが、腰をかがめなければ大丈夫なんで、仕事は出来ますのでご心配なくpaper

さて、店主ごとの余談ですみませんm(_ _)m本題へとscissors

Dscn884201
古いカプラーを外して、新しいカプラーへと移設して行きますscissors

しかし、外した時のカプラーの数より、取付けた時にも壊れてしまい、結局、追加追加のカプラー交換になりましたcoldsweats01

しかも、この場所のカプラーと明確にトヨタ共販に言うのですが、どこのカプラーか解らないの回答が来てしまい、説明するのが大変sign03プラス頭悪いのが多いトヨタと思ってしまったshock(整備経験が有るスタッフを入れて欲しい)sweat01

コンピュータ時代の若者だから、すべてが解る訳では無いのだからsign03

メーカーもそうですが、古い人間をいつまでも現場に置きたくないのは理解しますが、人はそれぞれ、出来る職場(部署)が有ると思うので、トータルで出来る様に変えることは決して駄目ではありませんが、部品に長けてる人間がいないと結局困るのはメーカーなので、少しは考えて欲しいですよcoldsweats02

すぐ届く部品や在庫が有るのに、部品が解らないで時間がかかり、困るのは私達整備士もそうですが、一番はお客様ですpaper

余談連発ですねsweat01

Dscn884601
こちらは、オートマのインヒビター用、カプラーですsign03

交換したどのカプラーもそうですが、硬化していて、簡単に割れてしまう状態でしたsad

ホントなら、全部のカプラーを交換したいくらいですが、壊れていないのに交換するのは、予算的に厳しいので辞めときます。

ちなみにエンジン関係だけで、40個以上ありますから、単純に1個5百円とすると単純に2万円になりますから、他に掛かってる金額も考えると簡単に交換とは行きませんcoldsweats02

とは言っても他にも壊れてるカプラーも有るので、ちょっと金額が増えそうですがsweat01

Dscn884801
入れ替え交換中

Dscn885001
ここまで作業が進んでいます

Dscn885201
スロットルボディ取付後

Dscn885401
リヤ側はこんな状態です

Dscn885801
角度を変えて

Dscn886001
プラグとコイルは付けていないので、プラグカバー(青色)は載せただけですsign03

Dscn886301
さて、エンジンを乗せる準備がほぼ出来たので、車台をリフトに載せましたpaper

Dscn886601
2ヶ月ぶりのエンジンルームですhappy01

取り急ぎ、他にサビが出てるパーツのサビ除去と塗装をしますsign03

Dscn886801
パワステプーリーとパワステステーを塗装中

Dscn887101
エンジンを乗せる前に、新たに届いたカプラーを入れ替えるのですが・・・

Dscn888401
こちらはのカプラーはまだ届きませんcrying

Dscn887401
こちらは、共販のミスでメーカー欠品のため、まだ届いていませんcrying

パーツリストに○して注文をお願いしてるのに忘れるんですよ・・・shock

また、千葉トヨタ共販の社長に文句を言う理由が出来ましたよangrysweat01

Dscn889001
とりあえず、後から交換できる作業を残し、エンジンを載せて行きますpaper

と・・・本日はここまでになりますが、実際はエンジンを載せておりますcoldsweats01

次回は、エンジンとミッション(オートマ)を載せてエンジン始動までアップ出来ればと思いますhappy01paper

リフトだと、腰をかがめなくて良いから腰に負担が少なくて楽ですねbleahgood

2018年10月23日 (火)

トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その12(^^;

女心と秋の空と言いますがcoldsweats01本日はあいにくの天気paperで、気温も天気予報より寒かった1日でしたsad

さて、お預かりしてから2ヶ月以上が経ってしまったアリストsign03

予想外に押してるお車もあって、作業が進まず、部品の調達もすべてが上手く揃う訳でもないし、作業中に壊れるパーツも出たりで、当初先週には予定通り完成するはずだったのですが、何故かsign025日も押してる状況と頼んだ部品が来てないとかcryingオーバーホールガスケットキットに入ってるはずのパッキンやガスケットが無いsign02プラスのダブって部品があり、余ってしまうなど、ありえない状況が重なり今に至っておりますcoldsweats02

普通に店主が早く作業しなかったのが根本原因ですが、オーバーホールだけを集中して出来ない事情も是非、ご理解をいただけると幸いですbleah

余談ですみませんでしたが、カムカバーの塗装から・・・

Dscn861401
プラサフを塗った後、サンドペーパーで段差を無くしますhappy01

この他にも、塗装が剥がれたパーツは、再塗装していますscissors

Dscn865201
本塗装中

この後、クリアー塗装して完成となりますscissors

Dscn858701
クランクプーリーも塗装sign03

Dscn858901
塗装を乾かしてる間に、エンジン組付けて行きますが、カムセンサーとクランクセンサーです

Dscn859101
クランクセンサー取付後

Dscn859301
カムセンサー取付後

外すのが面倒で、不具合の起こりやすいセンサーは、優先的に交換したかったので、予算の許す範囲で交換させていただきましたhappy01

センサーって安い部品では無いのでsweat01

Dscn859601
オイル関係を組付けていきます、可変バルタイ用のバイバスオイルパイプですsign01

Dscn859701
一緒に写ってルノがオイルクーラー部分です(水冷式)

Dscn859801
オイルエレメントのアダプターごと外したんで気が付かなかったのですが、オイルクーラーのパッキンが歪んで変形してましたdespair

これじゃーオイル漏れしててもおかしくないのですが、耐えていたんですねshock驚きですcoldsweats02

Dscn860101
最近、タイミングベルト交換してるのでベアリング、ウォーターポンプ類は再利用しましたが、ベルトは交換しましたscissors

Dscn860301
次は、ターボチャージャー側の排気系を組んでいきますscissors

排気系に関しては、再利用出来そうなボルトとスタットボルトは、全て新品に交換しますpaper

Dscn860501
タービン、組付け中

Dscn860801
角度を変えてpaper

Dscn861001
こちらも違う角度から・・・sign03

Dscn861201
次は、インテーク側を組付けて行きます

Dscn861901
後で気づくんですが、オイルクーラーを付ける前にエンジンマウントを付けないと大変な事になりますcrying

Dscn865401
次は、燃料系です

Dscn865801
インジェクターとデリバリーについてるゴムパッキンをすべて新品へと交換して組付けますscissors

Dscn868501
遮熱板を塗装中

Dscn868801
エキゾースト側のステーを塗装中

いっぺんにまとめて塗装編にすれば良いのですが、作業の流れ上、ご勘弁くださいませscissors

Dscn883101
だいぶ組み上がって来ましたscissors

ちなみに、塗装した部分は、見えない箇所や見えるんだけど後から画像で出て来ますのでご了承くださいませcoldsweats01

Dscn883301_2
遮熱板取付後

Dscn883401
カムカバーも取付けましたscissors

Dscn883601
インテークのサージタンク、取付中

Dscn883901
角度を変えてpaper

本日は、ここまでになりますが、次回はエンジンをボディに載せていきますhappy01

しかし、外す時はカプラーの爪から綺麗に外れたんですが、組み付ける時に爪が割れて外れてしまい、カプラーのみ再注文しましたhappy01

多分、乗せる前に届くと思いますが、最悪載せてからでも作業できるので先に乗せるかもですねgood

2018年10月22日 (月)

スズキ・エブリィワゴンDA64W、エアコン修理編、その2完成(^^;

本日も晴天sign03

涼しくて天気が良いのは最高ですね・・・ただし、乾燥気味なんで静電気が出始めましたがcoldsweats02

さて、後半になります・・・2回で完結する場合は、前編後編にすれば良かったですねscissorsちょっと検討しようsmile

Dscn879401
エアコンユニット内のエバポレータ、写真右が外したエバポで左は新品ですsign03

当初、分解したら漏れが無くて、店主的に焦ってしまったんですが・・・coldsweats01

スポンジで隠してるところを剥がして確認したら、やはり漏れていましたpaper

Dscn879901
普通に撮った写真ですが、矢印部分に漏れ後が・・・

Dscn880001
ブラックライトで最終確認した写真ですsign03

リークテスターと店主の鼻の嗅覚で確信はしていましたがbleah、外した時は外見上、全く漏れた後が無かったので、まさかのミスだと思いましたが、隠れてる部分に漏れがあったので、間違っていなかったと、安心しましたよbleahsweat01

原因が、確定といいますか確実なことが判ったので、新品を組付けて行きますpaper

Dscn880501
途中の写真がありませんが、組付け完了(ユニット)

メーカーも、まさか漏れるとは思っていなかったのかsign02

ちょー面倒な作りでして、当然ですが工賃が半端ないほど高いですcrying

ダッシュ盤自体は、今どきの作りで簡単だったのですが、まさかのユニット分解にかなり苦戦しましたので、メーカー推奨の工賃も間違ってはいないんですねhappy01sweat01

余談になりましたが、後は逆の順番で組付けますが、ユニットを組んだ時点で、真空引きをして、組付けて行きますが・・・scissors

Dscn880901
ガスを入れる部分のバルブを交換します

Dscn881201
取付後のバルブ部分

ここは、ガスの低圧と高圧をチェックするとともに、ガスを入れたりする箇所ですhappy01

タイヤの虫ゴムと原理は一緒なので、ここからガス漏れする場合もありますから、必ず交換はしたい箇所ですね(外国車は難しい場合あり)coldsweats02

Dscn881501
真空引き中

ユニット本体と、一緒に交換したエキスパンションバルブ、レシーバタンクを交換後に取付けてしまえば、他に交換する事が無いので、室内のダッシュ盤を組んでる間に真空引きしますsign03

Dscn882101
すでにダッシュ盤とステアリングコラムを組付けています

Dscn882301
ステアリングコラム周辺の配線などを組付け中

Dscn882401
ステアリングコラムを組み付けし、最後のオーディオ(ナビ)類の取付けに入りますsign03

Dscn882701
エアコンガスを入れて、温度を確認中

もうすでに組付けてしまいまして、ガスを入れて、温度計でチェック中になりますsign01

逆の手順で元に戻す作業なので、端折らせていただきましたcoldsweats01

Dscn882801
最終チェック後、完成となりました。

最後に、本日の工場内気温、22度sign01エアコンマックスで約7度sign03

軽自動車でこの気温差は問題ないレベルと思いますsign03

しかし、エアコン修理が、今頃に作業する事になってしまった店主sad

少々反省するとともに、ここまでお待ちいただきましたお客様にも感謝申し上げますm(_ _)m

2018年10月21日 (日)

スズキ・エブリィワゴンDA64W、エアコン修理編、その1(^^;

本日は、久しぶりの晴天sign03

気温も低めなので、過ごしやすい季節になりましたpaper

そんな中、季節的にずれてはいますがエアコン修理編をwobblysweat01

Dscn844201
まずは、ガスの有無を確認中

ガスは、ほぼ入っていませんでしたので、どこから漏れているかを確認するため、ガス漏れ検知液と検査用のガスを入れて、エアコンを付けっぱなしで、しばらく放置しますscissors

Dscn844401
コンプレッサーを回せるだけのガスで十分なので、圧力は低いですhappy01

明らかにガス漏れが酷いとあまり放置しなくても原因が判明するのですが、漏れが微量だとすぐには判らないのですが、室内から微量にエアコンガスの独特な臭いがするので、間違いないとは思いますが、時間を置いて確認しますsign03

結局、ガス漏れテスターなども使い、調べた結果、室内のエアコンユニットより、ガスが漏れていると判定sign03

お客様に、ご説明をして了解を経て部品が来るのを待ちます(ここまではリアルタイムではありません)happy01

Dscn876801
部品が届いたので、作業を始めます

まずは、室内のエバポレータ交換なのですが、次いでにレシーバータンクとエキスパンションバルブも同時に交換しますpaper

Dscn877101
矢印がレシーバータンクsign03

エンジンで言うとオイルフィルターみたいなものだと思っていただけると・・・

正確には、乾燥剤と細かいゴミを除去するところですsign01

Dscn877301
ここが、エキスパンションバルブsign03

昔は、室内ユニットに入っていましたが、最近は、見えるところに付いてるので、作業が楽になりましたscissors

Dscn877801
写真左が外したレシーバータンクで右が新品ですsign03

Dscn881901
交換後ですhappy01

次は、室内へと作業を進めますscissors

Dscn878001
作業準備中

Dscn878101
だいぶ進んで、ステアリングポストごと外してますcoldsweats01

Dscn878401
面倒な後付ナビの配線処理中

サービスマニュアルは、カプラーとアース線を外してダッシュごと外すように指示がありますが、後付のナビとETCは、外すことを前提に取り回していないので、ここがかなり面倒ですcoldsweats02

Dscn878601
ようやく、ダッシュ盤(正式には、インストルメントパネルだったかなsweat01)を外しましたbleah

Dscn878701
外したダッシュ盤とハンドルポストなどsign03

Dscn879001
冷却水のエアー抜きが面倒なので、横着してヒーターコアのみ残しましたcoldsweats01

Dscn879301
エアコンユニット取り外し後

さて、本日はここまでになりますが、次回は完成編になりますgood

2018年10月20日 (土)

三菱・ランサー、デファレンシャルオーバーホール編(^^;

またまた冒頭からすみませんeyesweat01

ランサーのオーナーの方、もしブログを見てくださっておりましたら、ご連絡いただけますと幸いでございますsign03

実は、明日の午前中にテスト走行して問題なければ完成でお渡しが出来るのですが、うっかり連絡先を聞き忘れてしまいました、どうかよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

さて、デフのオーバーホール編ですが、今回はリジットアクスル式になりますhappy01

AE86と同じタイプですが、三菱さんは、すべてがシム調整式になるので、一度決まるとほぼ調整は不要ですが、ベアリングが新しくなるので、必ず確認は必須ですsign03

写真ばかりになってしまいますが、外さなくても良かった作業をしてしまったせいで、余計な仕事も増えていますcoldsweats01

Dscn865501
他の作業があり、最後にリフトアップしてこの日は終了ですsign03

Dscn866001
まずは、デフオイル抜き取りから

Dscn866201
ドラムを外して作業へと

Dscn866501
ホイルシリンダーに入るブレーキパイプがフレアナットから折れてしまいましたcrying

Dscn867901
しかも・・・左右ともですshock

この時点では、外さなくても良かった作業だったんですが、他のメーカーは大概外すので、余計な作業になり、しかもパイプを修正して新しくフレアーナットを取付けなければなりませんcrying

Dscn867601
当店は、かろうじて在庫してるんですぐに作業できますが、普通は置いてませんねcoldsweats01

この作業は、後にするとして本題作業をpaper

Dscn869001
ビックリです、アクスルシャフトだけ抜けたので拍子抜けcoldsweats02

外さなくて良かった事に気がついたけど、いまさらどうしようもありませんcrying

Dscn869501
デフを外す直前

Dscn869701
取り外した後のリジッドアクスルケース側(ガスケット清掃済み)

デフ本体は分解して作業は進んでいますsign03

Dscn870201
サイドベアリング取り外し中

Dscn870501
バラバラに分解後、ケースは塗装済みsign03

途中の工程を端折っていますが、ここからは組み付けになりますscissors

Dscn870701
サイドベアリング組付け中

Dscn870901
ピニオンベアリング組付け中

Dscn871101
ピニオンのプレロードチェック中

Dscn871701
バックラッシュ測定中

Dscn871901
歯あたりのチェック

最初に組付けた時に間違いが無ければ大概は問題ありませんって、これが普通なんですがcoldsweats02

Dscn872301
次は、無いガスケットを作成します

Dscn872601
完成ですscissors

一応、漏れないと言われてはいますが、紙製な為、心配なので液体パッキンを塗って組付けますsign03

Dscn873001
今回は、ワコーズの液体パッキンで対応しましたhappy01

ワコーズ製のパッキンのメリットは、他の液体パッキンより柔軟性があり、外す時に綺麗に外せるのが売りですscissors

Dscn873501
次は、ハブベアリング交換です

ベアリングが問題なければ交換しなくてもと言われたんですが、どのみち次いでにプラス作業が加わるだけなので、交換しますsign03

Dscn873701
プレス機で、ベアリング組付け中sign03

Dscn873801
ベアリング交換、完了です

Dscn874101
組付け

最後は、余計な作業のブレーキパイプ修理ですpaper

Dscn868301
ブレーキパイプを外して修正します

Dscn873201
修理中

Dscn874301
右側

Dscn874501
左側

この後、エアー抜きしてオイル漏れが無いかチェックして完成ですが、最後はテスト走行してホントの完成となります。

どの道、フレアーナット部分も、パイプとともにサビで腐りかけていたので、ある意味良かったのかなぁーと思ってはおりますhappy01

出来れば、パイプごと新品に出来ればよかったのですが・・・good

2018年10月19日 (金)

トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その11(^^;

昨日のブログを編集したら、何故か本日更新に書き換えられてるのは、ちょっと理解に苦しみますが、本日も続けて更新させていただきますsign03

流れで続きになってしまいますが・・・

Dscn853601
オイルレベルセンサー取付後

Dscn853701
外から見るとこんな感じですsign02

店主は、油温センサーだと思っていたんですが、オイル量が減ってブローする前に警告させることで、オーナーに知らせる機能だったようですcoldsweats01

オイルプレッシャースイッチがあるじゃんsign03って思ってる方、国産のプレッシャースイッチは当てにしないでくださいsign03

神経質な日本人のために、ものすごくファジィに(曖昧)作っていますので、ほんとに付いた時は、ほぼブロー確定ですので、お気を付けくださいませcrying

さて、次へと・・・

Dscn853901
オイルパンに液体パッキンを塗った後

Dscn854001
取付け完了ですscissors

次は、カムシャフト取付けですが・・・

Dscn854301
バルブリフター取付後

Dscn854401
カムシャフトを仮組みしますbleah

実は、シム調整が有るので、狂っているとシムを交換しないとならず、1個や2個くらいなら、特殊ツールでシムだけ外せば良いのですが、複数狂ってる場合は、カムを外して作業した方が楽なので、仮付したんですが、カムホルダーの組付けがとても面倒で、後に思えば失敗するのですが・・・sad

Dscn854701
バルブクリアランスチェック中、インテーク側

Dscn855401
エキゾースト側

失敗とは、つまりバルブクリアランスが設定値内で交換する必要が無かったので、無駄になってしまい、もう一度カムホルダーを組み直すハメになってしまいましたshock

Dscn856001
最組付け後ですcoldsweats02

Dscn856401
ボケてますが、違う角度からeye

Dscn857401
カム側のバックプレート取付後

本日は、ここまでなんですが・・・

実は、カムカバーを洗浄中に塗装が剥離してしまいまして、新たに塗装をすることになりましたwobbly

Dscn857801
サフェーサー塗装中

次回は、こちらも含めて続きをお伝えしたいと思っていますが、細かい部品の頼み忘れと入っているはずのガスケットが無いなど、相変わらずトヨタさんは・・・

もう言うのは辞めますが、しかしなんとかならんもんでしょうか?bleah

トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その10(^^;

冒頭からすみません、昨日、整備組合の緊急会議がございまして、アップが出来なかったので、本日(19日)にアップになりました、ご了承くださいませm(_ _)m

さて、シリンダーヘッドを組付けてシリンダーブロックへと組付けて行きますscissors

Dscn844701
綺麗に掃除たバルブを擦り合わせして行きますsign03

バルブは新品では無いので、さっとあたりが確認できる程度にしますscissors

Dscn844901
擦り合わせ中sign03

これを24本行いますcoldsweats01

Dscn846201
見づらいですが擦り合わせ完成ですpaper

Dscn846601
次は、バルブシートを組付けて行きますhappy01

トヨタの6気筒エンジンは、バルブシートを後から付けても大丈夫ですが、メーカーによっては、シートを先に付けないとバルブシートが入らない事が起きたりするので、癖をつける意味で先に組付けますpaper

Dscn846801
バルブ・リップシールを組付けますscissors

Dscn847001
バルブシール組付けよう、なんちゃって専用ツールですsmile

昔のニッサン車は、軽くハンマーでたたかないと入らないのですが、今どきの車は、手で軽く力を入れると簡単に入りますcoldsweats01

Dscn847601
次は、バルブスプリングを組付けますpaper

Dscn847801
バルブリフターを使って、コッターを組みます

Dscn848101
くどいですが、これを24箇所行いますwobblysweat01

Dscn848301
ヘッドが完成しましたscissors

次は、シリンダーへ組み付けるのですが、いつもの作業を・・・

Dscn844501
ホントは、ピストン組む前が理想ですが、エンジンスタンドの特権で、タップを立てた後、逆さまにしてパーツクリーナーで洗浄しますpaper

逆さまにすれば、ピストン側に切子が入りませんのでhappy01

Dscn848501
ヘッドボルトは新品を使用paper

店主は、基本的にボルトの伸びが出るのが嫌いなので、再利用する方が多いのですが、伸びの限度がギリだったので、迷わず新品を選択sign03

ちなみに、最近は角度締めにもなっていますし、トルク締めでも一度戻して最締め付けもするので、伸びが限度ギリだったら交換はありですsign03

Dscn848801
ヘッドガスケットを載せて・・・

Dscn848901
ヘッドと合体して、まずはトルクレンチで規定のトルクで締めますhappy01

Dscn849301
次は、締め忘れ防止でヘッドボルトにマーキングします

Dscn849401
角度締め中

90度を2回に分けて締めます(合計180度です)happy01

Dscn849601
見づらいですが、マーキングが180度ずれています

Dscn849901
ヘッドが組付け完了したんで、オイルパン類を組付けますpaper

Dscn850101
オイルパン?らしき腰下カバーに液体パッキンを塗った直後

Dscn850301
シリンダーブロックに組付け中sign03

Dscn850801
オイルの片寄り防止カバーとストレーナ取付けhappy01

Dscn851101
オイルレベルセンサーとオイルパンを次に組付けますsign03

今回は、ここまでで続くですgood

2018年10月16日 (火)

トヨタ・ヴォクシィ、エンジン始動不良他、修理編(^^;

今日もハエが多くて、イラッとする1日なのですが、仕事をしないと先に進まないので我慢の1日、2日なのかと思いますがsad

さて、アリストのエンジンオーバーホールは着々と進んでいますが、頼み忘れたガスケットや、本来、オーバーホールキットに含まれていないとならないガスケットがまさかの入っていないトラブルで(千葉トヨタ共販の社長にまた文句言わないとangry)作業がストップしましたcrying

当店は、直接トヨタ共販(部品)と契約してないので、組合の会合等で話すしか無いのですが、キットに入っていないとならないガスケットが無いsign03

ありえない事が、天下のトヨタにも起きていますangry

今回のブログに関係ないことですが、ちょっと文句が言いたかったので、先に書かせていただきましたpaper

ようやく本題へbleah

出かけようとエンジンを掛けようとしても、うんともすんとも言わず、当初バッテリーを交換したそうですが、それでも何も変化がなかったので、修理依頼になったのですが、不思議と入庫日にレッカーを呼んだら、エンジンが偶然掛かってしまい、ご入庫となりましたscissors

Dscn851201

当然ですが、一度掛かると不具合が出なくなってしまい、翌日の朝にもう一度確認したら、確かにうんともすんとも言わなかったので、試しに・・・

Dscn851501
セルモーターsign03

こいつに衝撃を与えてイグニッションキーを回したら、見事にエンジンが掛かりましたscissors

ほぼ間違いなくセルモーター(スターターモーター)が原因ですhappy01

早速、セルモーターを取り寄せるとともに、アイドリング不調もあったので、スロットルバルブの清掃も一緒に作業しますscissors

Dscn851601
まずは、バッテリー、エアクリーナボックスを取り外しますsign03

ここまでは、セルモーター交換だけならOKsign03ですが、スロットルバルブの清掃も有るので、奥まってるダクトホース類も一緒に外しますhappy01

Dscn852001
ダクトホースなどを外したスロットルバルブsign01

少し、カーボン(スラッジ)が付着していますがキャブクリーナーで清掃しますsign03

Dscn852101
泡がキャブクリーナーです

ホームセンターやカーショップなどで売ってるキャブクリーナーは泡が多すぎて洗浄性が悪いので、出来れば、トヨタ指定のドライブジョイか、同等の製品をオススメしますsign01

安いのは、泡だけで落ちませんので、泡と液体が交わるような物がベストですbleah

ちなみに、インジェクション用のクリーナーもございますが、はっきり言って使えませんし、落ちも悪いのでオススメはしませんpaper

とは言っても、十分に暖気して温めた状態なら、安いキャブクリーナーでも汚れは落ちますから、暖気が出来ない条件が重なった作業の場合は、良いものを使うと効果が得られますbleah

Dscn852401
綺麗になりましたeyescissors

後は、元に戻して行きますが、一緒に今回の不具合原因であるセルモーターも交換しますsign03

Dscn852701
当然ですが、右が不具合品で左がリビルト交換品

Dscn853101
交換後

Dscn853301
一発始動とエンジンも安定したアイドリングですpaper

無事に完成しましたが、良く見ると、昔不具合が多かった3S系エンジンのミッションに使われていたセルモータに近い状態happy01

ただ、だからおかしいと言う訳では無くて、似てるレイアウトのセルモータって昔からトラブルが多かったので、まさか・・・と思っただけですhappy02

休み明けに、加速不良の不具合で、悩んでいる車両を良い結果でご報告出来るかなsign02と思いますが、まだ作業してないので、判りませんが良い結果をご報告出来るかと思っていますwobbly

つまり、明日も隠れて仕事ですshocksweat01

2018年10月15日 (月)

トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その9(^^;

近くの畑に恒例の肥やしが届きまして、春から夏にかけては比較的南風(南南西)の風が吹くことが多いので気にならないのですが、この時期は北東の風が多く、工場の入口が東側なので、ダイレクトに臭いが・・・shocksweat02

鼻がおかしくなって仕事にならないだけなら良いのですが、ハエがすごいことになり(恒例sweat01)残業しようにも寒いから、まとわりつかれて仕事になりませんcoldsweats02

こればかりは仕方がないのですが、今年の10月は、晴天が少ない為、作業がしやすい分、弊害もありますねcoldsweats02

さて、余談になりましたが、相変わらず作業が押しまくってる店主ですcrying

Dscn839701
コンロッドボルトも角度締めなのですが、まずはマーキングからsign03

Dscn840001
角度締め付け中

Dscn840201
次は、オイルポンプ取付けになりますsign03

Oリングパッキンにしなくても、液体パッキンでいいじゃんと思いますが・・・理由が有るんでしょうねhappy01

Dscn840401
写真左がオイルポンプ、右はエンドオイルシールですsign01

Dscn840601
まずは、オイルポンプ側に液体パッキンを塗って組付けますscissors

ちなみに、トヨタエンジンでもパッキン対応と液体パッキン対応がありますhappy01

Dscn840801
オイルポンプ組付け後ですpaper

次はエンドオイルシール側ですsign01

Dscn840901
液体パッキン塗りつけ後

店主は、パテシエのような職人には成れませんね、いつもですが素人盛りですsweat01

Dscn841201
組付け後ですsign03

次は、ヘッドの組み付けですが、まずは最終清掃です・・・

Dscn842101
掃除完了ヘッド

どうしても、漬け置き洗浄だけでは落とせない排気側のカーボンを除去しますhappy01

でも、はっきり言って完璧には綺麗になりません(ポート研磨すれば別ですが)sign03

Dscn842601
エキゾーストバルブ清掃中

次は、インテーク、エキゾーストバルブを綺麗にしますhappy01

Dscn842801
インテークバルブ清掃中

4バルブ6気筒ですから、それぞれ12本を綺麗に汚れを取るのですが、いつも体制が悪い状態で作業する関係で、腰が痛くなってしまい、全てを綺麗にしたあとは、ここで終了してしまいました(今回の作業はリアルタイムではありません)wobbly

次回は、と言いますか(かなり進んでいます)かなり出来てる状態をお伝え出来るかな?と思いますgood

いやー、あまりの臭いで鼻が馬鹿になってしまい、飯は美味しいのですが臭いが判らないので食欲がわきませんshock

2018年10月14日 (日)

トヨタ・アリストJZS16◯系、オートマストレーナ、スタビリンク交換編(^^;

いよいよ、ヘッド関係の作業に入ったのですが、腰が痛くて残業しての作業は辞めましたcoldsweats02

さて、今回は、同じアリストなんですが、定期的に修理をさせていただいてる別件車両になりますsign03

作業内容は、フロントスタビライザーのリンクを左右交換とオートマミッションのストレーナとフルード交換になりますpaper

Dscn833401

まずは、スタビリンク交換からsign01

Dscn833901
右フロント側

Dscn834101
左フロント側

まだ、リンク自体のガタはありませんが、ブーツが切れていますので水の侵入により、リンクにガタが発生しますので、早い内に交換した方が良いですし車検も通りませんcoldsweats01

車検はまだ先ですが、早めの交換作業になりますscissors

Dscn834301
外した部品と新品です

Dscn834401
右側交換後ですが左も同じ作業なので写真はありませんhappy01

次は、オートマミッションのオイルストレーナ交換になりますhappy01

Dscn833701
まずはATF(オートマフルード)を抜きます

Dscn835201
オイルパン取り外し後のミッション側

Dscn834801
オイルパン取り外した状態ですが、なにか異物が・・・

Dscn834901
プラスドライバーで締めるネジが・・・crying

店主も色々な作業はしていますが、オイルパンにネジが落ちてるなんてそうそう経験することではありませんが、重大なパーツでもなさそうなんで、とりあえずどこに付いていたネジかsign02探しますsign01

Dscn835701
バルブボディの一部に付いてるネジの一つですpaper

他の箇所は、普通にボルトで固定されているので、バルブボディの間にハマるメタルガスケットを押さえるネジかと思い探していると・・・

Dscn835301
どうやらここが緩んで落ちた箇所のようですsign03

Dscn836001
無事に取付け出来たようなんで間違いは無いようですscissors

過去に外した痕跡が有るので、バルブボディを分解したかsign02それともリビルトミッション交換品なのかsign02も知れません。

いずれにしても他に緩んでいると後々のトラブル原因になりますので、全てボルト類は増し締めしましたpaper

Dscn836501
掃除した後のオイルパンと外したストレーナと新品ストレーナsign01

Dscn836701
新品ストレーナ取付後

Dscn836801
液体ガスケットを塗りつけ後

Dscn837101
組付け後

オイルパン取付後の作業が終了したのが夕方3時過ぎsign03

夏場なら、2時間もあればOKsign01なんですが、10月に入ってから涼しさと湿度も有るので、最低でも3時間は欲しいところpaper

なので、一晩放置して翌日の朝から(本日)オートマフルードを入れましたhappy01

Dscn838501
給油中です

適正量を入れた後、テスト走行し、変速ショックの有無確認とオイル量の確認をして問題ないと判断して完成となりましたscissors

ただ、オートマフルードの汚れが酷かったので、全量交換は辞めて半分だけ交換としましたpaper

酷いスラッジでは無いので、全量交換しても良かったかな?と思いますが、ここはじっくり交換したいと思いますgood

2018年10月13日 (土)

トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その8(^^;

今日は、難問だった車の原因にようやく光が見えて来ましたcoldsweats01

残業が嫌いな店主ですが、少しルンルンですeyepaper

とは言っても、結果がまだなので後にアップしたいと思いますが、本題へ・・・scissors

Dscn831801
一番軽いコンロッドsign03

続きになりますが、コンロッドとピストンを組み付ける前に恒例となる重量バランスになりますhappy01

ところが・・・

Dscn832001
一番重いコンロッドsign03

重量差4グラムsign03JZエンジンすごいhappy01paper、しかもピストンは・・・

Dscn832201
一番軽いピストン

Dscn832401
一番重いピストン

ピストンは2グラム以内eyesweat01

ちなみにサークリップとピストンピンは6個とも重量は同じcoldsweats01

なので、一番軽いコンロッドに一番重いピストンと合体させることで6個あたりの重量差3グラム以内paper

さすが、トヨタのJZエンジンsign03しかもボアとストロークが同じスクエアーエンジンだから、最強エンジンですねsign03

アリストターボが早くて、丈夫なエンジンな意味が解った気がしますhappy01エンジンだけ欲しいなぁーbleahsweat01

余談はさておき・・・coldsweats02

Dscn832601
組み付けに入りますsign01

Dscn832801
ピストンを温めてコンロッドに組み付けて行きますscissors

重量合わせもしなくて済みましたので、コンロッドとピストンを組付けて行きますpaper

Dscn833001
組付け完了ですscissors

ちょっと端折ってしまいましたが、次はピストンリング組み付けですhappy01

Dscn837301
写真下がピストンリングとオイルリングですsign03

Dscn837201
組付け中です

店主は、面倒でも手で組付けていますscissors

ピストンリングコンプレッサーと言う専用工具がありますが、楽なんですけど調子こいて作業してると新品リングを折ったことが有るので、使いませんcoldsweats01

ピストンリング1気筒分で売ってるメーカーが少ないから、出費を考えると緊張感が有る手組みが一番良いですbleah

Dscn837901
次は、コンロッドメタル組付けです

Dscn837601
クランクメタル同様、コンロッドメタルもサイズに種類がありますscissors

Dscn838101
順番に組付けたら、ピストンをシリンダーに組付けて行きますscissors

Dscn838301
無事に6個組付けましたscissors

一応、仮付なので、次回はコンロッドキャップボルトの角度締め付けから始めたいと思いますhappy01

ちなみに、小さい砂抜き用プラグは本日届いたので、組付けましたgood

2018年10月12日 (金)

トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その7(^^;

冒頭から、自動車の部品って年式が新しくても古すぎても部品がすぐに調達出来ないと言う、変な現象と言っても、最大の原因は、メーカーの都合なんですけど・・・shock

さて、いよいよ組付けに入ったアリストsign03

Dscn821201

最初は、シリンダーブロックの塗装から開始なんですが、そのまま塗装は出来ないのでマスキングをして行きますscissors

Dscn823901
マスキング中

Dscn824301
マスキング完成sign03

Dscn824501
塗装中

次いでにオイルパンも塗装しますhappy01

Dscn824701
オイルパン塗装後

これは、一昨日に処理は終わっており、次はシリンダーブロックの砂抜き用プラグの交換ですが、その前にシリンダーのサビと汚れが完全に落ちないので、ペーパーを当てて綺麗にしますpaper

Dscn825201
見づらいですが綺麗になりましたscissors

次は砂抜き用プラグ交換sign03

Dscn825301
抜き取り後

これは、慎重に外さないと中に入ってしまうのでって、すでに2個ほど入ってしまい、取るのに苦労しましたが・・・wobbly

Dscn826501
写真右が外したプラグで左は新品なのですが・・・

実は、発注ミスがあって、小さいプラグを2個注文し忘れてしまいましたsweat01

交換部品が多いと、こういったトラブルは良くあるのですが、部品商側もエンジン内部パーツ部品に関しては、慣れていないので、仕方がないと言えば仕方がないですねwobbly

同じエンジンばかり作業してれば、こんな事も無いのでしょうが・・・coldsweats01

余談はさておきsweat01届いたプラグで交換しますscissors

Dscn827101
2液性の接着剤で組付けますsign03

ちなみにサービスマニュアルだとブラックシールパッキンで処理しますが、ちょっと心配なので、いつも2液性の接着剤を使っていますscissors

Dscn828401
プラグの取付中

Dscn828901
小さいプラグが無いので、ここは後日取付けます

Dscn829301
次は、クランクシャフトを取付けますsign03

Dscn830001
まずは、ジャーナル部をラッピング処理しますsign01

ラッピング処理と言っても、チューニングショップさんほどの事は出来ないので、艶が出る程度ですが・・・sweat01

Dscn829701
いつものタップ処理中ですscissors

ここは、絶対に手を抜けない作業ですが、今回は、クランクキャップボルト、コンロッドボルト、ヘッドボルトは交換しますpaper

Dscn829901
新品メタル取付け

Dscn830201
ワコーズの初期かじり防止ペーストを塗りましたhappy01

Dscn830501
キャップを組付け

Dscn830701
最初の規定トルクで締め付け後、角度締めしますscissors

2JZは、ほぼ重要な部分は最後に角度締めになりますが、この先のコンロッドボルトも角度締めなのには驚きましたがcoldsweats01

Dscn830801
角度締め専用ツールで締め付けますscissors

ある意味、大きいトルクが必要なトルクレンチが不要なので、高い工具を買わないで済むのはありがたいですが・・・coldsweats01

Dscn831401
次は、ピストンとコンロッドの組付けですscissors

本日は、ここまでになりますが、次回はピストンとコンロッドを組付け、シリンダーブロックに組付けて行きますgood

2018年10月11日 (木)

ベンツ・Bクラス、スロットルバルブのトラブル修理編(^^;

3連休後は、さすがに電話とメールが多くて午前中はアップアップ状態な店主ですcoldsweats01

さて、ご予約のベンツ・Bクラスですが、ちなみに先月にCVTミッションのコンピュータ修理をしたばかりなのにまたまたエンジンチェックランプ点灯sign02

当初は、間違って組み間違えたのかなsign02

それともCVTコンピュータのトラブルsign02と思いましたが、ご予約前に事前チェックしたところ・・・

Dscn823501
スロットルバルブがスラッジによる不良と判明sign03

電子スロットル車には、あるあるの出来事で、ベンツはアイドリングがキープ出来なくなる前に警告してくれるようですhappy01

つまり、国産車でも電子スロットルが主流で、走行キロが多い車なんかだと、アイドリングが低くなってきて、信号待ちなんかで停止するとエンジンが止まってしまうのですが、セルを回すと、またエンジンが掛かるようなトラブルですwobbly

当然、コンピュータ側には、スラッジ(またはカーボン)が蓄積されることを見越して補正が出来るようになっていますが補正値の限界を超えてくるとアイドリングが安定しなくなったり、今回のベンツのように警告を出して早めに処置するように促しますcoldsweats01

Dscn821401
本日、予定通りにご入庫のベンツsign03

まずは、スロットルボディを外して掃除するのですが、当店にはベンツの電子スロットルを学習させるための診断機がありませんcrying

そこで、機器が無くても出来る裏技が有るので、是非試してみてくださいsign03

ただし、必ず守ってもらうことがありますので、失敗したらヤナセ等のディーラーで学習してくださいませpaper

Dscn821501
矢印部分が電子スロットル部分ですhappy01

まずその1、エンジンは十分に暖気するsign03

その2、エンジン停止後、10分以上は作業を待つsign03

その3、エアークリーナーボックスを外すのですが、上部に付いてるコンピュータの配線は絶対に外さないようにして、コンピュータごと、作業のジャマにならないところに移動するsign03

その4、電子スロットルを外してもカプラーは抜かないsign03

その5、スロットルバルブは、開いたりなど絶対に触らないようにするsign03

これを守って掃除すると学習させる手間が入りませんpaper

あくまで、店主が作業した状況ではこれで大丈夫でしたhappy01

Dscn821801
エアークリーナーボックス取り外し後

Dscn822101
結構、汚れていますcoldsweats01

まずは、キャブクリーナーで汚れを浮かしますsign01

Dscn822301
いつものキャブクリーナーが在庫切れで、まさかの安物で作業したんですが落ちねぇーsad

Dscn822501
それでも、パーツクリーナーで掃除したら綺麗に落ちましたscissors

暖気して温まってるから落ちが良かったのかなbleah

ただ、パーツクリーナーを使うと少しスロットルバルブが開きますが、その場合は、取付後しばらく放置すると元の場所に戻るので、ここは焦らず作業しましょうscissors

Dscn822701
取付後、少し置いた状態ですhappy01

後は元に戻して、コンピュータをリセットしますsign03

Dscn823801
リセット後

Dscn822801
無事にエンジン始動して、アイドリングキープしていますhappy01

国産車もそうですが、スロットルボディを開閉して掃除すると回転数が高くなり、戻らなくなるので、多分、バルブ自体に触らないように掃除が出来れば、学習リセットする必要が無いのかも知れませんsign03

うまく言って良かったですgoodsweat01

2018年10月 7日 (日)

トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その6(^^;

今日も暑いですねcoldsweats01

台風被害に遭われた方には申し訳無いのですが、10月とは思えない暑さと、お湯で洗浄してるせいで、倍の暑さで死にそうですsadsweat01

さて、昨晩から漬け置きしていたパーツを取り出して最終に向かうのですが、シリンダーヘッドは落ちが悪くて、夕方まで浸けてましたsweat01

Dscn817101
朝確認したら、それほど水分が蒸発していませんでしたsign03

ちなみに、見えてるパーツは腰下のパーツですpaper

Dscn817301
オイルポンプです

ここは、最初に全体を洗浄液に浸けてから分解して、中身の落ちきれない部品を再度洗浄し直しますsign03

Dscn817701
オイルポンプの中身をラーメンなど麺類を茹でるテボで洗いますcoldsweats01

意外だと思いますが、これが細かいボルトやワッシャーなどを洗う際にとても便利な調理器具sign03

食品ではないから、ダイソウさんから安く買いましたが100円ではなかったかなcoldsweats01

Dscn817901
オイルポンプフロントカバーですscissors

細かい部品の写真のみですみませんが、一人で作業してる関係でゴム手袋を着けた状態で写真が取れないので、時間が有るときは家内にお願いして撮ってもらっていますscissors

Dscn818001
違う角度から

Dscn818201
カムカバー、オイルポンプ、腰下カバー洗浄後

Dscn818401
夕方になって、ようやくここまで綺麗になりましたsign03

しかし、排気側のカーボン汚れが取り切れていないので、この後は手作業での清掃作業になりますpaper

ヘッドがデカイのと、洗浄液が入った桶がデカイせいで時間がかかりますが、ようやく次のステップへ進んでいきますcoldsweats01

シリンダーブロックの塗装とバルブの清掃が思いの外、進まなかったので次回は、このあたりを作業していきたいと思います。

冬場でもお湯を扱うと汗が尋常では無いのですが、今日は熱中症ギリでした・・・shock

やべぇーcrying

最後に、明日より3連休となりますので、メール、電話のお問い合せ対応が出来ませんeye

時々、休みなのに携帯にお電話する方がおられますが、緊急などの場合は、一度ショートメールである程度事情説明していただいた後、お電話していただければ余程、出られない環境では無い限り対応させていただきますので、よろしくお願い申し上げますpaper

なので、基本休み中は電話に出ませんので、ご了承くださいませm(_ _)m

2018年10月 6日 (土)

トヨタ・アリストJZS16◯系、エンジンオーバーホール編その5(^^;

台風の影響で、本日は蒸し暑い1日なりましたwobbly

なんで、こんな日にお湯でパーツを洗浄しないとならないのかcryingって店主の都合も有るから自然の性にしては行けないですねbleah

さて、いよいよピストンが6個揃いまして、ほぼ洗浄すれば組付け出来る状態になりましたので、作業を進めていきますpaper

Dscn813501
まずは、コンロッドと交換するピストンを分離します

Dscn813701
分離後

Dscn814001
手前が新品のピストンsign01

こいつが、ちまちまと1個づつ来るんですよsadまさか手作業で作ってませんよねsweat01

Dscn814101
洗浄前にガスケット類を除去したり、電子部品は外して洗いやすいようにしときます

Dscn814201
こちらも洗う前の準備後

Dscn814501
写真右が今までので、右が新しく買った洗浄たらいですhappy01

大人でも洗えそうな大きさですが、直列6気筒でもギリギリなサイズhappy02sweat01

ちなみに、気を利かしてスノコを置いたんですが、これが思わぬトラブルsign02

Dscn816001
最初は綺麗でしたが真っ黒になっています

ちなみに右側は、洗油ならぬ洗湯ですcoldsweats01

Dscn816501
すぐに外したスノコsign03

シリンダーブロックが高すぎて、洗浄湯に浸かることが出来ないトラブルで、結局スノコ外しました(壊れたせいもあり)coldsweats02

Dscn814701
洗浄後のインテークパイプ類

Dscn814801
洗浄後のインテークマニホールドとサージタンク

Dscn815101
なんとか洗えたシリンダーブロック

Dscn815601
綺麗になったカムホルダー

Dscn815801
同じく、クランクキャップ、コンロッド、バルブスプリングです(バルブはまだ掃除してません)scissors

Dscn816901
同じく、クランクシャフト、カムシャフト、オイルパンなどscissors

Dscn816201
汚れがひどくなって来るとアクが出るので、キッチンペーパーで除去します(嘘happy01

分解しきれない油が浮いてくるので、油を除去しています

Dscn816301
まだ、洗いはじめて間もないので、汚れていませんpaper

現在、最後のシリンダーヘッドを漬け置きしていますが、一番油が浮いてくるので、もっと真っ黒なキッチンペーパーがお見せ出来るのですが、まだ、汚れが少ない性かsign02それほどでも無いですねbleah

Dscn816601
一番、汚れが酷い、シリンダーヘッドと腰下のオイルパンの間に有るアンダーカバーとカムカバー(タペットカバー)、オイルポンプを今夜一晩漬け置きしますscissors

昔は、こんな事が出来ませんでしたが、投げ込みヒーターのおかげで一晩中、温度が保たれるので助かります・・・が、オープンのままだと蒸気でお湯が減るので蓋は必須ですcoldsweats01

明日は、バルブの清掃とシリンダーブロックの塗装、砂抜きのメクラ蓋の交換、クランクシャフト取付けまで行けるかな・・・happy01good

2018年10月 5日 (金)

ニッサン・ローレルH35系、エンジン不調、イグニッションコイル交換編(^^;

前回エンジン載せ替え、最近スパークプラグ交換をしたニッサン・ローレルですが、エンジン不調になったそうで、どうやらイグニッションコイルが死んでるのではとのことで、お預かり修理して行きますpaper

Dscn802001

エンジンを載せ替えてから約6万キロ走行で、載せ替えたエンジンが3万キロくらいなので、約10万キロ近いから、ほぼイグニッションコイルが不良と判断しました(途中でプラグ交換しています)scissors

Dscn802301
作業前のエンジンルーム

交換作業をする前に、肝心なイグニッションコイルを発注したのが月曜日の夕方sign03

普通、次の日の火曜日発注になりますが、遅くても木曜日の午前中に届くと思いますよねwobblyところが、届いたのは金曜日の午前中sign02つまり、発注してから4日も掛かっていますcrying

話をし忘れましたが、社外純正の設定があり、1個純正より600円ほど(税抜き)安いので注文しましたが、日数の掛かる社外純正ですannoy

物流が、ここんところ自然災害や台風などの影響で遅れているのは知ってはおりますが、事前に告知はして欲しいですよねsad

ただ、急ぎ仕事では無かったので良かったですが・・・scissors

Dscn810701
作業中

Dscn810901
スロットルボディ取り外し後

ここまでの作業に30分も掛かりませんcoldsweats01

Dscn812201
写真上が社外純正新品で下が取り外した純正部品

Dscn811401
プラグを外して確認したら・・・

完全に死んでるような状態は4番気筒ですが2番気筒も死にかけていましたscissors

イグニッションコイルも測定済みですが、プラグには不具合がなさそうなので、清掃して組み直しますscissors

Dscn811901
キズを付けないように真鍮ブラシで掃除しますhappy01

Dscn812501
掃除したプラグを取付後

この先は、元に戻す作業なのでサクッと行きますpaper

Dscn812701
新品コイル取付後

Dscn812801
スロットルボディ取付後

Dscn813301
エンジン始動して動作確認ですscissors

暖気後も、吹け上がりが改善されていますので完成ですgood

最後に、店主もRBエンジンが搭載されている車に乗っておりましたが、イグニッションコイルの不具合は経験をしておりますwobbly

多分、イグニッションコイルが入る中央部分にカバーで蓋をしてるんですが、こいつが熱をこもらせる原因では無いかsign02と思っており、現に店主もカバーを外したら不具合が出なくなったので、間違いはなさそう?かと思っていますが、お客様のお車に勝手にカバーを外すことなど出来ないので、参考程度に話はしていますeye

でも、8万キロ以上走行しないと不具合が起きないので、買い替えなどを考えている方にあえて外したほうが良いかと問われると現実的ではありませんし、見た目が悪くなるのでbleah

さて、次回は、いよいよ部品が揃ったトヨタ・アリストのエンジンオーバーホールの続きになりますscissors

2018年10月 4日 (木)

スズキ・エブリィDA62系、再エンジンオーバーホール編その2(^^;

最近、自然災害の影響なのでしょうかsign02

普通なら、遅くても2日で届いてもおかしくない部品が、今週月曜日頼んだ部品が本日(木曜日)を過ぎてもまだ部品が来ませんwobbly

物流もだいぶ、被害が起きてるようですねpaper

そういう、アリストの部品もちまちまと来るので、こちらも影響が少なからずあるのでしょうsign02

さて、スズキ・エブリィの定番不具合と言えば、エキゾーストバルブが焼けて溶けたりのトラブルが多く、大方、冷却水のエアー抜き不良によるトラブルでは無いかと思ってはいますが、メーカーの言い分は、冷却水の定期交換をしないために起きてるみたいなことを言っていますeye

基本的な話からさせていただくと、冷却水に入れる不凍液(クーラント)は、冷却性能をアップさせてるための液体ではなく、あくまで錆止めと冷却水が凍らないための液体なんです。

つまり、冷却効率が最も良いのは水なんですが、水だと凍ってしまうし、サビも出てしまう為、応急処置で使う以外は、あまり良いとは言えませんsign01

なので、関東から西、南に行くとクーラントの希釈を多くして対応する事で、オーバーヒートも防げるし錆止め効果も得られるのであり、逆に東北から北海道のように、暑くない地方は希釈率を少なくして凍結防止と錆止めとして利用してるのが基本的な使い方ですpaper

ちなみに、寒冷地では、メーカー新車時で約-32度くらいで寒冷地以外では-15度前後になっていますscissors

では、話を元に戻しますが、ディーラー側が交換しないからと言うのは基本的に意味が無い訳ではありませんが、オーバーヒートになる原因にはならず、ただ、凍結防止が低くなるのと錆止め効果がなくなるだけなの話になりますhappy01

という事は、やはりエアー抜きが最大の要因になると思いますが、これには根拠があって、スズキ以外のダイハツでもエアー抜きが必須なんですが、これをちゃんとしなかったために、エキゾーストバルブが溶けてエンジン不調に陥った車を現に、当店でオーバーホールしていますpaper

ホンダ、スバル、三菱は、あまりトラブルを聞いてませんが、こちらの軽自動車もエアー抜きはは必須ですし、乗用車タイプでもエアー抜きに失敗するとエンジンが壊れる事例はございますwobbly

冒頭から、能書きが多くてすみませんが、ようやく本題へと・・・happy01

Dscn807901
まずは、エンジンクレーンとエンジンスタンドがアストロ製だと解りますでしょうかsign02

ある出来事から、アストロが嫌いになってしまったので、次いでに愚痴を言いたいだけなので、ごめんなさいsad

Dscn808001
通常、エンジンクレーンで上げたエンジンをエンジンスタンドに組み付けるのですがsign03

Dscn808301
エンジンスタンドに組付け出来ずに斜めにして強引に組んでいますangry

マックのエンジンスタンドの時は、真ん中にフレームが走る構造のエンジンスタンドだったので、組み付けるのが楽だったのですが、同じアストロ製品なのに不便極まりないですpout

アストロって馬鹿ですよねgood まずはスッキリしましたよhappy01

店主は、毒舌では無く、正直に言ってるだけなんで勘違いされないようにeyesweat01

中々、本題に行きませんですみませんhappy02

Dscn808501
まずは、ヘッドを外すために補機類を外し中

Dscn808701
スズキのK6エンジンは、カムプーリーが外せないので・・・

オイルパン、カムカバー、タイミングチェーンカバーを外していきますsign03

Dscn808801
さすがに8万キロで、マメにオイル交換してるだけあって、とても綺麗ですhappy01paper

Dscn809001
掃除しなくても大丈夫なほど綺麗です

Dscn809501
残るはシリンダーヘッドを外すまで来ましたscissors

Dscn809701
ヘッドを外したシリンダー側ですhappy01

Dscn809801
不具合の3番シリンダー側も傷もなく綺麗ですscissors

では、ヘッドを見ると・・・

Dscn810101
?は怪しいのとXは完全に死んでいますwobbly

Dscn810201
圧縮の無かった3番の燃焼室

その前の写真のX印、矢印部分を拡大した写真ですが、明らかにバルブの大きさが違っているのがお解りかと思いますcoldsweats01

要は、オーバーヒートが原因でエキゾーストバルブが溶けて痩せてしまい、バルブシートに密着できずに圧縮漏れしてエンジン不調になった要因ですwobbly

ちなみに、?になっていた2番気筒のエキゾーストバルブも溶けはじめており、今回は圧縮を維持していますが、やはり交換ですねsad

でも、前回オーバーホールした時、2番気筒は2本とも交換した記憶が有るのですが・・・sign02

3年近く経って、この状態なら、根本的な原因が有るのでしょうか??

摩訶不思議なエンジンですcrying

続くgood

2018年10月 2日 (火)

スズキ・エブリィDA62系、再エンジンオーバーホール編その1(^^;

現在、トヨタ・アリストのエンジンオーバーホール中なんですが、部品が中々揃わなくて組めない状況なのですが、何故かピストンが2、3日に1個づつ届いており、「トヨタさん何してるの?」状態ですpaper

まさか・・・3日に1個しかピストン作れないほどレアなピストン何でしょうかsign02

その割に、1個7600円?くらいなんで高くは無いのですがsadsweat01

さて、9月の初旬にお預かりしていたスズキ・エブリィなんですが、作業場のスペースが無いのと、終わっているはずの車が、この時期に限って、複数台ございまして、部品が基本的に違っていて、調達に時間が掛かっているのから、症状が未だに改善できずにお預かりのお車も含め、計画的に行けば、すでに分解が終わり、部品の見積もりもすでに終わって部品待ち状態になってるはずなんですが、ようやく降ろせる段階の本日となりましたcoldsweats01

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしておりますm(_ _)m

そんな訳なので、急ぎ修理が厳しい状況です。

Dscn803801

ちなみにですが、3年前にオーバーホールしており、まだ8万キロ程度しか走行していませんsign02

店主としては、走行キロに対して壊れる事自体、納得してないのですが、その後のメンテ(車検など)もしていませんので、どういう状況で壊れたのかが解ら無いため、興味はありますhappy01

ただ・・・、今年は嫌な事と申しますかsign02悪い出来事が多く、不幸が重なっていなければと思ってはおりますcryingが・・・3年も経ってるので違う原因だと思っていますbleah

まずは、エンジンを降ろしていきますscissors

Dscn804001
油脂類を抜いています

Dscn804201
今回は、オートマオイルも漏れていますscissorsここも追加整備になりそうですcoldsweats01

Dscn804401
マフラーの取り付けボルトも2箇所とも折れましたsign03

3年はでかいですねって環境にもよりますbleah

Dscn804501
フロントパイプ側は大丈夫でしたscissors

Dscn804801
セルモーター類の配線を外していきます

Dscn805001
水回り関係も外します

Dscn805101
エアークリーナー、エンジンコンピュータ関係も取り外します

Dscn805401
エンジン降ろし最終段階です

ダイハツに比べて、エンジンルーム内に配線関係が集中してるので、すごく楽ですscissors

Dscn805801
無事に降ろし完了

Dscn805901
ここから、不具合原因を調べて行きますpaper

Dscn806201
コンプレッションゲージ取付け

本当なら、暖気後に測定をするんですが、諸事情で降ろした状態で確認しますpaper

Dscn806601
抵抗になる部分をすべて外し、スロットルボディも外して限りなく無負荷に近い状態で測定sign03

Dscn806801
1番はOKsign03

Dscn807101
2番もOKsign03

Dscn807301
3番はNGsign03

お客様も3番が圧縮が無いとおっしゃっていた通り、駄目でしたcoldsweats02

次回は、エンジン本体を分解して、原因を探りたいと思いますgood

2018年10月 1日 (月)

ホンダ・インテグラDB8、ステアリングラックブーツ交換他その2完成(^^;

昨日の台風は、凄かったですねぇーshock

昨夜、ほとんど眠れずに寝不足の店主ですcrying今日は、早めに寝ますwobbly

さて、朝の工場前です

Dscn800301
葉っぱがすごい

シャッターが壊れた事も聞いていたんで、心配でしたが葉っぱの山だけで済みましたので安心しましたが、被害に会われた方には、お見舞い申し上げますm(_ _)m

続きですが・・・

Dscn800501
ドアスイッチ交換後です

実は、交換した後の写真ですみませんeye

Dscn800701
次は、リヤデフロスターの不具合です

Dscn803101
デフロスターの配線図ですsign03

昔のデフロスターは、単純なスイッチのみで、スイッチを切らない限り作動し続けますが、現在のグレードが低い車両もこの状態が多いですpaper

ただ、グレードがアップすると写真の配線図のようにデフロスタータイマーなるものが付いていて、一定の間、リヤガラスの曇り除去をしたら自動で切れる仕組みになっており、ホンダ以外でも他社メーカーが使ってる仕組みですhappy01

この作動方式自体はどうでも良いのですが、そのシステム(ユニット)の場所が今回問題なんですが・・・

Dscn800901
スイッチ自体は不具合はありません

Dscn801101
室内のヒューズボックスsign03

実は、このヒューズボックス内に組み込まれておりますcoldsweats01

どこのメーカーもこのボックスに基盤を組み込んで、リレーなどを設置してる場合が多く、コンピュータと同じブラックボックスみたいになってるので、壊れたらまるごと交換になりますsign02

でも、あれば交換できますが、まずここだけは生産中止が多いパーツで、案の定入手不可sign03

ちなみに中古もありませんでしたsad

最悪は、低グレードと同じスイッチ入れっぱなしの仕組みにする方法もありますが、電気食いますので、消し忘れが心配ですねcoldsweats02

ここは、今回交換も修理も見送りましたが、次へと・・・

Dscn802601
漏れてるプロポーショニングバルブ

作業の内容に含まれて居なかった追加作業ですが、まさか漏れているとは驚きでしたwobbly

このままには出来ない需要部品なので、了解を経て交換しますpaper

Dscn802701
ブレーキフルードを空にするとエアー抜きが厄介なので迅速に作業しますsign03

Dscn803001
右が外した不具合品で左が新品ですeyesign03

Dscn803501
交換後ですscissors

この後、4輪からブレーキフルードのエアー抜きをした後、交換したプロポーショニングバルブからの漏れが無いかチェックした後、完成となります・・・happy01

最後に

Dscn801901
切れていたインテークダクトですが・・・

ここは、生産中止なので、ゴム用の接着剤とビニールテープで補修して完成ですhappy01

一時的なんで、長くは保たないと思いますが、直にエアーを吸い込むよりはマシだと思いますhappy01

しかし・・・生産廃止多いなぁーshock

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ