« スカイラインGT-R32系、クラッチトラブル編その2(^^; | トップページ | トヨタ・セリカZZT231系、エンジンオイル漏れ修理編(^^; »

2018年9月23日 (日)

ダイハツ・ハイゼットS211系、ドアガラス交換・修理編(^^;

お彼岸なんですが、今日は蒸し暑い1日ですが、夕方に完成させる予定の車がまたまたのアクシデントで1日で終了できずに凹んでいる店主ですsad

さて、リアルタイムではありませんが、ちょっと変わったトラブルだったのでアップするのは、ダイハツ・ハゼットトラックsign03

Dscn779701

10年も経つと、トラブルは出てきますが、右ドアガラスが落ちたとのことで、おそらくレギュレータかと思ったら・・・ガラスとレギュレータを止めるプラスチックが割れてガラスが落ちたことが判明、取り急ぎ応急処置をして、部品が届いたら交換することで、一度お渡した後、今回の作業となりますhappy01

Dscn780001
まずは、右ドアの内張りを外していきます

Dscn780201
内張り取り外し後

Dscn780401
写真は、レギュレータですが、矢印部分はガラスと固定していた部分coldsweats01

Dscn780601
矢印ぶぶんが割れています(外したガラス)

Dscn780701
交換する部品は、壊れたガラス、レギュレータ、ガラスラン(ゴム)です。

Dscn780901
レギュレータに付いてるウィンドウモーターを付け替えますsign03

Dscn781201
ガラスランとレギュレータは交換済みで、後はガラスを組み付けるだけですscissors

Dscn781501
ガラス取付後ですsign03

後は、元に戻して動作チェック後、完成となりましたpaper

最後に、主原因は、ガラスとレギュレータを固定する2本のボルトの内、割れていない側のボルトが緩んで外れたせいでもう片方に負荷が掛かり、壊れてガラスが落ちたのが原因でしたcoldsweats01

以前にも、固定ボルトが緩んで脱落した車はありましたが、大概は一度鈑金修理などで交換修理した時に締め付けミスで起きてる場合が多いのですが、今回のハイゼットは、新車からなにも交換履歴は無いみたいなんで、新車組み付け時のトルク不足でしょうねwobbly

たまーーーーに有るので、気にしませんbleahgood

« スカイラインGT-R32系、クラッチトラブル編その2(^^; | トップページ | トヨタ・セリカZZT231系、エンジンオイル漏れ修理編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/67199894

この記事へのトラックバック一覧です: ダイハツ・ハイゼットS211系、ドアガラス交換・修理編(^^;:

« スカイラインGT-R32系、クラッチトラブル編その2(^^; | トップページ | トヨタ・セリカZZT231系、エンジンオイル漏れ修理編(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ