« スカイラインGT-R32系、クラッチトラブル編その1(^^; | トップページ | ダイハツ・ハイゼットS211系、ドアガラス交換・修理編(^^; »

2018年9月22日 (土)

スカイラインGT-R32系、クラッチトラブル編その2(^^;

さて、本日は前置きはせず、本題へと進みます

まずは、どちらが悪いのかって、店主の組付けミスが無い事を前提で書いてますので、間違ってはいないと思っています(実際に確認したので!)

Dscn774701
解りやすくするため、パーツリスト載せます

矢印の部品が今回、不具合になったパーツになります(前回のブログ参照)

Dscn776201
右が届いた新品

駄目になった矢印の部品が届いたので、ハウジング(ベルハウジング)に組付けて、実際にエンジンに組付けて検証するのですが、まずは間違いがあってはならないので、クラッチも一度分解して、もう一度最初から組付けます

Dscn776601
ハウジングに組付け

Dscn776801
組付け後のレリーズスリーブ部分の高さを測定中

Dscn773601
順番に分解した状態

OS技研の取説並びにホームページに記載されてる通りに組付けするとこういう並びになります

解りやすく、写真で説明すると・・・

Dscn773701
エンジン側に1と書いてるディスクを入れ、プレート(ディスクプレート)付けます

Dscn774001
次に真ん中の2と書いたディスクとプレート付けて

Dscn774201
最後は3と書いたディスクとプレッシャープレートを付け

Dscn774301
クラッチカバーを付けてクラッチは完成となります

Dscn776901

分かりづらいですが、この状態で組んで、こうなったのですが・・・

Dscn772201
前回のブログと同じ写真ですみません

ここから、新品交換した部品を組付けた状態で、リビルトミッションが悪いのかOS技研のクラッチが悪いのか検証します

Dscn777201
光明丹を塗りました

デフとかのギヤー歯当たり用を使い、これで当たらなければリビルト会社、当たればOS技研のクラッチに問題があります

そうそう、あんなに壊れているのに組付け時に気が付かなかったのか?とのご指摘も有ると思いますので、実際に写真で見ていただけると店主が気が付かなかった事が、一目瞭然で解ります

上の写真の状態のまま、組付けて行きます

Dscn777301
エンジンと合体後

写真で見ていただけると解ると思いますが、隙間も出ずにドッキングされていますね

ダメ出しで、ボルトを付けてしっかりと固定します

Dscn777501
シフトフォーク付けてないので、良く見えますが、この状態では解りません

Dscn777701
ボルトで締めて固定しました

ここから、外しますが、この作業を2回繰り返していますおかげで組み付けのコツを覚えてしまいましたよ

Dscn777901
これが、外した結果です

やっぱりミッションが駄目なのかとも思いましたが、リビルトに交換する前は同じクラッチとミッションです違うのは、両方を交換してるだけ

マニュアル通りに組んだOS技研さんだけを正しいと認識するのは、フェアーでは無いので、OSクラッチも検証します

実は、1番と3番のクラッチディスクを入れ替えると1mmだけですが高さが低くなることをハークしていました

でも、マニュアル通りに組まないと保証もクレームも対象外になるため、組付けて試してはいませんでしたが、ダメ元で検証します

Dscn778901
3番なんですが、物理的に逆に組まないと取付けできません

Dscn779201
2番は、組み間違えようが無いのでこのまま組みます

Dscn779301
理解できるように組む前に最後になる1番ディスクです

Dscn779601
この後、クラッチカバーを組付けています

Dscn778201
逆組付け完了と合体後に外した状態で確認した状態です

光明丹が付着してないことが解ると思います

写真を撮った写真番号が前後していますが、撮り忘れなどで何度か分解していますのでご了承くださいませ

これは、ブログを見ていただいてる方だけでなく、リビルト会社とOS技研の方にも見ていただきたいために、何度もバラして写真を取り直していますが、ご理解をしていただくためですので、ご了承くださいませ

上の写真でも解ると思いますが、OS技研さんのオーバーホールキットに間違いが有ることがここで判明いたしました(この時点では、店主のミスだった事を知りません)。

実際にテスト走行しましたが最初の不具合のせいでジャダーが出ますが明らかに改善しております

Dscn778601
クラッチレリーズ、レリーズフォークを組付けました

この時点では、ほんとに逆に組んで大丈夫なのかと不安はありましたが、組んで駄目なら店主の責任なので、このまま組んでいきました

Dscn781701
途中の組付けは端折りました

Dscn781901
最後にトランスファにATFフルードを入れて、テスト走行です

結果は、OS技研で間違いが無い文面で書きましたが、半クラが出来て、いきなりどかっとつながることは無くなり、改善されました

取扱説明書を最後まで読んでなかった店主

実は、GTRの場合、フロントカバーを4mmカットしないと当たると注意書きがありました

説明書はよく見ましょう

もう一度、ミッションを降ろして組み直しと加工です

間違ってリビルト会社様ならびにOS技研様を疑ってしまい、関係者の方々、ほんとに申し訳ございませんでした(*_ _)人ゴメンナサイ

最初から加工が必要なら、説明書の最初に書いとけよ大事な事なんだから

一番最後に書いてるなんて・・・

« スカイラインGT-R32系、クラッチトラブル編その1(^^; | トップページ | ダイハツ・ハイゼットS211系、ドアガラス交換・修理編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« スカイラインGT-R32系、クラッチトラブル編その1(^^; | トップページ | ダイハツ・ハイゼットS211系、ドアガラス交換・修理編(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ