« ダイハツ・ハイゼットS211系、ドアガラス交換・修理編(^^; | トップページ | ルノー・ルーテシア、タイミングベルト・ウォーターポンプ交換編(^^; »

2018年9月24日 (月)

トヨタ・セリカZZT231系、エンジンオイル漏れ修理編(^^;

本日は、十五夜だそうで、天気予報では千葉も含め関東では見れないと言われていますが、何故かsign02現在も晴れておりまして・・・

Dscn792302
ブログの都合、ピクセルを粗くしてますwobbly

ちなみに月は自転しないので、季節によって角度が違うだけで、黒ずんでる部分がズレて見えますbleah月の裏側は、月に行った人でないと解りませんsad

さて、何時だったか忘れてしまいましたが、エンジンオイル漏れで、タイミングチェーンのテンショナーのパッキンとクランクセンサーを交換したセリカですが、そこだけではオイル漏れが止まらず、今回車検もあって、修理するためご入庫となりましたcoldsweats01

Dscn782101

しかし、今どきの車検工場さんは、オイル漏れで車検が通らないと言ってるのに、オイル漏れを治すことが出来ないそうですsign03

こんな事をやってるから、車検整備は無駄だと言われ、車検システムを失くせと言われるんですよangry

前にもブログに書きましたが、単純にユーザー車検とやってることは同じですsign03

違いが有るのは、国の許可を受けて車検をしてるだけですsign01

3級整備士程度のノウハウがあれば出来る作業ですから、2級や1級なんて入りませんwobbly

認証を持ってる店主がこんな事言ったら、お叱りを受けると思いますが、事実ですsign03

酷いところは、車検に通らないブーツが切れてるのに自社で整備出来ないそうですangry

これじゃー、整備士だって育ちませんよshock

店主のボヤキがでてすみません本題へとscissors

Dscn782501
写真では分かりづらいですが、タイミングカバーから漏れています

Dscn782201
アンダーカバーですが、ビチョビチョですcrying

Dscn782901
エンジン上部

Dscn783101
カムカバーを外した状態で、少し離れた写真sign01

Dscn783201
合ってるかは解りませんが、11万キロ走行のヘッドsign01

Dscn783501
カムカバーの裏側ですpaper

決して、オイルメンテは良くない方ではありますが、オイルの種類にもよるので、年相応でしょうsign03

Dscn784201
タイミングチェーンカバー取り外し後のエンジンpaper

Dscn784101
カバー側

ZZ系エンジンは、液体パッキンを使わずにゴムパッキンで組付けていましたhappy01

でも、ゴムを交換してもまた年数が経てば漏れるのは同じなので、今回は劣化したゴムを綺麗に脱脂して液体パッキンで組み直しましたbleahscissors

邪道だと思うかも知れませんが、ゴムはこれ以上凹むことも無いし、金属部分にも液体パッキンを塗ることで、オーバーヒートなどで金属部分に歪みが出ない限り漏れが出ることは余程で無い限りありえないので、この方法を選択しましたhappy01

若干、汚れが酷いので、スラッジ除去はしていますがbleah

Dscn784601
ちなみに、今回の漏れ原因箇所ですscissors

テンショナーの下部分で、シリンダーヘッドとシリンダーブロックの接合部分sign03

ただ、シリンダーヘッドガスケットから出ないことを祈りますが・・・happy02

Dscn785001
組付け中

Dscn785301
ヘッドカバーも組付けていきます

端折りすぎてすみません、元に戻して行きますって戻してますbleah

Dscn785501
ここまで組付けて事件が起きましたsad

実は、タイミングチェーンカバーを外す際にパワーステアリングポンプを外すのですが、組み付ける際に固くて、プラスチックハンマーなどで押し込むように組付けたのですが、何故かsign02中に付着していたスラッジなどが衝撃で脱落したせいで、ポンプの入り口が詰まり、ハンドルが重ステになってしまいましたshock

別にこんな事を書くつもりは無いのですが、ここのところトラブルが重なっており、普通に追われる作業が追われないトラブルが続いていただけに、「重なる時は重なります」と言った店主の言葉に自分自身、「口は災いの元」と思いました・・・決して悪いことだけでは無いんだと言動には慎みたいと反省しておりますm(_ _)m

さて、トラブってるのにこのままには出来ないので、外して分解しますsign03

Dscn785801
外したパワステポンプ(ベーンポンプ)eye

Dscn785901
ウエスの上に置いてますが、黒いのはすべてスラッジsign02汚ねぇーshock

パワステポンプと言いますか、古いパワステで一度もオイル交換していない車より酷いスラッジcryingどんだけ酷使していたんですかねsign02リザーバータンクも酷かったので洗浄しましたが、綺麗には出来ませんでしたweep

Dscn786301
組付け中

Dscn786401
無事に組付け後

エンジン掛けて、パワステポンプが無事に元に戻った時は、安心しましたhappy01

こんな事って有るんだと思いましたeye経験って大事ですよねhappy01

最近の若い整備士さんに経験させたいなぁーgood

« ダイハツ・ハイゼットS211系、ドアガラス交換・修理編(^^; | トップページ | ルノー・ルーテシア、タイミングベルト・ウォーターポンプ交換編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/67203783

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ・セリカZZT231系、エンジンオイル漏れ修理編(^^;:

« ダイハツ・ハイゼットS211系、ドアガラス交換・修理編(^^; | トップページ | ルノー・ルーテシア、タイミングベルト・ウォーターポンプ交換編(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ